【弔事】和装の格の使い方

テーマ:
こんばんは

この週末は法事などありまして、バタバタとしておりました

**

法事繋がりで…和装での弔事のTPOを簡単にお伝えさせて下さいませ

喪主やその家族でしたら、葬儀〜四十九日法要までは「黒喪服」を使用し、正装にします。(↓お写真 左)


1回忌以降は「黒喪服」に「色喪帯」など合わせて準礼装に致します。(↑お写真 右)

ご親族やご友人は四十九日法要以降は同じく「色喪服」に「黒喪帯」のコーディネートで準礼装で構いません。




また、さらに職場関係などご関係が離れるほど、「色無地」や「無地紬」、「小紋」などを通夜から着用しても構いませんね
左: 般若心経の染小紋に経文の黒共帯
右: たたき染め羽二重地に塩瀬に蓮の名古屋帯

◉重要なのは、親戚以外で呼ばれた際は ホスト=喪主やご親族の格よりもお呼ばれされた側は格を下げるという事ですね。

これは、パーティなどと同じ事が言えそうです。

洋装でも、ファーや革の物、アクセサリーは真珠以外使わないルールがありますが、やはり冠婚葬祭はその場のルールに則って失礼のない振る舞いをしたいものです

**

さて、またまた1週間の始まりですね!
今週も慌ただしくなりそうですが、しっかりと励んで参りたいと思います!
素敵な週になりますように