みなさんこんにちは。










久しぶりの投稿は、




自分の過去を振り返りつつ、



現状報告も兼ねて


ひとつの文章にしました。













全ては『自分を信じる』ために。


---マイポートレート---














自分の『楽しい』という気持ちだけで

テニスができなくなってしまったのは


いつからだったか。









私のショットは他の同年代の人とは少し違ったらしく、

まわりの人は、『将来が楽しみ』だと

期待をしてくれた。








気持ちよく飛んでいくボールがコートに入るとポイントが取れる。


それが楽しくて、

その意味もよくわからないまま









テニススクールから選手クラスのあるテニス


クラブに移ると、


テニスをすることが勝つための練習になっていく。





そしていつのまにか、



試合に出ることも、

『勝たなくてはいけない』ことも

当たり前になった。









強くなればなるほど、

『さらに上を目指す』を期待した課題が

押し寄せてきた。











でも、強くなろうと思えば思うほど



言われたことを頑張ってやろうと思えば思うほど





ショットは崩れやすくなり、


ギャンブルのように。


普通に打てる日が奇跡のような毎日。










頑張ろう

信じて

勇気を持って

あきらめないで


そんな風に励まされても何も変わらない自分のプレー。








練習してトレーニングして、




強くなるために

安定したプレーができるようになるなら

なんだって耐えられたのに
 




自分でもたくさん研究して努力もしたけれど


自分ではどうしようもなかった。









良かれと思ってくれるアドバイスに傷つき


当たり前のことが出来ないことに呆れられ









自分の心の傷はいつのまにか大きくなって




練習では普通にショットが打てることだけを目標に、



誰とでも全力で練習した。









そのおかげで

いろんな知識をつけ、いろんな技術を得ることができた。








これもこんな不甲斐ない選手を諦めずに

応援してくれた全ての人たちのおかげだ。





私はいつも人に恵まれている。


困った時に必ず必要な人が現れる。









だからこそ、



まだまだ頑張れと言われている気がして


ここまで続けてこれた。












沢山の人と関わりながら


今の練習環境にたどりついて

少しずつですが、自信を取り戻してきました。









なぜなら自分の本当の悩みを理解してくれる人に出会えたから。









もちろんやらなくてはいけない課題は山積みだけれど、


今は進む道を阻むようなものは何もない。














まだまだ全然できていないことだらけだけど、





自分自身と向き合い続けてきて、


練習が楽しい。テニスが楽しいと思えるようになって…






やっと『自分を信じる』

ことができそうだ。



  



-----------





投稿していない間にも、

たくさんの人に読んでいただいたことに

驚きました。



本当にありがとうございます。

改めて投稿し続けてよかったと思いました。








不定期ではありますが、


これからまた投稿を始めるので


今後ともよろしくお願いします。