平戸島の上段の野(標高190m)は 

野焼きによって草原の景観が維持されています。 

 

海を見下ろすメガルカヤの草原には 

ヒナヒゴタイ(長崎県絶滅危惧種ⅠA類)、 

ヤマラッキョウ、ムラサキセンブリ、 

ワレモコウ、ヤマジノギク、シラヤマギク 

アキノキリンソウなどの野の花が 

あちこちに咲いています。 

 

 

 

さて草原と云えば、アグネス・チャンは 

「草原の輝き」で 

草原で野イチゴを摘んで 

ポケットに入れたと歌っていましたが、 

今やお金をポケットに入れています。 

 

札束を指折り数えているのでしょうか? 

 

草原ではなく、 

お金の輝きに魅せられたようです。 

 

文在寅は、妄言で輝いていますね。 

 

ヒナヒゴタイ

 

 

 

ヤマラッキョウ

 

 

ムラサキセンブリ

 

ワレモコウ

 

アキノキリンソウ

 

ヤマジノギク

 

#草原 #里山 #平戸島 #上段の野 

#登山 #九州の山 #野の花 

 

ペタしてね

 

 

平戸島最後の山は、上段の野です。 

 

志々岐漁港に車を停め、遊歩道入口の看板から 

歩いて登山口に向かいます。 

 

上段の野(標高190m)は 

草原状の小ピークで 

四季折々の野の花が楽しめます。 

 

 

 

 

(現地案内板より) 

上段の野 ごあんない 

この草原は、「上段の野」(所在平戸市小田町) 

といいます。 

毎年2月に野焼きを実施するなど、 

地元で大切に保存活動を進めています。 

野焼きを終えた草原には、 

四季を彩る多くの植物が 

花を咲かせます。 

貴重な種類も少なくありません。 

また、頂上の展望台からは、 

志々岐湾、志々岐山そして 

上五島や北九十九島の島々などの 

雄大な眺めが楽しめます。 

弁当持参の遠足や家族連れのハイキング 

には最適です。 

平戸を代表する自然公園の一つです。 

平戸市 

志々岐肥区自治会 

 

標高の低い里山なので 

山は近くに見えるのですが 

登山口がわかりません。 

あっちうろうろ、こっちうろうろで 

登ったり、引き返したりの繰り返しです。 

標高が低いので 

YMAPの無料地図にもルートはありません。 

相当な時間をロスして 

ようやく登山道にたどり着きました。 

 

標高が低いので馬鹿にして 

事前によく調べていなかったのが失敗です。 

時間も体力も費やしてしまいました。 

 

おかげで長崎方面に行った帰りに 

必ず立ち寄る餃子屋では、 

営業時間にもかかわらず 

直前で餃子が底をついたので 

閉店・・・ 

悲しくなりました。 

 

 

 

この山は、地元の人の散策路になっているらしく、 

「車がないけど、どこから来たの?」 

と質問されたので、「志々岐漁港に停めてきた」 

と返すと、少し驚いた顔をされました。 

地元の人は登山口まで車でどんどん 

上がってきます。 

 

 

リアルで「上段の野」ではなく 

「冗談の野」になりました。 

 

 

私の冗談は、友人、家族以下 

誰にも相手にされない 

厳しい条件下にあります。 

 

山頂

 

 

 

ツワブキ

 

シマカンギク

 

白山菊

 

 

#平戸島 #上段の野 #西海国立公園 #登山 #九州の山 #里山 

 

 

ペタしてね

 

戦争遺跡のある屏風岳

テーマ:

佐志岳下山後、隣の屏風岳に向かいました。 

 

早福トンネル手前から旧道に入り 

道路脇に車を停めて、 

屏風岳(標高394.4m)へ出発です。 

 

植林地や照葉樹林など展望のない登山道を 

ひたすら高度を上げていきます。 

 

昭和に建てられた鳥居やコンクリート舗装の登山道など 

近年まで篤い信仰があったことが窺えます。 

 

山頂には荒れた小峰神社、防空監視哨 

デジタルテレビ中継局が建っています。 

 

コンクリート造りの防空監視哨では 

軍港佐世保を守るため 

東方より襲来するアメリカ軍機を 

見張っていたのでしょう。 

 

さて私の場合、健康を守るため 

飲む食うを監視してもらいたいです。 

 

 

小峰神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#屏風岳 #登山 #平戸島 #九州の山 #戦争遺跡 

 

 

ペタしてね