荒川祐二オフィシャルブログ 「ていうか、神さまってなに?」 Powered by Ameba

荒川祐二オフィシャルブログ 「ていうか、神さまってなに?」 Powered by Ameba

荒川祐二オフィシャルブログ 「~ていうか、神さまってなに?~」 Powered by Ameba
人気連載『アウトロー古事記』、『家にスサノオが棲みつきまして…』、『神さま言葉』など、日常と共にお送りします。

荒川裕二の書籍一覧


荒川裕二への講演依頼

荒川裕二オフィシャルブログ読者登録する


荒川祐二&Teamスサノオです☆

 

 

 

 

 

 

まずは皆さんに、

 

ビックリなお知らせを☆

 

 

 

 

 

 

昨日、


荒川祐二オンラインサロンに、


突如、


スサノオさんが現れました(笑)

コメント欄を荒らされたりと、

 

僕としては非常に、

 

やりにくいのですが(笑)

スサノオさんと皆さんが、

 

直接話せるのも、

 

このオンラインサロンだけですので、

 


ぜひ、


皆さんも、

 

お楽しみください☆


↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

そして今日僕は、

 

自分の産土神社へ、


※自分が生まれ育った土地の神社

 

行って参りました。

もちろんまだまだ、

 

まったく予断を許さないとはいえ、

 

 

まずはこの、

 

コロナ騒動の一山を、

 

一旦超えることが出来たことの、

 


御礼を伝えに、

 

参拝。

すると…?

あ「どうも」

 

※ちなみに僕の産土神も、

 

スサノオさんなのです。

 

 

 

 

ス「暑いな」

 

 

 

 

あ「本当ですね(笑)

 

それなのに、

 

マスクしなきゃいけないってのが、

 

変な感じです(笑)

 

 

これから世界は、

 

どうなっていくんでしょうね(笑)」

 

 

 

 

 

 

ス「んなもん、

 

決まっとるやろがい。

 

 

自分で、

 

『決める』ことや

 

 

 

 

 

 

あ「『決める』?


『決める』、とは?」

 

 

 

 

 

 

ス「これからの未来がどうなるか、


って言うとな、

 


今回と同じではないけど、


コロナがまぁ何かしらの影響を、

 

社会や世界に影響を与えるのは、

 

確かなわけや。

 

 

でも、な…

 

 

 

 

 

 

あ「…?」

 

 

 

 

 

 

ス「だからといって、

 

不幸になるかどうかなんて、


限らん。



その結果も、


自分次第やでって話や」

 

 

 

 

 

 

あ「は、はぁ…」

 

 

 

 

 

 

ス「要は、


何が言いたいかって言うとな、

 

いつの時代も、

 

大きな社会変革を通して、

 

その波に呑み込まれる者もいたし、

 


その逆に、

 

その波に乗って、

 

大きく飛躍した者もいるってことや。

 

 

その違いは何かわかるか?」

 

 

 

 

 

 

あ「それが、

 

『決める』ということ…?」

 

 

 

 

 

 

ス「そう。

 

『何があっても、

 

自分は幸せになる』。

 

そう自分の中で決めて、

 

ぶらさないことことや。

 

 

その確固たる気持ちが持てたなら、

 

社会がどう変革していこうとも、

 

必ずその時代に適応して、

 

 

あなたは絶対に、

 

幸せになれる。

 

 

その自分を心底信じる、

 

強い心こそが、

 

今これからの時代に、

 

求められていることや。

 

 

じゃあその逆に今、

 

したらあかんことはなんやと思う?」

 

 

 

 

 

 

あ「してはいけないこと?

 

…何でしょう…?

 

自分を信じることの逆と言えば、

 

自分を疑うこと?」

 

 

 

 

 

 

ス「それもそうやねんけど、

 

これからの時代に、

 

一番やってはいけないこと。

 

 

それは、

 

時代に流されること。

 

 

言い換えるなら、

 

惰性で生きることや

ス「それは『火星』や。

 

ふざけんでええねん」

 

 

 

 

あ「汗汗…」

 

 

 

 

 

 

ス「どういうことかと言うとやな、

 

これから時代がどう動いていくかなんて、

 

誰もわからへん。

 

 

それは今回の一連の、

 

コロナの流れを見てて、

 

もう十分わかったやろ?

 

 

国のトップだって、

 

誰も初めてのことやったから、

 

手探りで、

 

これだけ世界が混乱したわけやん」

 

 

 

 

 

 

あ「…確かにそうですね…」

 

 

 

 

 

 

ス「そして恐らくその状況は、

 

これからも大なり小なり、

 

続いていく。

 

 

その時にな、

 

個人単位の話で言うならば、

 

 

国が決めた判断を待って、

 

それにただ、


惰性で従うという生き方は、

 

あまりに危険やねん。

 

 

今回でよくわかったと思うけど、

 

誰が、


自分たちの身を護ってくれる?

 

 

例え会社が潰れたとしても、

 

誰かが護ってくれる、

 

ということはないと思った方がいいで

 

 

 

 

あ「そうかも…ですね…」

 

 

 

 

ス「そう。

 

だから大切なことは、

 

これまでも繰り返し、繰り返し、

 

伝えてきたけど、

 

 

社会の流れを見ながら常に、


自分の頭で考えること、

 

自分の心で判断すること、

 

自分の足で歩くことやねん。

 

 

それがこれからの時代に、

 

絶対的に必要な力と、

 

なってくる。

 

 

逆に言うと、

 

その力を持てたなら、

 

 

これからの時代、

 

どうなろうとも、

 

 

必ずその波に乗って、

 

より大きく飛躍していくことが出来るねん。

 

 

それもまた、

 

絶対や」

 

 

 

 

 

 

あ「何か、勇気づけられます…」

 

 

 

 

 

 

ス「安心せぃ。

 

どんな時代であっても、

 

君らは人は生きてきたんやから。

 

 

そうして強い心を持って、

 

歩んでくれたなら、

 

 

その強き心に、

 

俺たち強き神の力も宿るから」

ス「必ず良い時代が来るよ」


――――――――――――

こんにちわ口笛ラブラブキラキラ

今日も元気に『アウトロー古事記』参ります\(^-^)/
 
―――――――――――――
↓↓まずは、こちらを両方とも『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

 

アマテラスから三種の神器と三大神勅を受け取ったニニギは、

 

元気いっぱいに地上へ降り立つ準備を始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間にアマテラスも彼を送り出す準備を始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、地上に同行する神々の選抜である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血筋は申し分ないといっても、まだまだニニギは若い。

 

やはり周りでサポートする熟練の神々たちがいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったアマテラスは、

 

『天岩戸開き』の際に活躍した神々を中心に、

 

オモヒカネ、タヂカラオ、アメノウズメ、アメノコヤネ、フトダマ、イシコリドメ、タマノヤ、アメノイワトワケを呼び寄せて、

 

指令を下した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマテラス「みんな、お願いね。ニニギをしっかりサポートしてちょうだい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと思い出が甦る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで高天原を支えてくれた神々たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スサノオの暴走によって、

 

また自分の甘さによって、



高天原が危機に陥った時でも守ってくれたみんな。

 

 

いつでも笑って、支えて、愛してくれたみんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな一つひとつを思い返せば返すほど、

 

アマテラスは溢れる涙を止めることは出来なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマテラス「…うっ…うっ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなアマテラスに知恵の神オモイカネが言う。

 

 

 

 

 

 

 

 

オモイカネ「アマテラス様、安心してください。ニニギ様は、私たちがしっかり守りますから」

 

 

 

 

 

 

続いて、芸能の神アメノウズメ。

 

 

 

 

 

 

アメノウズメ「アマテラス様、今までずっとありがとう。楽しかった…」

 

 

 

 

 

 

 

天岩戸を投げ飛ばした力の神アメノタヂカラヲ。

 

 

 

 

 

 

 

タヂカラヲ「たまには地上界に遊びに来て下さいよ!って無理な話か!ガハハハハ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉は明るくとも、みんな泣いていた。

 

 

みんながみんな泣いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニニギ「お待たせしましたー!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

旅支度を終えたニニギが駆け寄って来た。

 

 

 

 

 

 

その視線の先では天上界の神々が抱き合って涙を流していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで子どものようで、それでいて、美しい涙だった。

―――――――――――――
※イイネ、シェア、リブログ、転送、大歓迎爆笑自由な形でどうぞガンガンやっちゃって下さいませウインクキラキラキラキラ
 
◼初めましての方へ☆
『これまでアクセスが最も多かった記事 TOP3』
 
―――――――――――――
※『笑って、泣いて、神話を学ぶ』、日本の国の始まりと神々のルーツを知る史上最古の連載ファンタジー『アウトロー古事記』、第1話目はこちら

※インスタグラム、twittterでは日々のより細かい日常を発信しています口笛口笛どうぞこちらもフォローしてくださいませおねがい

インスタグラムID⇒arakawayuji0325
twitter ID⇒@arakawayuji

※ゴミ拾いや普段の講演活動について分かる映像はこちら爆笑爆笑


※講演会や書籍情報、各種お問い合わせについてはこちらからどうぞ爆笑爆笑
 


『荒川祐二オフィシャルサイト』
―――――――――――――
【頂いたコメントにつきまして】
アメーバオフィシャルブログでは、本人なりすましの可能性があるため、僕本人によるコメント返しが出来ない設定になっています。
 
返したい気持ちは山々なのですが、大変申し訳ございません。
 
また運営側の判断でコメントが削除されたりもあるようです。
 
決して僕の方では、削除処理などは行っていません。
 
いつも一つ一つ有り難く、また楽しく読ませて頂いています。
 
皆さまの応援に心から感謝致します。
 
何卒これからもよろしくお願い致します。
―――――――――――――
ただ何となく、
お昼前に集まって、
みんなでファミコンして、

自転車に乗って、
駄菓子屋に行って、
日が暮れるまで野球して。

また次の日も、
何となく集まってっていう、
そんな遊びがしたい。
【🌕超訳 かぐや姫 16話目✨】
□■□■□
?「うぼぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!」

神「(よ、よかったっ…!

生きてた…!)」

同時に、

竹の中が、

再び光り輝き…。

竹取の翁が、

中を覗くと…?
□■□■□

あなたが

思っている以上に、

あなたは

素晴らしい。


あなたが

思っている以上に、

あなたは

素晴らしい。


あなたが

思っている以上に、

あなたは

素晴らしい。


何度でも、

何度でも、

伝えよう。


あなたが

思っている以上に、


あなたは

何倍も、


何十倍も、

何百倍も、

素晴らしい。
こんにちわウインクキラキラ
 
今日も『アウトロー古事記』参ります☆
 
―――――――――――――
↓↓まずは、こちらを両方とも『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

 
 
 
 
 

ニニギノミコト。

 

 

 

 

 

まだまだ見た目も幼く、

 

しかしそれでいて、

 

瞳の奥から純粋さと可能性を感じさせる、

 

次の物語の主人公である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに地上界に降り立つ神が決まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマテラスは地上に降り立つにあたって、

 

ニニギに地上の王の証である,

 

 

三種の神器(草薙の剣、八尺瓊勾玉、八咫鏡)を手渡すとともに、

 

 

3つの言葉を授けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

1.「天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅」

 

この国の君主である自覚を持つこと

 

 

 

 

 

 

 

2.「宝鏡奉齋(ほうきょうほうさい)の神勅」

 

この鏡(八咫鏡)を私と思い、己の私利私欲で民を苦しめていないかを常に自省し、

 

そこに『我』があるならば取り除くこと

 

 

 

 

 

 

 

3.「齋庭稲穂(ゆにわいなほ)の神勅」

 

稲を育て、この国を繁栄させること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを世に言う『三大神勅』といい、

 

 

今この現代に於いても、

 

天皇が守り続ける使命だと言われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニニギ「はい!かしこまりました!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマテラスから三種の神器と三大神勅を受け取ったニニギは、

 

元気いっぱいにそう答えると、地上へ降り立つ準備を始めた。

※イイネ、シェア、リブログ、転送、大歓迎爆笑自由な形でどうぞガンガンやっちゃって下さいませウインクキラキラキラキラ
 
◼初めましての方へ☆
『これまでアクセスが最も多かった記事 TOP3』
 
―――――――――――――
※『笑って、泣いて、神話を学ぶ』、日本の国の始まりと神々のルーツを知る史上最古の連載ファンタジー『アウトロー古事記』、第1話目はこちら

※インスタグラム、twittterでは日々のより細かい日常を発信しています口笛口笛どうぞこちらもフォローしてくださいませおねがい

インスタグラムID⇒arakawayuji0325
twitter ID⇒@arakawayuji

※ゴミ拾いや普段の講演活動について分かる映像はこちら爆笑爆笑


※講演会や書籍情報、各種お問い合わせについてはこちらからどうぞ爆笑爆笑
 


『荒川祐二オフィシャルサイト』
―――――――――――――
【頂いたコメントにつきまして】
アメーバオフィシャルブログでは、本人なりすましの可能性があるため、僕本人によるコメント返しが出来ない設定になっています。
 
返したい気持ちは山々なのですが、大変申し訳ございません。
 
また運営側の判断でコメントが削除されたりもあるようです。
 
決して僕の方では、削除処理などは行っていません。
 
いつも一つ一つ有り難く、また楽しく読ませて頂いています。
 
皆さまの応援に心から感謝致します。
 
何卒これからもよろしくお願い致します。
―――――――――――――
【🌕超訳 かぐや姫 15話目✨】
□■□■□
パンダ「ホホホイ、ホホホイ、ホホホイ♪」

神「いかんっ!こやつがいると、

竹を喰われるっ!!

早くっ!

早く、竹を斬るのじゃっ!!」

…しかし、

神さまの叫びも虚しく…。
□■□■□

憧れているあの人も、

みんな人間、

あなたも人間。

誰かに出来て、

あなたに出来ないことはない。


憧れを持つことは、

素晴らしいことだけど、


その人と自分は違うとまでは、

思わなくていい。


あなたにも、

無限の可能性はあるのだから。


その可能性を信じて、

歩こう。


憧れているあの人も、

みんな人間、

あなたも人間。

誰かに出来て、

あなたに出来ないことはない。