デイケア通信

テーマ:

 吐く息は白く、ひんやりとした空気を肌で感じ、厳しい寒さや乾燥が気になる時期に

なりましたあせる

インフルエンザも流行してきていますが、うがいや手洗いなどの予防に気を配りながら

元気に過ごしていきたいと思いますニコニコ

 

先月は、年明けに福笑いを行いました爆  笑

両手を広げても、収まりきらないぐらい大きなおかめとひょっとこをご用意しました音譜

手探りで目や鼻の位置などを確認しながら、慎重にパーツを置いていきましたニコニコ

時折、「もう少し上だよ!!」など周りの皆さんが声を掛けて下さり、その声に耳を傾けながら

一生懸命に取り組まれていました音譜

 

出来上がりをみて思わずこの表情ですラブラブ

思い通りにパーツを置くことはできたのでしょうかはてなマーク

皆さんそれぞれ個性的なおかめやひょっとこに、終始笑いが絶えませんでした爆  笑

皆さん、ご自分のおかめやひょっとこと記念撮影しましたカメラキラキラ

おめでたいお写真ですので、きっとたくさんの幸せを運んでくれることでしょう照れラブラブ

 

「六ツ師獅子舞保存会」の皆さんが太鼓や笛、獅子舞の演舞を披露して下さいましたラブ

小学生の子達による獅子舞の演舞もとても迫力があり、皆さん釘付けになっていましたラブラブ

 

演舞を披露してくれた子が獅子頭を持って会いにきてくれました照れ

 

無病息災を願って、皆さん思い思いに獅子頭を撫でてみえましたおねがい

 

まだまだ寒い日が続きますが、体調を崩されないようお気を付け下さい!!

 

 

AD

福笑い

テーマ:

 

年が明けて、

早いもので1ヶ月が経とうとしていますびっくり

 

雪もちらつき、本格的なが始まった雪だるま

という感じでしょうか。

 

 

 

 

 

1月のレクリエーションの時間では、

「福笑い」を実施しましたダルマ

 

 

 

 

通常の福笑いは目隠しをして行いますが、

 

それだと、机の上でこじんまりとしてしまい

 

大勢で楽しむことが出来ないので

 

今回は、職員考案の以下の方法で実施致しましたビックリマークビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

 

まずは準備下矢印

 

①「ひょっとこ」「おかめ」の顔の

  輪郭と目鼻口のパーツを拡大コピーする。

 

②顔の輪郭をダンボールに貼りつける。

 

③目鼻口などのパーツを切り取り、

 ダンボールに貼りつける。

 

 

 

以上で、準備は完了ですウインク

 

 

 

そして、福笑い開始下矢印

 

 

 

①利用者様に「ひょっとこ」か「おかめ」を選んでいただく。

 

②利用者様から距離をあまりおかない床に、

 顔のダンボールを置く。

 POINT:距離が近くてもダンボールが、

      軽くヒラヒラと狙ったところいかないので注意!

 

③1つずつ目鼻口のパーツを利用者様にお渡しして、

 床の顔になげていただく。

 POINT:鼻を一投目にすると、

      顔の中心なので全体の目安になりますよ!

 

④顔を完成させていき、

 みんなでその表情を楽しむ照れチューキョロキョロえーてへぺろ

 

 

2階フロアの利用者様が作った

「福笑い」をご紹介いたしますダウン

 

 

 

 

 

 ひょっとこ 福笑い

 

 

 

 おかめ 福笑い

 

 

 

 

きれいな顔になったものもあれば、

そうでないものもありますが

それが、福笑いの醍醐味ですね手

 

 

 

 

 

新年にふさわしい、みんなが笑顔になれるレクリエーションになりました犬

 

 

 

笑う門には福来るダルマ

「良いことがあったから笑顔になるんではなくて、笑顔でいれば良いことが起こる」

そんな風な気持ちで2018年を過ごせるといいですねハート

 

皆さんに、笑顔多き 幸多き

1年でありますように日本国旗

 

 

                                      2階職員 W.H

AD

節分の日

テーマ:

今年も1か月が経ちましたビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

早いものですね~~~ビックリマーク

 

 

 

 

受付のほうには、2月3日の「節分の日」にちなんだ

飾り付けをしておりますダウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知の方も、多いと思いますが

そもそも「節分の日」とは

 

各季節の移り変わりの前の日のことで

「季節を分ける」という意味を持っているそうです。

 

昔は、立春・立夏・立秋・立冬と1年に4回、行っていましたが

それが年を重ねていくうちに、だんだんと減り

立春の前の日の節分だけが残っていったそうです。

 

特にこの立春は旧正月にあたり、

その前の日ということは

新しい年の前の日

すなわち大みそかと同じ意味合いを持っていて、

重要な行事となっていました節分

 

 

 

 

 

年の数分、豆を食べる習慣がありますが

 

節分の豆が大好きな私は、

 

倍以上食べていた記憶があります。。。照れ

 

 

 

 

 

2月3日、デイケアのほうでは

レクリエーションとして、「鬼退治」を開催致します

 

 

またそのご様子は、後日

☆デイケア通信☆にて

お知らせしますバイバイ

 

 

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

http://www.iwakura-h.or.jp/youyouen/

 

AD