最近、マイホームを新築致しました。

 

一階が店舗(美容室)と駐車場。
二階が住居という構図です。
左側駐車場の奥に二階住居に上がる鉄階段があるのですが
これがちょいと危険な階段なのですあせる
 
上から見た図。
上から見て階段下部の左側には手すりがあるのですが上部にはありません。
階段を上がるときには何も支障ないが、降りるときにはちょっと不安ですね。
 
しかも、よく見ないと分かりづらいですが階段の一段目だけが妙に狭く感じませんか?
何故こんな仕様になってしまったのかは分かりませんが、手で支えることもできない状態で一段目がこれだけ狭いと、降りるのが怖くて仕方ありませんガーン
とにかく危険です。 
 
そのうち慌てて階段を降りようとして、狭い一段目で足を踏み外してコケる事は容易に想像できます。
 
77歳の父に
「こんな階段の家だとあまり寄る気にならんな」
と愚痴をこぼされる次第。
 
階段の構造はなかなか変えられないが、せめてもう少し安全にしたい。
とりあえずDIYで「手すり」を取り付けることにした。
 
階段の両脇に取り付ければ最良なのだろうが、一応理想イメージは
「白い壁から踏み板だけが伸びてるスマートな階段」
できたら白い壁側はそのまま残したいな。
まず、上から見た左側だけつけてみようか。
 
購入したのは
35mm×2000mmサイズの黒く表面加工された手すり棒。
手すり棒¥4,780
 
手すり棒はもっと安いのもありましたが、茶色の良く見るタイプの手すりか~えー
黒い手すり棒は倍以上の値段するが、せっかく拘った白黒のモダンなイメージを崩したくないしね。
 
取り付け金具。
壁ブランケット¥418×3
ジョイント金具¥1,680
エンドブランケット¥780×2
 
さて、どんな手順で取り付けようか。
ネットで調べたところ、手すりの高さは床から750㎜〜800㎜の高さが妥当だそう。
下部についてる手すりの高さが800㎜だったので、それに合わせてみた。
 
その前に壁の中の下地柱を見つけないとね。
ネットで良いものを購入しました。
シンワ測定 下地センサー Super ¥1,727
 
理論は良く分かりませんがセンサーで調べるみたいで、壁に沿ってスライドさせると下地がある位置で「ピー」と音が鳴って光で知らせてくれます。
針で穴をあけて物理的に探すモノもありますが、調べているうちに壁が穴だらけになりますよ。
下地の開始部分にマスキングテープで印をつけておきます。
 
階段上部の水平部分も手すりがほしいので、どこかで手すり棒を切断調整しないといけませんが、その辺は「感」に頼ります。

失敗したら¥4,780がパーですよ滝汗
 
とりあえず片方のエンドブランケットだけ仮止めさせて、ジョイント金具で繋げた手すり棒の雰囲気と角度を決めます。
最初は床からの距離を測って印をつけていましたが、棒の長さを「感」で適当に切ってしまったので、最終的には微調整は感覚に頼ることになりました。
 
水平器を使うと便利でしたよ。
まあ仕上り後、もう一度測るとかなりズレてましたけどねぼけー
 
あとは中間の支え金具を取り付けます。
下地センサーであらかじめ探しておいた位置に取り付けましょう。
 
そういえば、ビスを打つ前に先にドリルで下穴を空けておかないと。
パワーのあるインパクトドライバーとか使えば楽なのでしょうが、ウチには小さな電動ドライバーしかなく、そのままだとビスが入りません。
ましてや手動の普通のドライバーとかでは無理な作業ですね。
そろそろインパクト買おうかな~。
 
完成ですキラキラ
特に違和感もなく良い仕上がりになりました。
実際手すりを使って階段を降りてみると安定感が全然違います。
もっと早くつければよかった。
 
ただ、素人がガチャガチャと何度も外したり悩みながら設置したので、ずいぶん壁を傷つけてしまいました。
また塗り直すか~ガーン
 
あとは、階段上部一段目の違和感ですが
どう見ても狭いよねしょんぼり
そのうち機会があれば一番上の無駄に出っ張っている部分を電ノコで切り落とそう。
少しはマシになるかも。
 
3月に完成した我が家だけど、まだまだ中途半端に残された箇所の処理や、改造したい部分は山ほどある。
楽しみながら、ちょっとずつ理想に近づけていければと思います。
 
 
 

「クリーク工務店」へのアクセスはこちら
http://creek007.jimdo.com/
(うそです!ただの美容室です)

題名の通り「PayPay」始めました。


ようやく念願かなってキャッシュレスシステム導入です。

ウチの店(美容室)も昔は「カード決済OK」の店だったんですけどね。

 

12年前、旧店舗OPEN時に当時お付き合いのあった銀行さんの提案で、クレジットカード端末を設置したのですが(もちろん無料で)数年経ち、クレジットカード端末が故障したので新しいのに交換してもらおうと思ったら「交換は有料です」てショボーン

 

元々「決済手数料」や「集計の煩わしさ」の事もあったので、ちょうど良い機会だと思い「現金主義」体制に戻しました。

7年ぐらい前の話ですかね。

 

それから2年ぐらい経ってから別の業者さんが営業で来られて「クレジットカード端末置かせてください」て。(もちろん無料)

 

お客さんに謝りながらようやく現金主義体制が安定してきたところだったので

「置いても良いけど多分使わないよ~それでも良い?」と僕。

 

置いてもらうだけで結構とのことなのでとりあえず置いておいた。

しかし今回、新店舗移転にあたって「キャッシュレスの時代」への意識も高まり、もう一度クレジットカード決済を復活させようと考えた。

 

しかし今度は、電話回線を従来のアナログ回線から光回線に変えて「IP電話」になったことで、クレジットカード端末が使えなくなってしまった。

業者に電話すると「IP電話対応端末への交換は有料です」てガーン

 

どうして、こうもすれ違いになるのですかね~。

その内にまたどこかの業者がIP電話対応端末持って「置かせてください~」て来るのを待っていたのですが。

 

意外なカタチのキャッシュレスシステム導入です。

「PayPay」とはソフトバンクとYahoo!Japanが共同で進めるスマホ決済アプリ。

似た名前の「PayPal」と間違えられる事も多々ありそうですが、「PayPay」はこの先3年間は決済手数料が無料というのが魅了ですね。(実際、決済手数料は地味に負担になるのよね)

 

あと、途中解約でも違約金等がかからないとか。

とりあえず今のところ導入にあたってのデメリットが無いのでやってみました。

 

利用者はまずスマホにPayPayのアプリをインストールしなければなりませんが、支払いは簡単。

店に設置してあるQRコードを読み取って、自分で金額を入力して店の人に確認してもらい自分で支払いボタンを押すだけ。

 

支払い方法はいくつか選べるらしい。

1 端末にチャージして支払う(銀行口座を登録して口座からチャージ)

2 Yahoo! マネーで支払う。

3 クレジットカードを登録してカード決済する。

 

3のクレカと併用するとクレカのポイントとPayPayのポイントと2重で付くらしいのでお得っぽい。

 

店側としても利用者としても、お客さんが自分で金額を入力して自分で決済ボタンを押すという、本来ならば店側の仕事をさせることでの正確性や安全面が心配だが。

 

まあ、どこまで利用してもらえるかは分かりませんが、これで「キャッシュレスの時代に乗り遅れた古いタイプの店」というレッテルは張られないで済みそうですニヤリ

 

 

でも、無理してPayPayしなくて良いですよ。

「現金支払い」してもらえるに越したことはないのでてへぺろ

 

 

「美容室クリーク」へのアクセスはこちら
http://creek007.jimdo.com/
珍しくそのまま。

ずっと前から気になっていたことがあります。

 

それは

店で(美容室)使っているヘアドライヤーの電源コードについて。

延長コードが相まって不細工だし、捻じれて収まり悪くなるし、何よりもドライヤーを長時間使用すると延長コードのジョイント部分が発熱してヤバい状態になる。

そのうち、コードが焼けてショートするかもアセアセ

怖いね。

 

ずっと前の話ですが、僕が以前務めていたサロンの先輩で「ヘアドライヤーの電源コードをDIYで交換した」記事を読んだことがあり、いつか自分も同じように交換しようと思っていたのです。

先日めでたく新店舗に引っ越しできて→46歳で家を建てるという事part15(WEB内覧会2)

ドタバタも随分収束して心にゆとりができたので久々にDIYしてみました。

 

準備したのは

300V12Aの柔軟性のあるコード。

(画像は17Aですが)

近所のホームセンターで1m¥180で切り売りしています。

 

17Aにするか迷いましたが現存のドライヤーがMAX1200Wなので、ギリギリ大丈夫かと思い12Aにしました。

1500Wとかのハイパワードライヤーだったら17Aにするべきですよね。

 

従来の平たいコードに比べると、丸くちょっと太めです。

(17Aはもっと太いです)

素材がすごく柔らかくてしなやかなので多少のねじれも気にならず、収納するときも収まりが良いです。

 

しかし、コードが丸く太めなので従来の平たい差し込みプラグでは収まらなさそう。

なんか工業用の機械とかで使ってそうなごつめのプラグがあったので購入してみました。

 

カバーを外して中を見ると

配線をネジに挟み込んで繋げる仕様みたいですが、使っているうちにコードをむやみに引っ張ったりして抜ける恐れがある。

 

工具箱を探っていたら良いものが出てきましたひらめき電球

「丸形圧着端子」

これは使えそうだ。

 

しっかり銅線をカシメて。

 

端子をネジに挟み込めば。

 
カバーをかけて電源コードは完成。

いい感じだねグッド!

 

次はドライヤー本体の分解。

電源コードはマイナスドライバーでネジを緩めれば簡単に外せそう。

銅線の先が半田処理されています。

 

そのままでも良さそうですが入れ方が悪いと銅線の先がグチャってなるし、せっかくなのでコチラも半田処理までしっかりやりましょう。

(注)あまり欲張って半田を分厚く乗せすぎるとドライヤー接合部に入らないぞ。

 

これで無事完成です。

ちゃんと電源入るかな?

 

さわやかな温風が出ました爆  笑

収納もしなやかに収まります。

満足満足。
 
 
 

ん?

 

なんかコード短くね!?

 

 

ああ・・・・・・基本的なことで失敗していました。

 

それはコードの長さ。

 

買ってきたコードの長さは3m

元々ドライヤーについているコードも3mチーン

 

 

・・・・延長コードでもつけるか?汗

 

 

延長コードをしなくても良い様にDIYしたのに、肝心のコードの長さが変わらなかったら意味ないじゃん!ガーン

 

凹みます。

 

せめてもの救いは

「試しに一台だけやってみよう」

ということで行ったこと。

 

これがドライヤー3台分材料用意してたらもっと凹んでました。

「行動を起こす際には事前に現状把握しておきましょう」

 

 

 

そもそも延長コードするほど長さが必要か?

(前の店より狭くなったのに)

 

現状把握・・・

 

 

 

「ドライヤー修理専門店 クリーク」へのアクセスはこちら
http://creek007.jimdo.com/
(うそです!ただの美容室です)