今年の夏は、気づくと6キロ痩せ、目まいが酷くなり、耳の調子が悪い・・・

そんな日々を過ごしました。

 

病院通いをしながら日々を過ごしていましたが、

なかなか原因がわからぬまま。

 

どんどん体重は減り、将来のことが不安で、死までも意識しました。

 

それでも、落ち込んで、家事、育児、仕事を簡単にだれかに代わってもらう

という訳にはいきません。

 

また、日々、イライラしたり落ち込みながら過ごしたくもありません。

 

そんな時期、アンガーマネジメントの「分かれ道」が大活躍してくれました!

 

この「分かれ道」という技術は、「行動のコントロール技術」です。

 

4つの箱があり、自分の力などで「変えられるもの」と「変えられないもの」に分け、

「重要」か「重要ではない」かを区別します。

 

今回の病気の場合、不安を感じてイライラするけど、

この病気という出来事が、、私の力で「変えられるのか?」と考えると、「変えられない」。

 

また、「重要」か「重要ではない」かを考えると、「重要」でした。

 

ということは、「変えられない×重要」という箱を選びます。

この箱に入る場合、下記の行動をとります。

 

まず、(変えられない)現実を受け入れる。

そして、今、出来る行動をさがす


私の場合、病気という現実を、まず受け入れました。

この時に、ただただ祈り続けるのではなく、まず、変えられない現実を受け入れます。
 

そして、今できる行動を探します。

私の今回のケースでは、病院で治療を受けること。

そして、将来のことを考えて不安になるより、「今、このとき」に集中して生きること。

 

結果的に、しばらくして病状は落ち着き、体重も4キロ戻りました。

 

不安な気持ちや体調の悪さから、イライラの感情を家族や周囲にばらまくことなく、

「今に集中」することで、毎日を丁寧に、そして平常心で過ごすことができました。

 

アンガーマネジメントを学んで良かったと、私自身、改めて感じました。

 

アンガーマネジメントは心理コントロール技術です。

講座を受けたからといって、すぐにこれらの技術が身につくわけではありません。

 

スポーツと一緒で、日々のトレーニングが大切です。

 

----------------------

次回、12月1日(土)の午前中に、応用講座を開催します。

21日間のプログラムを用いて、技術を習慣化するための講座です。

 

もしご興味があれば、お早めにお問い合わせください。


(詳細)

https://ameblo.jp/yuki-tanigawa/entry-12411706758.html

----------------------

香川県が誇る野菜ソムリエ・料理教室講師のなぁ~ちぇの池田 奈央さんが企画・運営する

「香川県 男女共同参画における課題解決活動支援事業」の講座が、来年1月20日にサンポートで開催されます。

『笑顔で夫婦円満』をキーワードに家事分担ではなく、家事シェアのすすめをアンガーマネジメントと料理教室から提案する、家族で楽しめる内容です。

県の委託事業であり、なんと無料講座です。
私は、アンガーマネジメントを担当しますウインク

詳しくは、下記をご覧ください。
主催:香川県
企画・運営 なぁ~ちぇ 池田奈央さん

----------------------
【日程】2019年1月20日(日)9:30~13:30
【場所】サンポートホール高松(高松市サンポート2-1)
【内容】2講座同時開催となります。


<アンガーマネジメントで笑顔いっぱいの家庭に>
●時間 9:30~11:30(受付開始9:15)
●場所 サンポートホール高松61会議室
●対象 子育て夫婦50組(父親、母親のみの参加も可。小学生以上のお子様は参加可)
●手話通訳・無料託児(予約制)あり
●講師 高松太田社労士事務所 谷川由紀
 

 

<フライパン一つで家族円満メニュー>
●時間 10:40~13:30(受付開始10:30)
●場所 ヨンデンプラザ・サンポート
●対象 父親と小学生のお子様10組(父親のみの参加も可)
作った料理の試食は、ご家族で参加可能。アンガーマネジメント講座を途中で退席して参加が可能。
●講師 なぁ~ちぇ 池田奈央

【主催】香川県
【企画・運営】お問い合わせ&申込み先 なぁ~ちぇ 池田
申込みは、下記申込みフォームにてお願いします。
https://www.ikeda-nao.com/entry/

この秋も、複数の高松市内小学校PTAさんからお声かけいただき、アンガーマネジメントをお伝えしています。

 

ご参加いただく方は、小学校や幼稚園、保育園に通うお子さんを持つお母さん達

先週末も、約30名のお母さん達(そして、小さな子供達)が、アンガーマネジメントに興味を持ち、ご参加くださいました。照れ
 

今回も、「子育てに活かせる」ポイントも含めてお伝えしました。

 

 

 

例えば、「怒りのボキャブラリーゲーム」

怒りの感情をあらわす言葉は、日本語では約4000語あるといわれています。

英語は約500語とのことなので、日本語がいかにボキャブラリーが豊富な言語かが感じ取れます。

 

でも、私達は普段、怒りの感情をあらわす時に、幅広い言葉を使って相手に気持ちを伝えられているでしょうか?

大人の私達でさえ、限られた数の表現しか出来ていない現状があります。

 

では、子供達は?

怒りの感情を伝える時、どんな言葉をよく使っているのでしょうか?

 

「言葉を変えると行動が変わる、行動が変われば結果がかわる」

 

私は、私達が使う「言葉」は、とても大切だと思っています。

なぜなら、結果まで変わるからです。

 

その理由と現状、改善ポイントを講座ではお伝えしています。

 

大人も子供も、怒りの感情を上手にコントロールできるようになる。

 

「感情は、ぶつけるものではなく、伝えるもの」

 

怒りの連鎖を断ち切り、より良い社会につながる活動を、これからも私のライフワークとして、続けていきたいと思います。

 

----------------------

12月1日(土) アンガーマネジメント応用講座を開催します。

 

もっと深くアンガーマネジメントを知りたい!

アンガーマネジメントを身に付けたい!

 

という方にお薦めの21日間トレーニングをお伝えしています。

残席わずかですが、ご興味のある方はご検討ください。

 

【詳細】

https://ameblo.jp/yuki-tanigawa/entry-12411706758.html

 

 

年末12月22日(土) 、「X'masスペシャル~すべての人々へ贈る愛のワンディ」というクリスマスイベントが開催されます。

 

私も10時30分~12時、アンガーマネジメントをお伝えさせていただきます。

 

こちらのイベント、素敵な先生方のご登壇や、X'masラブソングを中心にX'masミュージック、華やかなフラメンコ、マルシェなど、沢山楽しめるイベント!

 

終日、出入り自由です。

 

ご家族で、是非お越しください。

 


 

6歳の娘はイライラした時、

心の中にある「イライラ」をイメージして、自分で「抜く」ことが出来るようになりました。

 

きっかけは、アンガーマネジメント・キッズ講座にある

「怒りを絵にしてみよう」というワーク。

 

これは、自分の怒りを想像し、絵にする(見える化)ものです。

私の場合、描き終わったら「その怒り、捨ててしまおう!」とアドバイスし、

その怒りをごみ箱へ捨てさせます。

 

そのワークを何度か経験した娘は、紙とペンがなくても、心の中で怒りを見える化し、

それを抜き出し窓の外に捨てるようになりました。

 

好きなお菓子を買ってもらえない

嫌いな野菜を食べさせられる

大好きなテレビ番組をみられない

 

そんな風に自分の思い通りにならない時、

いつもイライラして機嫌が悪くなり、つい八つ当たりをします。

 

イライラを周りにまき散らすので、周りの私達も嫌な気分になることが沢山ありました。

 

でも、この技術を身に付けてからは、機嫌の悪い時には自分の気持ちに目を向けて、

「イライラ虫がいるから抜いてみる」と言い、

「うんしょ、うんしょ」と自分で頑張って抜く努力を始め、

(イライラが大きいほど、抜くのに時間をかけています、笑)

スコーンと抜けるとコロっと機嫌が戻るようになりましたニコニコ

 

自分の感情は自分でコントロールできるようになる

 

そんなことが幼少期から出来ると、きっと生きやすくなるだろうな、

そう思って指導しています。

 

 

怒ることが悪いことではない。

でも、感情はぶつけるのではなく、伝えるものです。

 

時にはうまくいかないこともありますが、

機嫌の悪さを都度、周りにばらまき、娘自身後悔していた頃とちがって、

娘自身、後悔することが少なくなり、笑顔の時間が増えました。

 

大人も子供も、自分の感情を自分で扱える人が増えると

より良い、社会づくりに繋がると思っています。

 

 

 

アンガーマネージメントの「叱り方」講座でよくお伝えするNGワード

 

NGワードの代表的なものに、相手を責める「なぜ?」「どうして?」という言葉があります。

人は「なぜ?」と言われると、通常、下記のような3択の行動をとるといわれています。

 

①反論する

②言い訳する

③逃げる

 

その為、怒ったり叱ったりする際には、私は遣わないようにしています。

 

それでも、どうしても理由を明確にしたい時があります。

原因を追究しなければ、対処策がわからないからです。

 

そんな時は、

「なにが原因で出来なかったの?」

「なにが障害になって、約束が守れなかったのですか?」

などと質問するようにしています。

 

「なぜ?」を「なにが~?」に少しアレンジするだけで、随分伝わり方は変わります。

 

子育てや職場で、つい使ってしまうこのNGワード。

アンガーマネージメントを学んでからは、自分が使うことばを都度検証するようになりました。

 

----------------------

言葉が変われば行動がかわる。

行動が変われば結果がかわる。

----------------------

言葉遣いも、丁寧に選び遣うように心がるようになりましたウインク

 

 

 

 

 

先週、東かがわ市内のファミリー・サポート・センター様主催アンガーマネジメント研修に登壇しました。


定員30名程度の予定でしたが、当日は52名の方がご参加くださいました。
今回、アンガーマネジメントを初めて学ぶという方も沢山いらして、研修前に「楽しみにしてきました」と声をかけて下さる方もニコニコ

研修前、介護を始めたばかりの方から、ちらっと不安を感じていることや気持ちのコントロール方法について相談をいただきました。


そして、研修の終了後に
「怒りが生まれる仕組みや、自分がイライラする理由がなんとなくわかりました。これから、技術を身に付けていこうと思います!」
そんな風に声をかけてくださいました。

アンケートの結果もとても良くて、主催者の方にも喜んでいただき嬉しかったです。
----------------------
・先生の言葉の一つ一つに感情が豊かで、自身の体験をもとに分かりやすく

 面白く聞かせていただきました。6秒待って頑張りたいと思います。
・初めての話でしたが、聴けて良かったです。わかっているようでできていないことが

 沢山ありました。
・身近なお話を例にしてお話してくださったので、大変よく分かりました。子育てをしている時

 に聴いていればもっと良かったのにと思います。今日から温度計をつけてみます。
・自分の感情がとても理解できたと思う。周りの人にもこの研修内容を伝えたいと思います。
・自分の「べき」と他人の「べき」は違うこと、考え方が違うのは当たり前なので、これから

 三重丸で思考をコントロールできるようにしたいと思いました。
・アンガーマネージメント、私の中では新しい言葉でした。生きやすくなるために、これから

 の人生に活かしていきたいと思います。
・事例を沢山お話ししてくださり、非常に分かりやすかったです。今後に活かせるように

 がんばります。
・いろんな感情を我慢するタイプです。アンガーマネージメント教育を小学校で学ぶ機会が

 あれば、日本人もより生きやすくなるのではと思いました。
・今後生きた行く上で、大変参考になるお話でした。
・たとえが多くてわかりやすい!先生のお話面白かったです。
・一つ一つの説明に例の話を入れてくれるので、とても聞きやすく、身近に自分のことと

 重ねて聞くことができました。
・あっという間の2時間でした。とても楽しかったです。有難うございます。
・子供との接し方で、とても役に立つと感じました。今後の活動に活かしていきたいと

 思います。
 

など・・・
--------------------
上記以外にも沢山の感想をいただきました。

私自身、アンガーマネージメントをお伝えする度に、アンガーマネージメントが身に付いているように感じます。
それは、人にお伝えすることで、自分もまた、色々な気づきがあるからです。

----------------------
怒りの連鎖を断ち切りたい。
ハラスメントのない社会にしたい。
誰もが自分らしさを大切にできる社会をつくりたい。
----------------------


これまでの色々な自分の経験を元に、そんなことを想いながらお伝えしています。

今回も、2時間という長時間にもかかわらず、とても熱心に耳を傾けていただきました。
これからも活動を続けていきたいと思います。

 

アンガーマネジメント「後悔しない!怒りの取扱い方」講座に登壇します(無料)

11月25日(日) 13時30運~16時 にて
どなた様にも無料で御参加いただけるアンガーマネジメントです。


無料の託児もあり、小さなお子さんがいらっしゃる方にも、ぜひこの機会にご参加いただけると嬉しいです。

アンガーマネジメントを身に付けると、自分自身が怒りの感情を上手に取り扱い出来るようになり、とても生きやすくなります。

また、アンガーマネージメントは、精神論的なものでも、抽象的なものでもなく、いわゆる技術です。
その為、5歳の子供から大人まで、幅広く学び、身に付けていただいています。

お問い合わせ、お申込みは下記までご連絡ください。

 

【11月9日(金) 夜19時~21時】 高松市内のカフェでアンガーマネジメントをお伝えします

 

友人が企画をしてくれて、普段は夜オープンしない、高松市高松町にあるKAGU・Cafeさんの素敵な空間で、アンガーマネジメントをお伝えします。

これまでも、沢山の方にご参加いただきました。
お仕事帰りに、食事をしながら気軽に学んでいただける講座です。

ぜひ、ご都合が合う方は、この機会にアンガーマネジメントを知っていただければ嬉しいです。

----------------------
【詳細】
参加費は2,000円(飲食代別。飲食代はKAGU・Cafeさんへお支払ください。

※1メニューは必ず注文いただけると幸いです


申込みは、KAGU・cafeさんへ直接か、下記イベントページ参加ボタン、また、参加ボタンを押しづらい方は、メールにてご連絡ください。

tanigawa@takamatsu-ota.com
----------------------

【申込は下記へ】

https://www.facebook.com/events/180632709483034/

 

先月、「NPO法人 子育てネットくすくす」様主催の子育て支援講座に登壇しました。

 

四国88カ所の一つでもある「金倉寺」に、たくさんの小さなお子さんがいらっしゃるお母さん達がご参加下さいました。

 

 

皆様、とても熱心に受講いただき、講座終了後、くすくすネット様の施設で、お母さん達と一緒にランチをいただきましたが、そこでも質問や講座の感想をいただきました。

私自身も6歳の娘を持つ母でもあり、共感できるお話ばかりで、楽しい時間でした。

 

 

子育てにおいては、私は特に心の中のコップの水を、都度意識して抜いていくことが大切だなと感じています。

 

私も、心の中のコップの水が溜まっていると、つい子供に強く怒りすぎるということが、多々あったからです。

 

自分や子供の心の中のコップの水(マイナスの感情)を、都度見つけられると、親子関係は良くなると感じます。

 

「感情はぶつけるものではなく、伝えるもの」

 

これからも日々、意識して過ごしていきたいです。