Ikura with clicker

Ikura can respond to the clicker sound.

イクラ、クリッカーの音に反応できます。

 

Tara wants to play basketball.

Tara wants to play basketball!

タラはバスケの練習に励んでいます。

 

Shall I preen you?!

Ikura wants to preen Tara.

タラをハミハミしたいイクラ。

 

I’m talking about the bird training class we attended last Saturday.

If you haven’t read the previous post, please check it first.

 

This is the first time for them to attend such a class and I think they behaved pretty well.

If we think of “socialisation”, they passed the first step of our mission.

 

So what did we do in the class?

At first we challenged “target training”.

In this training what we have to do is have our bird touch an object we show him/her.

Actually it turned into a fiasco, because of me.

I didn’t know how to do it, so how could Ikura and Tara have known it?!

Anyway, once the teacher helped us, Ikura showed response to it little by little.

 

Then Tara did “fetching” in front of many people and birds.

He did well as usual, and I’m really proud of him!

He wasn’t nervous at all even in a new place with new people.

 

As for Ikura, he was hanging around Tara at first, but got bored and left.

After I took him back, the teacher did some target training with him.

Okay... I must confess that I was the problem, as he was pretty doing well with the teacher.

 

When your training is not working well, please don’t blame your birds.

If they are confused, you’re the one who create the problem.

You must think of appropriate approach and become a good negotiator, so that we can get what we want from your birds, and they can get what they want from you.

 

I have learned that perfection is not necessary.

When we do target training, our goal is that Ikura and Tara touch a target object.

But it’s okay to give them a treat even when they just have a look at the object or lean over to it.

We can complete the task in the end while we keep practising together.

That’s why I must keep watching them, not to miss out even a tiny movement.

If I’m working seriously, I’m sure they’ll follow me.

 

One more thing, the goal is not to let your birds do some tricks.

Of course, I’m glad to see how Ikura and Tara do amazing tricks though.

However, it’s more important to build a good relationship through doing the training together.

In a good relationship we can trust each other, so this is the goal we must reach.

 

Well, Tara is a quick learner and he can do many tricks.

As you may know, Ikura is a bit slow, but I don’t need to have him do the same things Tara does.

I can provide him with something else he can enjoy or is good at, because we can keep a good relationship as long as we work on the same tasks and goal together.


先日参加したコンパニオンバードのための行動&トレーニングのクラスのお話の続きです。

イクラとタラ、初めての参加にしては落ち着いていて、とても優秀でした。

「社会化」という意味では、最初の一歩はまず合格点と言えます。

 

クラスの前半はケージ越しでターゲットタッチに挑戦。

これは、リードすべき私自身が慣れていないせいでふたりを混乱させてしまったようです。

後半は、みなさんの前でタラが「持ってきて」を披露しました。

場所が変わっても、たくさんの人が見ていても、いつものようにできたタラ、さすがです。

 

イクラもご見学としてそばで見ていたのですが、飽きてしまったのかみなさんの方へ飛んで行ってしまい、連れ戻すという場面がありました。

その後、先生がイクラのトレーニングをしてくださり、ターゲットタッチを理解し、少しできるようになりました。

なんとなく気づいていましたが、イクラが何か上手にできないのは、イクラに問題があるのではなく、指導者である私自身に問題がある、ということですね…。

 

愛鳥さんとのトレーニングがうまくいかないとき、十中八九問題があるのはトレーナーとなる飼い主側だと思います。

愛鳥さんが飼い主の要望を正しく理解できるようにアプローチすること、そして愛鳥さんがほしいと思っているものをしっかり理解して提供できるようになりたいものです。

 

今回のトレーニングクラスで学んだことは、はじめから満点を目指さなくてよいということです。

ターゲットタッチでは、タッチしてもらうことがゴールですが、ターゲットにタッチしなくても、見てくれる、体をちょっと前のめりにしてくれるだけでもOKとし、ごほうびをあげます。

これを繰り返すことで、少しずつ愛鳥さんのペースでゴールを目指せばよいのです。

だからこそ、愛鳥さんをしっかり観察することも大切。

こちらが真剣になれば、相手も真剣になってくれます。

 

そしてもう一つ大切なことは、何か芸ができるようになることがゴールではないということ。

もちろん愛鳥さんが一芸を披露してくれたら、「やっぱりうちの子は天才!」なんてうれしくなりますよね。

でも、トレーニングの一番の目的は、何かができるようになる過程で築き上げられる愛鳥さんと飼い主の間の信頼関係だと思います。

 

タラのほうが確かにすぐにやる気スイッチONになり、新しいことを覚えるのもはやいです。

ちょっとおっとりタイプのイクラには、タラと同じことを求めるのではなく、別のことを練習すればよいと思っています。

ある共通の目標に向かって一緒に取り組むことで生まれる信頼関係。

それをどんどん強めていくことこそが大切ですからね。

 

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

Ikura and Tara with a clicker

I've got a clicker!

クリッカーを手に入れました。
 

relaxing Ikura and Tara

Ikura and Tara are not afraid of the stuffed budgie.

His name is Umihei.

イクラもタラも、インコのぬいぐるみを怖がりません。

このインコちゃんの名前は海平です。

 

Ikura and Tara

Yes, Your Majesty!

イクラの前にひれ伏すタラ。

 

 

Last Saturday I took Ikura and Tara to the bird training class for the first time.

I’ve attended seminars on bird behaviour by the same teacher since last year, and I always wanted to attend her lesson with Ikura and Tara.

 

Well, it was the first time for them to go out, except for going to an avian clinic.

Actually I got new carry cages for this occasion, so everything was new for them!

I think it would be better to use the cages your birds get used to for such occasions, so that they don’t need to feel unnecessary stress.

 

Why do I attend the training class?

The main reason is to socialise Ikura and Tara.

I want them to feel comfortable and relax anywhere they go.

I want them to be friendly to other people and birds.

They might have to spend some time with other people, or they might have to find a new family, if something happened to me.

On such an occasion, I want them to be happy, not feel lonely nor stress.

I want them to be happy with anyone, anywhere, anytime.

Of course, I always take care of my health, because I’m the one who have got a responsibility for my budgies, but it’s very important to socialise your birds and be prepared for any situations.

 

When we entered the classroom, Ikura and Tara were very calm and so were other birds.

I’m sure Ikura and Tara were tired from a long journey. They started dozing off soon.

As for Ikura, he even started talking later. Every time we had a laugh, he also started having a laugh... it was hilarious.

Perhaps he could have been doing well in a speaking class!

 

I’m quite surprised at their ability to notice food.

A lovely cockatiel was next to us and he was having a treat, while Ikura and Tara were napping.

Then they suddenly woke up and started begging with a weird dance...

Fortunately they got what they wanted from the kind owner, but don’t you think they’re a bit bad mannered?!

 

It’s very interesting what other owners bring for their lovely birds.

You know, what kind of food can be a treat, what kind of tools or toys to bring, and so on.

As for me, I brought powdered pellet and some oats.

 

The teacher was surprised at the powdered pellet, as it didn’t look like a tempting treat.

Well, well, once I started preparing the powder pellet, Tara woke up and showed his readiness to work with me.

So... perhaps both Ikura and Tara won’t demand wage increases.

 

It was really amazing to see how every bird in the class behaved well and worked on their tasks.

You know, every bird looked confident and brilliant.

So how about Ikura and Tara? I’ll talk about them in the next post!


 

先日、イクラとタラを連れて、コンパニオンバードのための行動&トレーニングのクラスに参加してきました。

先生は、鳥のトレーニングで有名な石綿美香先生です。

石綿先生のレッスンは、昨年から受講するようになったのですが、鳥同伴でクラスに参加するのは今回が初めてです。

 

そして、ふたりが病院以外の目的で外出するのも今回が初めてでした。

この日のために、急きょキャリーケージを購入したので、何から何まで初めてづくしになるふたり。

こういう時、好奇心のかたまりであるふたりに感謝していますが、愛鳥さんのストレス軽減、緊張を避けるためにも、やはり慣れたケージでお出かけするのがよいと思います。

 

クラスに参加した主な理由は、ふたりの社会化。

自宅以外の場所でも、リラックスして過ごせるようになること。

家族以外の人にも怖がらず、緊張せずに接することができるようにすること。

ほかの鳥さんたちとも仲良くできるようにすること。

万一飼い主や家族に何かあって、一時的にほかの家族にお世話になることや、または新しい家族と暮らしていくこともあるかもしれません。

そうした時に、寂しさやストレスではなく、ふたりには新しい幸せを見つけてほしいので、社会化はとても大切だと感じています。

もちろん、「ふたりの幸せは必ず守る!」という意気込みで自分自身の健康管理もしっかり行っているつもりですが。

 

教室に入り、ふたりとも特に緊張した様子はなく、ほかの鳥さんがいても騒ぐことはありませんでした。そして、ほかの鳥さんたちもお行儀よく過ごしていたことも印象的でした。

 

ふたりは長時間の移動にも疲れたのか、すぐに居眠りを始め、リラックスモード。

イクラは後半になると、完全リラックスモードになったのか、クラスで笑いがおきる度にちょっと遅れて笑いにまざり、そしておしゃべり炸裂。

イクラ、話し方教室であれば、大活躍でしたね。

 

居眠りしていても、食べ物センサーだけは常に稼働しているようで、お隣のオカメインコさんがおやつをもらう度に目覚めて羨望の視線を送りつつ、怪しげなダンスを披露。

優しい飼い主さんがキビ穂をふたりにもくださり、勢いよく食べ始めるふたり。

 

参加していた飼い主さんたちの持ち物や、愛鳥さんにあげるおやつなど、とても参考になりました。

私が用意してきたごほうびは、ペレットをすり鉢ですった粉末、あとはケージに入らなかった時用のオーツ麦。

 

ペレットの粉末を準備し始めると、居眠りしていたタラにやる気スイッチが入り、起きてスタンバイします。

先生もこれにはびっくりしたようで、これで鳥さんが働いてくれるなんて、すごく労働単価が安いと笑っていました。

 

参加していた愛鳥さんたちが、日頃のトレーニングの成果を披露してくれるのですが、みんな本当に素晴らしいです。どの愛鳥さんも、輝いていました。

イクラとタラはどうだったのでしょうか?続きは次回のブログで書きたいと思います。

 

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

Ikura and Tara

We all know we're protected by Namihei's love.

みんな、波平の愛を感じています。

 

Ikura with beaded birds

I received these beautiful beaded birds (Namihei, Ikura and Tara) as a gift from one of my followers on Instagram.

ハンドメイドのビーズの小鳥さんたちは、もちろん波平、イクラ、タラです。

インスタグラムの波平をきっかけに知り合いになった方から、京都を訪れた際にいただきました。

 

Ikura with beaded birds

Ikura, I thought you could become a great nanny...

イクラ、子守りはやはりムリでした。

 

I wrote about Namihei, my beloved one who was a cancer fighter in my previous blog post.

This is something I wanted to share before talking about what I have learned from the seminar.

If you missed it, here is the previous blog post. Still learning ①

 

When our beloved birds are unwell, I’m sure we all hope they will recover fully.

There are, however, diseases we cannot cure and we have to manage them well.

Who can cure a disease? Is it only vets can do?

Of course, we cannot do a surgery, but if there is something only vets can do, don't you think there is something only we can do, and only our birds can do?

 

If you check on weigh of your birds every day, you may notice a slight change on them.

You may notice something wrong, because you spend every day with them.

 

When you need to start medical treatment for your birds, which do you choose, let them stay in hospital or carry on what you can do at home?

I can’t say which is better (it depends on, right?), but a clinic can provide better medication, and at home you can provide lots of love.

 

It’s also import that you’re the one who must make a decision for your birds and you’re the one who can say your decision is right or not.

When I decided to let Namihei take a surgery, some people criticised my decision on SNS. Some said it would be cruel and it would be better to put her down instead.

But what did they know about Namihei?

What could they do for her?

 

We may get sick even if we are very careful with our health.

It’s not easy to make a right decision in a calm way after we become ill.

I feel it’s important to think of what I want to do for Ikura and Tara in advance.

How long do I want to keep treatment for a disease which cannot be cured?

Where do I want to look after them?

How should I be involved in the treatment?

 

I also have learned that every bird is different.

My budgies, Ikura and Tara are unique and different from other budgies.

When I have a look at books talking about pet birds in Japan, it says average weight of budgies is from 30 to 35g.

Can we apply it to our budgies?

My answer is No.

Tara’s weight is about 27 to 28g, but he is absolutely healthy.

I take him to the vet twice a year and so far the vet doesn’t find any problem in Tara.

If you want to know the ideal weight for your birds, I think it's better to ask your vet.

 

“I want to tame my budgies. What should I do?”

“I want my budgies to do blah-blah-blah, how do I teach them?”

I often receive these questions on SNS and, to be honest, I cannot answer them.

It’s because every budgie is different, so how should I know about this budgie without seeing him/her?

 

There is one result, but it doesn’t mean there is one reason.

There will be many reasons to reach that result and every budgie takes action with a different reason and motive.

This is why you must keep watching your birds and figure out what they like, what they want, and what they enjoy.

I think it’s very useful to attend seminars on bird behaviour, so that it will help you think of your birds.

 

Your birds are afraid of you and don’t come to you?

Then you must figure out what makes them feel that.

And if you want to tell them something, or want them to do something, please give them a plenty of time to understand your messages.

Don’t rush them and you must be patient.

You don’t need to punish them, when they do something you don’t wish them to do.

All you have to do is find something else more fun for them.  

 

Some people say Ikura and Tara are so smart and adorable and I must do to something special for them.

Actually there is no trick... I just love them and do my best to make them happy.

If you say there must be something special here, okay, I say it is love.

I still feel Namihei’s love and it’s like some protection for all of us.

 

 

前回のブログ記事では、先代インコの波平のことに触れました。

七夕の日に受講したTSUBASAセミナーで学んだこと、感じたことをお話するためにまず知っていただきたかったことです。

前回のブログ記事→TSUBASAセミナーに参加しました(前半)

 

愛鳥さんが病気になったとき、家族であれば誰でも完治を望むはずです。

でも、完治しない病気や、ずっとうまく付き合っていかなければいけない病気もあります。

病気を治すのは、獣医さんの仕事でしょうか?

たしかに私たち飼い主は、手術なんてできません。

でも、獣医さんにしかできないことがあるのであれば、飼い主さんにしかできないこと、愛鳥さんにしかできないこともあるはずです。

 

毎日体重測定することで、愛鳥さんのちょっとした異変に気づくことができます。

毎日触れあっているからこそ気づく異変もあります。

 

病気の治療を始めるにあたり、入院するのか、自宅看護するのか。

一概にどちらが良いとは言えませんが、たとえば入院した場合、設備は整っていますが、飼い主の愛情パワーはありません。

治癒しない病の場合は、どこまで治療を続けますか?

 

そして、忘れてはいけないのが、治療方法を決断するのは飼い主さんで、獣医さんではありません。

また、その決断が正しいかどうか、決めるのは飼い主さんであり、獣医さんや周囲の人ではないこと。

波平のときにも、「安楽死させたほうがいい」、「クチバシをとるなんてかわいそうだ」などSNSでは批判的な意見もありました。

でも、その人たちは波平の何を知っているのでしょうか?

では波平に何をしてくれるのでしょうか?

 

気をつけていても、人間だって病気になります。

病気になってから、冷静にいろんな決断をするのはなかなか難しいもの。

もしも愛鳥さんが病気になったら、どこまで治療を行うのか、自分ができる範囲はどこまでか、など事前に考えておくことが大切だと感じました。

 

そして今回のセミナー全体を通じて感じたこと。

わが子は唯一無二の存在であって、みんな違う、ということです。

コンパニオンバードの飼育本などに、セキセイインコの平均体重としてだいたい「30から35g」と書かれているのを目にしますが、これをそのまま自分のセキセイインコさんに当てはめてよいのでしょうか。

実際、タラは27から28gですが、健康優良児です。

愛鳥さんの理想体重は、健康診断のときに獣医さんに聞くことをお勧めします。

 

「どうしたらベタ慣れになるのか?」

「どうしたら○○できるようになるのか?」

答えはひとつではありません。同じ行動をしていても、その行動に至る動機や理由は鳥それぞれだからです。

だからこそ、もっと自分の愛鳥さんに目を向けて、どんなことが好きなのか、何が欲しいのか、楽しめるものは何か、を考えることが大切ですね。

そして、いろんな選択肢、引き出しを増やすために勉強会やセミナーに参加する意義があると思います。

 

海外の方から「自分のインコが怖がっている。寄りつかない。どうしたらいいか?」というご質問をよくいただくのですが、正直なところお答するのが難しいです。

それは、鳥さんはみんなユニークな存在だからこそ、その鳥を知らなければお答えできないからです。

イクラとタラにはうまくいった方法が、そのまま別の愛鳥さんに当てはまるわけではない、ということですね。

 

飼い主さんができることは、愛鳥さんが何を怖がっているのかを考えること。

そして、愛鳥さんがいろんなことを理解する時間を十分に与えてあげること。

「ダメ!」と罰する必要はまったくありません。

やってほしくない行動を目にしたら、愛鳥さんがもっと楽しいこと、やりたいことを見つけてあげればいいだけです。

 

イクラとタラのことを「賢い!」などとほめていただくことも多いのですが、私はいち愛鳥家で、特別なことをしているわけではありません。

ただ何かきっと特別なものがあるはずだ、と疑われる方へは、我が家は波平からの愛情に包まれ、守られている気がしてなりません、とお答えしたいです。

 

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村