ありがとうございました

テーマ:
皆さま

今回は3月上旬より帰国し、3月8日 岩槻東ロータリークラブ
創立35周年記念祝典にて演奏させていただきました。
その後、久喜菖蒲ロータリークラブ主催 東日本大震災
南相馬復興支援チャリティーコンサート 春への想いⅤ
にて演奏させていただきました。
お越しになった皆さま、また関係の方々ありがとうござ
いました。










また3月30日より行われました声楽マスタークラス2015に
ご参加くださいました方々、関係の方々お世話になりありが
とうございました。
今年は先生方の滞在期間が短く、滞在後半はハードな駆け足
でなんとか荷造りしてウィーンへ戻りました。

こちらに戻って翌日からシュテファン寺院にて歌っています。
イースターの時期は、観光の方も多く、歌う機会が多いです。

またおそらく日本へは春の帰国となるかと思います。
どうぞ皆さまご自愛くださいませ。
またお目にかかれるのを楽しみにしております。

3月28日 チャリティコンサート

テーマ:
大変ご無沙汰しております。
すでに今年も約半月過ぎてしまいました。
時が経つのが非常に速いです。

昨年末はクリスマスイヴからクリスマスに日付が変わる
頃に、Metteに初めて参加しました。
普段はMesse(ミサ)と呼ばれていますが、クリスマスの
真夜中に催されるミサをMette(メッテ)と呼びます。

ウィーンの中心にあるペータース教会で、アルトソリスト
として4重唱でいろいろな作品を歌わせていただきました。



↑ペータース教会


クリスマスの街中はこのような感じで、ライトアップされていて
素敵でした。




また大晦日もお仕事で、シュテファン寺院で歌わせてい
ただきました。外の広場ではポップスやオペレッタなどが
歌われ、周りには様々な屋台が建ち、にぎやかに楽しむ人達を
たくさん見かけました。





それとは打って変わり、シュテファン寺院の中では、ミサが
執り行われ、厳かに大晦日を過ごそうという人もたくさん
いらっしゃいました。この日は、ハイドン 天地創造から
ピックアップしての演奏でした。




やはり音楽の都と言われるウィーンでは、人々が様々な
形で楽しみながら音楽に触れることができます。

日本での活動は、3月28日(土)久喜総合文化会館小ホー
ルにてまた、チャリティコンサートで歌わせていただく
ことになりました。
お越しくだされば幸いです。

2015年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



ありがとうございました

テーマ:
先日のコンサートにお越しくださいました方々、またご尽力くださ
いました方々、ありがとうございました。

今回、4月8日に帰国し、10日にコンサート、そして15日には渡欧し
ましたので、1週間のみの滞在となり、コンサートのご案内等がで
きませんでした。
ご連絡が不達の方々にはお詫び申し上げます。

通常時差ボケが完全に直るまでに2週間かかっていましたので、声が
どうか少し心配ではありましたが、無事にコンサートを終えること
ができ良かったです。

また次回機会がございましたら、みなさまにお目にかかれれば大変
うれしく思います。お花もたくさん頂戴いたしました。
いつもありがとうございます。

それから、同時期に開催しておりました、声楽マスタークラス、
ベルヴェデーレハンス・ガボア声楽コンクール日本予選にご参加くだ
さいました方々、関係者のみなさま大変お世話になりました。









毎年恩師が同時期に来日していたのですが、いつも予定が入ってい
たので、今回初めてはるばるコンサートに来てくださいました。





ピアニストの椎野(松井)朋子さんと。今回は合わせの時間があまり
なかったのですが、素晴らしい演奏で助けていただきました。


またお写真をK様がご丁寧にお送りくださいました。
ありがとうございます!

ウィーンに戻って、こちらはイースターで連日本番で歌う日々が続い
ていました。今週はちょっと一息つけるといったところでしょうか。
お天気も良いので、外でのんびりお茶でもしたいです。