Father's back | 一人yuki

テーマ:

お久しぶりです。

いやー、今年も終わりですね、そろそろ。おそらく年内最後の更新になると思います


今年、実は新たな挑戦 とでも言いましょうか まぁ始めたことがありまして

お笑いをやってるんですよ。もちろんアマチュアなんですけど

まぁプロにはなれないとは思うんですが、このブログを見た方は応援してくださいね。 ファン募集中です。
あと何かコネがあったら教えてください




というわけで、 最近、そういったお笑いの活動で帰りが遅くなっていたんです。

で、ある日「明日もちょっと遅いから」と母親に告げると


「あんた、最近遅いからお父さんが怒ってるよ」みたいなことを言われました


僕の父親はすごく厳しくて、怖いんですよ。でも、人間的にできてるかっていうとそうでもなくて、不機嫌なときは理不尽にキレたりするような人なんです。
で、1年くらい会話をしてないんですよ。それは、父が意図的に僕をシカトしてるんですね。まぁちょっといざこざがあって
僕としては気まずいんですけど、怖いんで、自分からは話しかけたくない みたいな感じなんです


そんな父親が怒ってる って聞いて「マジかよ」と思いましたけど、自分に話しかけてくることはないんで、まぁ大丈夫か と思ってたんです。


そしてその日、家族で夕食を食べていると

「お前最近何やってんだ」


と父親が言いました

来たか…と思いながら、お笑いのこと説明すんのがめんどくさかったので

「いや、ちょっと友達と遊んでて…」
と答えました。


「女とかじゃねぇだろうな、お前?」

なんで女だったらダメなんだろうと思いながら、否定しました

でも、なかなか信じてもらえず押し問答が続いたので、本当のことを言おうと思って、

実はこういうお笑いの活動をしてます


みたいなことを言ったんですよ。


そしたら
「なんでそんなもん夜遅くまでかかるんだよ。
高いレストランで女と夜景見ながら乾杯してんじゃねえのか?おい」

と、良くわからない小ボケみたいなのをいれてきました。


イライラしてたって言うのと、ボケられた っていうのがあって、



「お前からそんなロマンチックな息子生まれねぇよ!」




とツッコミを入れてしまったんです。正直、いままでこんな口をきいたことなかったのに、ツッコミというフィルターを通して暴言を吐いた自分にびっくりしていると



父親が



「…どうやら本当にお笑いをやっているようだな」




試されてたのかよ!!



試すための小ボケだったんですね


まだまだ僕にとって父親の背中は大きいです

you-keyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス