ロードバイク初心者だけどなんとかなるよね?日記

ロードバイク初心者だけどなんとかなるよね?日記

おんな齢30over。ロードバイクに乗り始めました。
空気入れにも苦戦してるけど、なんとかなる!よね?


テーマ:

憧れの琵琶湖〜!!!(曇りだけど)

京都帰省ライドの〆は、琵琶湖ライドです
しかもしかも今回はぼっちライドじゃありません!
Twitterで知り合った関西在住の女子ローディー白雪さんアテンドによる2人ライドです。ルートもお店も全てお任せ、感謝感謝です。

宇治川ラインを走り、琵琶湖(南湖)を走る予定です。
関東チャリダー憧れの琵琶湖!楽しみいいぃ〜。

朝8時半に山崎駅に待ち合わせ

サントリーのウイスキー蒸留所で有名な山崎!
去年、日経の朝刊でサントリーの創業者の生涯を描いた長編小説が連載してて、毎朝楽しみに読んでたので、ちょっとだけ感慨深い。シミジミ。

しばらくすると白雪さん登場!
「初めまして!」の挨拶と共に自転車を見ると…

あっ、スペシャライズドだ!!

スペシャに乗ってる女性と走るの初なのでますます楽しみ!

って、ちょっと待って……

バリバリブルベ仕様のロードバイク!

ブルベに出る人=何百kmも走れる人
も、もしかして白雪さんって凄い強脚女子ローディーなのでは!?

「いやいや、そんな事ないですよ」
と優しい笑顔で答えてくれましたが、勿論それが謙遜である事をこの後知るのであった…。

まずは待ち合わせ場所からすぐ、伏見にあるカフェ「モーニング・グローリー」で朝ごはん。

ちょっと早く着きすぎたのでお喋りして開店待ち

桂川サイクリングロードの脇にあるお店で、自転車乗りの集まる有名なカフェだそうです。
マスターも奥さんも超気さく。マスター自身もローディーなので、自転車の話もどんとこい!お店に集まるお客さん同士で走りに行ったり、有志で走行会を開催したりしているそうです。

モーニングはトースト、ゆで卵、ヨーグルト、コーヒーで500円!

心底こんなお店が近所に欲しい!!!!

お店のブログも、自転車屋さんと見間違うばかりの自転車ネタ連発で、ホントに羨ましいよぉ。

すっかりモニグロの虜になりました

アットホームな親しみやすさ&関西弁で余計に喋りやすくて、ついつい長居してしまいたくなる居心地のいいお店でした。
って、まだ殆ど走っていないので小雨が上がったのを見計らって出発です。

京都競馬場を見ながら宇治川沿いをコギコギ

紫式部像のある宇治川橋

京都生まれ京都育ちの癖して、物心ついてから初宇治!!既に10時過ぎのため、観光客がいっぱいでしたが、いかにも京都っぽい雰囲気でこの辺いいな〜。
何処を走っても歴史が感じられるのが京都ライドのいいとこ!
もっと色んなところ走りに行きたいな〜。


このまま宇治川沿いを走って琵琶湖に向かいます。
道すがらにある天ヶ瀬ダムに立ち寄ります。
ここら辺は緩やかな勾配なのですが、天ヶ瀬ダムの手前だけはグイッと登ります。

走りながら白雪さんから「私、登りになると途端にペースが落ちるので、抜いていってくださいね!」のお声。

ってどこがー!?

「はい!」と答えたものの、本当は後ろで着いていくだけで精一杯でした。めちゃめちゃハァハァしてました。これ以上の登りが続いたら確実に千切れていたことをご報告します。

ブルベ女子の脚力、恐るべし…。

ダムカード、GET!

入口で申請するとダムカードが貰えます。
アーチ型で見晴らしも良くて気持ちいい〜。

再び川沿いを走ります

気づくと宇治川から瀬田川に川の名前が変わっていました。ここら辺が京都と滋賀の境目だそうです。

道も綺麗で、車も少なめ、左手に宇治川が挑めて緑いっぱい!勾配も緩やかで気持ちよく漕げるし気持ちいい!気に入った!
晴天だったら更に最高だったと思われます!
(この日の予報は晴れだったのに何故か曇に。無念)

南郷洗堰に到着!琵琶湖まであとちょっと!

石山寺にちょっと立ち寄り

秋は紅葉が素晴らしいお寺です。
が、この日はイベントもやっており、かなりの賑わい。写真を撮ってそそくさと退散しました。

ランチは茶又藤村

ビワイチのサイクルサポートステーションでもあります

サイクルラックも完備!ロードバイクウェルカムで嬉しい!ここのお店は過去開催されたブルベのチェックポイントにもなったことがあるそうで、この日もロードバイクがびっしり止まってました。

店内の雰囲気も最高&最高!

白雪さんが予約してくれていたふじおこわ

丹波の大粒の黒豆がギッシリ、モチモチおこわです。
副菜も細やかな味でとても美味しかったのですが、1番気に入ったのは胡麻豆腐が入った白味噌のおつゆ!
白味噌のお味噌汁飲むと「はぁ〜関西に帰ってきた〜」ってシミジミするんですよね。
東京じゃなかなか飲めないので嬉しいです。
ナイスお店チョイスに感謝!

しかも、このランチ1000円
このクオリティとこの場所で1000円
最高\(^o^)/

ランチを食べたら琵琶湖の南湖沿いを走ります

南湖はこのちっこいほうです

琵琶湖一周は200kmもあるのですが、こっちの南湖なら約40kmなので、琵琶湖の雰囲気を味わいつつ気軽に走れます。

琵琶湖1周ライド、通称ビワイチ
よく記事やブログで見る憧れスポットでしたが、思ってた以上に車が多い_(:3 」∠)_
車道はミッチリ車の列。

忍耐力の無い私には自転車道をユルユル走る南湖がちょうど良かったです!

琵琶湖大橋を走り、向こう岸に渡ります

ここも車が多いので歩道(自転車道)をコギコギ

残念ながら最後までどん雲りでした

このまま再び山崎まで自走で帰る白雪さんと別れ、私は山を超えて京都の左京区にある実家に帰ります。
とてーーも力強い白雪さんの引きにより、ダラダラライドに慣れ切っている私の脚は既に疲れ切っていますが、比叡山を超えないことには帰れない!

輪行するより走っちゃった方が手っ取り早いいので、最後の最後に山中超え。
もうひと頑張り!

比叡山の文字にトホホ。絶対キツイやん

山中超えは、距離3.4km、平均斜度6.8%。
そこそこ交通量が多いのでサッサか走りたいですが、如何せん足が重くてノロノロ。えっちらおっちら登ります。

さっき走っていた琵琶湖があんな下に

ここまで頑張って登ってきて
偉いぞ!私!

自分褒めまくりスタイルでなんとか登り終わり、そのまま気持ちよ〜く下って帰りました。

チラホラ紅葉もしてて下りは最高でした


という事で、これにて今年の帰省ライド終了
昨年まではぼっちで走り回っていましたが、今回白雪さんに走りに連れて行って貰えてめちゃめちゃ嬉しかったです。
地元の人の案内で走るのって1人で走り回る何倍も楽しい!!
改めてありがとうございました。

また来年も自転車と共に帰省したいと思いますので、皆さん良いルートがあれば是非教えてください。
そして願わくば走り連れてってくださいね〜!

<オマケ>
最終日は猫と遊びまくり!


にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
気が向いたらポチっとな




テーマ:
青い空〜茶畑〜ロードバイク〜!

京都帰省した際に走りたい!!と強く思ってた場所があります。それは…丹後半島!!
日本海を見ながら走れる一周100kmコースで、関西のローディーにも人気が高いらしい。
しかも京都駅から電車一本で行けるし、折角だし1泊2日で走りにいこ♪

と、楽しみにしてたのですが

悲しみの雨予報(T-T)

今回はあきらめて、Twitterでフォロワーさんにオススメしてもらった和束町に走りに行ってきました。
とはいえ、この辺まっったく詳しくなく、ルートラボで拾ってきた人様のルート頼りです。

京田辺駅から大正池、三国越林道を走って信楽で折り返し、犬打峠を登って再び駅に戻る予定です。

結論から書きますが

女1人で走るルートじゃなかった 
かも

輪行にて京田辺駅に到着

田辺市は一休さんのお寺「一休寺」があるらしく、駅前は物凄い一休さん推しでした。(でも通勤のサラリーマンと学生がかなり多くて銅像の方では写真撮れなかった、無念)
駅に到着したのは、7:45。最近、日が落ちるのが早くなってたのでとっとと走ってとっとと帰る計画です。

山城大橋のセブンイレブン

この周りローディーが多いのかサイクルラックが2台ありました。良いコンビニ!

321号線を走って大正池に向かいます

分かりやすい看板があるので迷う事もなし!

木津川沿いに通っている321号線を走って大正池に向かいます。トラックの多い道だったのですが、ちょいと走ればすぐに車が減りました。
大正池は7.7kmで平均斜度が4.3%。
序盤はちょいとキツめですが、そこを過ぎると終盤まではゆるゆると走れます。

この看板が見えたら残りあとちょっと

こういう雰囲気のいい道大好物です!

看板のところで「おはようございますー!」という爽やかな挨拶と共に凄い勢いで抜かれました。
朝早いし平日だし、誰とも会うことないかなぁと思ったのですが男性3名のグループライドの人達とすれ違う事ができました。
土日はかなり混み合うのかな?

登頂!!

道の脇に立てかけて記念撮影。特に看板が無いのがちょっぴり寂しい。
あ、ラスト1km弱位は勾配もキツめでした。和田峠の最後みたいな感じでヘアピン曲がってグググッと登って頂上に着きます。

頂上でさっき抜かれたローディーの皆さんに、この下に絶景写真ポイントがある!と教えてもらい早速下る事に。
「お先ですー!」と先に出発して、教えて貰ったスポットで写真を撮っていたら、再び下ってきた彼らと合流してしまいました(笑)。

記念にお互いを撮影し合いました。イェイ!

珍しくもシャア専用ロードバイクに乗ってる方が!!!!

重くて遅いと言ってましたが、ビュンビュンで抜かれました


「これ、どこのメーカーなんですか?」

「えーっと台湾の…アッ、ジオニック社ですわ!」

という関西っぽいボケが楽しい(笑)。

シャア専用効果で3倍速い…というか30%重いそうです。持たせてもらったら、確かに結構ずっしりしてました。

フレーム買いをして家に余っていた寄せ集めのパーツで作ったらしいです。


これから何処走りに行くんですか?と聞かれたのでルートを見せたら「え?1人で!?結構きついですよ」との言葉が(゚ロ゚)

でもここら辺まっったく詳しくないし、回避出来るルート分からないし

行くしかない!!!(ノー選択肢)

go!和束町!

山の斜面に茶畑が広がっていました

段々畑とスペシャ

ここ和束町の名産品は宇治茶!別名「茶源郷」とも呼ばれているそうです。
ところで、「和束町」って、ずっと「わたば」と読んでたんですが、「わつか」なんですね。知らなんだ。

白栖橋の交差点にあるローソンでおにぎり休憩をして、ここから三国越林道を走ります。てか、これ以降しばらくコンビニはありませんので、補給必須です。

そして、この三国越林道が予想以上にくせ者!!!
走り始めは茶畑が多くて楽しかったのですが、本格的な林道に入ってからはほぼ景色が変わらず!
ちょいちょい10%越の箇所もちょいちょいあり、決して楽な林道では…無い!!!

今回は信楽に向かうために、最後までは走らず童仙房の先の野殿童仙房小学校跡の分岐で左手に曲がって、信楽に向かったのですが、こちらもなかなかにキッつい登りのある林道でした。

こんな道がずーっとずーっと続きます

あまりに同じような道ばかりが続くので
もしかして世にも奇妙な物語の如く、同じ場所をグルグル走ってるのでは!?
と心配になりました。
景色的にも変わり映えしない。お喋りしたいのに誰も居ない…。

自転車とも車とも人ともすれ違わなくてずーっと一人ぼっちだし、電波も無くなるし、タヌキは飛び出してくるし、鹿は飛び出してくるし、アップダウンあり過ぎて行くも帰るも地獄だし(T-T)

走っておきながらなんですが
こういうだーーーれも来ない林道は女ひとりで走らない方が良いと思います。

もしものトラブル、天候不良、等々考えると一緒に楽しくダラダラ走れる友達と行くのがベターかも。


この後鹿がぴょーんと飛び出してきました

何だかんだ走った林道区間は20km超。
登り切ったら、信楽までは下り基調なのでひたすらに気持ちよく走ります。
あまりに心細くて

人里が見えた時めっちゃ嬉しかったです!


信楽は町中の至る所にたぬきがありました

走るルートの近くに幼なじみが住んでいたので、急遽一緒にランチに行くことに。

地元っぽいもの食べたかったのに何故かインドカレー

美味しかったけどね!

幼なじみとは中学からの付き合いだったのですが、超運動嫌いだったはずの私の変身ぶりは驚きだったようです。
だよね。

ここまでロードバイクにハマった私が1番驚いてるもん!

「その釣り人みたいなベスト何なん?(ジレの事)」
「え、その靴ヒールついてるの?」
「何でハンドル曲がってるの?」
等々、質問攻めでした(^_^;)

あまりにここでゆっくりし過ぎると陽が沈んでしまうので、お喋りもそこそこに別れ、帰り道を急ぎます。

折角だから抹茶デザート食べたい!

白栖橋にあるカフェ「山甚」に立ち寄ってデザートタイム!
店内の石臼で轢いた抹茶デザートが食べられます。

寒いけどソフトクリーム。これで思い残す事ナシ!

この交差点を62号線沿いに走れば、犬打峠はすぐ!
3.2km、平均斜度7.7%の峠です。しかも前半は緩めで、後半はずっと10%超。

激坂峠!

くねくね曲がった峠なのですが、そこそこに車通りもありました。
15%超もチラホラ。対向車来て死にそうになりながら、なんとかペダルを回します。

体幹ブレ過ぎて写真もブレブレ

この先、激坂の証である、ドーナツ道路に切り替わります。最後の最後まで急勾配が続くクソ坂だ〜!!!
ハァハァハァ、ゴールまであと少し!

ゴーール!足つき無しで登り切ったぞー!

でも、ここにも峠の看板なし。
いつか富豪になったら犬打峠のおっきな石碑を建てよう、と心に誓って下ります。

日が落ちてきた。急げー!!!

なんとか無事に16時に駅に辿り着き、サクッと輪行で帰宅!
車の少ない良いルートでしたが、次は誰かと一緒に走りたいな〜。

これを読んだ女性ローディーの皆さん、1人では行かないようにね!

・ルートラボはこちら






テーマ:
今年も自転車と共に京都帰省!

季節的には秋ですが、れっきとした夏休みです!
私の勤める会社は、好きな時期に夏休みが取得できるので、今年は10月末〜11月を夏休みとしてみました。
(ほんとは7〜9月が推奨時期なのですが、そこら辺緩いので適当です)

走り回るのにとてもとてもいい季節なので、昨年に引き続きロードバイクと共に新幹線輪行で帰省です。
平日の通勤ラッシュを避けるべく、始発の電車と新幹線に乗り、京都に帰りました。

3列シートの後ろに収納

旅気分でおむすび弁当

東京駅朝6時発のぞみに乗れば8時8分には京都に着きます。つまり、輪行の解除諸々しても8時30分には走り出せる!

新幹線輪行最高!

東京から関西は意外と近いですから、皆さん是非京都に走りに来てください。
ちなみに輪行する時の出口は、スペース豊富な八条口がオススメです。

さて、京都駅から実家のある左京区まで、最短で走ると10kmちょっとなのですが、昨年と同じくただ帰るだけなのは勿体ないので、東山から加茂川沿いに上賀茂に向かい、そのまま貴船、大原を走って帰ることにしました。

白川橋。趣がありますなぁ

南禅寺。紅葉にはちょっと早かったみたい

東山周辺は、八坂神社、南禅寺、安楽寺、法然院、銀閣寺、と有名なお寺と神社だらけ。
京都!京都!京都!」
な気分満載で気持ちよく走れました。

銀閣寺の前は観光客と修学旅行生だらけでした

住んでた時はこの辺殆ど行ったこと無かったのですが、改めて走るとめちゃめちゃ京都っぽくてイイ!!
さすがにロードバイクがあるので、お寺神社の中までは入りませんでしたが、何処も彼処も絵になるところばっかりで通るだけで楽しいです。
(ただ、大通りはバスが多いので要注意)

出町柳からそのまま加茂川沿いを北上

上賀茂大柳町まで川沿いを走り、そこから市原バイパスを通って貴船を目指します。
ここら辺から車の量も減り、グッと山道っぽい雰囲気に。まずは市原から鞍馬へ向かいました。

台風の爪痕が各所に残っていました

山の木々が倒れていたり、崖崩れが残っていたり…先日の台風の影響がまだまだ山に残っていました。
ただ、道自体はとても綺麗ですし、山の雰囲気ムンムンなのにアップダウンが少なくて、初心者でも走りやすい道だと思います。
あと、叡山電鉄も走っていて、何かあっても輪行で離脱出来るのもポイント高い!

鞍馬寺に到着〜

このまま引き返さずに走り続けると、本格的なヒルクラが出来る花脊峠まで行けますが、今回はここで引き返して二ノ瀬から大原に向かいました。
(去年、花背峠走りましたがやーばかったです)

江文峠を走って大原に向かいます

道幅もそこそこ広くて交通量も少なく緑も多く、且つ斜度が緩いという素晴らしき峠です。
10kmほど走って大原に到着。

三千院に向かう前に腹ごしらえのために里の駅 大原の花むらさきに立ち寄り。
本当は、土井志ば漬本舗で漬物ビュフェランチしたかったんですが、定休日でした。悲しみ(T-T)

地元のお母さん達が作った料理が食べられます

ランチを食べるか迷ったのですが、加茂川沿いのローソンで我慢できずにコッペパンを食べ、そこそこお腹が膨れていたのでおぜんざいを注文。

肌寒い季節、ぜんざいが染みる〜

つきたて伸び伸びお餅

同じ施設内にもちの館という超素敵ネーミングなお餅の販売所があり、そこのお餅が入ってました。
つきたてのお餅が食べられるお店って案外少ないから嬉しいな〜。はぁ、柔らかいつきたてのお餅と硬めに炊かれた小豆が美味しい。

食べても食べても太らない体なら、餅食べまくりたい!

って到底無理なので、餅は我慢しました。


最後は大原三千院!
紅葉シーズンの少し前の平日なので人もまばらでしたが、道も広くないし観光シーズンに自転車で走るのはちょっと厳しいかも。
あと、思ったより急勾配で短いけど意外とキツかったです!

ハァハァ言いながら登りました

到着\(^o^)/

京都〜大原三千院〜♪
チャリに乗った女が一人〜♪

この後気持ちよ〜く下って、実家に帰宅。

走った距離は43km、獲得標高は500m。
京都の雰囲気と山の雰囲気が両方味わえたなかなか良き帰り道でした。

まだまだ走るぞ、京都!

続く!

▪️ルートラボはこちら

<オマケ>
実家猫のカノンも元気元気!


にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
気が向いたらポチっとな

Ameba人気のブログ