作家 荒川祐二オフィシャルブログ 「ていうか、神さまってなに?」 Powered by Ameba

作家 荒川祐二オフィシャルブログ 「ていうか、神さまってなに?」 Powered by Ameba

作家 荒川祐二オフィシャルブログ 「~ていうか、神さまってなに?~」 Powered by Ameba
人気連載『アウトロー古事記』、『家にスサノオが棲みつきまして…』、『神さま言葉』など、日常と共にお送りします。

荒川裕二の書籍一覧


荒川裕二への講演依頼

荒川裕二オフィシャルブログ読者登録する

天へと繋がる道。


天へと繋がる道は、

様々あれど、


お天道様に、

恥ずかしくない生き方こそが、

天へと、

最も近く繋がる道。


素直でいよう。

正直でいよう。

誠実でいよう。


素直と誠実さが、

天へと繋がる道。


――――――――――――

☆このブログを読んでいいなと思ったら

下記の最新刊をご予約して応援してね☆ ◆~キュンキュンする日本の神さまの物語~



死んだら人はどうなるの?

 

↓↓↓↓↓

☆2020年2月26日発売☆

荒川祐二 最新刊

~ちょっと神さまになってみました~ 



 ↑↑↑↑↑

荒川祐二です☆

 



 



累計10万部となる作品


『ちょっと神さまになってみました


~死んで分かったあの世の仕組み~』の


☆出版記念全国講演ツアー☆


『ていうか、死後の世界ってなに?』開催☆

人はなぜ生きるのか?

なぜ死ぬのか?


人は死んだらどうなるのか?

生まれ変わりの仕組みとは?


理不尽な死の意味はなにか?

病気になるのはなぜ?



誰もが一度は疑問に思ったこと、

そのすべてに答える講演ツアー☆


さらに

このツアーは参加するだけで

サイン付き最新刊と無料神社ツアーが

セットで付いてくる


全会場50名限定

数少ない講演会なので


ぜひお早めに

お申し込みください☆

↓↓↓↓↓
☆各会場の詳細とお申し込みはこちらから☆

↑↑↑↑↑

 

 

 

 

 

 

そして、


本日2月26日、

 

累計10万部となる最新刊、

 

『ちょっと神さまになってみました ~死んで分かったあの世の仕組み~』が、発売となりました~!!

イエイエ、ドンドン、パフパフ~!!(久しぶり)

全国の皆さんから早速、

 

たくさんの、



お買い求め情報、

 

ありがとうございます☆



そこで、

 

いつも応援してくださっている皆さんに、

 

 

改めて、

 

特別な企画を行うことにしました☆

 

 

 

 



今日から、

 

全国の本屋さんで最新刊、

 


『ちょっと神さまになってみました

 

~死んで分かったあの世の仕組み~』が、

 

発売されましたので、

【全国の書店さん応援キャンペーン】として、

 

今日(2月26日)から3月7日までの間に、

 

 

本屋さんで荒川祐二の最新刊を、

 

買ってくださった方に、

 

 

今回の、


本の監修者の、

 

高橋日董さんのお寺で作られた、



幻の『お守り龍神画像』を、

 

プレゼントさせて頂きます☆

高橋日董さん曰く

この龍のご利益は


道開きの開道成就(カイドウ)

良い導きが与えられる良導成就(リョウドウ)

とのことで、


しかも色が、

黒・赤・白から、

 

お選び頂けますびっくりびっくり


申し込み方法は簡単で、

 

今日から、


3月7日までの間に、

 


全国の本屋さんで、

 

『ちょっと神さまになってみました

 

~死んで分かったあの世の仕組み~』を、

 

ご購入いただき、

 

 

その本の画像を携帯で撮影して、


※こんな感じ?

・お名前

・お守り画像の希望の色

・購入した本の写真

 

を添えて、

 

yujiarakawa0428@gmail.comに、

 

お送りください☆

 

 

すると、

 

その返信で、

 

 

幻のお守り龍神画像を、

 

お送りさせて頂きます☆

また、

 

『本は、


どこの本屋さんで売ってますか?』と、

 


よく聞かれますので、

 

お伝えすると、

 

 

下記の全国の本屋さんでは、

 

確実に、

 

置いてあると思いますので、

 


どうぞ、


ご参考になさってください☆

 

□■□■□

☆北海道☆

紀伊國屋書店 札幌本店

紀伊國屋書店 オーロラタウン店

紀伊國屋書店 厚別店

紀伊國屋書店 小樽店

三省堂書店 札幌店

コーチャンフォー 札幌


☆東北☆

【青森】

ジュンク堂書店 弘前中三店

蔦屋書店 青森中央店


【岩手】

ジュンク堂書店 盛岡店

宮脇書店盛岡渋民店


【秋田】

ジュンク堂書店 秋田店

宮脇書店 秋田本店


【宮城】

紀伊國屋書店 仙台店

ジュンク堂書店 仙台TR店

丸善 仙台アエル店

丸善 仙台泉店

丸善 大崎古川店

蔦屋書店 仙台泉店

蔦屋書店 大崎古川店


【福島】

ジュンク堂書店 郡山店


☆北陸☆

【新潟】

ジュンク堂書店 新潟店

蔦屋書店 高田西店

蔦屋書店 新潟万代

蔦屋書店 新潟中央インター店

蔦屋書店 長岡新保店

蔦屋書店 長岡古正寺店

蔦屋書店 南万代フォーラム店

紀伊國屋書店 新潟店

紀伊国屋書店 ラブラ万代店


【石川】

紀伊國屋書店 金沢大和店


【富山】

紀伊國屋書店 富山店


【福井】

紀伊國屋書店 福井店

蔦屋書店 福井パリオ店


☆関東☆

【東京】

八重洲ブックセンター本店

ブックファーストあおい六本木店

丸善&ジュンク堂書店渋谷店

ブックファースト新宿店

明正堂アトレ上野店

ブックファーストルミネ北千住店

ジュンク堂池袋店

ブックファーストあおい書店中野本店

有隣堂ヨドバシAkiba店

丸善丸の内本店

三省堂書店神保町本店

丸善日本橋店

文教堂書店浜松町店

紀伊國屋書店新宿本店

紀伊國屋書店国分寺店

紀伊國屋書店武蔵小杉店

紀伊國屋書店大手町ビル店

有隣堂アトレ目黒店

ジュンク堂書店立川髙島屋店

ジュンク堂吉祥寺店


【埼玉】

丸善桶川店

旭屋書店イオン浦和美園SC店

三省堂書店大宮店

東京旭屋書店新越谷店

ブックファーストルミネ川越店

紀伊國屋書店さいたま新都心店

紀伊國屋書店浦和パルコ店

ジュンク堂書店大宮ロフト店

ブックファースト青葉台店


【千葉】

未来屋書店 八千代緑が丘イオン

丸善津田沼店

紀伊國屋書店流山おおたかの森店


【神奈川】

紀伊國屋書店横浜店

紀伊國屋書店ららぽーと横浜店

あおい書店上大岡店

ジュンク堂書店藤沢店

有隣堂書店アトレ川崎店

有隣堂横浜駅東口ルミネ店

有隣堂厚木店

TSUTAYA横浜みなとみらい店

有隣堂藤沢店

有隣堂新百合ケ丘エルミロード店

文教堂書店溝ノ口本店

丸善 ラゾーナ川崎店

文教堂書店 モアーズ横須賀店


【群馬】

紀伊國屋書店 前橋店


【栃木】

未来屋書店 栃木店

宮脇書店 小山店


【茨城】

未来屋書店 イオンモールつくば

未来屋書店 イオンモール土浦店

丸善 水戸京成店

蔦屋書店 ひたちなか店

蔦屋書店 龍ヶ崎店


【山梨】

ジュンク堂書店 岡島甲府店

未来屋書店 イオンモール甲府昭和店


【長野】

丸善 松本店

蔦屋書店 佐久小諸店

蔦屋書店 長野川中島店


☆中部☆

【静岡】

MARUZEN & ジュンク堂書店 新静岡店

蔦屋書店 静岡本店


【三重】

丸善四日市店


【岐阜】

丸善 岐阜店

三省堂書店 岐阜店


【愛知】

紀伊國屋書店 mozo ワンダーシティ店

紀伊國屋書店 名古屋空港店

ジュンク堂 名古屋店

ジュンク堂 ロフト名古屋店

ジュンク堂 名古屋栄店

丸善 名古屋本店

丸善 名古屋セントラルパーク店

蔦屋書店 精文館 尾張一宮店

蔦屋書店 TSUTAYA 春日井店

未来屋書店 ナゴヤドーム前

未来屋書店 名西店

三省堂書店 名古屋本店


☆関西☆

【大阪】

紀伊國屋書店梅田本店

紀伊國屋書店グランフロント

紀伊国屋書店 本町店

紀伊國屋書店グランドビル店

紀伊國屋書店 京橋店

紀伊國屋書店天王寺ミオ店

紀伊國屋書店 高槻阪急店

ジュンク堂書店大阪本店

ジュンク堂書店天満橋店

ジュンク堂書店難波店

ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店

ジュンク堂書店 上本町店

MARUZEN&ジュンク梅田店

旭屋書店なんばCITY店

ブックスキオスク 森ノ宮店

ブックスタジオ大阪店

ブックスタジオ 新大阪駅店

蔦屋書店 梅田

蔦屋書店 ららぽーとエキスポシティ店

蔦屋書店 LUCUA イーレ店

旭屋書店 梅田地下街店

旭屋書店 なんばCITY店

喜久屋書店阿倍野店

リブロ 新大阪店

ブックランドフレンズ


【奈良】

ジュンク堂書店 奈良店

喜久屋書店 JR奈良駅店

喜久屋書店橿原店

啓林堂書店 新大宮店

啓林堂書店 近鉄百貨店(生駒)

宮脇書店 奈良店


【京都】

丸善 京都本店

アバンティブックセンター 京都店

大垣書店京都本店

大垣書店ANNEXイオンモール京都桂川店

大垣書店 四条店

大垣書店 京都ヨドバシ店


【滋賀】

ジュンク堂書店 滋賀草津店

大垣書店フォレオ大津一里山店

喜久屋書店草津店


【兵庫】

紀伊國屋書店 神戸阪急店

紀伊國屋書店 川西店

紀伊國屋書店 神戸店

紀伊國屋書店 加古川店

メトロ書店神戸御影店

ブックファーストエビスタ西宮店

ジュンク堂書店 三宮店

ジュンク堂書店 神戸さんちか店

ジュンク堂書店 西宮店

喜久屋書店 イオンモール神戸北

旭屋書店 ららぽーと甲子園店

大垣書店 ハーバーランド umie 店


☆中国・四国☆


【岡山】

紀伊國屋書店 クレド岡山店

丸善 岡山シンフォニービル店

三省堂書店 岡山駅店


【広島】

丸善 広島店

ジュンク堂書店 広島駅前店

紀伊國屋書店 ゆめタウン広島店

紀伊國屋書店 ゆめタウン廿日市店

蔦屋書店 広島


【徳島】

紀伊國屋書店 徳島店

紀伊國屋書店 ゆめタウン徳島店


【香川】

ジュンク堂書店 高松店

宮脇書店 総本店

紀伊國屋書店 ゆめタウン丸亀店


【愛媛】

ジュンク堂書店 松山店

宮脇書店 新居浜本店

紀伊國屋書店 いよてつ高島屋店


【高知】

蔦屋書店 高知

宮脇書店 イオンモール高知店


☆九州・沖縄☆


【福岡】

丸善 博多店

紀伊国屋書店 久留米店

紀伊國屋書店 福岡支店 

紀伊國屋書店 天神イムズ店

紀伊國屋書店 ゆめタウン博多店

紀伊國屋書店 久留米店 

紀伊國屋書店 福岡本店

ジュンク堂 福岡店

丸善 博多店 

丸善 イオンモール筑紫野

未来屋書店 イオン直方店


【佐賀】

紀伊国屋書店 佐賀店

明林堂書店 南佐賀店


【長崎】

紀伊國屋書店 長崎店


【大分】

ジュンク堂書店 大分店

紀伊国屋書店 アミュプラザおおいた店

蔦屋書店 光吉店

未来屋書店 三光

リブロ 大分トキハ店


【鹿児島】

紀伊國屋書店 鹿児島店

ジュンク堂書店 鹿児島店

ブックスミスミ オプシア店

丸善 天文館店

未来屋書店 鹿児島店


【沖縄】

ジュンク堂書店 那覇店

宮脇書店那覇空港店


(※一部遠方の地域は、発売が遅れているかもしれません)

□■□■□

 

またもちろん、

 

昨日まで行っていた、

 


Amazonキャンペーンで買ってくださった方も、

 

今回の対象なので、

 

 

その方たちは、

 

本が届いたらその本を撮影して、

 

同じように、

 

 

・お名前

・お守り画像の希望の色

・本の写真

 

を添えて、

 

yujiarakawa0428@gmail.comに、

 

お送りください☆

Amazonキャンペーンから、

 

書店さん応援キャンペーン、

 


そして、

 

3月からの、


全国出版記念講演ツアーなどしていると、

自分が作家なのかなんなのか、

わからなくなりますし、


こういうことをすると、

 

実際に、


よく言われます。

 

 

 

 

 

 

『そんなに本を売るのに、

 

必死になっている姿は、

 

見たくない』と。



『そんなに本が、


売りたいんですか?』と。

 

 

 

 

 

 

これは正直に、


言わせていただくと。






 

そんなに本が売りたいんです。

 

 

 

 

 

 


これまでに何度も書いてきましたが、

 

 

今の時代の作家というのは、

 

昔と違って、

 

 

本を書くだけでは、

 

成り立ちません。

 

 

 

 

 

 

というよりも、

 

ストレートに言うと、

 

 

もう本を出して、

 

本屋さんに並べるだけでは、

 


簡単には、


売れてくれないのですね。

 

 

(本を買わなくても、

 

こうやって無料ブログとかで、

 

僕が書いているものを、


読めると言えば読めるしね)

 

 

 

 

 


 

ブログと本というものは、

 

違うもので、

 

 

そこに込める時間や、

 

熱量というものは、

 

 

圧倒的に違うものがあり、


やはり作家としては、



本来、


『本』で伝えたいわけです。

 

 

 

 

 

 

ただ、


お金を出して頂いて、

 

読む価値のあるものを、


作ってはいますが、

 

 

しかし、

 

無料だらけの世の中で、


その壁を越えて、

 

 

お金を出して、

 

手に取って頂くためには、

 





 

その本の親である作家自身が、

 

こうして、

 

皆さんに届ける工夫を続けて、

 

 

実際に手に取って頂いて、

 

読んでもらって、

 

 

 

 

 

 

そうしてそれが、

 

皆さんのSNSやブログに書いてもらったり、

 

 

周りの人への口コミとなり、

 

1人、2人…と広がっていき、

 


全国へ広がっていく流れを作る。

 

 

 

 

 

 

ここまでが、

 

今の作家としての、

 

責任です。

 

 

 

 

 

 

『出したらオッケー。

 

後は知らない』というのは、

 

もう確実に、


時代が変わっているのです。

 

 

 

 

 

 

でもこれまでにも、

 

何度も書いてきているように、

 

 

売れなければ、

 

作家は次の本を出せない。

 

 

 

 

 

 

だから、

 

格好悪くても、

 

泥臭いと分かっていても、

 

必死になる。

 

 

 

 

 


 

でも、

 

本が売れてくれると、

 

 

こうして僕自身が、

 

プロモーションや、

 

その他のことに注力するのではなく、

 

 

本来の作家のあるべき姿として、

 

作品や、

 

より良い物語づくりに集中出来ます。

 

 

 

 

 

 

本は、

 

『発売から1週間が勝負』と、

 

言われていますので、

 

 

 

 

 

 

どうか皆さんの、

 

力を貸してください。

【全国の書店さん応援キャンペーン】

 

今日(2月26日)から3月7日までの間に、

 

 

本屋さんで荒川祐二の最新刊を、

 

買ってくださった方に、

 

 

今回の、


本の監修で入ってくださっている、

 

高橋日董さんのお寺で使われていて、



皆さんの携帯の待ち受け画像にも出来る、

  

幻の『お守り龍神画像』を、

 

プレゼントさせて頂きます☆

高橋日董さん曰く

この龍のご利益は


道開きの開道成就(カイドウ)

良い導きが与えられる良導成就(リョウドウ)

とのことで、


しかも色が、

黒・赤・白から、

 

お選び頂けますびっくりびっくり


申し込み方法は簡単で、

 

今日から、


3月7日までの間に、

 


全国の本屋さんで、

 

『ちょっと神さまになってみました

 

~死んで分かったあの世の仕組み~』を、

 

ご購入いただき、

 

 

その本の画像を携帯で撮影して、


※こんな感じ?

・お名前

・お守り画像の希望の色

・購入した本の写真

 

を添えて、

 

yujiarakawa0428@gmail.comに、

 

お送りください☆

 

 

すると、

 

その返信で、

 

 

幻のお守り龍神画像を、

 

お送りさせて頂きます☆

また、

 

『本は、


どこの本屋さんで売ってますか?』と、

 


よく聞かれますので、

 

お伝えすると、

 

 

下記の全国の本屋さんでは、

 

確実に、

 

置いてあると思いますので、

 


どうぞ、


ご参考になさってください☆

 

□■□■□

☆北海道☆

紀伊國屋書店 札幌本店

紀伊國屋書店 オーロラタウン店

紀伊國屋書店 厚別店

紀伊國屋書店 小樽店

三省堂書店 札幌店

コーチャンフォー 札幌


☆東北☆

【青森】

ジュンク堂書店 弘前中三店

蔦屋書店 青森中央店


【岩手】

ジュンク堂書店 盛岡店

宮脇書店盛岡渋民店


【秋田】

ジュンク堂書店 秋田店

宮脇書店 秋田本店


【宮城】

紀伊國屋書店 仙台店

ジュンク堂書店 仙台TR店

丸善 仙台アエル店

丸善 仙台泉店

丸善 大崎古川店

蔦屋書店 仙台泉店

蔦屋書店 大崎古川店


【福島】

ジュンク堂書店 郡山店


☆北陸☆

【新潟】

ジュンク堂書店 新潟店

蔦屋書店 高田西店

蔦屋書店 新潟万代

蔦屋書店 新潟中央インター店

蔦屋書店 長岡新保店

蔦屋書店 長岡古正寺店

蔦屋書店 南万代フォーラム店

紀伊國屋書店 新潟店

紀伊国屋書店 ラブラ万代店


【石川】

紀伊國屋書店 金沢大和店


【富山】

紀伊國屋書店 富山店


【福井】

紀伊國屋書店 福井店

蔦屋書店 福井パリオ店


☆関東☆

【東京】

八重洲ブックセンター本店

ブックファーストあおい六本木店

丸善&ジュンク堂書店渋谷店

ブックファースト新宿店

明正堂アトレ上野店

ブックファーストルミネ北千住店

ジュンク堂池袋店

ブックファーストあおい書店中野本店

有隣堂ヨドバシAkiba店

丸善丸の内本店

三省堂書店神保町本店

丸善日本橋店

文教堂書店浜松町店

紀伊國屋書店新宿本店

紀伊國屋書店国分寺店

紀伊國屋書店武蔵小杉店

紀伊國屋書店大手町ビル店

有隣堂アトレ目黒店

ジュンク堂書店立川髙島屋店

ジュンク堂吉祥寺店


【埼玉】

丸善桶川店

旭屋書店イオン浦和美園SC店

三省堂書店大宮店

東京旭屋書店新越谷店

ブックファーストルミネ川越店

紀伊國屋書店さいたま新都心店

紀伊國屋書店浦和パルコ店

ジュンク堂書店大宮ロフト店

ブックファースト青葉台店


【千葉】

未来屋書店 八千代緑が丘イオン

丸善津田沼店

紀伊國屋書店流山おおたかの森店


【神奈川】

紀伊國屋書店横浜店

紀伊國屋書店ららぽーと横浜店

あおい書店上大岡店

ジュンク堂書店藤沢店

有隣堂書店アトレ川崎店

有隣堂横浜駅東口ルミネ店

有隣堂厚木店

TSUTAYA横浜みなとみらい店

有隣堂藤沢店

有隣堂新百合ケ丘エルミロード店

文教堂書店溝ノ口本店

丸善 ラゾーナ川崎店

文教堂書店 モアーズ横須賀店


【群馬】

紀伊國屋書店 前橋店


【栃木】

未来屋書店 栃木店

宮脇書店 小山店


【茨城】

未来屋書店 イオンモールつくば

未来屋書店 イオンモール土浦店

丸善 水戸京成店

蔦屋書店 ひたちなか店

蔦屋書店 龍ヶ崎店


【山梨】

ジュンク堂書店 岡島甲府店

未来屋書店 イオンモール甲府昭和店


【長野】

丸善 松本店

蔦屋書店 佐久小諸店

蔦屋書店 長野川中島店


☆中部☆

【静岡】

MARUZEN & ジュンク堂書店 新静岡店

蔦屋書店 静岡本店


【三重】

丸善四日市店


【岐阜】

丸善 岐阜店

三省堂書店 岐阜店


【愛知】

紀伊國屋書店 mozo ワンダーシティ店

紀伊國屋書店 名古屋空港店

ジュンク堂 名古屋店

ジュンク堂 ロフト名古屋店

ジュンク堂 名古屋栄店

丸善 名古屋本店

丸善 名古屋セントラルパーク店

蔦屋書店 精文館 尾張一宮店

蔦屋書店 TSUTAYA 春日井店

未来屋書店 ナゴヤドーム前

未来屋書店 名西店

三省堂書店 名古屋本店


☆関西☆

【大阪】

紀伊國屋書店梅田本店

紀伊國屋書店グランフロント

紀伊国屋書店 本町店

紀伊國屋書店グランドビル店

紀伊國屋書店 京橋店

紀伊國屋書店天王寺ミオ店

紀伊國屋書店 高槻阪急店

ジュンク堂書店大阪本店

ジュンク堂書店天満橋店

ジュンク堂書店難波店

ジュンク堂書店 近鉄あべのハルカス店

ジュンク堂書店 上本町店

MARUZEN&ジュンク梅田店

旭屋書店なんばCITY店

ブックスキオスク 森ノ宮店

ブックスタジオ大阪店

ブックスタジオ 新大阪駅店

蔦屋書店 梅田

蔦屋書店 ららぽーとエキスポシティ店

蔦屋書店 LUCUA イーレ店

旭屋書店 梅田地下街店

旭屋書店 なんばCITY店

喜久屋書店阿倍野店

リブロ 新大阪店

ブックランドフレンズ


【奈良】

ジュンク堂書店 奈良店

喜久屋書店 JR奈良駅店

喜久屋書店橿原店

啓林堂書店 新大宮店

啓林堂書店 近鉄百貨店(生駒)

宮脇書店 奈良店


【京都】

丸善 京都本店

アバンティブックセンター 京都店

大垣書店京都本店

大垣書店ANNEXイオンモール京都桂川店

大垣書店 四条店

大垣書店 京都ヨドバシ店


【滋賀】

ジュンク堂書店 滋賀草津店

大垣書店フォレオ大津一里山店

喜久屋書店草津店


【兵庫】

紀伊國屋書店 神戸阪急店

紀伊國屋書店 川西店

紀伊國屋書店 神戸店

紀伊國屋書店 加古川店

メトロ書店神戸御影店

ブックファーストエビスタ西宮店

ジュンク堂書店 三宮店

ジュンク堂書店 神戸さんちか店

ジュンク堂書店 西宮店

喜久屋書店 イオンモール神戸北

旭屋書店 ららぽーと甲子園店

大垣書店 ハーバーランド umie 店


☆中国・四国☆


【岡山】

紀伊國屋書店 クレド岡山店

丸善 岡山シンフォニービル店

三省堂書店 岡山駅店


【広島】

丸善 広島店

ジュンク堂書店 広島駅前店

紀伊國屋書店 ゆめタウン広島店

紀伊國屋書店 ゆめタウン廿日市店

蔦屋書店 広島


【徳島】

紀伊國屋書店 徳島店

紀伊國屋書店 ゆめタウン徳島店


【香川】

ジュンク堂書店 高松店

宮脇書店 総本店

紀伊國屋書店 ゆめタウン丸亀店


【愛媛】

ジュンク堂書店 松山店

宮脇書店 新居浜本店

紀伊國屋書店 いよてつ高島屋店


【高知】

蔦屋書店 高知

宮脇書店 イオンモール高知店


☆九州・沖縄☆


【福岡】

丸善 博多店

紀伊国屋書店 久留米店

紀伊國屋書店 福岡支店 

紀伊國屋書店 天神イムズ店

紀伊國屋書店 ゆめタウン博多店

紀伊國屋書店 久留米店 

紀伊國屋書店 福岡本店

ジュンク堂 福岡店

丸善 博多店 

丸善 イオンモール筑紫野

未来屋書店 イオン直方店


【佐賀】

紀伊国屋書店 佐賀店

明林堂書店 南佐賀店


【長崎】

紀伊國屋書店 長崎店


【大分】

ジュンク堂書店 大分店

紀伊国屋書店 アミュプラザおおいた店

蔦屋書店 光吉店

未来屋書店 三光

リブロ 大分トキハ店


【鹿児島】

紀伊國屋書店 鹿児島店

ジュンク堂書店 鹿児島店

ブックスミスミ オプシア店

丸善 天文館店

未来屋書店 鹿児島店


【沖縄】

ジュンク堂書店 那覇店

宮脇書店那覇空港店


(※一部遠方の地域は、発売が遅れているかもしれません)

□■□■□

 

またもちろん、

 

昨日まで行っていた、

 


Amazonキャンペーンで買ってくださった方も、

 

今回の対象なので、

 

 

その方たちは、

 

本が届いたらその本を撮影して、

 

同じように、

 

 

・お名前

・お守り画像の希望の色

・本の写真

 

を添えて、

 

yujiarakawa0428@gmail.comに、

 

お送りください☆


【このブログはシェア、リブログ、転載大歓迎です☆】
ナガスネヒコ「ハッ、ハッ、ハッ!!カムヤマトイワレビコ!!

また貴様か!!懲りずに何をしに来た!?今度こそは殺してやろうか!!」

前回も、イワレビコ一行を待ち伏せて襲撃しただけあって、やはり相手は油断ならない。

ナガスネヒコ軍はもうすでに、こちらに弓を向けていた。

開戦。

威勢の良い掛け声と共に、両軍がぶつかり合う。

イワレビコ軍の方が数は少ないが、兄イツセの弔い合戦ということもあってか、士気は高く、形成は五分と五分だった。

しかし時間の経過とともに、体力は衰え、そうなってくると必然的に、数が多い方が有利になってくるのが、戦の常だった。

イワレビコ「(…このままでは…。どうする…どうすれば…」

その時だった。

イワレビコの脳裏に言葉が聴こえてきた。

?「カムヤマトイワレビコ…。聴こえますか…?私の名はタカミムスヒ…」

イワレビコ「タカミムスヒ様…!前回も熊に襲われた時に助けてくださった…!」

タカミムスヒ「これより、神鳥をそなたに授けます」

その言葉と共に、天から八咫烏とは別の、金色に光り輝く鳥が舞い降り、

弓矢を構えるイワレビコの矢の先に、その金色の鳥は止まった。

その時だった。 


――――――――――――

☆このブログを読んでいいなと思ったら

下記の最新刊をご予約して応援してね☆ ◆~キュンキュンする日本の神さまの物語~



死んだら人はどうなるの?

 

↓↓↓↓↓

☆2020年2月26日発売☆

荒川祐二 最新刊

~ちょっと神さまになってみました~ 



 ↑↑↑↑↑


2021年。



新時代が始まり、

この春、

荒川祐二は最新刊であり、




著者累計10万部となる、

節目の作品、




『ちょっと神さまになってみました ~死んで分かったあの世の仕組み~』を、

2021年2月26日(金)、

KADOKAWAより出版致します!!
そしてそれに伴い、

今回の出版に際しまして、

3月13日(土) オンライン&岐阜県を皮切りに、

1年ぶりとなる、

『全国出版記念講演ツアー ~ていうか、死後の世界ってなに?~』を開催致します!
今回の書籍のテーマは、

『死後の世界&生まれ変わり』です。






人はなぜ生きるのか?

なぜ死ぬのか?


そして、

人は死んだらどうなるのか?

生まれ変わりの仕組みとは?


理不尽な死の意味はなにか?

病気になるのはなぜ?





そういった、

誰もが持つ疑問にお答えすると共に、


また、

人は、

死後に生まれ変わるだけではなく、


この人生の中でも、

何度かの生まれ変わりを経て、

人生をより、


大きく、

加速して参ります。






それは僕も、

皆さんも同じ。







今回の本、

そして講演ツアーを通して、


共に、

『生まれ変わり』というものを、

体験したいと思います。






また通常、

荒川祐二の講演会は、

5000円~の価格帯が多いのですが、


今回の講演ツアーチケット代は、

一部会場を除いて、




何と驚きの、

3500円(税込)!

※大阪会場のみパーティーなので6500円。





さらにあり得ないのですが、

『来場者には最新刊が、サイン付きでもれなくプレゼントされます!』




さらに、

さらに、

さらに、

さらに!!


今回は、

本の監修者である、


人気過ぎて、

行列が絶えないイケメン住職、


高橋日董さんも、

講演会に参加し、


『生まれ変わり』についての、

話も含めて、

講演をしてくださいます。
また講演会参加者は、

荒川祐二と高橋さんとの神社ツアーにも無料で参加できるという、

【各会場限定50名】の、


前代未聞の、全国ツアーとなっております!!
(※高橋さんのスケジュール上、宮城講演のみ除く)
気になる全国講演の詳細はこちらです!


◻️■◻️■◻️
荒川祐二最新刊 『ちょっと神さまになってみました ~死んで分かったあの世の仕組み~ 全国出版記念   講演 輪廻転生ツアー!

☆★☆★☆
☆コロナの関係で外に出にくいという方のために☆
3/13(土 朝)オンライン 講演会
大ベストセラー『あの世に聞いたこの世の仕組み』の著者 雲黒斎さんと荒川祐二のコラボオンライン講演会です☆オンラインなので、全国どこからでも参加可能です☆

・開始時間:10時
・終了時間:12時
・チケット代:3500円

※書籍は後日郵送させて頂きます。
※配信はズームを予定しています。
☆★☆★☆



☆★☆★☆
3/13(土 昼) 岐阜 講演会
・開場時間:13時
・終演時間:15時半
・会場:雲上双龍 長髙寺
・住所:岐阜県多治見市旭ケ丘8丁目23
・チケット代:3500円

★特別なご案内★
講演終了後、住職 高橋日董さんが長髙寺をご案内&一緒に参拝してくださいます。(16時終了予定)
☆★☆★☆



☆★☆★☆
3/14(日) 福岡 講演会
・開場時間:13時30分
・終演時間:16時00分
・会場:大刀洗ドリームセンター
・住所:福岡県三井郡大刀洗町冨多
※大堰駅 徒歩5分
・チケット代:3500円

★特別なご案内★
講演会参加者限定!講演終了後、荒川祐二、高橋日董と行くスペシャル『七夕神社』ツアーに無料ご招待!!
※講演終了後、全員で移動します。(17時終了予定)
☆★☆★☆



☆★☆★☆
3/20(土) 宮城 講演会
開場時間:10時15分
終演時間:12時
・会場:仙台サンプラザ
住所:宮城県仙台市宮城野区榴岡5丁目11−1
・チケット代:3500円

★特別なご案内★
講演会参加者限定!講演終了後、荒川祐二と行くスペシャル『榴岡天満宮』ツアーに無料ご招待!!
※講演終了後、全員で移動します。(13時終了予定)

※宮城講演は荒川祐二単独の講演会となります。
☆★☆★☆



☆★☆★☆
3/21(日) 北海道講演会
開場時間:13時15分
終演時間:14時45分
会場:カナモトホール(札幌市民ホール)
住所:札幌市中央区北1条西1丁目
※JR札幌駅 徒歩15分
・チケット代:3500円

★特別なご案内★
講演会参加者限定!講演終了後、荒川祐二、高橋日董と行くスペシャル『北海道神宮』ツアーに無料ご招待!!
※講演終了後、各自で移動をお願いします。(16時30分終了予定)
☆★☆★☆



☆★☆★☆
3/27(土) 大阪 出版記念パーティー
開場時間:17時30分
開演時間:18時30分
会場:BERONICA
住所:大阪市城東区蒲生1丁目8-4
※京阪/JR京橋/地下鉄 鶴見緑地線・徒歩5分
チケット代:6500円
※食事(1プレート)&1ドリンク&新刊書籍付き

※大阪講演は時間の都合上、神社ツアーの開催はございません。
☆★☆★☆



☆★☆★☆
3/28(日) 石川 講演会(1部)
開場時間:10時30分
終演時間:13時
会場:野菜古民家
住所:石川県金沢市南塚町98 
チケット代:3500円

3/28(日) 石川 講演会(2部)
開場時間:14時30分
終演時間:17時
会場:野菜古民家
住所:石川県金沢市南塚町98 
チケット代:3500円

※石川講演は時間の都合上、神社ツアーの開催はございません。
☆★☆★☆


☆★☆★☆
4/3(土) 愛知 講演会
開場時間:13時30分
終演時間:16時
会場:ガッコウ+株式会社
住所:名古屋市中区大須2-10-45
大須ステーションプラザ6F
※大須観音駅 徒歩1分
チケット代:3500円

★特別なご案内★
講演会参加者限定!講演終了後、荒川祐二、高橋日董と行くスペシャル『大須観音』ツアーに無料ご招待!!
※講演終了後、全員で移動します。(17時終了予定)
☆★☆★☆


☆★☆★☆
4/4(日) 茨城 講演ファイナル
開場時間:11時30分
終演時間:14時
会場:ホテルグランマリアージュ
住所:茨城県石岡市国府1丁目1−1
※石岡駅西口 徒歩1分
・チケット代:3500円

★特別なご案内★
講演会参加者限定!講演終了後、荒川祐二、高橋日董と行くスペシャル『常陸国総社宮』ツアーに無料ご招待!!
※講演終了後、全員で移動します。(15時30分終了予定)
☆★☆★☆


◻️■◻️■◻️
チケットのお申し込みは、

・お名前
・人数
※12歳以下入場無料(書籍は無し)
・希望会場
※例:北海道、オンライン、石川1部などなど。

・本の送り先住所(※3/13 オンラインの方のみ)
※後日書籍郵送のため

を添えて、

yujiarakawa0226@gmail.com

メールをくださいますよう、

よろしくお願い致します。


メール受信後、

事務局より


入金先を記載した

メールを送らせて頂きます。



※全会場
新型コロナウィルス感染防止対策を
徹底して行わせて頂きます。


※今回は新型コロナウイルス感染防止対策のため、会場での接触を極力減らすべく、事前入金制とさせて頂きます。


※尚お申し込みいただいてから2日たっても、事務局から返信がない場合、お客様のキャリアにメールがはじかれて受信出来ない場合があります。

お使いの端末で受信設定していただくか、他のアドレスからご連絡ください。
◻️■◻️■◻️



繰り返しになりますが、

各会場【限定50名】の、


超スペシャル企画となっておりますので、


迷わずにすぐに、

上記より、

お申し込みください☆
2021年。




誰もが辛く、

苦しかった、

2020年を越えて、




生まれ変わって、

新時代を、

共に歩む。




その扉を皆さんと共に、

開くために、


僕は再び、

全国の皆さまへ、

会いに行きます。
2021年3月13日(土)

岐阜から始まる、

『ちょっと神さまになってみました

~死んで分かったあの世の仕組み~』、

全国出版記念講演 輪廻転生ツアーで、

お会いしましょう!!





生まれ変わりたい人、集合です☆
【このブログはシェア、リブログ、転載大歓迎です☆】
偶然を

偶然と思わぬ時、

運命の歯車が回り出す。


起きること全てに、

意味があり、


起きること全てに、

価値がある。


その一つ一つの意味を求める時、

そこに、

神の采配が姿を現す。


偶然を

偶然と思わぬ時、

運命の歯車が回り出す。

――――――――――――

☆このブログを読んでいいなと思ったら

下記の最新刊をご予約して応援してね☆ ◆~キュンキュンする日本の神さまの物語~



死んだら人はどうなるの?

 

↓↓↓↓↓

☆2020年2月26日発売☆

荒川祐二 最新刊

~ちょっと神さまになってみました~ 



 ↑↑↑↑↑

荒川祐二です☆

 

 

 



 


☆Amazonキャンペーン☆


本日まで☆

【スペシャル対談動画キャンペーン】

荒川祐二の最新刊

『ちょっと神さまになってみました

~死んでわかったあの世の仕組み~』を

Amazonでご予約を頂くと、


超ベストセラー

『命日占い』の著者

かげした真由子さんと荒川祐二の

スペシャル対談動画


『ていうか、死ぬってなに?』を、

プレゼントさせて頂きます☆


Amazonで

荒川祐二の最新刊

『ちょっと神さまになってみました』を

ご予約頂くと

ういう注文番号がわかりますので☆
そちらをお控え頂いて、

・お名前
・注文番号

と共に、

yujiarakawa0428@gmail.comに、

メールをください☆


その返信で、

スペシャル対談動画を、

お送りさせて頂きます☆

 

↓↓↓↓↓
☆Amazonでの予約はこちらから☆
↑↑↑↑↑






そして今日は、


『特別連載 荒川祐二の物語』、


最終話。

昨日改めて、

 

これからの荒川祐二は、


神さまの物語とともに、    

 



侍についての物語を書いていくという、


方向性についての話を、

 

させて頂きました。

また、

これまで長きに渡り、

僕自身の内面の話を、

させて頂きました。




この物語は、

これから歩んでいく上で、


ある意味、

 

自分自身の中で、

 

未消化の感情を、

 

 

成仏させるためにも、

 

この物語を、

 

書く必要がありました。





この間、


作家の先輩方と話をしていた時にも、


言われたことではあるのですが、



『荒川くんの世代には、


葛藤がない。


物語というものは、


主人公が葛藤しているからこそ、


美しい』と。





これは僕に限らず、


僕ら世代、


また僕らより下の世代は、



みんな抱えている、


ぼんやりとした悩みだと思っています。





不足はない。


不満もない。



でも何か、


燃えるものもない。



ぼんやりとした不安と、


ぼんやりとした虚しさ。





『一体自分は、


なんのために生きているんだろう?』、



『生きている』という実感は、


どこにあるのだろう?という、


世代特有の悩み。





人によっては、


贅沢病と言われて、



共感されづらいかもしれないけど、


『人生の幸せ』という観点から見ると、



この虚しさという課題、


燃えるものがない、



極端な絶望もなければ、


極端な喜びもないということも、



ある意味の苦悩であると、


思うのです。





『ある程度、


満たされた世界のなかで、



自分たちは、


なんのために生きるのか?』



その答えを、


これから僕は、



世代の代弁者として、


見つけていこうと思います。

 



 

そして、


コロナに揺れた世界の中で、

 

もう一つ、

 


これからは、

 

『風の時代』だと言われていますね。

 

 

 

地位や名誉、財産といった、

 

目には見えるものが評価される、

 

『地の時代』から、

 

 

思想や信条、

 

教育、芸術、情報、通信、

 

 

そういった目には見えないものが評価される、

 

『風の時代』。

 

 

 

 

 

色んな人が、

 

色んな切り口で、

 

 

この風の時代についての、

 

解説を行っていますが、

 

 

その中で、

 

この物語の最後に、

 

 

荒川祐二なりの、

 

『風の時代の歩き方』について、

 

お話をさせて頂きます。

 

 

 

 

上にも書いたように、

 

目には見えないもの、

 

 

そういったものが評価される時代とは、

 

どういうことでしょうか?

 

 


 

中々わかりそうで、

 

わからないこの問いですが、

 

 

僕自身は、


そのことを思った時に、

 

1つ思い当たる時代があります。

 

 

 

 

 

 

それは日本の、

 

『江戸時代』です。

 

 

徳川270年の平和のもと、

 

戦は無くなり、


 

その中で、

 

人々は幸せな日々を送っていましたが、

 



 

戦がなくなるということは、

 

それに相反するように、

 

 

戦を仕事としていた侍たちは、

 

自分たちの活躍する場が、

 

無くなったということでもあるのです。

 

 



 

もう刀一本で、

 

のし上がっていく、

 

下剋上の時代は終わった。

 

 

それでも、

 

生きていかなければいけない。

 

 

 

 

そう考えた時に、

 

必然的に侍たちは、

 

 

『何のために、

 

生まれてきたのか?

 

何のために、

 

自分たちは生きているのか?』、

 

そういったことを、

 

考えたと思うのです。

 

 

 

 

その中で、

 

その気持ちが行きついた先が、

 

 

江戸の時代に花開いた、

 

数多くの文化・芸術であり、






二宮尊徳、佐久間象山、

 

山岡鉄舟、吉田松陰、横井小楠、

 


本居宣長、平田篤胤を始めとした、

 

思想家の数々でした。

 

 

 

 

そこにあったものは、

 

『何のために生きるのか?』という、

 

誰もが持つ疑問を、

 

追い求めた結果だったと、

 

思うのです。

 

 


 

 

 

それは今も同じで、

 

国も親も大人も、

 

世界も、

 

 

誰もが生き方の正解を提示出来ない、

 

これからの時代の中で、

 

 

寄って立つべきは、

 

誰でもなく、

 

自分自身です。

 

 

 

 

そしてその、

 

自分自身の柱となるものが、

 

 

自らの思想、信条であり、

 

日々の考え方。

 

 

 

 

所謂、

 

『何のために生きるのか?』という、

 

それぞれの持つ、

 

人生の答えです。

 

 

 

 

 

それをしっかりと作り上げ、

 

ある意味、

 

その思想や考え方によって、

 

 

人々を導いていくことこそが、

 

これから迎える、

 

『風の時代』では、

 

 

尊敬されることであり、

 

それぞれの人生にとっても、

 

 

必要なことになってくると、

 

僕は確信しています。

 

 

 

 

 

 

『貴方は今、

 

なにを信じ、

 

なにを思い、

 

なんのために、

 

生きていますか?』

 

 

 

 


 

その問いに応えられる、

 

自分自身を、

 

 

これから共に、

 

作り上げていきましょうね。

――――――――――――
3月13日~
全国出版記念講演ツアー開催☆

↓↓↓↓↓
☆各会場の詳細とお申し込みはこちらから☆

↑↑↑↑↑
【このブログはシェア、リブログ、転載大歓迎です☆】
土雲「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!」

あっという間に、土雲の民たちは討ち殺されました。

イワレビコ「(…ふぅ…。許してくれよ。例え卑怯と言われようとも、これ以上、兵の犠牲は出せないのだ…。俺には行かねばならない場所がある」

兄を失ったイワレビコでしたが、こういった11つの経験を経て、壁を乗り越え、確かに王としての、強さと素養を身に付け始めていたのです。

そうしてさらに、イワレビコ一行の西への進軍は続き、

いよいよ、あの因縁の相手が待ち受ける場所へと、到達したのです。

イワレビコ「…いよいよ、か…」

西へ、西へと進んでイワレビコ一行の旅路は、いよいよ終わりへと向かっていきました。

そこで待ち受けているであろう相手は…、

あの兄を殺害した憎き男、ナガスネヒコ。

生駒山を登り、山頂で気合の入ったイワレビコ一行は、

士気を上げるために、声高らかに歌を歌いました。

『畑にくっさいニラが1本紛れ込んでやがる!!その芽も根もまるごと引っこ抜く!!』

『垣の下に植えてあったあの山椒!!口に響いた痛みを忘れるわけがない!!』

『神風が吹く伊勢の海!!石の上で這う貝のように這いずり回ってでも!!必ずあいつは討ってやる!!』

こうして山を超えるとナガスネビコが軍と共に待ち構えていた。 


――――――――――――

☆このブログを読んでいいなと思ったら

下記の最新刊をご予約して応援してね☆ ◆~キュンキュンする日本の神さまの物語~



死んだら人はどうなるの?

 

↓↓↓↓↓

☆2020年2月26日発売☆

荒川祐二 最新刊

~ちょっと神さまになってみました~ 



 ↑↑↑↑↑

【このブログはシェア、リブログ、転載大歓迎です☆】
運気は、

人柄。


運が良いから、

人柄が良くなるのではなく、


人柄が良いから、

運気が良くなる。


いつもニコニコ、

笑っていよう。


運気は、

人柄。


――――――――――――

☆このブログを読んでいいなと思ったら

下記の最新刊をご予約して応援してね☆ ◆~キュンキュンする日本の神さまの物語~



死んだら人はどうなるの?

 

↓↓↓↓↓

☆2020年2月26日発売☆

荒川祐二 最新刊

~ちょっと神さまになってみました~ 



 ↑↑↑↑↑