湯川美波オフィシャルブログ     美波のゆらゆら
2018.1/27(土),28(日) 二夜連続
恵比寿ばし 武生 × 湯川美波


土日で和食料理屋とBarの二つの顔を持つ
福井料理屋 武生と湯川美波 水∞…がコラボ公演


1/27(土) 水∞…#16in武生 
湯川美波一人芝居 若狭人魚伝説「静椿」


17:30開場/18:30開演
料金 4500円 お食事つき

1/28(日) 水∞…#16inゆるりと 
湯川美波一人朗読劇 Barゆるりと「福井むかしがたりナイト」


16:00開場/16:30開演~一時間ごとに上演
料金 ステージチャージ制 1000円/1ステージ毎+1オーダー
1時間毎に違う福井民話の朗読劇を上演致します。

恵比寿ばし 武生
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-12-15
Tel 03-3447-1984 恵比寿駅より徒歩7分

ご予約・お問合せ先 mizu_ticket@yahoo.co.jp
件名に「チケット」とご入力ください。





テーマ:

次はこれ!

何だか最近宣伝が追い付かずすみません!

恒例のゆるりと・・・月一朗読ナイト、「くいしん坊のこぼれ話」です。

恵比寿駅から徒歩7分、バス停恵比寿橋のすぐ近く、

恵比寿ばし武生、での日曜だけの朗読ナイトです。

 

ゴールデンウィークが楽しすぎたので、

来られなかったお客様には、この時の作品を、

更に、新作も書き上げる予定で、

食事しながら笑う時間を共有できたらと思っています。

 

開演は15時半、16時半、17時半、18時半、19時半、20時半の6ステージ。

朗読チャージはいつも通り1000円。

飲食店なので、何かご注文をお願いします。

開演時間に間に合うように来ていただければ、予約は不要!

 

今回はマルシェはありません。

 

ゆるりと・・・ママの乃り音さんも、ちょっと参加して頂く予定。

 

さて、湯川、ちょっくら福井まで、行ってきまーす。

 

来月のゆるりと・・・月一朗読ナイトは、ママの舞台公演のためお休みいたします。


テーマ:

栃木で揺れたと思っていたら、

今度は関西で大きく揺れて・・・。

 

叔母が無事で良かったです。

 

関西の皆さま、大丈夫でしょうか?

 

瓦やブロック塀など、上からの落下物にも気を配って、

崩れかけた場所は歩かないで下さいね。

 

懐中電灯や室内でも履物は必ず。

 

すぐに頭を守れるように。

二次被害にもご注意を。

 

皆様が無事でありますように・・・。


テーマ:

本当はお昼から出店をゆっくり見たかったのだけれど、

いつもの如く準備がギリギリで、

全然見られなかったのが、残念。

 

素敵な織物と、リメイク傘が飾られたステージでした。

「とんとんとんがらし地蔵」という

とうがらし伝来から、禅東院さんに伝わる唐辛子の逸話迄、

まぜこぜに湯川節で30分やらせていただきました。

唐辛子売りをイメージアレンジした、真っ赤っかの衣装です。

張りぼての唐辛子は作って頂いた者。

衣装は、よくこれだけ真っ赤なのが自前で揃ったもんだと。

写真はプロカメラマンの島峰譲さんから頂きました。

 

演者のユニット、朧月さんを二階で楽しんでいる座敷童も撮影されていましたw。

 

朧月の尼理愛子さん、以前一度拝見してから

興味津々の琵琶弾語りの方だったので、

ご一緒出来て楽しかったのです。

主催は依然、妙義神社に出演をお願いした月宵草さん。

この日も、奉納舞に歌と堪能させていただきました。

月宵草の鳥山鳥子さん、お招きありがとうございました。

 

この3チームで月に纏わるイベントやりたいなあ・・・と、

勝手に思った一日でした。

 

張りぼてのとんがらしには中に物が入るので、

チラシを入れて配ったりしてみました。

こちらの写真は、麻布、蚊帳、織物などの出店をしていた松浦良樹さんから。

日本の自然布の普及をされてるエキスパート。

7月に少し大きなイベントがあるそうで、

着物や染め物好きには堪らない感じ。

私もお邪魔させていただきます。

最後に頂いた向日葵を。

ラムネ瓶にいれて、夏がやってきた!

 

雨だったけど、良い日になりました。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス