こんにちはドキドキ

 

最近は、毎日手術と診察で大忙しで

随分ご無沙汰してしまいましたガーン

もう少し皆さんにいろんな情報をお届けできるように頑張っていきます!

 

 

 さて、今日は当院で取り扱っているドクターズコスメについてお話させていただこうと思います。

 

 日々診察していてすごく実感することは、

基礎化粧品もドクターズコスメを使って頂いている方は、お肌が違ってくるなって思います。

もちろん、それだけでもダメなんですが、レーザーだけでも難しくてあせる

1ヶ月に1度のレーザーはお肌にとって特別なご褒美なんですが、やっぱり基礎となるのは毎日の食事=基礎化粧品ということなんですよねビックリマーク

基礎ができてこそ、レーザーの効果も活きてくるし長持ちするというわけですウインク

 

そこで、何から始めたらいいか分からないという方に、まず手始めに取り入れて頂きたいのがレチノール”です。

 

聞いたことあるけど、どんなものなのかは分からないって方、多いのではないでしょうか。

レチノールとはビタミンAのことで、下記のような色々な作用があります。

 

 ひらめき電球 光老化からお肌を保護  

 → 紫外線からのダメージを保護し、シミやシワを防ぐ

 

 ひらめき電球 線維芽細胞を活性化  

  →コラーゲンの生成を促進して、肌のハリの向上、しわの軽減

 

 ひらめき電球 ターンオーバーを正常化 

   →  古くなった角質を排出して、くすみ、色むらの改善

 

 ひらめき電球 表皮細胞の成長を促進 

   →  表皮の厚みが増しふっくらと健康な肌へ

 

 ひらめき電球 皮脂分泌を抑制   

   →  皮脂の分泌を抑制し、ニキビを改善

 

 

さらに、レチノールには色んな種類があることはご存知でしょうかはてなマーク

守りのレチノールと言われるパルミチン酸レチノールから、

攻めのレチノールであるピュアレチノールなど…

どうして攻めというのか

レチノールにはいい面ばかりでなく、赤みや皮むけなどのA反応といわれる副反応があるためです。

 

ドクターズコスメでレチノールの含まれているものは、うちにあるのだけでもたくさんありますが、

それぞれ、レチノールはレチノールでも種類と濃度が違ってきます。

その辺の使い分けや、何が自分に合っているかなどは、医師のアドバイスの下、適正な種類、量を使用するようにしてくださいね音譜

 

上記のようないい面をたくさん持ったレチノールですから、

A反応を出さないで、または、うまくコントロールしながら 長期的に使用していきたいものですねドキドキ

 

機会があれば、それぞれの化粧品の使い方や違いについてお話しますね~デレデレ