浮気調査で勝つ!探偵フルさんの調べてなんぼ 

浮気調査で勝つ!探偵フルさんの調べてなんぼ 

帰って来た『総合探偵社アイキューネットワーク』!
探偵フルさんであります!!

Amebaでブログを始めよう!

「定額制プランの浮気調査って、必ず成功するんですか?」

とか、

「成功率って何%くらいですか?」

とか質問してくる人がいるが、出来ればやめて頂きたい。

 

浮気調査なんて、人によって様々な形態があり、パターンは人其々なのであるからして、上手くいくかどうかは実際にやってみなければ分からない。

 

それでも、経験と技術を駆使して何とか調査の成功に辿り着くわけで、たとえ調査のプロと言えども簡単に成功するわけではない。

 

100%勝てる弁護士だって存在しないし、打率10割の野球選手だって存在しないのだ。

 

我々は依頼者のリクエストに最善を尽くすのみで、その結果がたまたま上手くいってるだけである。

 

ただ一つ言えることは、屏風の虎は捕らえる事は出来ないと言う事だ。

 

 

 

尚、「携帯電話の番号から、相手の住所ってわかるんですか?」

という質問も多いが、これもやめて頂きたい。

 

デリヘルに電話して「本番はあるんですか?」と聞いているのと一緒である。

 

 

 

 

 

 

 

 

若様の調査を開始してから1週間が経過した。

 

彼は、平日2回ほど県庁の会議に出席し、平日1回ゴルフに参加し、土日を含む残りの日は、朝から愛人宅に入り浸っていた。

 

後援会長の話だと、愛人の新築費用、新車購入費、コロナ自粛中の店の改装費、全て若様が支払ったらしい。

 

 

2人で建売住宅の販売店に行っていた日もある。

 

今の家でも5千万は下らないと思うのだが、若様達には何か物足りないのだろう。

 

 

夕飯は高級レストランか、愛人のスナックで。

 

夜の9時には本来の自宅に帰るのだが、当然の如く飲酒運転なり。

 

 

今季三期目となる二世議員の若様。

 

絵に書いたようなとんでもないクズだったのである。

 

我々の収めた税金は、現実にはこのような使い方をされているのだ。

 

当然、マスコミに知れたら再選は無いだろう。

後援会長も大変だ。

 

 

だがしかし。

 

このような政治家は若様だけじゃなく、日本中に腐るほどいるんだろう。

 

建設会社から金を貰い、仕事もしないで女に金を貢ぎ放蕩三昧。

 

コロナ過で国民が苦しんでいることなんて知ったこっちゃない。

 

 

 

好奇心旺盛で挑んだ調査だったが、日本の政治の腐敗と階級差別の片鱗を垣間見た調査になってしまった。

 

願わくば、若様の再選が無い事を期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指定された事務所前で張り込んでいると、情報の車輌が現れた。

降りてきたのは対象者である県会議員の若様。

 

事務所に入ったと思ったら、ものの数分で車輌に戻り動き出す。

さすがに県会議員ともなれば、分刻みの多忙な日々を送っているようだ。

 

情報だと、相手は同じ市内のスナックのママ。

若様宅、選挙事務所、愛人宅、スナック。

全て同じ市内にあり、移動時間は車で各10分くらいの距離である。

 

後援会長の言うことが本当なら、警戒心は半端じゃないだろう。

 

なにせ地元の名士だし、街中に自分のポスターが貼ってあるし。

 

おそらく、ラブホテルではなくビジネスホテルを使うだろう。

先に若様がチェックインしてから愛人が部屋に来るか、その逆か。

 

いずれにしても、一般人の浮気調査とは異なるものとなるに違いない。

 

なんて事を思いながら追尾した先は、情報にあった愛人宅。

閑静な住宅地にある2階建ての新築戸建てである。

 

3台停めれる駐車場の一つに車を停めると、若様は普通の顔で玄関から入っていった。

 

 

何かイメージと違う・・・。

 

 

夕方、若様と愛人が玄関から出てきた。

 

愛人の腕には赤ん坊がいる。

 

3人は、愛人車輌に乗って近所の焼肉屋へ。

「最高級A5ランク」とか看板に書いてあるけど、意味は分からない。

 

閉店間際に出てきた3人は、車輌にて愛人宅へ。

 

しばらくして若様が一人出てきて自分の車輌に乗り込む。

 

そのまま走ること10分、情報にある若様宅に帰宅した。

 

1日目の調査が終了したが、何かイメージと違う・・・。

 

 

もっと、何ていうか、こっそりと密会するんもんじゃないの?

 

普通に愛人宅に車停めて、近所でご飯食べて。

 

近隣住民の目は気にならないのもんなの?

 

愛人宅町内にも、自分のポスターが貼られてるんだよ??

 

つーか、あの赤ん坊、何??

 

 

初日にして、後援会長が頭を抱えるのが分かった気がした。

 

だが、調査日数はまだまだある。

この先、ハードでスリリングな展開が待ち受けてるかも知れない。

明日以降も、慎重に、細心の注意を払いながら調査に挑もう。

 

と、完全に気が抜けた自分を戒めながら、アパホテルに向かうのであった。