・就学について 悩むのは当たり前のことだから、思いっきり悩もう

 

 

こんにちは。

 

子供の「できない」を「できる!」に変える。

発達育児アドバイザーの清水ゆきこです。

 

 

 

 

 

 

 

*・・・*・・・*・・・*・・・

 

 

小学校にあがる際、どのクラスを選択するのか。

 

これは、凸凹育児をしていると、一番最初にぶち当たる大きな選択肢です。

 

私も1号の時には、白髪が激増するほど悩まされた事柄でした。

 

 

選択肢は4択。

 

支援学校。

 

支援級(個別級)。

 

通級+普通級。

 

普通級。

 

 

これを決めるために、様々なことを見極めて、取捨選択していくわけです。

 

 

 

 

幼稚園、保育園などは、加配が付いたり補助が付いたりしても、基本的にはみんな一緒。

 

でも、小学校は、社会的にカテゴライズされてしまうんですね。

 

 

これが、親としてはどうしたって苦しいんです。

 

 

 

 

今でこそ、個人を尊重した教育などと言われていますが、私たち親世代は、

 

「みんな一緒で当たり前」をベースに、教育を受けてきました。

 

 

個人を尊重することを意識して、「善」とすることはできます。

 

でも、深層意識の中では、「みんな一緒」でありたいというものが、どうしたってあるんです。

 

 

なので、我が子が「みんなとは別である。」と、自分が選択しなければいけないことは、苦しくて仕方がないのもうなずけます。

 

 

私が今、特別支援について教わっている先生は、これを「呪い」と呼んでいます。

 

そして、この「呪い」を解くためには、自分自身が学んで知識をつけていくしかないのだとも、言っています。

 

 

 

 

ここでいう「学び」や「知識」は、なにも講義を受けて得るものだけではありません。

 

ネットで自分の子供に似たケースを見つけたり、図書館で本を読んだりすることだってそうです。

 

相談機関で相談することも、当てはまります。

 

 

就学についてだったら、学区の学校や、地域の今までのケースを聞いたり調べたりすることも、そうでしょう。

 

そうやって、悩みながらも自分の引き出しに、たくさんの情報を入れていきましょう。

 

たくさんの情報は、知識となって「我が家にとって良いであろう」選択肢を明確にしてくれます。

 

 

 

 

その選択肢の中から、一番のものを選択できるように、また悩みはするのですがね(;^ω^)

 

それでも、同じところをグルグルとするのではなく、確実に前に進めている実感は持てます。

 

 

呪いにかかっている我々は、自分の子供が「みんなと一緒。」ではないかもしれない事に、計り知れない不安とストレスを感じてしまいます。

 

これは、もうどうしようもない事。

 

 

でも、呪いにかかっているんだからしょうがないじゃん。と、自分で自分に教えてあげてください。

 

 

 

 

ほんのちょっとですが、足元がふっと明るくなります。

 

キッツキツだった、心の中が、ちょっとだけですが暖かくなります。

 

 

ほんの少しの余裕は、次の余裕を生みます。

 

心に余裕があると。視野が広がります。

 

視野が広がれば、それだけたくさんの情報を見つけることができます。

 

 

こうやってこの1年を過ごしていけば、最終的に選択したものが何であっても、落ち着いて受け入れることができるようになっていますよ。

 

 

 

 

 

就学相談は2回経験(笑)

支援級のリアルや、普通級に必要なチカラとチカラのつけ方。

ママの心構えなど、実体験に基づいたアドバイスをしています。

 

小学校での進路に悩んだら、ご相談ください。

 

 

 

 

LINEでは育児のコツや、無料お話会の募集を行っています。
詳細は↓こちら↓

 

 

 

*・・・*・・・*・・・*・・・

 

 

ご提供中のメニュー個別相談60分~
詳細はこちら。

 

 

【講座】

・0歳から始められる!簡単・ラクチン・ストレスフリーなトイトレ講座

詳細はこちら。

 

 
・効果的な支援策

詳細はこちら。
 
 
・偏食と食事療法

詳細はこちら。
 

 

・無料凸凹茶話会

詳細はこちら。