ハ〜ブのめぐみ☆aromaschoolエバーラスティング

ハ〜ブのめぐみ☆aromaschoolエバーラスティング

香川県高松市~海の見えるアロマスクール&サロンです。『サードメディスンチェック 入門講座実施店』です♪ AEAJ認定教室

香川県はやっと今日、梅雨入りです。しかも台風来てるって?

何だか、相変わらず変な気候です・・・

 

さて、6月はハーブが活躍する季節です〜

今日は『セントジョーンズワート』の活用法を!

毎年、花を積んで作っている浸出油について〜

まず、このお花は神経系のハーブ!抗鬱作用をもつハーブとして有名ですね。

セントジョーンズワート

塩江のハーブ

浸出油の作り方ですが、このお花の場合は

フレッシュな物を使い

冷浸出油、太陽光線法で作ります。

私は、開花部と蕾のみを使います。

摘んですぐ!ではなく、2〜3時間程、日光に当てて

ちょっとだけ、しなっ〜ってなった状態が良いです!

少ししなびたセントジョーンズワート

オイルを入れるビンは、ちゃんと消毒(煮沸等)。

ビンに花を入れて、オイル(サンフラワーオイルを使いました)にしっかり浸かるぐらい。

花がオイルから出てしまうとカビてしまいます。

オイル煮付けたセントジョーンズワート

↑こんな感じ!

部屋の中の直射日光があたる、窓際がいいと思います。

温度が高ければ早く漬かりますね。

セントジョーンズワート冷浸法

赤い部分が透明になるまで浸しましょう〜

これは、お花を一度出して、2回目のお花を投入したので

しっかりと赤い色が出ています!

 

『セントジョーンズワート』のオイル出来上がり

で、油濾し用の紙で濾します。

『セントジョーンズワート』のオイルは

優れた鎮痛作用や消炎作用をかあるので神経痛や、関節痛

火傷、帯状疱疹にも活躍するようです。

 

こちらは、チンキ剤。

やはり、フレッシュを使います。

アルコールにはスピリタスを使用。

96%濃度です。

スピリタスで浸けたセントジョーンズワート

2〜4週間漬け込みます。もちろん真っ赤になりますビックリマーク

チンキ剤は、不眠に最適。

1日3回、5滴〜30滴を服用します。

 

赤いオイルは、トリートメントに、

『嗅覚反応分析』の体質改善用オイルのベースに活躍します音譜

ご希望の方にはブレンドさせて頂きますドキドキ

 

嗅覚を使って、今の心と体を読み解く!

嗅覚反応分析は当店でチェックできます!

https://www.aroma-ever.net/imcheck

嗅覚反応分析士 入門講座は

「Aroma school & salon エバーラスティング」でキラキラ

 

サロンはこちらから。

https://www.aroma-ever.net/salon