荒川祐二オフィシャルブログ 「~神さまと友達になる~」 Powered by Ameba

荒川祐二オフィシャルブログ 「~神さまと友達になる~」 Powered by Ameba

荒川祐二オフィシャルブログ 「~神さまと友達になる~」 Powered by Ameba
人気連載『アウトロー古事記』、『家にスサノオが棲みつきまして…』、『神さま言葉』など、日常と共にお送りします。

荒川裕二の書籍一覧


荒川裕二への講演依頼

荒川裕二オフィシャルブログ読者登録する

NEW !
テーマ:
【このブログはシェア、リブログ、転載大歓迎です】
荒川祐二&Teamスサノオです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

『スサノオと菊理媛を巡る旅』。

※これまでのお話はこちら☆

1話目. 新たなる旅の始まり

2話目. 謎多き女神ククリヒメ?

3話目. たった二行の女神

4話目. 伝説の神の別れ

5話目. 閲覧注意!

6話目. 黄泉の国の魔物

7話目. 黄泉守人の出現

8話目. 荒川祐二、穢れる

9話目. 瀬織津姫の登場

10話目. 菊理媛の風

11話目. 生と死を司る女神とは

12話目. 白き山の女神

13話目. 伝説の男、再び

14話目. 八百万の神々と共に

15話目. ニギハヤヒが語る闇

16話目. 天武天皇に会う

17話目. ミッチーの登場

18話目. 伝説を作った男

19話目. 天武伝説

20話目. 血の穢れの始まり

21話目. 血の穢れの答えを求めて…

22話目. 勇者 泰澄の誕生

23話目. 次、生まれ変わるなら…

24話目. 白山に来たれ 

25話目. いざ、白山へ

26話目. 白山比咩神社で感じた不安

27話目. 勇者 泰澄、現る

28話目. 勇者 泰澄との対話

29話目. 魂は永遠に

 

 

 

 

白山山頂での泰澄、

 

そして菊理媛と過ごした、

 

魂の時を経て、

【父の魂の行く末を求める】という、

 

この旅に於ける、

 

 

僕自身の目的は、

 

果たすことが出来た。

しかしこの旅の幕を閉じるために、

 

僕らが越えなければならない、

 

『最後の課題』がある。

 

 

 

 

 

 

それが、

 

『イザナギとイザナミの和解』。

この二柱の神の和解を果たさずして、

 

この旅の幕を閉じることが出来ない。

 

 

 

 

 

 

そうして僕らは、

 

白山を降りたその足で、

 

『ある場所』へと向かった。

 

 

 

 

 

 

道中、

 

このイザナギとイザナミの和解のために、

 

同行してくれることとなった、

 

泰澄さんとの会話が繰り広げられる。

 

 

 

 

 

 

あ「…あの…」

 

 

 

 

泰澄「…?」

 

 

 

 

あ「これからイザナギさんと、

 

イザナミさんを和解させるために、

 

僕らは今向かっているのですが…。

 

 

そのための場所は、

 

何となく分かるのですが…。

 

 

その…

 

 

 

 

泰澄「…言いたいことはわかっているよ。

 

二柱の神を和解させるために、

 

何が必要か、

 

ということだろう?」

 

 

 



 

あ「………。

 

はい、仰る通りです。

 

 

確かに魂の仕組みを知り、

 

イザナミさんの魂が、

 

イザナギさんの中にも入っていることを、

 

知りました。

 

 

しかしそのことは日本書紀の中でも、


伝えられている通り、


 

直接それを菊理媛さんから告げられた、

 

イザナギさんも知っているはずです

泰澄「………」

 

 

 

 

あ「…なのにまだ、

 

二柱の神は和解が出来ていない。

 

 

イザナギさんに至っては僕に、

 

菊理媛さんがイザナギさんに伝えた、

 

言葉の内容を聞いた時、

 

 

『それは言えないんだ…』と言いました。

 

決して言ってはいけない内容ではないのに、

 

なぜ言えなかったのか?

 

 

その答えもまだ僕には、

 

わかっていません…」

 

 

 

 

 

 

僕がそう言うと、

 

泰澄さんは突然、

 

 

僕にまっすぐ目を向けて、

 

想像もしていなかった言葉を言った。

 

 

 

 

 

 

泰澄「君は、

 

地獄というものが、

 

どういう場所か分かるか?」

 

 

 

 

 

 

あ「…え…?

 

な、なんですか、突然…?」

 

 

 

 

 

 

泰澄「…地獄というものは、

 

それぞれの心が作り出すもの…」

あ「そ、そうなんですか…?

 

…と言っても、

 

どういうことでしょう…?」

 

 

 

 

 

 

泰澄「すでに『輪廻転生』というのは、

 

知っているとは思うが、

 

 

仏教の世界では、

 

死後に閻魔大王が現れ、

 

 

浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)で、

 

亡くなった方の生前の行いを映し出す」

泰澄「それによって、

 

地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の、

 

『六道』のどの世界に行くかを、

 

決められるといった話だが、

 

 

この閻魔大王や、

 

浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)もまた、

 

それぞれの心の表れなんだ

 

 

 

 

あ「…ど、どういうことでしょう…?」

 

 

 

 



泰澄「今の言葉で言うなら、

 

『走馬燈』と言えば、

 

分かりやすいかな?」

 

 

 



 

あ「あの…死ぬ直前に、

 

自分の人生を映画のエンドロールのように、

 

見るっていう…」

 

 

 

 

 

 

泰澄「そう。

 


その時に省みる、

 

自らの人生には、

 

誰もが嘘をつけないんだ。

 

 

なぜなら自らの行いは、

 

自らが一番知っているからだ

 

 

 

 

あ「………」

 

 

 

 

泰澄「そうしてその時に、

 


気付きを得て、

 

悔い、嘆き、

 

反省する。

 

 

もちろん善行ばかりであれば、

 

自らを称賛することもある。

 

 

そうしてその振り返りが済んだ後に、

 

現れるのが…、

 

 

閻魔大王であり、

 

阿弥陀如来である

 

 

 

 

あ「閻魔大王…であり、

 

阿弥陀如来であ…る…?」

 

 

 

 

 

 

ス「要は、

 

その人間の心が、

 

自らの魂の行き先を、

 

 

閻魔大王として見せるか、

 

阿弥陀如来として見せるか、

 

という話よ。

 

 

嘘やごまかしの効かない状態で、

 

自らの人生を振り返った時に、

 

 

『こんな良くない人生を送ってしまった…。

 

俺は絶対地獄に行く…』と思ってしまったなら、

 

本当に閻魔大王が現れるし、

 

 

『あ~、幸せなええ人生やった』と思えたなら、

 

阿弥陀如来に迎え入れられる」

泰澄「そういうことです。

 

 

だから人や国によっては、

 

死後に天使が迎えに来ると言われたり、

 

その逆に悪魔が迎えに来ると、

 

言われたりもする。

 

 

すべてはその人の生前の行いという、

 

隠しきれない、

 

『心』が映し出された結果なんだ」

 

 

 

 

 

 

あ「そ、そうか…、

 

そういうことなんですね…。

 

 

でも…、

 

なぜ今僕にその話を…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泰澄「イザナギが見た闇もまた、

 

イザナギの心の表れである」

あ「あ…」

 

 

 

 

 

 

ス「そういうことや。

 

古事記にもある通り、

 

 

イザナギは黄泉の国という、

 

漆黒の闇の世界で、

 

永遠とも思える時間を、

 

ただひたすらに待たされた」

ス「その結果、

 

その心に恐怖や不安、

 

 

そして何より、

 

猜疑心という、

 

『穢れ』が生まれてしまった。

 

 

その『穢れ』が、

 

『見てはいけない』という、

 

イザナミとの約束を破らせ、

 

 

そしてそのイザナミ自身をまた、

 

自身の恐怖という『穢れ』によって、

 

 

醜く穢れたものとして映し出し、

 

恐怖し、逃げ出してしまった

泰澄「闇の恐怖は、

 

君たちもわかるだろう。

 

 

暗闇から突如現れれば、

 

我が子ですら、

 

魔物に見えてしまうように…。

 

 

闇の恐怖というものは、

 

それほどまでに心を、

 

乱すものなんだ」

 

 

 

 

 

 

あ「………」

 

 

 

 

 

 

…何も言葉が出なかった。

 

僕自身もまたこの旅で、

 

 

闇の恐怖に屈してしまった、

 

経験があるからだ…。

あ「でも、なぜ…、

 

イザナギさんは僕に、

 

菊理媛の言葉すらも、

 

『それは言えない、言ってはいけない』と、

 

言ったのでしょうか…?

 

 

それとこれとは、

 

あまり関係がないような…」

 

 

 

 

 

 

ス「…まぁ、あいつ(黄泉守人)ちゃうか。

 

あいつに呪詛でもかけられたんやろう。

 

 

ここ(黄泉の国)であったことを、

 

他言した場合、

 

イザナミの魂は永遠に黄泉の国から出られない、的な」

あ「…でも…そうなると…、

 

どうしたらイザナギさんと、

 

イザナミさんは和解に至ることが、

 

出来るのでしょうか…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

泰澄「…まずはイザナギ自身が、

 

自らの闇を越える必要がある。

 

 

その上で再度、

 

イザナミを黄泉の国まで迎えに行く」

 

 

 

 

 

 

 

 

あ「で、でも…、それはどうすれば…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ス「まずはお前(荒川祐二)自身が、

 

闇を越えろ。

 

その必要がある」

 

 

 

 

 

 

 

 

あ「な、なんで僕が…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ス「いつも言っている通り、

 

神々の世界は、

 

それを映し出す人間の心によって変わる。

 

 

俺たち神々も、

 

またこの世界も現世も、

 

 

輪廻転生に至る以前にすでに、

 

お前自身の心の映し鏡でもある。

 

 

だからイザナギをそう映し出しているのも、

 

本質を言えば、

 

お前の心の闇に対する恐怖でもある。

 

 

まずはお前自身が闇を越えないことには、

 

イザナギもまた闇を越えることは、

 

永遠に出来ない」

 

 

 

 

 

 

 

 

…。

……。

………。

…………。

 

 

 

 

 

 

 

 

イザナミの魂を黄泉の国から解放し、

 

二柱の神を和解させるために、

 

 

まず僕自身が乗り越えなければならない、

 

恐怖という名の『闇』がある。

 

 

 

 


 

 

…そう考えたその時に、

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の脳裏には、


今越えるべき恐怖として、








 

この国の礎を築き上げた、

 

一人の男の魂が浮かび上がった。


―――――――――――――
※7/13発売☆荒川祐二最新刊、

『スサノオと行く 瀬織津姫、謎解きの旅』
―――――――――――――
☆スサノオ男子 大募集☆

↓↓↓↓↓

◼お知らせや画像のプレゼントが届く『荒川祐二オフィシャルLINE@』☆

友だち追加

※ID登録の場合は、@arakawayuji

↑↑↑↑↑

―――――――――――――

↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
NEW !
テーマ:
今日の夜は、

『スサノオと菊理媛を巡る旅』☆


生と死と、

魂の行く末を知る、


壮大な物語を、

どうぞお楽しみください☆

―――――――――――――
※7/13発売☆荒川祐二最新刊、

『スサノオと行く 瀬織津姫、謎解きの旅』、

絶賛予約受付中☆
※前作『神さまと友達になる旅』も、

一緒にどうぞ☆

↓↓↓↓↓

★『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプが、発売されました☆

 ※『家にスサノオか棲みつきまして』LINEスタンプの購入はこちらから☆

↑↑↑↑↑

―――――――――――――

↓↓↓↓↓

◼お知らせや画像のプレゼントが届く『荒川祐二オフィシャルLINE@』☆

友だち追加

※ID登録の場合は、@arakawayuji

↑↑↑↑↑

―――――――――――――
↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
―――――――――――――
NEW !
テーマ:

人は欠点によって、

愛されるということを、


昨日Facebookのプロフィール写真を、

これに変えたことによって、

すごく実感。


欠点も隠してしまわなければ、

生きていくのが楽ちんになるね。

―――――――――――――

※7/13発売☆荒川祐二最新刊、

『スサノオと行く 瀬織津姫、謎解きの旅』
※感動の古事記ゆかりの地を巡る旅、前作『神さまと友達になる旅』
※これ一冊の日本の神さまの物語がすべてわかる、前々作『神訳 古事記』も、一緒にどうぞ☆
神訳 古事記神訳 古事記
1,512円
Amazon

↓↓↓↓↓

2018年12月21日(金)夜、

『八百万の神喜劇』追加 大阪公演 決定!!

詳細後日公開!!

今から予定を空けておいてね☆

↑↑↑↑↑


↓↓↓↓↓

★『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプが、発売されました☆

 ※『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプの購入はこちらから☆

↑↑↑↑↑

―――――――――――――

↓↓↓↓↓

◼お知らせや画像のプレゼントが届く『荒川祐二オフィシャルLINE@』☆

友だち追加

※ID登録の場合は、@arakawayuji

↑↑↑↑↑

―――――――――――――
↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
―――――――――――――
NEW !
テーマ:
10月21日(日)、

荒川祐二 山梨 講演会まで、

あと6日☆
このお値段で講演会が出来ることも、

もうあまりないと思うので、


ぜひ関東近辺の方は、

ご来場ください☆




プレゼント抽選会や、

イラストカードのプレゼントなど、


お楽しみ企画もたくさんある一日なので、

ぜひ最高な一日にしましょう(*^^*)


↓↓↓↓↓
↑↑↑↑↑
NEW !
テーマ:
【このブログはシェア、リブログ、転載大歓迎です】
違いを受け入れられたなら、

人生はもっとずっと、

豊かになる。


自分という名の枠、

こだわり、

嫌いなもの、

合わないもの、


そんな一つ一つにも、

一度目を向けてみて、


『まぁそんなのもありなんじゃない?』と、

違いを受け入れてみよう。


好きになれとまでは言わなくとも、


その違いを受け入れて、

その世界を見てみるだけで、


そこにある喜びや幸せ、

楽しみが自分の人生の、


新たなる一ページに、

なるのかもしれない。


嫌いと言うのは簡単だけど、


一度違いを受け入れてみたなら、

人生はもっとずっと、

豊かになる。

―――――――――――――

※7/13発売☆荒川祐二最新刊、

『スサノオと行く 瀬織津姫、謎解きの旅』
※感動の古事記ゆかりの地を巡る旅、前作『神さまと友達になる旅』
※これ一冊の日本の神さまの物語がすべてわかる、前々作『神訳 古事記』も、一緒にどうぞ☆
神訳 古事記神訳 古事記
1,512円
Amazon

↓↓↓↓↓

2018年12月21日(金)夜、

『八百万の神喜劇』追加 大阪公演 決定!!

詳細後日公開!!

今から予定を空けておいてね☆

↑↑↑↑↑


↓↓↓↓↓

★『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプが、発売されました☆

 ※『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプの購入はこちらから☆

↑↑↑↑↑

―――――――――――――

↓↓↓↓↓

◼お知らせや画像のプレゼントが届く『荒川祐二オフィシャルLINE@』☆

友だち追加

※ID登録の場合は、@arakawayuji

↑↑↑↑↑

―――――――――――――
↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
―――――――――――――

テーマ:
【このブログはシェア、リブログ、転載大歓迎です】
白山奥宮前から、荒川祐二&Teamスサノオです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

『スサノオと菊理媛を巡る旅』。

※これまでのお話はこちら☆

1話目. 新たなる旅の始まり

2話目. 謎多き女神ククリヒメ?

3話目. たった二行の女神

4話目. 伝説の神の別れ

5話目. 閲覧注意!

6話目. 黄泉の国の魔物

7話目. 黄泉守人の出現

8話目. 荒川祐二、穢れる

9話目. 瀬織津姫の登場

10話目. 菊理媛の風

11話目. 生と死を司る女神とは

12話目. 白き山の女神

13話目. 伝説の男、再び

14話目. 八百万の神々と共に

15話目. ニギハヤヒが語る闇

16話目. 天武天皇に会う

17話目. ミッチーの登場

18話目. 伝説を作った男

19話目. 天武伝説

20話目. 血の穢れの始まり

21話目. 血の穢れの答えを求めて…

22話目. 勇者 泰澄の誕生

23話目. 次、生まれ変わるなら…

24話目. 白山に来たれ 

25話目. いざ、白山へ

26話目. 白山比咩神社で感じた不安

27話目. 勇者 泰澄、現る

28話目. 勇者 泰澄との対話

 



 

泰澄「…その答えを聞くのは、

 

私の口からではない方がいいだろう。

 

 

お主がこの旅で求めてきた、

 

神の答えを聞こう。

 

 

…共に参ろうではないか。

 

 

お主の言う、

 

『生と死を司る女神』、

 

菊理媛のもとへ」

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、

 

この時がやって来た。

 

 

 

 

 

 

 

日本の神話史上、

 

最も謎多き神とされる、

 

 

 

 

『生と死を司る伝説の女神 菊理媛』。

その存在の謎が今、

 

明らかになろうとしている。

 

 

 

 

 

 

泰澄「…では…」

 

 

 

 

 

 

泰澄さんはそう言うと、

 

ご真言?なのか、

 

 

白山の空に向かって小さく、

 

言葉を届け始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに空に、

 

ヒビが入った。

かつて泰澄はこの場所で、

 

祈りを始めた所、

 

 

池の中から九頭龍が現れ、

 

咆哮を上げながら天に昇っていったという。

 

 





そしてその後に、

 

天から十一面観音、

 

所謂、菊理媛が舞い降りてきたという。

 

 

 

 

 

 

この今、目の前で起こっている自然現象の変化が、

 

菊理媛という神の持つ、

 

神威なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

大地が鳴動し、

 

風が強烈に吹き荒れ、

景色が一瞬の間に、

 

様々に移り変わりゆく中、

 

 

 

 

 

 

 

 

…。

……。

………。

…………。

 

 


 

 

 

 

 

 

僕の目の前に、

 

『生と死を司る伝説の女神』、

 

菊理媛が、

 



晴れ渡る青空を背に、


その姿を現した。

あ「…この方が…、

 

菊理媛…さま…」

 

 

 

 

 

 

天をも覆うこれほどの大きさで、

 

人の姿をした神さまが、

 

姿を現すのは、

 

 

早池峰山でお会いした、

 

あの瀬織津姫さん以来だった。

かつて泰澄さんや役行者さん始め、

 

長き修行の果てに、

 

神や仏をその目で見たという、

 

 

先人の方たちも、

 

きっとこのような感じだったのかもしれない。

 

 

 

 

人里離れた形での、

 

本来のあるべき神仏の姿というものは、

 


これほどまでに途方もなく、

 

大きなものなのだ。

ス「神というものは本来、

 

大自然そのものであり、

 

地球そのものであるからな。

 

 

その神威は本来、

 

絵に刻まれる姿や仏像といった、

 

枠の中で収まるものではない」

 

 

 

 

 

 

あ「す、すごすぎる…」

 

 

 

 

 

 

その壮大で美しい女神の姿に、

 

完全に心を奪われてしまっていた僕に、

 

 

菊理媛は言葉を発することもなく、

 

ジッと僕のことを見つめ続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

この山頂に来るまでに陥った、

 

あの時と同じように、

 

 

僕の視界が一瞬にして、

 

真っ白に染まり、

 

同時に音が消え始めた。

自分と人、

 

自分と自然、

 

 

自分とすべての境界線が、

 

無くなっていこうとしたその時、

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の目の前に…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…亡き父が…、

 

…姿を…現した…。

あ「うっ…、うぁっ!!

 

うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあっ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

想像もしていなかった、

 

あまりの出来事に、

 

僕の理性は弾け飛び、

 

 

喜びなのか、

 

感動なのか、

 

驚きなのか、

 

 

そのすべての感情がごちゃ混ぜになって、

 

叫び声と涙に変わった。







そんな僕に、


父が優しく語りかける。

 

 

 

 

 

 

父「祐二…、よぅ頑張ったな…」

 

 

 

 

 

 

あ「…うっ…、うっ…。

 

お父さん…、お父さん…」

 

 

 

 

 

 

 

 

父「…心配せんでもええから。

 

俺はいつでもお前と一緒におるから。

 

 

いつまでも、いつまでも、

 

お前の中に、

 

俺はおるから…」

 

 

 

 

 

 

 

 

あ「うぅぅ…うぅ…」

 

 

 

 

 

 

たったその一言、二言…、

 

その言葉だけを遺して、

 

父は姿を消していった。

そうして次に再び、

 

菊理媛が僕の前に姿を現したその時、

 

 

その口からは何も語られずとも、

 

 

 

 

 

 

その瞳から僕の心に、

 

 

時に言葉となり、

 

時に映画のエンドロールのように情景となり、

 

 

 

 

 

 

この旅のすべての答えとなる、

 

メッセージが届けられた。

『人は死すとも、

 

魂は死なず、

 

永遠に受け継がれていく』。

 

 

 

 

 

 

 

 

この旅の道中で、


何度も浮かんできた、


この言葉。





この言葉こそが、

 

この旅のすべての答えだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

魂というのは本来、

 

1つの個体ではなく、

 

 

境界線のない、

 

無限のエネルギー体である。

 

 

 

 

 

 

そのエネルギー体は、

 

時に僕らの肉体という器に入って、

 

生命となり、

 

 

 

 

現世での様々な役目を終えたその時に、

 

現世で得た成長と経験を持って、

 

 

さらに清らかになった状態で、

 

再び天へと昇って、

 

 

この宇宙に存在する、

 

『大いなる魂』を、

 

より清らかにしていく。

 

 

 

 

 

 

 



 

しかし天へと昇る魂は、

 

同時に現世に、

 

ある置き土産を遺していく。

 

 

 

 

 



 

 

 

その魂は天へと昇ると同時に、

 

遺された者の中にも、

 

入っていくのだ。

 

 

 

 



 

 

 

 

その死によって、

 

 

遺された者の人生を、

 

より豊かに、

 

より実りあるものにするために、

 

 

天に昇る者の魂は、

 

遺された者の肉体へと、


エネルギー体として入っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

…この悟りを得たその時、

 

ある情景が僕の目に、

 

鮮明に浮かんできた。

 

 

 

 

 



 

それはイザナギさんとイザナミさんが、

 

永遠の別れをしてしまった時の光景。

かつて愛するイザナミを失ったイザナギは、

 

その存在の喪失を嘆き悲しみ、

 

 

黄泉の国までその存在を求めて、

 

後を追っていった。

そこで見たイザナミの変わり果てた姿に絶望し、

 

逃げ出してしまい、

 

二柱の神は永遠の別れをすることとなった。

 

 

 

 

 

 

しかしそれを嘆き悲しむ、

 

イザナギのもとに現れた、

 


菊理媛が言った、

 

『ある言葉』によって、

 

イザナギは救われたという。

 

 

 

 

 

 





その『言葉』とは…。

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

『イザナミ様の御身は死すとも、

 

 

その魂は、


イザナギ様の御身に宿り、

 

永遠に受け継がれて参ります』。

 

 

という言葉だった。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

その言葉に安堵したイザナギは、


菊理媛を誉めて、

 


その後黄泉平坂を離れ、

 

ある場所へと向かっていった。


 





『筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原』と、


呼ばれるその場所で、



黄泉の国でついた穢れを祓うために、


禊を行ったイザナギは、

 

 







そこで天照、月読、スサノオという、

 

伝説の三貴神を始め、

 

様々な神を生むことが出来た。

…そう。

 

 

 

 

 

 





 

 

イザナミの死以来、

 

イザナギはイザナミ無しでも、

 

神を生めるようになったのだ。

これこそが亡きイザナミの魂が、

 

イザナギのもとへ入っていった証であり、

 

 

 

 

 

 

それはまた、

 

現世に生きる僕らも同じ。

 

 

 

 

 

 

生前大切な人で、

 

あればあるほどに、

 

 

その死をきっかけに、

 

遺された者の人生もまた、

 

 

時に目には見えない、


流れに乗るように後押しされ、

 

また時に悲しみを引きずりながらも、

 

 

新たなる局面を迎えていく。

 

 

 

 

 

 

 

その死をきっかけに、

 

人生に対する向き合い方が変わる者。

 

 

その人との生前の思い出を胸に、

 

新たなる未来の一歩を歩いていく者。

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの別れの後には、

 

そこに目には見えなくとも、

 

 

亡き人の魂が、

 

遺された僕らに入っていき、

 

 

まるでバトンを繋いでいくように、

 


永遠に共に人生を歩いていくという、

 

確かな現実があるのだ。

今、

 

僕のこの身には、

 

確かに父の魂が入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

…そう思えたその時に、

 

肉体から離れていた意識が戻り、

 

 

 

 

…感謝と言えばいいのだろうか。

 

…それとも、

 

安堵や喜びと言えばいいのだろうか。

 

 

 

 

拭う気も起きないほどに、

 

まっすぐに溢れ、

 

流れ落ちてくる涙とともに、

 

 

 

 

 

 

僕は菊理媛さまに手を合わせて、

 

頭を下げた。

菊理媛さまの壮大過ぎるエネルギーは、

 

ゆっくりと温かく、

 

僕の身体を包み込み、

 

 

 

 

 

 

白山全体を照らし出す、

 

鮮やかな太陽とともに、

 

 

 

 

 

 

僕の、

 

『生と死を司る伝説の女神 菊理媛を巡る旅』が、

 

終わりを告げた。

あ「…ありがとう…。

 

…ありがとう…ございます…」

 

 

 

 

 

 

泰澄「…探していたことの…、

 

答えは見つかったかな…?」

 

 

 

 

 

 

あ「はい…確かに…。

 

しっかりと…。



本当に…本当に…、

 

ありがとうございます…」

 

 

 

 

 

 

 

 

泰澄「強く、しっかりと、

 

大地に足を踏みしめ、

 

歩いていこう。

 

 

その生命はいつだって、

 

大いなる魂と、

 

共にある。

 

 

死は終わりではなく、

 

祝福であり、

 

 

またその魂は次の魂を、

 

祝福するために、

 

 

永遠に受け継がれていく。

 

 

永遠に…」

 

 

 

 

 

 

 

 

あ「はい…。

 

本当に…ありがとうございま…

ス「ウォッホン!ホンッ!ホンッ!!」

あ「…毎度、毎度なんやねん」


 

 

 

 

 

ス「なんやねん、ちゃうわ!!

 

お前まさかこれで、

 

旅、旅、旅が終わりやと、

 

思ってないやろな!!」

 

 

 

 

 

 

あ「…思ってません。

 

まだ僕らにはやるべきことがある」

ス「そうや、それがわかってるなら、

 

俺から言うことはなにもない」

 

 

 

 

 

 

泰澄「…イザナギとイザナミのもとへ?」

 

 

 

 

 

 

あ「はい。

 

この旅で魂というもの、


そのすべての答えがわかった今、

 

 

僕らには越えなければならない、

 

最後の課題があります

 

 

 

 

 

 

泰澄「…わかりました。

 

共に参りましょう」

 

 

 

 

 

 

あ「…え!?

 

本当ですか!?!?」

 

 

 

 

 

 

泰澄「えぇ、そのためには、

 

まだまだ君に伝えたいことがある。

 

 

それに菊理媛も…」







あ「…まさか菊理媛さんも一緒に…」

 

 



 

 

泰澄「…ただそのために、

 

用意して頂きたいものがある。

 

 

菊理媛の力を、

 

人里に於いても存分に発揮できる、

 

依り代(※神霊が降りるもの)となるものを…」

 

 

 

 

 



…。

……。

………。

…………。









『スサノオと菊理媛を巡る旅』。

 

 

…いよいよ終幕へと向かっていくこの旅の、

 

僕らに残された最後の課題は、

 

 

 

 

 



 

『イザナギとイザナミの和解』。

しかしその壮大なテーマにも、


過度に恐れず、



今日まで歩んでこれた、

 

すべての道のりに感謝して、

 

 

強く、

 

大地を踏みしめて、



確かに、

 

これからの未来を歩いていこう。

 

 

 

 



 

 

父の魂とともに。

 

 

 



 

 

 

そして、

 

今日までこの身に受け継がれてきた、

 

すべての大いなる魂とともに。

※イラスト by AYUMI



―――――――――――――
↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
―――――――――――――

テーマ:
今からでも参加間に合います☆

特にこれを見てくれている、


男性、男性、男性、

募集していますハートハートキラキラ


ぜひ来てね☆

↓↓↓↓↓
↑↑↑↑↑

―――――――――――――

※7/13発売☆荒川祐二最新刊、

『スサノオと行く 瀬織津姫、謎解きの旅』
※感動の古事記ゆかりの地を巡る旅、前作『神さまと友達になる旅』
※これ一冊の日本の神さまの物語がすべてわかる、前々作『神訳 古事記』も、一緒にどうぞ☆
神訳 古事記神訳 古事記
1,512円
Amazon

↓↓↓↓↓

2018年12月21日(金)夜、

『八百万の神喜劇』追加 大阪公演 決定!!

詳細後日公開!!

今から予定を空けておいてね☆

↑↑↑↑↑


↓↓↓↓↓

★『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプが、発売されました☆

 ※『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプの購入はこちらから☆

↑↑↑↑↑

―――――――――――――

↓↓↓↓↓

◼お知らせや画像のプレゼントが届く『荒川祐二オフィシャルLINE@』☆

友だち追加

※ID登録の場合は、@arakawayuji

↑↑↑↑↑

―――――――――――――
↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
―――――――――――――

テーマ:

グロすぎるので、

写真では出しませんが、


白山登拝の代償に、

僕の足の指の爪が、


10本の内、

7本が内出血まみれになりました。


さすが、

日本三大霊山…。

(※どこに感心しとんねん)

―――――――――――――

※7/13発売☆荒川祐二最新刊、

『スサノオと行く 瀬織津姫、謎解きの旅』
※感動の古事記ゆかりの地を巡る旅、前作『神さまと友達になる旅』
※これ一冊の日本の神さまの物語がすべてわかる、前々作『神訳 古事記』も、一緒にどうぞ☆
神訳 古事記神訳 古事記
1,512円
Amazon

↓↓↓↓↓

2018年12月21日(金)夜、

『八百万の神喜劇』追加 大阪公演 決定!!

詳細後日公開!!

今から予定を空けておいてね☆

↑↑↑↑↑


↓↓↓↓↓

★『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプが、発売されました☆

 ※『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプの購入はこちらから☆

↑↑↑↑↑

―――――――――――――

↓↓↓↓↓

◼お知らせや画像のプレゼントが届く『荒川祐二オフィシャルLINE@』☆

友だち追加

※ID登録の場合は、@arakawayuji

↑↑↑↑↑

―――――――――――――
↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
―――――――――――――

テーマ:
年末に向けて、

有り難いことに、

バシバシバシバシ、


講演や、

お話し会のお誘いを、

たくさん頂いております☆




□■□■□
(※『一般参加不可』と書かれているもの以外は、すべて一般参加可能です☆)

18日 新潟燕三条 講演会
※お申し込みは、0256-32-1311(TEL)へ☆


21日 山梨 講演会


23日
長野 岡谷東部中学 講演会
(※一般参加不可)



11月
14日 東京 田柄高校 講演会
(※一般参加不可)


24~25日
『広島&出雲 神在月 一泊二日大型神社ツアー』
※現在キャンセル待ち受付中。



12月
13日 東京 落合中学 講演会
(※一般参加不可)


21日 大阪 今年最後の講演&八百万の神喜劇 千秋楽公演!!(※今年最後のイベント!)
※詳細後日決定!
□■□■□




今のところ、

ざっとこんな感じです☆
(※予定が増えたら、随時更新☆)




ぜひぜひ皆様、

今からスケジュールを、

空けておいて頂き、


参加出来そうなイベントには、

今からお申し込みください☆


―――――――――――――
※7/13発売☆荒川祐二最新刊、

『スサノオと行く 瀬織津姫、謎解きの旅』
※前作『神さまと友達になる旅』、

前々作『神訳 古事記』も、

一緒にどうぞ☆

↓↓↓↓↓

2018年12月21日(金)夜、

『八百万の神喜劇』追加 大阪公演 決定!!

詳細後日公開!!

今から予定を空けておいてね☆

↑↑↑↑↑


↓↓↓↓↓

★『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプが、発売されました☆

 ※『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプの購入はこちらから☆

↑↑↑↑↑

―――――――――――――

↓↓↓↓↓

◼お知らせや画像のプレゼントが届く『荒川祐二オフィシャルLINE@』☆

友だち追加

※ID登録の場合は、@arakawayuji

↑↑↑↑↑

―――――――――――――
↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
―――――――――――――

テーマ:
【このブログはシェア、リブログ、転載大歓迎です】
ありがとうや、

ごめんねは、

伝えられる時に、

伝えよう。


伝えたいと思った時に、

伝えられない…。


そんな取り返しのつかない、

辛い思いや後悔をするぐらいなら、


今、

『ありがとう』を伝えよう。

今、

『ごめんね』を伝えよう。


そこに後悔などあるはずが、

ないのだから。


ありがとうや、

ごめんねは、

伝えられる時に、

伝えよう。

―――――――――――――

※7/13発売☆荒川祐二最新刊、

『スサノオと行く 瀬織津姫、謎解きの旅』
※感動の古事記ゆかりの地を巡る旅、前作『神さまと友達になる旅』
※これ一冊の日本の神さまの物語がすべてわかる、前々作『神訳 古事記』も、一緒にどうぞ☆
神訳 古事記神訳 古事記
1,512円
Amazon

↓↓↓↓↓

2018年12月21日(金)夜、

『八百万の神喜劇』追加 大阪公演 決定!!

詳細後日公開!!

今から予定を空けておいてね☆

↑↑↑↑↑


↓↓↓↓↓

★『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプが、発売されました☆

 ※『家にスサノオが棲みつきまして』LINEスタンプの購入はこちらから☆

↑↑↑↑↑

―――――――――――――

↓↓↓↓↓

◼お知らせや画像のプレゼントが届く『荒川祐二オフィシャルLINE@』☆

友だち追加

※ID登録の場合は、@arakawayuji

↑↑↑↑↑

―――――――――――――
↓↓最後に、ここを『ポチポチ』してもらえると(※何回でも可)、物凄く喜びます( ☆∀☆)↓↓

↑↑↑↑↑
―――――――――――――

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース