岡崎友紀(Yuki Okazaki) の ひとりごと

岡崎友紀(Yuki Okazaki) の ひとりごと

同世代のみなさん 動物さんを愛するみなさん ニャンコちゃんと暮らすみなさん お立ち寄り下さーい!

街のあちこちに飾られていた ハロウィンハロウィンの飾りが消えて

もうクリスマスクリスマスツリーのムードづくりが始まりましたね

 

スーパーでは もう鏡餅鏡餅まで並べてます   叫び早っ!

 

 

12月には毎年恒例の「プラチナ忘年会」がございますが

名前の通り プラチナメンバー さんだけの会なので

こちらのブログではご案内できなくて ごめんなさいあせる

 

 

次回 ユキスマ! は 年明けとなります

 

ユキスマ!「新年会2020」

 

日時:令和2年(2020年)1月19日(日)午後1時〜3時30分

場所:未定

 

新しい年の初めを 皆さんといっしょに 笑顔で寿ぐ宴ですカラオケ生ビールナイフとフォーク

 

詳しいご案内をご希望の方は

 

kahanaterrace@abelia.ocn.ne.jp

 

まで お名前をお書き添えの上 メールでお問い合わせください

 

こちらから ご案内メールを返信いたします

(必ず受信できるように設定をご確認ください

 もしなかなかご案内が受信されない場合は

 受信設定に原因がないかお調べください)

 

では みなさんからのメール お待ちしてま〜すビックリマーク

 

 

 

オマケの写真・・・我が愛娘(まなむすめ)ニャン カハナの

         今年のハロウィンのコスプレ写真ですラブラブ

         カハナはコスプレめちゃ上手なんです〜アップ

 

 

 

昨日は 新橋演舞場で

スーパー歌舞伎「オグリ」を観て参りました

 

 

先代の猿之助さん(現・猿翁さん)のスーパー歌舞伎は

すべて拝見させていただいておりますが

 

現・猿之助さんの新しい演出の舞台は

初めて拝見いたしました

 

スピード感 リズム感 娯楽性 

そしてその中にしっかりと

伝統の歌舞伎の味を盛り込んで

 

どの世代の観客も楽しめるよう計算された

素晴らしいエンターテイメントに

心から 拍手喝采です‼️

 

 

写真の和美女は 実は私の遠縁で

まだ一歩を踏み出したばかりの若き新人

市川笑猿 と申します

 

 

 

この先 役者として一人前と認められるまでの道のりは

それはそれは苦労も多いことと思いますが

 

まずは猿之助さんのもとで修行を積めることが

ほんとうにラッキー❗️

 

たくさん吸収して 勉強して

しっかり歩んで行って欲しいです😊👍

 

みなさまも 応援のほど よろしくお願いいたします

昨日10月27日(日)は ユキスマ!「とことん研究室#2」でした

いつものように 千葉や東京からだけでなく

遠く 広島 兵庫 大阪 愛知 福島 などからも

はるばるお越しくださいました

 

そしてもちろん 今回初めてのご参加という方もおられました

 

 

 

前回の#1の研究テーマは『アルバム 花びらの涙』で

<シンガーとしての岡崎友紀>の研究発表でした

 

今回の#2のテーマは『おくさまは18歳』で

<コメディエンヌ・・・ラブコメ女優としての岡崎友紀>

もしくは <「おくさまは18歳」という作品そのもの>

についての研究発表というところでしょうか

 

(Dr.O研究室長が見つけ出してきた 飛鳥が持っていた

 のと同じテニスラケットを持って ニッコリ〜)

 

今日のとことん研究は ご参加者の方々の中から

7名の方が発表してくださいました

 

発表内容の資料です

右下のグリーンの表紙の冊子は Dr.O研究室長が作成した

全話の解説がされている すごーい資料です!

 

まずトップバッターは 大阪からご参加くださった

プラチナSさん

 

実は「おくさまは18歳」にレギュラー出演してたプラチナSさん!

当時はロケ地である八王子で学生生活をしていて

アルバイトで <学生たち> として出演していたんです

 

(当時のスナップ 向かって左がプラチナSさんで

 後ろにリハ中の私が写ってます ^^)

 

超過密スケジュールだったためか

当時の記憶がいろいろ抜けちゃってる私ですが

プラチナSさんのことはよーく覚えています

 

(プラチナSさん撮影の私)

 

 

この作品の演出技法の要となっていたのは

湯浅憲明監督だった・・・という分析結果を発表

 

(湯浅監督の代表作『ガメラ』のガメラと監督)

 

 

プラチナSさん本人が 撮影現場で監督の演出を体験しただけに

説得力のある 素晴らしい研究発表でした

 

 

 

次の発表は プラチナMさん

 

ウィキペディアに全く違う話が掲載されていることがわかり

一体なぜそんな話が掲載されたのか 謎となりました

 

「おくさまは18歳」か それとも「おくさまは18才」か

番組とレコードで字が違う不思議なども研究課題でした

 

 

続いては 久々にご参加くださった Fさん

 

 

映画版の出演者が ほとんどテレビと違うことや

内容もテレビとは異質な感じがした ・・・という

少年時代の『?』を発表してくださいました

 

確かに なぜそんな映画になったのか 私も不思議に思っていて

正直に その当時の気持ちをお話しいたしました

 

 

 

続いてプラチナO・Mさんの発表です

番組放送当時の思い出や その後の再放送やレコード発売など

番組に関するデータを発表されました

 

 

 

続いて 愛知県よりご参加の プラチナSさん

原作のことや 当時の番組の傾向などの他に

2011年に90分X四話のリメイク版ドラマがあったことを発表され

私も含めて それを全く知らなかった方も多く

みんなでびっくりしました

 

 

 

 

次は 大阪から プラチナH大番頭さん

 

「おくさまは18歳」にゲスト出演された方々をピックアップして

その方達の情報などを発表されました

その面々を拝見して すっかり時代は変わったんだなぁ〜・・・

と つくづく思いました

 

 

 

 

研究発表のラストは この企画の発案者である

とことん研究室長 Dr.Oさんです

 

一年間の放送で <飛鳥は哲也を何回つねったか?> 

なんていうクイズもあったりで めちゃ盛り上がりました

 

 

 

ほんとうに 楽しくてためになる研究発表 

皆さま ありがとうございました!!

 

Dr.O室長によれば 今後 パート2もあるかも?なので

その時はみなさま どうぞふるってご参加くださいね

 

最後は もちろん「おくさまは18才」の主題歌から始まって

皆さんのリクエストをいただきながら 歌のコーナーです

そして いつも通り 写真撮影とサインの時間になり

 

お帰りにはお一人ずつ 私の描いた「飛鳥」の絵はがきを

お持ちいただきました

 

最後は 集合写真をパチリ!

(何人かの方が 急いでお帰りになってしまって写っていないのが残念です)

 

次回のユキスマ!「とことん研究室#3」のテーマ発表は

もう少し先のことになりますが

決まりましたらすぐにお知らせしますので お待ちくださいね

 

さて 今年のユキスマ!は 早いもので

12月の「プラチナ忘年会」のみとなりました

 

いろいろあった令和元年ですが

年の瀬を プラチナメンバーさんたちと

笑顔で締めくくりたいと思っています

 

年が明けて 令和2年1月には 新年会がございます

もう少ししたら詳しいご案内ができると思いますので

ご参加ご希望の方は ちょっとだけお待ちくださいませ

 

 

 

おまけの写真

(19才頃の私?の気がします・・・「私は忘れない」

を歌ってるのかも・・・?)