多賀城市 塾「YST進学研究会」のブログ

多賀城市 塾「YST進学研究会」のブログ

多賀城市 塾「YST進学研究会」のブログです。

中間テスト・期末テスト1週間前は毎日特訓!

宮城県の公立高校の入試情報や勉強方法、当YST塾の情報などを公開しております。

定期考査も終わり、昨日は久しぶりに全員、受験対策の授業となりました。

普段はどの教科も、塾生の状況に合わせて1人ずつ違う問題を演習して頂いているのですが、昨日の英語は、一斉授業で長文に取り組んで頂きました。

長文を読めるようになるには、一通りの文法の知識が必要です。

6月下旬の時期は、塾生によっては、既に文法がしっかりしている人もいますが、それは少数派。

多くの場合、忘れている項目が結構あります。

実際、昨日の授業では、当初の制限時間20分で読み終わった塾生はいなく、10分延長して問題に取り組んで頂きました。

それでも、昨日、長文を扱った理由は、「長文への取り組み方/長文の読み方」を知って頂きたかったからです。

普段の英語の時間が45分のところ、75分かけてじっくりと説明をしていきました。

文法の学習に一通り目途が立つ9月下旬までは、文法中心に授業を進め、月1回程度の頻度で長文を扱う予定ですが、それ以降は長文の回数を増やしていきたいと思っています。

いずれにしても、中総体が終わり定期考査も終わったことで、これから本格的に受験勉強に取り組んで頂くことになります。

県大会がある人は更に部活動との両立となりますが、これから夏まではじっくりと受験勉強に取り組める時期です。

受験の夏がやってきました。

来春の高校入試目指して頑張っていきましょう!

 

【多賀城市|学習塾】

YST進学研究会

http://yst-juku.com/

022-366-9415

宮城県の高校教育課より、令和4年度のオープンキャンパスの日程等が公表されました。

 

多くの高校では7月後半にあるのですが、仙塩地区の受験生に関係することろでは、早いところで
 

◆7/2(多賀城高校)
◆7/9(仙台二高, 仙台三桜)

 

というところもあります。

 

まだ確認していない方は、下のリンクを貼りましたので、参考になさって下さい。

 

【令和4年度・公立高校オープンキャンパス】
https://www.pref.miyagi.jp/documents/40224/r4open0616.pdf

今年の高3塾生は「数3選択者」がいないので、数学の授業は、年度はじめから復習モードで進んでいます。

最終的には共通テストや国公立大学の2次試験のレベルに引き上げていかなければいけないのですが、現時点での優先事項は「公式や基本事項の再確認」です。

公式・基本事項の再確認というと、簡単なイメージがあるかもしれませんが、「基本=簡単」ではありません。

「基本=2次試験にも対応できる典型的な問題」を意味します。

ですので、「基本」とはいえ、深い内容まで入ることも少なくありません。

授業では、塾生の状況・進度に合わせて1人ずつ違った問題に取り組んで頂いています。

昨日の授業では、
○積分
○図形と方程式
○三角関数
など、それそれが別々のメニューに取り組んでいました。

 



積分では「被積分関数が絶対値を含むもの」や「偶関数・奇関数の積分」などを演習して頂きました。

図形と方程式では、「連立方程式で与えられた領域の図示」や「領域が与えられた際の式(x+yなど)の最大・最小」を扱いました。

(前の週は、多くの受験生が苦手とする「軌跡」を扱いましたので、かなり悪戦苦闘していたようです。)


三角関数では「方程式や不等式」「三角関数の相互関係を用いた式の証明」などを扱いました。

いずれも、久しぶりにやる内容ですので、なかなか鉛筆が進まないようです。

でも、解き方やその背景にある基本事項を一通り説明をすると、どの生徒も最終的な答えまでたどり着くことができます。

あとは、時間の許す範囲内で類題を演習し直して頂き、知識を定着して頂きました。

何となく受験勉強をやり始めると、「共通テストは傾向がこうなった」とか、「2次試験対策・記述対策としてはとにかく難しい問題を解かなければいけない」というイメージが先行してしまいがちですが、受験勉強で大切なことは、「今日取り組んだ問題を、再度、ノートを見ないであらためて自分の手を動かして解き直し、最終的な答えにたどりつけること」、その1つ1つの積み重ねになります。

繰り返しますが、「もう一度自分の手で解き直す」という作業がとても大切になります。

予定としては、夏休み前まで一通り基本事項の再確認を行い、夏休み以降から入試レベルの問題に入っていきたいと思っています。

 

【多賀城市|学習塾】

YST進学研究会

http://yst-juku.com/

022-366-9415

昨日から、新中3の塾が始まりました。

中学校は始まったばかりですので、実質的に教科書は進んでいません。

そのため、3月・春期講習と続けてきた受験勉強を継続しております。

各科目とも、2年間の復習を進めていますので、結構忘れていたり別の項目と混同していたりることこが多々あります。

昨夜も、比例・反比例(1年生の関数)と1次関数(2年生の関数)がごっちゃになっている人がいました。

 

でも、この「間違える」という工程が大切です。

間違ったあとで、しっかりと解法を再確認して、その後、即、類題を解き直して完答に至る。

こうすることで、知識が1つずつ確実なものとなって、定着していくことになります。

中3生は、4月いっぱいは受験勉強をメインに進めていく予定です。

そして、ゴールデンウィーク明けから、6月の定期考査を意識した勉強に切り替えていきます。

新年度がスタートしました。

勉強に部活に頑張っていきましょう!

 

【多賀城市|学習塾】

YST進学研究会

http://yst-juku.com/

022-366-9415

中学校で学習する「英語」と「数学」を先取りした、春期講習が終わりました。

英語は、2月から始めた先取り講座の延長ということもあり、Unit.2まで進みました。

小学校でも英語の時間はあるのですが、会話がメインです。

中学校では「書き」も入ってきますし、何より「テスト」が必項となります。

そこも見据えて、「読む」「聞く」「書く」そして「演習にて確認」という地道な作業を、その都度こなしていきました。

 



昨年度より教科書が一新され、旧教科書に比べると、今の教科書はボリューム感がハンパありません。

そのような状況の中、Unit.2まで終えられたのは、ひとえに子どもたちの頑張りのお陰です。

数学も「正負の数」の基本事項を一通り扱うことができました。

最終日の今日は、新しい内容には入らずに、4日間の総復習として演習・演習・演習にて進めました。

受講生みんなが順調に問題をこなし、「はなまる」で最終日を終えることができました。

今週末から、いよいよ中学校生活がスタートします。新中1生も、新しい環境に慣れるまでは何かと大変だと思います。

でも、講習を受けた子どもたちは、少なくとも授業には気持ちの面でゆとりを持って臨めることと思います。

新中1生諸君、新天地での新しい生活に元気いっぱい取り組んでいきましょう!

 

【多賀城市|学習塾】

YST進学研究会

http://yst-juku.com/

022-366-9415