【TV番組企画制作】ワイズプロジェクトのスタッフブログ

【TV番組企画制作】ワイズプロジェクトのスタッフブログ

映像制作・テレビ番組企画制作・映像編集/ 株式会社ワイズプロジェク
トのスタッフが色々な情報をお伝えいたします。

BSフジ
「全国百線鉄道の旅
 皇室ゆかりの地を訪ねる京の旅」
2019年6月2日(日)18:00~19:55 放送!!

平成から令和へ。新しい時代を迎え、今年はそれに関連した皇室の行事が目白押しだ。
おのずとマスコミの報道も増え、国民の関心も皇室に向けられる。そこで今回は、皇室ゆかりの地が多く点在する千年の都、京都を巡り皇室の歴史や文化にふれあう旅に出る。勿論、鉄道に乗り継いで。

先ずはJR京都駅を起点に世界遺産「二条城」(地下鉄二条城駅)へ。
二条城は徳川幕府の終焉を告げた大政奉還の舞台として有名だ。
続いて「大覚寺」。1200年の歴史を誇る真言宗大覚寺派の大本山、嵯峨天皇の離宮を寺院に改めた皇室ゆかりの寺院だ。
そして宇多天皇が創建した、世界遺産「仁和寺」、皇室の菩提寺「泉涌寺」、その別院「雲龍院」では、1642年に後水尾天皇よりご寄進された写経机で写経体験を。

次に訪れるのは「京都御所」。明治時代まで、歴代天皇の住まいであり、儀式や公務の場でもあった、皇室の象徴だ。大正・昭和天皇の即位の礼や大嘗祭は京都御所で執り行われた。今は通年で一般に公開しているが、かつては年に2回の5日間のみの公開で申し込みが殺到、容易に参観はできなかった。今回、宮内庁の許可を得て京都御所や修学院離宮の内部を紹介する。
修学院離宮へは、2018年にデビューした叡山電車の観光列車「ひえい」に乗車。叡山電車としては20年ぶりとなる新デザイン車両だ。

この他、さまざまな皇室御用達の品々を扱う老舗や食事処などが登場。

皇室御用達の染色織物店「龍村美術織物」では皇室愛用の品々を紹介。
1904年創業「ぎをん萬養軒」 は伝統と格式のフレンチで、昭和天皇「御大典」以来、皇室のお食事のご用命を務めている。
1830年創業の「本田味噌本店」 は、初代から皇室に味噌を納めてきた。
明治中期、煙草王といわれた村井吉兵衛の迎賓館「長楽館」 。命名は伊藤博文。国内外の賓客を接遇するのに使われ、皇室の方々も多くご宿泊された。
昭和天皇の義理の弟君、東伏見宮家の別邸として建てられ、和と洋が見事に組み合わされた文化財的な存在「吉田山荘」も登場。

 

BSフジ
『甦れ!東北の鉄路2019 
リアス線163キロ全線開通 
三陸鉄道の2936日』

2019年3月31日(日)18:00~19:55

東日本大震災で、太平洋沿岸の鉄道各線は津波による甚大な被害を受けた。
中でもJR山田・大船渡・気仙沼の各線は復旧費が数百億円と莫大な金額となるため、JRは鉄路での復旧を断念、BRT(バス高速輸送システム)での復旧を被災した沿線自治体に提案した。
これに対して、大船渡・気仙沼沿線の自治体はBRTでの復旧を受け入れたが山田線沿線の宮古市、山田町、大槌町、釜石市はこれを拒否、あくまで鉄路での復旧をJRに要望した。
JRは2度に亘りBRTを提案したが、沿線自治体は頑なに拒否し続けた。
その主な理由は、JR山田線を介して繋がっている三陸鉄道の南北リアス線がBRT化によって分断されること。BRT路線のほとんどが国道を走るため既存の路線バスとの競合などであった。
その後、JRは地元への説得が困難と判断、鉄路での復旧を約束し、復旧後は三陸鉄道に移管(無償譲渡)すると提案した。これは三陸鉄道にとって青天の霹靂だった。
元々赤字の三陸鉄道、そこへJR東日本管内でもワースト3に入る赤字の山田線が三陸鉄道に移管されると、更に大きな負担となる。
しかし、地元の強い鉄道存続の要望と南北リアス線の分断を考慮し、苦渋の選択であったが、JR山田線の移管を受け入れた。
2015年3月、JRは山田線復旧工事に着手した。
山田線は津波による被害で沿線の9地区が浸水、橋梁は6か所で流出、駅は7ヵ所で被災した。全長約55キロに及ぶ山田線の復旧工事は順調に進み2018年7月、全区間のレールが再び繋がった。
その後、重量65トンのディーゼル機関車で橋梁などの強度確認の試運転に入り、2019年1月に移管後、三陸鉄道の車両を使って試運転を開始し3月23日に開通式典、24日から営業運転に入る。
北リアス線と山田線、そして南リアス線が一本のレールに繋がることによって全長163キロという日本一長い、第3セクター鉄道の開通となる。
そして路線名も統一し「リアス線」と変わる。これを機に三陸沿岸は、復旧から復興へ向け弾みをつける。
番組では、山田線の鉄路復旧までの経緯を振り返りながら、なぜ鉄路でなくてはならなかったのかを、開通まで完全密着し、三陸鉄道リアス線の全貌を紹介。

【新作】奇跡のピアニスト辻井伸行
最高峰まで響け!盟友と挑んだ全記録
BS朝日 2019年元日 21:00~22:54 放送!



毎年、新たな音楽に挑む辻井の姿を追ってきたが、
2018年秋、辻井自身初となる室内楽を演奏した。
若手ヴァイオリニストとして注目を集める三浦文彰とのヴァイオリンソナタやチャイコフスキー国際コンクールで最高位を獲得した川久保賜紀、ヴィオラのレヒ・アントニオ・ウジンスキ、チェロのヨナタン・ローゼマン、そしてコントラバスは加藤雄太とのピアノ協奏曲の室内楽版など、ソロ演奏かオーケストラとの共演しか経験のない辻井にとっては新鮮で緊張感の伴うコンサートになりそうだ。
新たなジャンルに挑む辻井伸行に完全密着。

【再放送】BS朝日
「奇跡のピアニスト 辻井伸行
 デビュー10周年 感動と涙の全軌跡」
2018年12月31日(月)21:00~22:54 放送!!


2017年10月、辻井伸行はプロデビューをして10周年を迎える。
これを記念して11月13日、サントリーホールで「デビュー10周年記念特別コンサート」が開かれる。
第1部は、ショパンやリストなどデビュー以来辻井が弾きこんできた名曲。第2部は、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールのファイナルで演奏した、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」。指揮者は本名徹次「ベトナム国立交響楽団首席指揮者」だ。
本名は東京藝術大学在学中から指揮活動し、東京国際音楽コンクルールをはじめ、数々のコンクールで最高位を受賞している。
今から19年前、辻井が10歳の時、作曲家の三枝成彰に招かれて大阪センチュリー交響楽団と共演、辻井が初めてオーケストラと演奏した。
このときの指揮を務めたのが本名徹次だった。
実に19年の歳月を経て、クラシックの檜舞台「サントリーホール」で共演する。

本名は、ベトナムのクラシック界のレベルを向上して欲しいと懇願されベトナムに渡った。しかし、国立とは名ばかりで、オーケストラのメンバーはアルバイトをしながら生計を立てているのが現実だった。
そんな状況下で奔走する本名をベトナムに訪ね、辻井との共演までを密着する。

辻井がプロとして最初のCDをリリースし、その曲で初の日本ツアーを始めたのは2007年12月からだ。翌年1月、最年少でサントリーホールデビューを果たす。
そして2009年6月、第13回ヴァン・クライバーン国際コンクールに挑戦。
コンクールの演奏曲目で、辻井が一番苦労した曲は「現代曲」だった。まるでジャズの即興演奏のような譜面で、暗譜するまで大変だったと振り返る。楽譜が渡されたのは1ヵ月前、そこから辻井用の「音の楽譜」の作成にかかる。
完成まで2週間を費やし、暗譜するまで残り2週間、その間、他のコンクール曲も練習しなければならず、1日中ピアノに向かう毎日だった。
実は「現代曲」だけは、譜面を見ながら演奏することが許されていた。しかし、辻井は完璧にアンプするしかなかった。

ヴァン・クライバーンコンクールの優勝で、辻井の世界は一変した。
海外公演のオファが次々と舞い込む。
ピアノリサイタルは、辻井の独り舞台だが、ピアノ協奏曲となると指揮者やオーケストラとの「呼吸」が大切だ。しかも共演相手とは毎回が初顔合わせ。弱冠20歳の辻井には、さまざまなプレッシャーがあったはずだ。しかし、弱音を吐いたことは一度もない。
辻井の演奏をはじめて聴き、感動した聴衆の「拍手喝采」が生きがいになっていた。

辻井は、作曲にも精力的だ。自作集のCDを2012年にリリースしている。映画音楽の依頼も受け、2011年に櫻井翔主演「神様のカルテ」2012年渡辺謙主演「はやぶさ遥かなる帰還」2014年「神様のカルテ2」2015年「マエストロ」のエンディングテーマ曲を作曲している。

海外公演を積み重ねる中、巨匠アシュケナージは辻井を、21世紀を代表するピアニストになると絶賛している。

今回はデビュー10周年の記念コンサートを中心に、指揮者本名徹次との共演やデビューから10年間の軌跡を過去の資料映像で振り返り多彩な著名人のインタビューも交えて構成する。

BSフジ
「全国百線鉄道の旅2時間スペシャル
 四国まんなか秘境の旅~土讃線~」
2018年10月28日(日)18:00~19:55 放送!!


岡山発の特急に乗っておよそ50分、四国の丸亀に到着する。
今回は丸亀から四国を縦断し、高知までの旅に出掛ける。
丸亀のシンボル「丸亀城」は、高さ日本一の石垣に鎮座する現存十二天守のひとつ。



丸亀では芸術の秋にふさわしく2つの美術館を紹介する。
ひとつは中津万象園にある「丸亀美術館」。讃岐富士や瀬戸内海を借景にした日本庭園の一角にある数寄屋造りのミュージアムだ。ミレー、ルソーなどバルビゾン派7星の絵画を展示する隠れた人気美術館だ。
もうひとつ「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」は丸亀ゆかりの世界的洋画家、猪熊弦一郎の常設展示と現代美術を展示している。
猪熊を知らなくても、三越の包装紙「華ひらく」のデザインや東京上野駅の大壁画を描いた画家といえば、誰もがわかる。
丸亀の隣町、多度津は四国の近代化に貢献した町で鉄道や電力の発祥の地だ。今も当時の面影を残す建物が保存・再生され、ゲストハウスや銭湯喫茶店などに変身している。
多度津は土讃線の起点駅でJR四国を代表する観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の始発駅だ。大歩危までの、およそ2時間30分、非日常の汽車の旅が満喫できる。



途中、弘法大師空海が生まれた「善通寺」や金毘羅さんで親しまれている「金刀比羅宮」を参拝する。
大秘境の大歩危では、観光遊覧船やラフティング、祖谷のかずら橋などを巡る。
また「隠れ宿祖谷美人」では、宿泊施設が全9室という温泉露天風呂付の宿と秘境の郷土料理を紹介する。
大歩危からは、特急「南風」に乗り換え、土佐山田でアンパンマンミュージアムに向かう。
アンパンマンの作者やなせたかし氏は高知の香美市出身。やなせ氏の足跡をたどる。
高知では路面電車の「とさでん」に乗り換え、坂本龍馬ゆかりの地を巡りながら地元グルメを堪能する。
旅の終わりは、高知から車で30分ほどにある「オーベルジュ土佐山」へ。
四方を山で囲まれ一軒だけの、まさに秘境の温泉宿で源泉たれ流し、川のせせらぎを聴きながら露天風呂に浸る、これぞ至福のひとときだ。

是非ご覧ください!!