久しぶり過ぎて何を書いたら良いやら



とりあえず
次男ぽん酢、無事に1歳になりました!





我ながら似てると思うんですがね、プレート。
ぽん酢は普段目つき悪いので。笑
お誕生日おめでとうってことで、コスプレはベジータです。








イケメンなトラ兄さんにも着せようとしたけど、巨体すぎて無理でした。ぽん酢でも背中がきちんとしまらなかったから当たり前かぁ。








我が家の紅一点かぼすは、19日で半年になるので少し早めですが月曜日に避妊手術。
かぼすの手術が終われば全員の避妊去勢終わり。開腹手術だし1泊だから不安ですが…頑張れかぼす!




親子みたいですが他人です。



海水の方は何事もありません。
何もないし、誰も死んでない。
バンディットダムセルを全員デバと差し替えをする予定だったんですが、面倒になったのでそのままです。


もしかしたら、もしかするとヒレナガヤッコ♀
愛称「メスなべさん」が抱卵してる可能性が出てきました、もし卵産んだら大事件なのでその時は頑張ります。
スカンクはいつもゾエア放出祭りしているので、みんなの栄養になってます…なんだか少し切ない。


バンディットエンゼル、愛称「おバンさん」は前回ブログを書いてから白点すらつかないので水槽内から全く出してません。安定したかなー。
ポッター、愛称「ポッちゃん」は相変わらず何事もなく元気元気(ง ˙-˙ )ง


ホンソメ、イエローフィンフラッシャーも元気。
クマノミ達も勿論元気。クマノミが具合悪くなったりひどい病気にかかりだしたら我が家の水槽は崩壊するでしょうね…立ち上げ初日からぶち込んでもピンピンしてるくらいの奴らです。
丈夫過ぎるので。




やっぱ
1200はでかいよね、という。
水換えの面倒臭さは半端ないですが、水量が多いことによる安定感は900の時と比べたらやっぱり違うような気はします。多分。






安心安心。
日々のメンテナンスを欠かさずに、このまま病気を出さず状態よく長期飼育していけたら良いなと思っています。




NO3:PO4-Xとバクテリアの使用効果かなんなのか、かなり換水頻度が減っているのは有難い事です。
珊瑚も調子良いです、色あがりはしてるのかしてないのかわかりませんが元気です。







この画像を見たらわかる人はわかるかもしれません、新しい…といってももう大して新しくもないか。
1ヶ月ぐらい経ちますかね。


沖縄から来た奴がいます、何回もシマで痛い目見たのでマニラはやめました。正解。
最初ポッターと一触即発になったのでポッターをまごタンクに隔離、一週間半ほどで戻したところ混泳も成功。



やはり個体差は大きいとしか言い様がない結果。なるべく生体を殺したくないので、私の腕でも飼い切れそうな個体を選びました。
粒餌のみでいけています、フリークスのスミレ特集号に書いてあったことを考えると…水温的にはいいかな。



こちらも、長期飼育出来るよう最善を尽くします。





めんこいですね、全然神経質じゃない。



そして我が家のボス、おバンさんです。
この子が平和主義だからこそ統率が取れている。病気知らずになり本当に有難いです、無理かもしれませんがあと10年生きてくれるように最善を尽くします。






とりあえずこんなところで。
何を書いたら良いかわからなくなっているので、次回いつ更新するかすらわかりませんが、、、。
携帯が重たいのでAmebaアプリ入れておらず、更新通知も何故だかきちんと来ず(Gmailだからだろうか)

いいねやコメント出来ません
ご了承くださいませ





めんこちゃん達にて〆


終わり





お久しぶりです✩.*˚





海水に関しては現状維持を続けていますが、本水槽は何ら変わりなく病気も出ず皆元気に過ごしています。まごタンクは私のミスで珊瑚と海ぶどう以外死なせてしまいました。
せっかくペアリングできた矢先の話だったのでチェルブロスです。
ここまでのイージーミス(水位をあげるレバーの上げ忘れ)なんて初めてで、自分に対しての情けなさと苛立ちで暫く落ち込んでましたしょぼん


今もまだ微妙に立ち直ってないですが、来月あたりまたチェルブのペアリングにはチャレンジしたいです。


現在海水に対して
やる気が微妙な感じというか…仕事やプライベートや他の趣味etcがめちゃくちゃ忙しくて、最低限しか手をかけていない感じになってますあせる
前に海水をやっていた時と違い、仕事も回ってきているし、猫も居るし、他の趣味もまた増えてるし(´×ω×`)


まだまだ
やりたい事も沢山あり、海水に関しては現状維持か、増やしたとしてもほんの少しになりそうです。
生き物が沢山居るので…
それぞれの面倒をきちんとみようと思った時に、やはり自分の限界を感じるのですダウン


逆に言えば
限界が見えないと危険だなぁ
と思う事も最近沢山ありましたので、自分はそうならない様にしっかりとやっていきたいです。








さて!



猫の話なんですが…
当初色々ありまして、他の子目当てで個人ボランティアさんを訪ねました(*´ `*)



しかし、あまりにも沢山色んな猫達が居たので不思議に思い聞いてみると多頭飼育崩壊」の多発で今沢山の猫達が居る…という事でした叫び



妊娠している猫ちゃん
赤ちゃんにミルクをあげている猫ちゃん
子猫ちゃん達とそのパパ猫ちゃん
色んな猫が沢山居ました。



愕然。
避妊や去勢すらしない、そのお金すら捻出出来ないだらしない人間がこんなに居るの?
それなのに飼ったの?
避妊や去勢手術するのが可哀想だって?
それで増えて増えて面倒見切れなくなったら、全然意味無いじゃないか(ꐦ°᷄罒°᷅)



猫の妊娠期間は
58~67日間
なんと
平均で3~5匹出産

※もしも避妊手術を行わなかった場合では、猫が生涯で出産できる子猫の数の約36匹~50匹前後


だそうです。
調べてきて自分でもビックリしました。



多頭飼育崩壊とはよく聞くけど、一体どういう事なのか??



簡単にいうと
避妊手術や去勢手術をしなかった為にペットが交配を繰り返し、金銭的にも物理的にも面倒を見る事が出来なくなり通常の飼育概念からはかけ離れた状態つまり「破綻や崩壊した状況」
になってしまう事をいいます。



猫が増えすぎている
殺処分される頭数も増えている
これは飼い切れずに「命を投げた」人間が沢山いる証拠でもあります



殺処分される犬や猫は沢山居ます。
殺処分を減らしたかったら、まずは「飼育する事だけ」が目的の飼い主は
「避妊手術、去勢手術」
をきちんと行わなければいけません。



犬や猫に限らず
増え過ぎて困って「ジ〇ティー」などで里親募集する方々も増えていますが…きちんと里親募集する方々はまだ良い方です。
(※理由にもよりますが)




子猫や子犬や赤ちゃんは確かに可愛い。
ただ可愛いのを見たいだけで繁殖させるのは…どうなんでしょうね?
結局大きくなり大人になり、年老いていきます。もちろん人間もそうです。






一通りの猫ちゃんを見ていて
多頭飼育崩壊現場からレスキューされた、メス猫ちゃん達が居るゲージを開けて見せてもらった時に…いきなりひっくり返ってのびながら私の腕を掴んで
ゴロゴロいいながら
頭をゴリゴリ
最強にアピールしてくる猫がいました!



その子について聞いてみると
「多頭飼育崩壊現場からレスキューした女の子で4ヶ月、1度里親さん候補が決まったが音信不通になり、ここに大体半月くらい居る」
との事でしたショボーン



茶トラくん達や、三毛ちゃん、色んな子を見ましたがみんな可愛くて…悩みに悩んで

キジトラの女の子に

「ウチ来る?( ˙-˙ )」

と聞いてみたら

「にゃあーん」

と、まさかの返事がびっくり



この時点で覚悟は決まり
「すいません、この子でも大丈夫ですか?」
と代表さんに聞いてみたら…
「里親さん候補は音信不通なので大丈夫ですよ!!良かったねえんちゃん音譜(仮名えんぴつ、えんちゃんと呼ばれてました)」


と言ってくださったので
えんちゃんを引き取るのに身分証をコピーして頂き
譲渡条件を確認し
譲渡契約書にサインをし…



抱っこしてパシャリカメラ(*´ `*)




優しい代表さんと、娘さんと暫しお話をさせて頂いたあとに、えんちゃんを連れて帰りましたひらめき電球



代表さんと娘さんとお話していたら、我が家との共通点も多々あり…なんだか親近感がわきました!
お二人の優しさや人の良さにビックリ。娘さんはまだ小学生なのに犬や猫達の面倒を見ていて優しい女の子だなぁと照れ

なによりも
沢山犬や猫が居るのに
綺麗で全然臭くない!!ひらめき電球
きちんと大きさや性別、性格や体調ごとに分けられていて…皆きちんと管理されていました。

ボランティア活動をするといっても、非営利団体ですから運営もかなりキツイはず。
それでもこんなに一生懸命笑顔で活動しているなんて、普通の人は出来ないことだなと。命に対して命を張って体を張って頑張ってらっしゃるんだなと感じましたえーん



代表さんと娘さんに感謝しながらの帰路



帰り道不安そうな、えんちゃん。







帰る途中、あまりにも寒冷桜が綺麗だったので「桜」や「花」や「春」という名前にしようかと思いましたが…
うちの父が
「長男トラ、次男ぽん酢、なら次はかぼすオレンジじゃね??(⚭-⚭ )」
と言ったので…


名前は「かぼすオレンジ」になりました笑い泣きあだ名は「かぼちゃんオレンジ」です。可愛らしい名前にしようとしたんですが、呼び慣れたらそれなりに可愛い気がしてきました。笑



我が家に着いてからは
まずはゲージへ。






トラとぽん酢が、フーシャー沢山言ってるのを聞いたのは生まれて初めてだったのでちょっとビックリガーン
しかしフーシャーは丸1日でおさまりました、トラとぽん酢が受け入れてくれるのが早かったみたいで本当に安心(*´ `*)






次の日は素早く動物病院へ。

基本的な健康診断、妊娠してないかどうかのエコー検査、血液検査、ワクチンなど全てやってもらいました!!
エコーでみてもらうのに、お腹の毛をそったかぼすオレンジ





流石はいつもの病院✩.*˚
保護猫割もきいてかなり安かったオマケに、すごく丁寧に診て下さいました‪(*ˊᵕˋ* )






ボラさんのケアが良かったのだと思います、人馴れ抜群で異常なし!!
妊娠もなし!健康体✩.*˚

病院で何もないことを確認出来たので、帰宅後少しゲージから出して様子見してましたがトラもぽん酢も攻撃みたいなものは一切せず!
一安心( i꒳​i )合格



甘えん坊過ぎて…
ゴロゴロ常に人の傍に来るかぼすオレンジ
そして、ちゅーるをあげて、元気にご飯も食べたのであとはゲージの中で過ごさせていると…



様子がおかしいガーン

ウックン、ウックン、げぇー。
ウックン、ウックン、げぇー。

少ししか吐かなかったので、疲れやストレスやワクチンの副作用かなと思い…
ゲージの中で大人しくさせていると



翌日はご飯を食べなくなりガーン
また

ウックン、ウックン、げぇー。

ウックン、ウックン、げぇー。

の繰り返し((((;゚Д゚)))))


様子を見ていたら、食べていた物を全部吐いてしまって胃がカラカラになってしまったらしく
最後は泡…
焦りまくって病院に行くとえーん




やっぱりワクチンの副作用でしたハートブレイク
しかしながら流石は行きつけの病院!!

「体重や体格から見ても、栄養不良というか骨格の割に体重が少なくて発育不全気味なのをもっときちんと考慮してから接種すべきでした。
今回はこちらの判断が甘かったという事で、全てこちら持ちで治療させて下さい」

…と‪( ;ᯅ; )



本当に助かりました有難うございますアセアセ
本当にいいお医者さんです。


かぼすオレンジは痛い治療を色々したり、注射を打ったりしても引っ掻いたりかじったりせず、ゴロゴロ言いながらニャンニャン鳴いてました。

●皮下点滴+ビタミン点滴
●抗生物質の注射
●吐き気止めの注射

かなり痛かったと思いますが、頑張りました
かぼすオレンジ



↑皮下点滴吸収し終わるまでずっとコブみたいになってました。



帰宅してからは少し寝て
その後は点滴と注射が一気に効いたようでびっくり
ご飯をバクバク食べて、うんちもして、日に日にトラとぽん酢と仲良くなり始めました合格
















兄達は本当に優しく
ぽん酢は優しく遊び…爪とぎの場所を教え
トラはぽん酢を受け入れた時の様に、優しく抱きしめて眠ったりしています。



愛情深い兄達アセアセ



血の繋がりがなくても、何か感じるものがあるのかもしれませんね。末っ子が女の子だと過保護になる兄ちゃん達みたいな感じになってます笑い泣き
そんな優しい先住トラとぽん酢を優先して可愛がりながら、かぼすオレンジも可愛がり…

毎日てんやわんやです。笑



今回3匹に増えて感じたことは
多頭飼育では「3匹がもう限界」という事ですアセアセ
我が家では……ですが(´×ω×`)
無理せず、金銭的にも物理的にも面倒を見る事が出来るのはやはり3匹まで。


今回トイレをもう1つ増やして、4つにしましたが(飼育している頭数+1つがトイレ数の理想だと聞いたので)
元々2匹居たので猫用品はそれ以上買い足さずに済みましたひらめき電球
子猫用の餌や首輪は勿論買いましたが、あとかかったのは病院代などです。






ちなみに首輪派、トラとぽん酢とお揃い!
首輪というよりはチョーカーですが合格



かぼすオレンジに関しては
あとは6/5以降に第2回目のワクチン摂取
6ヶ月になったら(7月中旬以降)避妊手術

トラは6/27以降 健康診断とワクチン摂取
ぽん酢は10/1以降 健康診断とワクチン摂取



という感じの予定でおりますガーベラ





最後に…
かぼすは多頭飼育崩壊現場、つまり元々の飼い主の元で人間からの愛情をほとんど受けずに育ってきていたようです。
そしてかぼすのお母さんからも、もしかしたらあまり愛情を受けなかった若しくは何も教わらなかった
のかなと思うのが…猫同士となるとかなり遠慮がちになり、威嚇を全くせずに目をつむるだけ。
フーシャーを言うという概念が無いように見えるのですショボーン


抱っこして撫でると、ゴロゴロ言いながらずっとずっとエンドレスで甘えてきて「愛情不足だった」事がとてもわかります。
私が居なくなると騒ぎます。



トラとぽん酢が少しずつ近寄り、かぼすとコミュニケーションを取ろうとお尻の匂いを嗅いでいる時も最初はかなり戸惑っている様子でした。
危害を加えない存在だとようやく認識した時点で、ようやく自分から近付いていき…それをトラとぽん酢が受け入れて暖かく優しく接すると

表情が一気に変わりました!


今はもう、兄達を慕ってついて回り
トラのおっぱいを揉んで飲もうとしたり
一緒に遊んだり寝るまでになりました虹
(トラはおっぱい出ません。笑)



この様子を見ていても、やはり無責任に増やして多頭飼育をこえた多頭飼育状態になり……ほとんど構わず放置した挙句、愛護ボランティアさんに投げるような行為は完全に虐待だなと感じました。



私が引き取り、育ててあげられる猫は
我が家の家族として迎えられる猫は
かぼすオレンジが最後です。



これ以上は無理です。
お金も家の広さも、何もかも限界えーん




しかし里親さんが必要な子達はまだまだ居ます。

私に出来ることは少ないですが…協力出来ることをしていけたらなと思います。


まずは!
2kgなくてガリガリカリカリなかぼすオレンジ
栄養いっぱいつけさせてあげないと✩.*˚




↑半年しか違わない2匹




いつものごとく…
かなり長くなりましたが、お読みいただきまして有難うございます(*´ `*)



✩.*˚End✩.*˚