多賀城市 塾「YST進学研究会」のブログ

多賀城市 塾「YST進学研究会」のブログ

多賀城市 塾「YST進学研究会」のブログです。

中間テスト・期末テスト1週間前は毎日特訓!

宮城県の公立高校の入試情報や勉強方法、当YST塾の情報などを公開しております。

近隣の中学校は、学年末考査が先週行われたところもあれば、今週末のところもあります。

東豊中学校・玉川中学校は今週末に試験があるので、今日の授業はテスト対策となりました。

1年間の総決算です。頑張っていきましょう!

一方で、多賀城中や塩釜三中、塩釜一中は先週に試験が終わっていますので、今日の授業からしばらく、1年間の総復習を行います。

具体的には、春期講習用の教材を用いて授業を進めていきます。



数学はここ最近、図形の分野の勉強になっていましたが、今日は久しぶりに、方程式や関数も扱いました。

久しぶりの方程式・関数にもかかわらず、塾生はよくできています!

順調に復習が進んでいきました。

 

【多賀城市の学習塾】
YST進学研究会
http://yst-juku.com/
022-366-9415

今日の授業で、Unit1まで一通り終わりました。結構速いペースです。

授業は、受講生の状況に合わせて進んでいきます。

今年は、受講生の飲み込みが早いので、いいペースで進んでいます。



2週目の今日は、演習問題もガッツリ組み込んで進めました。「文の初めを小文字にしてしまう」「ピリオドのつけ忘れ」など、細かいミスもありましたが、大きな流れとしては、しっかりと理解できています。

むしろ演習を積み重ねて、ミスをすることで、正しい知識が身につき定着していきます。

間違えた分だけ、学力がより確実なものになっていきます。

 

来週もこの調子を維持して頑張っていきましょう!

―――
今年の4月から、中学校の教科書が改訂になります。

それに先立ち、既に小学校の授業に英語が組み込まれていますが、中学校の最初に習う内容は、基本的にはこれまでと変わりありません。

現行の教科書に沿って進んでいけば、新しい教科書にも十分に対応できることになります。
 

今日は、予備校生の授業の最終日でした。

断水の影響のため、急遽、おととい・昨日と臨時休講となってしまいましたが、その分も合わせて授業を行いました。

数学の1問目は小問集合、2問目は群数列、そして3問目は数Ⅲの積分を扱いました。

群数列は苦手な人は何度やっても、なかなか理解に至らないのですが、やることはシンプルです。



まずは、第n群の初項が通算で何項目[=Nとする]かを求める。

あとは一般項のnにNを代入することで、第n群の初項が出てくることになります。

第n群の初項が出てくれば、たいがいの問題は解けることになります。

数学は解き方の「型」を覚える学問です。前期日程まであと1週間あります。

苦手意識のある人は、1つでも多くの「型」を覚えて、本番に臨むようにしましょう!

 

【多賀城市の学習塾】
YST進学研究会
http://yst-juku.com/
022-366-9415

昨日、公立高校の倍率が発表になりました。全般的には、前期・後期選抜が終わり新しい入試制度になってから、倍率が高くなることもなく安定するようになりました。

この傾向は今後も続くことでしょう。仙塩地区の高校はおおむね1倍強の倍率となっていますが、だからといって油断は禁物です。同じ公立高校には、同程度の学力の受験生が出願します。そのため、本番で1点違っただけでも順位が一気に変わってしまうことになります。とにかく、合格最低点ギリギリを目指すのではなく、少なくとも「合格者の平均点」を目指して頑張っていくようにしましょう!

YST塾の授業では、基本的には1人1人別々の問題を演習して頂くことにしています。

本人の学力や志望校なども考慮して、その都度、問題を作成しています。

偏差値60台後半の高校を志望している場合には、関数や図形の応用問題を多く扱うことにしています。

応用問題といっても、いたずらに難しいだけの問題では意味がありませんので、公立高校の過去問から良問をピックアップして解いて頂いています。

昨日の数学の問題もいい問題でした。



授業中にすべて解ければ、それに越したことはないのですが、解けても解けなくてもやるべきことは同じです。

必ず、2・3日以内に、解答・解説やノートを見ずに解きなおすこと。そして問題を味わう。

とにかくこの積み重ねです。偏差値60台後半の数学に必要なのは

「理屈ではなく、問題演習を通じて経験値を上げていくこと」

です。

本番まで2週間、更なる高みを目指して頑張っていきましょう!

 

【多賀城市の学習塾】
YST進学研究会
http://yst-juku.com/
022-366-9415


今日の演習授業は、光波の基本中の基本であるヤングの干渉実験を扱いました。

本であるにもかかわらず、光路差を自分の手で導出できない受験生が少なくありません。

近似式を用いて光路差を導出することは、2次試験で物理が必要な人には最重要項目です。

受験予定の大学が穴埋め式であっても、本問のようにその途中経過を穴埋めさせる問題も出てくることがあります。


(ヤングの干渉実験に限らず)光波の問題では、光路差を公式として暗記しておくことも勿論大切ですが、記述物理ではやはり光路差を自分の手を動かして導出できるようにしておきたいところです。



国立大前期日程まであと1週間。光路差の導出は2回、3回と繰り返して、自分のものにしておきましょう。
 

【多賀城市の学習塾】
YST進学研究会
http://yst-juku.com/
022-366-9415