花嫁の皆様、花嫁のママさま、花嫁の猫ちゃんたち

 

めちゃめちゃ暑いです。

選挙運動している高齢の議員さんは、大変だと思います。

 

ブラネおばさんは、超~炭酸飲料好き。必ず、1日1本は飲んじゃう。

最近のお気に入りは、プレミアムファンタのレモン。

でも、350㎜しか入ってないから、飲み足らない。

ジムのコーチに飲んじゃだめだと厳重注意されても、飲んじゃうのだ!!!

 

今日は夏の結婚式。

汗問題。

ブラネおばさん、いつも感心しちゃうのはクリーニング屋さん。

汚いものをキレイにする作業は大変。

ブラネはクリーニング店の届けを渋谷区の保険所にだしているので、業務従事者として

研修や講習を受けなきゃダメなの。

 

ブラネの花嫁さんのドレスをクリーニングに預かるのだけど・・・

めっちゃ汚れているし、異臭もしています。

きれいなお仕事ね!って、言われるけど、光と影の部分。

ドレスも普通に汚れますから。

 

ブラネおばさん、記憶力のよいお話はよくしていると思うけど・・・

味覚、臭覚、色覚が、普通の人より優れているみたい。

色感覚は多少訓練もあるけど、生まれつきだと思います。

臭覚は、ガブちゃんは人間の50倍だからガブちゃんには負けてる。

 

でも、花嫁さんの汗のついたドレスに匂いは仕方がない。

人間は汗をかくタイミングはこの3つ

 

・温熱 夏の暑さとか自然現象

・精神的なもの 緊張をしたとき。

・味覚 辛いものを食べたとき。

 

夏のフォトウェディング、前撮り、結婚式、海外挙式は、汗はつきもの。

汗をかかない方法をいろいろ研究したけど、結論をしては無理。

 

制汗剤、首、リンパを冷やす、脇汗シート、冷却シートを使っても、暑いものは暑いし、お若いお嬢さんは新陳代謝がいいから汗はたくさんでます。

舞子さん、芸者さんが、顔に汗をかかないのは、バストポイント(バストの一番高いところ)をきつく紐でしめたり、綿100%の肌襦袢をつけているからと言うけど・・・

これも、やってみたけどそれほど効果なし。

 

結論として、舞子さん、芸子さん、時代劇の女優さんはプロフェッショナルだから。

毎日着物を着ているのと、更年期でフォトフラッシュでも、人前で汗をかかない訓練をしているからだと思うのです。

それを、はじめてドレスや和装を着るときにお願いしてもできないと思うのです。

いつも、着ているものではないから。

 

結論からすると、ブラネおばさん的には知らない人の汗のしみ込んだドレスは気持ち悪いから嫌だな!!!

多分、花嫁さんは汚れて汗まみれになったドレスを見てないから平気なのだと思います。

100歩譲って、着物は肌襦袢、襦袢、着物と、直接は肌に触れないのでセーフ。

ゆかたのレンタルは無理。

やっぱり、ブラネおばさんが和装のレンタルをするときには、肌襦袢と足袋は花嫁さんにご自分のものを持ってきて頂こう。

 

このくらい汚れるケースはよくあります。やっぱり、ニオイもついてます。

 

あと、花嫁さんでフォトウェディングでめちゃめちゃ晴天の日がいいと思っていると思うけど・・・

森林の中、お花畑とかだったら、曇った日のほうがめちゃめちゃかわいく撮れます。

お顔に光が均一にあたるからだそうです。

ピーカンだと、お顔がテカテカにどうしてもなるみたい。

南フランスのフォトウェディングは、15時くらいから夕方にかけて撮影するみたい。

ブラネおばさんも猛暑の中、フォトウェディングをするのは嫌ですもん。

花嫁さんも、日中は避けたほうがよいです。

あと、やっぱり涼しくなってからのほうがよさそう。

秋の婚礼の花嫁さんで、前撮りを夏にしたいかもしれないけど・・・

 

汗の問題はデリーケートな問題。

ワキガ、裾ワキガも最近は増えているみたいで、クリーニング屋さんも他のドレスといっしょに洗わないようにしているみたい。

知られていないけど、ニオイが移るみたいなのです。

 

こちらは、ブラネで販売しているオーガニックソープ

足の裏がベタベタしたとき、お顔も、全身、これで洗っています。

ビーガンではないけど、有機栽培された原料でつくられたオーガニックの石鹸。

日本よりヨーロッパはオーガニックの化粧品が進んでいます。

食べ物はビーガンではないけど、化粧品はオーガニック派です。

 

 

ブラネでドレスを作っている花嫁さんは、プレゼントしますね。

すごくお肌の調子がよくなるみたい。個人差があるから最初は手、足を洗ってみてから様子をみてください。

https://www.lourdes1858.com/

 

僕からもお知らせ。

ブラネおばさんが使っているオーガニックの石鹸もよいけど・・・

フランスのセレブ猫ちゃんたちが使っている南フランスの石鹸を僕が販売するニャン。

猫は洗わなくてもいい!と、言われてるけど・・・

僕は背中、おしりはブラネおばさんにシャンプーしてもらってから、ベッドで寝てるニャン。

もうすぐ、猫ちゃん専用石鹸シャンプーを発売するにゃん。

ブラネおばさんは、猫も働かなきゃこのデフレは大変なのよ~。って、口癖のように言うから頑張るニャン。

 

 

ブランシュネージュ代官山 松藤ゆきよ