ゆきえ日記 ~ダンス教師ゆきえの徒然日記~

ゆきえ日記 ~ダンス教師ゆきえの徒然日記~

プロ競技ダンサー・社交ダンスインストラクター藤村ゆきえのブログです。
日々感じること・目に留まったもの、ライフワークの美味しいもの探しなどなど、気の向くままに更新予定。

今日で東宝ダンスホールが50年の歴史に幕を下ろしました。




競技ダンスと教室でのレッスンしか知らなかった私に、ダンスの本質を教えてくれた場所。


一時期は収入の大半を支えてくれて、ここで繋がったお仕事のおかげで、海外の大会に出まくったり海外のコーチャーのレッスンをとりまくったりする事ができました。

ショーの企画運営の経験を積ませてもらったり、デモを踊らせていただいたり、良くも悪くも色々な社会勉強をさせてもらいました。

たくさんのダンサー仲間やお客様たちとも知り合う事ができました。
今後も長く付き合っていくことになるだろう友人達や生徒さん達にも巡り合いました。ここで過ごした十数年は私の人生の宝物です。


数年前から、今日という日が来るのはわかっていたのに、カウントダウンが進んでも先月までは全く実感がわかなかったんです。
毎週大会もあったし仕事も詰まっているのでそれほど感傷に浸る時間がなかったと言うのもありますけどね。でもなんか実感がなくて。
残り1ヶ月になってからだんだん寂しさを感じるようになり
最後の10日間、特別営業になって、今まで東宝で演奏をしてくれていたオーケストラとコーラスバンドが毎日1組ずつ、東宝での最後の演奏を終えて去っていく姿を見送っていて、日々感謝と感動が高まってきました。


最終日の今日、いいお天気にも恵まれて
450人を超えるお客様にご来場いただき、大盛況でフィナーレを迎える事ができました。




会社のスタッフや歴代のダンサーの先生方、バンドや歌手の方々、ホールスタッフや音響照明などの裏方スタッフ、そしてホールを愛したお客様達に繋いでいただいたこの東宝ダンスホール50年の歴史の中で、私が在籍したのはほんのわずかの期間ですが、
この美しい歴史の一部分に携われたことをとても光栄に思います。


ありがとうございました。