『Ferrari 512BB』
思わず目に飛んで来た、かつてランボルギーニ カウンタックLP400と人気を二分した流線型のフェラーリの名車です。
今見ても、格好良いですね。

友だち追加
1対1のトークも出来ます。
LINE@だけのキャンペーンやお得な情報を発信中!




マーケティング・経営ランキングへ
いつも、ブログランキングにポチッとクリックして頂きありがとうございます。感謝です。これからも、上のマークのリンクをクリックして頂き応援して頂けると凄く嬉しいです。ご協力を心よりお願い申し上げます。

こんばんは。吉田隆行です。😊

今日の神戸は、晴れでした。

知っている事と知らないことでは効率性や合理性において雲泥の差が生じます。

例えば、こんな身近なことがあります。

ルートセールス(営業)が、得意先を訪問する時に、どの順番で回って行くのかを決めるのに、得意先のある場所と道を知っているのと知らないのとでは、全然効率性が違ってきます。

得意先のある場所を知っていて、どの道を通ればスムーズに順々に回って行けるのかをあたかも一筆書きの様に1本の線で通って行ければ凄く合理的です。

いちいち、その都度カーナビを使わなくても頭の中に場所と道(ルート)が入っていたら頭の中で行くルートをシミュレーション出来ます。

東に西に北に南にと行ったり来たりとしなくても良いので時間も短縮されますし、ガソリンも無駄に使わなくても良くなり節約になります。

それぞれの得意先の位置関係を把握しているので、次にどこに行けば効率的なのかが分かります。

しかし、得意先の場所を知らずに適当に得意先を訪問すると東に行った後に西に行き、その後にまた東に行き、南に行った後に北に行き、北に行った後に南に行くと言う様な非効率的な動きをしてしまうかもしれません。

現実に、僕はその様な光景を見聞きしたことがあります。

ですから、知っている事と知らないのとでは、全く行動が異なります。

言い換えれば、知っていると計画的に行動が取れますが、知らないと無計画に行き当たりばったりとなります。

目標を達成するには計画的な行動が必要です。

と言うことは、目標達成には何をしてどの様な行動を取れば良いのかと言う知識と情報に基づいた具体的で合理的な意思決定を行うことが必要です。

僕達は、物事を知っていると人生が大きく好転すると言うことが論理的に言えます。

知ることは大切ですね。

大いに知って行きたいものですね。

今日も、お読み頂きありがとうございます。

今日も、あなたに幸せが訪れますように!

写真は、和歌山ラーメンの有名店、井出商店のラーメンと名古屋のよしだのきしめんの味噌きしめんです。

人と組織の専門家
ビジネスコーチ、ビジネスライター、イベントプロデュース
理念経営とブランディングと地域創生の
吉田 隆行



友だち追加
1対1のトークも出来ます!
LINE@だけのキャンペーンやお得な情報を発信中!



マーケティング・経営ランキングへ
いつも、ブログランキングにポチッとクリックして頂きありがとうございます。感謝です。これからも、上のマークのリンクをクリックして頂き応援して頂けると凄く嬉しいです。ご協力を心よりお願い申し上げます。

 


『僕が研究した本シリーズ117』
上善如水
最も良いのは水の様に自由自在な形になってあらゆる物にフィット(適応)することだ。

環境に合わせて変化し、適応することが生き残る術である
環境適応理論


友だち追加
1対1のトークも出来ます。
LINE@だけのキャンペーンやお得な情報を発信中!




マーケティング・経営ランキングへ
いつも、ブログランキングにポチッとクリックして頂きありがとうございます。感謝です。これからも、上のマークのリンクをクリックして頂き応援して頂けると凄く嬉しいです。ご協力を心よりお願い申し上げます。

こんばんは。吉田隆行です。😊

今日の神戸は晴れのち一時雨でした。

先日、愛知県長久手市にある『トヨタ博物館』に行って来ました。

ここは、トヨタの会社の歴史ではなく、自動車産業の歴史の博物館です。

僕は経営学を専攻し、研究を今もなおし続けているのですが、経営学の教科書に必ず出て来るのがフォードのT型車です。

フォードのT型車が登場するまでは、車は高級な物で一部の人達しか乗れませんでした。

しかし、一般大衆にも車を乗れる様にと言うことをフォードの創始者であるヘンリー・フォードは考えました。

そこで、ヘンリー・フォードは一般大衆でも車を買って乗れる様にと大量生産し、価格を一般大衆でも手が届く様にしました。

また、フォードで働く労働者の賃金を他よりも高くし、フォードで稼いだお金を労働者が使うことによって経済の循環を起こさせました。

経済の循環によって景気が良くなり、回り回ってフォードのT型車を一般の人達が買ってくれるとヘンリー・フォードは考えたのでした。

その考えは当たり、フォードのT型車はよく売れました。

また、ベルトコンベアによって大量生産を行なったのもヘンリー・フォードでした。

そう言う意味で、フォードのT型車は歴史的価値があり、歴史的視点で見た経済の分岐点となった車なのです。

ですから、このフォードのT型車が展示されている『トヨタ博物館』に僕はずっと行きたいと思っていました。

そこで念願叶って先日、やっと僕はトヨタ博物館を訪れました。

そして、目の前にフォードのT型車が現れた時、僕の喜びと感動は一際大きくなりました。

文字では何度も読んだフォードのT型車。

その実物が時代を経て、僕の目の前にあるのです。

僕は刺激されワクワクが止まりませんでした。

他にも歴史的価値のある車が時系列に並んでいました。

トヨタ博物館についての感想は、後日、追って何度か書いて行きたいと思っています。

『本物は時代を経ても輝きを発する!』

実物は、やはり迫力とオーラがありますね。

今日も、お読み頂きありがとうございます。

今日も、あなたに幸せが訪れますように!

写真は、トヨタ博物館とフォードのT型車です。

人と組織の専門家
ビジネスコーチ、ビジネスライター、イベントプロデュース
理念経営とブランディングと地域創生の
吉田 隆行
















友だち追加
1対1のトークも出来ます!
LINE@だけのキャンペーンやお得な情報を発信中!



マーケティング・経営ランキングへ
いつも、ブログランキングにポチッとクリックして頂きありがとうございます。感謝です。これからも、上のマークのリンクをクリックして頂き応援して頂けると凄く嬉しいです。ご協力を心よりお願い申し上げます。







『トヨタ2000GT』
日本が誇る世界の名車!

良い物は時代を経てもその輝きを発する!


友だち追加
1対1のトークも出来ます!
LINE@だけのキャンペーンやお得な情報を発信中!




マーケティング・経営ランキングへ
いつも、ブログランキングにポチッとクリックして頂きありがとうございます。感謝です。これからも、上のマークのリンクをクリックして頂き応援して頂けると凄く嬉しいです。ご協力を心よりお願い申し上げます。