ここ数ヶ月、個人的にも仕事や地域の活動としても、かなりアクティブで、
さらに日々ウクライナで起きていること(ロシアや周辺の国々も)について知り、
学び、考え続け、少しでもできることをと取り組んでいました。
自分自身の心身の取り組みも含め。

(ウクライナやロシアのことに報道が集中しているものの、
国内外で起きている重要なことは、他にもいろいろあるのですが。)
 

ここしばらく充実していながらもハードな日々だったので、
今日は中伊豆のとある古民家でお食事をしたり、静けさの中、
ゆっくり過ごしてきました。
 

ウクライナのことも古民家での時間も改めて書ければと思います。
 

今日は、直前になってしまいましたが、
5/20(金)のオンライン・カフェについてお知らせします。
 

▼オンライン・カフェ(☆ZOOMによる無料イベント)

 5/20(金)20:00〜22:00
 

オンライン・カフェは、コロナの状況をきっかけに、
この大きな変化の時、自己探求や気づき、支え、可能性などに
つながることを願ってスタートした場です。
 

最近改めて、孤立化しやすい今、オンラインでもこうしたコミュニティが
あることの重要性を感じています。
 

今回のテーマは前回に引き続き、「生老病死」を予定しています。

「生老病死」は、大きなチャレンジや困難、変化の中にあるからこそ、
本質的で大切なこと、そして自己についての理解を深め、
日常で活かすことができる、かけがえのない機会です。
 

基本的には、下記の内容でお話しています。

○トランスパーソナルな視点から見た「生老病死」

○変容(トランスフォメーション)や成長、可能性としての意味

○実際例 など

前回も多くの方々に熱心にご参加いただき、とてもありがたく思っています。

前回ご参加されなかった方でもご参加いただけるように内容を工夫しますので、どなたでもご関心のある方はお気軽にご参加いただけます。

詳しい内容・お申し込みはこちら