yuka の「女の子になりたい」

yuka の「女の子になりたい」

Yukaです。
会社では地味~な事務系サラリーマン。
妻帯者で2児の父。
それでも、ずっと、女の子になりたい気持ちが捨てきれず、2年前から、こっそり女性ホルモン治療を始めてしまいました。
そんなMTFのYukaの日記です。

Yukaです。こんにちは。

 

先日、購入したDVD

「リリーのすべて」 ですが、

 

 

しばらく、開封もせず置きっぱなしにしていたのですが、

 

ようやく観ました。

 

「1930年代に、初めて性適合手術を受けた人の映画」 ということは知っていましたが、

それ以外の前知識は無しで、今回初めて見たのです。

 

物語のラストが想像していたのと、全然違っていました。

 

やっぱり、1930年代の医療技術は、現在よりずっと危険だったんですね。

 

映画の途中から、少し震えが止まらなくなってしまいました。

 

何というか、リリーではなく、彼女(夫)を支える妻ゲルダに感情移入してしまって、

 

もう、ゲルダが不憫で仕方なくなってしまって...。

 

これから観る方にネタバレになってしまうので、これ以上は書きませんが。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

わたしは、妻に今年5月にカミングアウトして、認めて(支えて)もらっているのですけれど...。

 

もしかしたら、わたしの妻にも、ゲルダと同じ思いをさせてしまっているのではないかと...、少し気になってしまいました。

 

妻は、非難めいたことは一切言わない人なのですが...。

先日、寂しそうにボソっと呟いていたんですね。

 

「一緒にアルプスに連れて行ってもらっていたころの貴方と、今の貴方の、どちらが本当の貴方なのか時々わからなくなる...。」って。

 

実際、わたしの告白に、相当ショックを受けたのは事実のようです。

 

と言っても、わたしは女性化をあきらめる気はありませんし...、(妻も認めてくれていますし)、これからも、上手く振舞って行くしかありませんね。

 

早朝に一人で、「リリーのすべて」を観終わった Yuka の感想でした。

 

おしまい。 Yuka

 

(写真:5月にカミングアウトした日の妻からのメール)

https://ameblo.jp/yuka-f4j/entry-12461516781.html

 

よろしかったら、ポチお願いします♥

(ポチしていただけると、大変励みになります。)

    ↓


性同一性障害ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF)へ
にほんブログ村