慢性骨髄性白血病(CML)生活始めました。

作成当初は一口馬主に挑戦したので、収支や、slotの独自解析情報も載せます

というブログだったのですが、2014年に慢性骨髄性白血病(CML)が発症してしまったので、その記録も付けます。
気になる白血病、がん関連のニュースがあれば紹介します。


テーマ:
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
断薬のところを抜粋して翻訳

リンクがうまく載ってなかったので、断薬のところだけgoogle 翻訳した結果を張っておきます。

TKI療法の中止

所望の反応が達成され、BCR-ABL1転写物が臨床的に検出不能になった後、非常に慎重に選択された患者において、TKI治療の中断が可能であることがいくつかの研究によって実証されている。これらの患者の約40%〜60%が6ヶ月以内に再発するが、典型的には、再発したすべての患者がTKI療法の再開に応答する。 282930 ]しかし、のTKIの中止は、一部の患者では有意な有害事象(例えば、筋骨格痛)に関連しています。 3019 ]

33再発直後の治療の再開は、他のTKI療法についても同様の結果が認められたが、検出されなかった最小限の残存疾患が報告された。非常に厳しい基準が用いられ、TKIの中止が望まれる場合、これらの基準はすべて満たされ、 

全国がんセンター(NCCN)には、TKI治療を中止するための以下の基準が記載されています。

  • 18歳以上
  • CP-CML
  • AP-CMLまたはBP-CMLの過去の履歴はありません
  • 承認されたTKI療法(イマチニブ、ダサチニブ、ニロチニブ、ボスチニブ、またはポナチニブ)で少なくとも3年間。
  • 定量可能なBCR-ABL1転写産物の事前の証拠。
  • 少なくとも4つの試験で文書化されているように、安定した分子応答(MR4;国際スケール[IS])が2年以上にわたって、少なくとも3ヶ月間隔で実施されている。
  • TKIに対する抵抗の歴史はありません。
  • ISに結果を報告し、2週間以内に結果を提供する≧4.5のログの検出感度で信頼性の高いQPCRテストへのアクセス。
  • 中止後の最初の6ヶ月間の月ごとの分子モニタリング、7~24ヶ月間の2ヵ月間の隔月払い、その後のMMR(MR3;≦0.1%IS)にとどまる患者のための四半期毎(無制限)。
  • TKI撤退症候群を含むTKI中止の可能性と治療中止の潜在的リスクと恩恵を検討するCML専門センターとの協議。

MMRを喪失した患者のために、NCCNは、最初の6ヶ月間およびその後3ヶ月ごとの毎月の分子モニタリングを無期限に、TKI療法の迅速な再開を推奨する。6ヶ月のTKI再開後にMMRを達成できない患者については、BCR-ABL1キナーゼドメイン突然変異試験を実施し、毎月の分子モニタリングをさらに6ヶ月間続けなければならない。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:
先生曰く、nccn という団体が断薬に関するガイドラインを出したと言っていたので調べてみるとおそらくこれで、書かれてました。
http://emedicine.medscape.com/article/2005453-overview#a1

日本語ないかなと見てみると2014年バージョンはあるけど、最新のはないみたい。
http://www.tri-kobe.org/nccn/guideline/hematologic/

有志の日本の医者が翻訳しているっぽいのでしょうがないですね。

ということで、条件にあてはまっているので断薬したいと伝えてみようかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スプリセルの服薬を止めたら胸水は減りました。
発疹の原因がラシックスなのか確かめるため、DSLT という検査をして今日は終わり。
次回の通院までスプリセルは止め続けて様子見です。
まだグレープフルーツは食べれます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。