大変遅くなりましたが、お盆の時期を利用して8月10日から17日にかけて、モンゴルに旅行してきました。

「親に貰った三角帽子 風に取られてなるものか 吹くよ砂漠の蒙古風 走るラクダの鈴が鳴る ヒョロロン ヒョロロン ヒョンヒョロロン」この歌は小生がまだ小学校に入る前のラジオ放送(確かオテナの塔という題名)の主題歌で、当時は殆どの人が6時半位から流れる放送を待ち焦がれたものです。それはさておき、東京から約5時間で首都ウランバートルに着きました。そこで1泊して、翌日は早朝からモンゴルチベット仏教の総本山ガンダン寺見学のあと、待ちに待ったモンゴル高原の旅です。ウランバートルから元の蒙古帝国の旧首都カラコルムまで約7時間半の間、見えるものは大草原とゲル(昔はパオと言ったと思います)2~3戸と何十頭という羊と馬と牛の群れだけという世界です。途中、居眠りして1時間位して目を覚ましても、まったく同じ視界が広がっています。その間、男女を問わず、トイレに行きたかったら大自然の中で用を足します。カラコルムに着くとツーリストキャンプに宿泊しました。翌日は元の遺跡観光で元の第2皇帝オゴデイハーンの宮殿跡等を見学しました。午後はカラコルムからツェンケルに約3時間半かけて移動しました。乗車中の景色は前日と全く同じで、大平原の中をひたすら走っているという感じです。夕方は乗馬体験です。心配していましたが、ともかく何とか乗れました。その翌日も今度はギャロップも交えて、乗馬で草原の中を遠出をしました。1日中乗馬をして、お尻がヒリヒリ痛くなりました。これを機に、日本に帰ったら乗馬少しもやってみようかなと思いました。その他、ウランバートル市内観光、モンゴル伝統民族歌舞鑑賞馬頭琴の演奏等、楽しかった私の夏の慣例のお盆休みを利用した小旅行は終わりました。十分すぎる程のカルチャーショックの毎日でした。私の海外旅行の主目的はカルチャ-ショックを受けるためと言っていいくらいです。

 日光見ずして結構と言うな 百聞は一見に如かず 昔の人は本当に良いことを言っています。 我々の人生という旅もいろいろ経験してみて初めて分かることが多いのですが、時間は有限ですのであと、何年こうして旅行出来るのかなと今年初めて思いました。


月日は百代の過客にして行き交う人々も又旅人なり  松尾芭蕉

米国の金融緩和政策が見直されて、景気回復期待で更に株価が騰がるとの見通しを垂れ流しているマスコミがあります。彼らはどうしても米国株式そして米ドルには強くなってもらわないと困る理由があるようです。実際に金融緩和になれば株価が騰がると言い、金融緩和縮小に向かえば、景気回復だと言い、いずれでも米国の株価に日本経済は左右されると言いたいようです。金融緩和縮小は景気回復のためではなく、これ以上輪転機を回し続けてお札を印刷して、印刷したお金で自国の国債を買い続けるという経済運営は、さすがにもうこれ以上は不可能と思ったから今になって少しずつ直していこうとしているにすぎません。今から間に合うのか、あるいは今まで垂れ流した膨大な金融緩和した米ドルの回収をどうするのか、前途は多難といttところでしょうか。ともあれ、現在の経済情勢は頭の良い人たちの集まっている中央銀行の人たちを信頼する以外に方法はないところまで、追い込まれているというのが、現実だと思います。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。皆さん、初詣にはお出かけになりましたか。私は慣例のとおり、元旦は地元の葛飾八幡宮に初詣に行きました。その帰りに白旗神社に寄ってお参りしました。私の子供が白旗神社で七五三のお祝いをしたのが、もう20年前だなんて本当に月日の経つのは早いものです。白旗神社は源頼朝が源氏再興の旗揚げをしたときに、真っ先に源氏の白旗を掲げたので、この名前があるそうです。

3日は早朝、成田山にお参りに行き、成田から鹿島神宮前駅まで電車で行きました。いつも、霞ヶ浦が見えるたびに、その田園風景と霞ヶ浦の湖水に見とれています。鹿島神宮は鬱蒼とした森の中にあり、いつも森林浴で清々しい気分になります。帰りは東京行リムジンバスが出ているので楽に帰れます。

4日に8時ちょうどのあずさ2号ではなくて11時30分のすーぱーあずさで新宿を出て、上諏訪の温泉に泊まりました。(古いギャグで意味が分からない?)5日に信濃の国一の宮諏訪大社に参拝しました。諏訪大社は本宮、春宮、秋宮、前宮の四社にわかれているそうで、そのうち春宮と秋宮に行きました。やはり、大木に覆われた風格のある神社でした。私の両親も北信濃出身ですので、ご先祖さまも諏訪大社にお参りしたことがあったのでしょうか。

夜は温泉に何度も入って、美味しい料理と信濃名物桜肉を満喫しました。長野はいつ来ても、空気が凛としていて気持ちが良いと思います。温泉と一年の希望を込めての初詣、早くも来年はどこに行こうか考えています。