粘膜は外敵と戦う主戦場

 

粘膜上皮は実にさまざまな機能を持っており、

それは あらゆる意味で生命作用の最前線とでもいうべき作用を

担っているということです。

たとえば、肺の内部にある呼吸器機能(肺胞)粘膜は、

酸素の取り入れそのものを行っているし、

胃腸の内部にある消化管粘膜は栄養分の吸収を行っていますが、

これらの粘膜は、いずれも正命の維持に直結した役割を担っているわけです。

 

肺胞の粘膜は広げると 60平方メートルになるし、

消化管粘膜は広げると 実に400平方メートルにもなります。

そのどちらも、外界と直接接触する部分ですから、

細菌・ウイルスなどの外敵からの攻撃に常にさらされています。

その攻撃から身を守るシステムとして、

体内粘膜はそれ自体が免疫装置になっていて、粘膜表面に白血球、

マクロファージ、B細胞、T細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)

インターフェロン、インターロイキン、免疫グロブリンなどなど、

ありとあらゆる種類の免疫細胞やそこで作られる物質が出てきて、

そこを外敵と免疫細胞との戦いの主戦場に変えてしまうのです。

いわば粘膜は全体として人体最大の免疫機構として働いているので、

粘膜免疫学という学問世界が成立しているくらいです。

 

肺がんや消化器がんになると、生命維持の根幹である

呼吸作用や栄養吸収作用が脅かされますが、

それを救おうと抗がん剤を投与すると、もっと恐ろしいことになります。

がんは腫瘍ができた局所の作用を脅かすだけですが、

抗がん剤の作用は人間の生命の中核といってもいい骨髄を襲います。

骨髄には造血幹細胞があって人間の血液を造りつづけています。

赤血球白血球、血小板などあらゆる血液成分が骨髄で造られています。

赤血球は寿命が120日 白血球は種類がたくさんありそれぞれ寿命が違いますが

一番多い(40~70%)好中球はわずか2~3日の寿命です。

他の血液成分も寿命が短いので、骨髄の造血機能がストップすると、

人間はすぐに生きていけなくなります。人間が生きるということは、

血液を休みなく造りつづけることとイコールなのです。

 

                                                                                            がん生と死の謎に挑む 立花隆 から引用

 

あまり知られてはいませんが抗がん剤治療中

患者の尿、大便にも抗がん剤が出ますから 看護する人は

排泄物が手についたら すぐに洗い流さなければなりません。

また 使用した便器のふたもこまめに閉じることが必要となります。

それほど 抗がん剤の毒性は強いということです。

 

抗がん剤治療中に周囲の家族が気をつけることはありますか?(体液曝露対策)

抗がん剤を使用したあとの排泄物や体液には、一定期間抗がん剤の成分が含まれます。

家族など周囲の方は、抗がん剤の投与が終了したあとも、少なくとも48時間以内は、次のことに気をつけてください。

・患者さんの便・尿・汚物、大量の発汗など、それらが付着した衣類やタオル等に触れる場合には、手袋を使用してください。

・排泄物や体液が付着した衣類などを洗濯する際には、他の洗濯物と分けて2回洗濯してください。

(なお、48時間以内でも排泄物や体液が付着していない洗濯物は、他の物と一緒に洗濯して良いとされています。)

 

 抗がん剤の治療中には、薬の副作用によって様々な口の副作用が起きます。

 その頻度は高く、米国の国立がんセンターの報告では、

 一般的な抗がん剤治療を受ける患者さんの約40%

 造血幹細胞移植治療のような強い抗がん剤治療を受ける患者さんの約80%に

 口に関係する何らかの副作用が現れると報告しています。

 口内炎は、口腔内合併症の代表的なものです。

 がんの種類や抗がん剤の内容によって、その頻度や重症度の差はありますが、

 ほとんどの抗がん剤治療で口内炎が認められています(写真1)。口内炎はふつう、

 抗がん剤投与から1週間から10日くらいで起こり、その後は自然に治っていくのですが、

 全身状態が悪かったり、口の清掃状態が悪く細菌が多いと、

 口内炎の傷から感染が起こり、症状が重症になったり治癒が遅れたりします。

 抗がん剤治療によって口内炎になった人の約50%が重症の口内炎のために、

 抗がん剤の投与量の減量や治療スケジュールの変更など、がん治療そのものに悪影響を受けています。

 またほとんどの抗がん剤治療中は、骨髄抑制といって、細菌に対する体の免疫力が低下する副作用があります。

 がん治療中の吐き気やだるさなどで口の清掃が難しくなり口の細菌が増えることと重なると、

 口の感染症が非常に起こりやすくなります。また免疫力が低下した時の口の感染は、全身に広がってしまう危険もあります。

 実際、むし歯や歯周炎などの歯の治療がされていない状態で抗がん剤の治療が始まってしまうと、

 今まで症状のなかった歯が急に悪化し、痛みや腫れが起こることがよくあります。

 また細菌の感染に限らず、カンジダ(真菌:カビの一種)やヘルペスウイルスなどの特別な感染症も起こりやすくなります。カンジタ性口内炎

 

 まだ今の医療では、残念ながら副作用をゼロにするような画期的な治療法がありません。

 しかし、副作用のリスクを下げ、少しでも症状を和らげ、一日でも早く治す為には、

 口の中を清潔で整った環境にしておくといった、いわゆる「口のケア」が有効であることが様々な研究で報告されています。

 「がん治療の開始前、できれば2週間前までには歯科を受診しておくこと」

 「がん治療中も継続して口腔内を清潔で良好な環境に維持するよう努めること」がとても大事です。

 

長野県はなぜ長生きなのか

長野県が長生きなのは全国的によく知られています。
2005年の平均寿命は男性が第1位、女性が第5位と、素晴らしい実績です。
長野県が他県と差があることをご紹介しますと

グラフ

自動的に生成された説明

  • 高齢者の有業率(働いている高齢者の割合) が日本で一番多い。特に農業従事者がとても多い。
  • 標高が高い自治体が多い。(標高が1000メートル上がると、男性はほぼ2歳長生きであることが調査でわかっています。)
  • 青壮年者の死亡率が低い。(特に肝臓がんの死亡率比が全国平均より約4割少ない予防接種が原因のC型肝炎による肝臓がん死亡 率が少ないことが背景にある。)
  • 1人あたりの老人医療費が最も少ない県のひとつである。
  • 地域医療の先進地域であり、「自分たちの健康は自分たちで守る」という健康への積極性が培われている。
  • 公民館活動が活発で生涯学習に力を入れているため、人口100万人換算で843.3館もあり、これは都道府県では断トツに多い数を誇っている(全国平均は134.2館)。

標高が高い土地で植物を育て(当然自然環境が良い)よく働き、生涯学習を一緒にできる仲間やご近所さんを持ち、多少の体調不良では病院に行かず薬も飲まず、「自分の健康は自分たちで守る」をモットーに生きてる人々が健康で長生きだということですね。

その他の調査からわかったこと

日本の医療状況を先進諸国と比較すると、人口あたりで見た病院病床数が米国よりも4倍以上多く、
入院期間は5倍以上長い。

→入院が長くなると健康でなくなる可能性が高い。

抗インフルエンザ薬タミフルの、世界生産量の約8割を日本で消費していることからわかるように
日本人は薬大好き国民。一方で、多くの薬害に悩んでいる国でもあります。
生物製剤によるAIDS、医療事故による肝炎が薬害の代表例といえます。

→ 薬は少なめが健康の秘訣。

 WHOは2021年11月24日にB.1.1.529<系統を監視下の変異株(Variant Under Monitoring; VUM)に分類したが

 (WHO. Tracking SARS-CoV-2 variants)、同年11月26日にウイルス特性の変化可能性を考慮し、

 「オミクロン株」と命名し、懸念すべき変異株(Variant of Concern; VOC)に位置づけを変更した(WHO. Classification of Omicron (B.1.1.529)。

 同じく、欧州CDC(ECDC)も、11月25日時点では同株を注目すべき変異株(Variant of Interest; VOI)に分類

 

 2021年11月26日、国立感染症研究所は、PANGO系統でB.1.1.529系統に分類される変異株を、

 感染・伝播性、抗原性の変化等を踏まえた評価に基づき、注目すべき変異株(VOI)として位置づけ、監視体制の強化を開始した。

 2021年11月28日、国外における情報と国内のリスク評価の更新に基づき、

 B.1.1.529 系統(オミクロン株)を、懸念すべき変異株(VOC)に位置付けを変更する。

 

 SARS-CoV-2 B.1.1.529系統(オミクロン株)の概要  

 オミクロン株は基準株と比較し、

 スパイクタンパク質に30か所のアミノ酸置換(以下、便宜的に「変異」と呼ぶ。)を有し、3か所の小欠損と1か所の挿入部位を持つ特徴がある。

 このうち15か所の変異は受容体結合部位(Receptor binding protein; RBD; residues 319-541)に存在する(ECDC. Threat Assessment Brief)。

 

 オミクロン株について

  • オミクロン株に共通するスパイクタンパク質の変異のうち、H655Y、N679K、P681HはS1/S2フリン開裂部位近傍の変異であり、細胞への侵入しやすさに関連する可能性がある。nsp6における105-107欠失はアルファ株、ベータ株、ガンマ株、ラムダ株にも存在する変異であり、免疫逃避に寄与する可能性や感染・伝播性を高める可能性がある。ヌクレオカプシドタンパク質におけるR203K、G204R変異はアルファ株、ガンマ株、ラムダ株にも存在し、感染・伝播性を高める可能性がある(Department Health, South Africa. SARS-CoV-2 Sequencing & New Variant Update 25)。

夕張市の医療は、市の財政破綻で激変した。

それまで市内に唯一存在したベッド数171床の市立総合病院が財政破綻により維持できなくなり、19床の市立診療所となった。

高齢化率日本一なのに、ベッド数だけで言えば約9割減という破格の減少ぶりだ。

北海道夕張市では171床あった病床は2006年の財政破綻後、19床に大幅減。

医師が去り専門医療は当然として外科医も小児科医も全くいなくなってしまった。

加えてCTもMRIも市内に1台もない。

総合病院は消え、市にはいくつかの診療所が存在するのみとなった。

住民の約半分が高齢者で、その分医療を必要とする人が多かった当時の夕張。

多くの患者があぶれ、適切な医療を受けることができなくなると予想された。

しかし、実際はまったく逆の現象が起こったという。

 

夕張市立診療所の元所長、森田洋之医師は

「日本人の主な死因であるガン、心疾患、肺炎の死亡率について、

女性のガンを除きすべて破綻後のほうが低くなっている」と指摘する。

 

夕張市で起こった現象

夕張市は高齢者率が全国平均よりはるかに高い地域

病院が激減 →病院に行く回数も減った 飲む薬も減った

すると何が起こったか

がん 心臓病 肺炎など 多くの疾患の死亡率が下がったのだ。

このことは何を示唆しているのでしょうか 

 

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)は3月22日、

解熱鎮痛薬「ロキソプロフェンナトリウム水和物」の使用上の注意について、

厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう、改訂指示を出したと発表した。

医療用医薬品「ロキソニン錠60mg」「ロキソニン細粒10%」などが対象となる。

PMDAによると、過去3年における副作用の症例のうち、連の症例は6例。このうち、

因果関係が否定できないものが5例あり、「専門委員の意見も踏まえた調査の結果、改訂することが適切と判断した」という。

これに伴い、厚生労働省は一般用医薬品「ロキソニンS」などにも、

同様の副作用の例を追記するよう指示。

発売元の第一三共は「使用上の注意」の一部を改訂すると発表した。

■解熱鎮痛剤「ロキソニン」とは?

第一三共によると、ロキソニンシリーズは1986年に当時の三共が医療用医薬品「ロキソニン」として承認を取得し、

発売している医薬品。解熱鎮痛成分の「ロキソプロフェン」が配合されている。

「ロキソニンS」は医療用医薬品の「ロキソニン」と、成分

成分量、添加物、錠剤の大きさ、剤形などいずれも同じだという。

ロキソニン(ロキソプロフェン)

どちらも痛みや熱、炎症を抑える解熱鎮痛薬として処方されます。

同じような効果が期待できますが、カロナール(アセトアミノフェン)副作用の面では少し違いがあります。

・ロキソニン(ロキソプロフェン) と カロナール(アセトアミノフェン)

解熱鎮痛薬として効果が期待できる薬ですが、副作用のリスクもあります。

副作用としては特に胃腸障害があります。

そのため、胃腸が弱い方や消化潰瘍の方は、服用には注意が必要です。

胃薬が合わせて服用されることが多くあります。

その他の副作用としては、吐き気、嘔吐、発疹などもあります。

市販薬でも、成分であるロキソプロフェンを含む薬が第1類医薬品(代表例:ロキソニンS)として販売されています。
 

カロナール(アセトアミノフェン)

ロキソニンを代表する非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)と比較すると、

副作用が少なく、効果が穏やかだと言われており、妊娠中に服用されるケースもあります。

ただ、自己判断で飲まずに必ず、医師の指示の元に服用しましょう。

小さな子どもにも、カロナールの成分であるアセトアミノフェンを含む薬は、

粉薬や座薬などでも一般的に処方されます。

市販薬でも、風邪薬などでアセトアミノフェンを含む薬は多く販売されています。
もちろん、副作用がないわけではなく、効果についても個人差があります。

主な副作用としては、発疹、嘔吐や食欲不振などがあります。

 

独活寄生丸 (どっかつきせいがん)

体が虚弱で、腰や手足の痛みが頑固で治りにくい方に

からだが虚弱で疲れやすい方の痺証(ひしょう)に用いる。痺証とは、冷えや湿気が体内に入ることで腰や手足などの運動器に起こる痛み・しびれをいう。 対象者は慢性化した患者や高齢者に多い。

独活寄生丸適応症



◆一般には、高齢者や虚弱者の腰痛にはファーストチョイスとされている。寒湿痺(かんしっぴ)(寒けや湿気で起きる関節、筋肉、骨などの異常)を呈する疼痛全般に広く用いる。 また、激しいスポーツで腰痛を起こす一時的な虚証にも用いられる。

 

◆気血(エネルギーや栄養)が不足して、筋骨(肝腎)の養分が足りなくなった結果、虚に乗じて邪(寒けや湿気)が入り込む。本方の治方は扶正祛邪(ふせいきょじゃ)(抵抗力を高めて病気の原因を追い払う)である。

 

◆肝は筋を栄養し、腎は骨を栄養するため、肝と腎が衰えれば膝と腰に異常が出やすい。筋と骨のトラブルにより、関節の変形、こわばり、屈伸困難などの症状が発生する。このようなケースによく使われる。

 

◆曲げられるが伸ばせないのは筋(肝)に病があり、伸ばせるが曲げられないのは骨(腎)に病があると言われている。

 

◆特に高齢者は、骨を栄養する腎が衰えやすい。腎が衰えている高齢者や虚弱者には、体の痛み以外に耳鳴り、健忘、めまいなど(腎虚の症状)を訴えるケースもある。

 

◆関節リウマチ、リウマチ熱、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症などの骨や関節、筋肉の疾患にも応用されている。

【処方構成】16味

処方中の唐独活(とうどくかつ)・桑寄生(そうきせい)を中心とした構成で、この組み合わせには、袪風湿、強筋骨の効果がある。それをサポートする形で他の生薬が加わる。薬性のほとんどは温性である。牛膝(ごしつ)・杜仲(とちゅう)・桑寄生は肝腎を補い、 骨を盛んにして筋を強くする。補気薬・補血薬もバランスよく配され、痛みの原因を改善する

独活寄生丸生薬構成
  解表 利水 清熱 補気 補血 理気 活血 温補 その他 配合生薬数
桂皮 麻黄 細辛 防風 生姜 乾姜 和羗活 白芷 唐独活 秦艽 威霊仙 桑寄生 茯苓 防已 沢瀉 蒼朮 竜胆 杜仲 甘草 黄耆 人参 山薬 白朮 大棗 当帰 芍薬 地黄 陳皮 半夏 厚朴 枳殻 桔梗 牛膝 桃仁 牡丹皮 川芎 附子 山茱萸
 独活寄生丸                                              16
 疎経活血湯                                            17
 八味地黄丸                                                              8
 五積散                                          18
処方名 類方鑑別
独活寄生丸 高齢者や虚弱者で腰背および下肢痛を訴えるもの(急性・慢性)
疎経活血湯 体力があり元気なタイプで、特に固定性(痛む場所が移動しない)の刺すような痛みがみられるもの
八味地黄丸 高齢者や虚弱者で、下半身が冷えて腰痛および下肢痛を訴えるもの(主に慢性)
五積散 上半身に熱感があり下半身が冷えるタイプ。体内の循環が悪く、腰、股・下腹が痛む

紫根牡蛎湯 (しこんぼれいとう)
なかなか治らない皮膚やリンパ腺の頑固な炎症に


皮膚やリンパ腺の頑固な疾患で、慢性化して体力も落ち(虚証に陥る)、
過労・貧血傾向が顕著になり、さらに治りにくくなった状態に試みる漢方処方である。

 

紫根牡蛎湯・適応症
◆紫根牡蛎湯は水戸西山公の蔵方として伝えられている。
原典の『黴癘新書(バイレイシンショ)』や
『勿誤薬室方函口訣』には「無名の頑瘡(ガンソウ)を治す」とある。
これは、病名がわからないが、手足や顔、胸背などに出来て、なかなか治らない皮膚病、

リンパ・乳腺の 腫物、膿瘍などをさすと考えられる。

◆工藤球卿は「痔痛、痘疹に宜しく、
また乳岩、肺癰(ハイヨウ)、腸癰(チョウヨウ)を治す」と述べている。
痘疹:天然痘などの病 乳岩:乳房の治癒し難い疾患(乳がんなど)
肺癰:肺化膿症 腸癰:虫垂炎など

紫根+当帰は紫雲膏でも用いられている組み合わせで、
内服、外用共に血行を促進し、炎症を鎮め皮膚機能を回復させる。
皮膚炎や痔の痛みに用いることが多い。

◆本方には、一定の証を明確にすることは珍しいとされているが、
主に熱性の血によって起こる化膿性腫瘤(乳腺の痛み・リンパの腫れなど)で、
長引くものや虚証を呈して疲労感・貧血などを訴えるものを目標にするとよい。

◆これらの目標に従って、乳腺症(炎)、皮膚やリンパ腺の腫瘍、肺や腸の腫瘍、
扁平コンジロームなどの疾患に応用されている。

【処方構成】10味

主薬の紫根には清熱・解毒・排膿の働きがあり頑癬悪瘡を治す。
忍冬、升麻にも清熱・解毒の働きがあり紫根の作用を助ける。
牡蛎は硬く頑固な腫瘤をやわらげ、大黄の瀉下・駆血の働きもこれらに協力する。
黄耆には補気・固表の働きがあり、
当帰・川芎・芍薬(四物湯から地黄を抜いたもの) には、
補血の働きがあり、互いに虚証を改善して皮膚の機能を調える。
甘草はこれらの諸薬を調節して補強する。

シコニンを含む紫根は、古くから抗がん作用が経験的に認められて、
実際にがんの漢方治療では古くから利用されています。
進行がんにおける臨床試験でも有効性が報告され、
副作用もほとんど無いことが報告されています。


古くから漢方治療に使われ、その臨床効果が認められているため、
煎じ薬の内服でも十分に抗腫瘍効果が現れることが示唆されます。
実際に、白血病や肺がん、乳がん、絨毛上皮腫など多くのがんに対する有効性が示されています。
煎じ薬としては紫根を1日3~9g使用します。
作用機序の異なる他の抗がん生薬(半枝蓮・白花蛇舌草など)と組み合わせることによって、

その抗腫瘍効果が高まる可能性があり、
がんの漢方治療で試してみる価値が高い生薬です。

紫根(ムラサキの根)に含まれるシコニンには抗腫瘍効果があり、
そのメカニズムとして、がん細胞のプロテアソームの活性阻害作用が報告されている。


 

BNPは脳性ナトリウム利尿ペプチドといい、主として心室から血液中に分泌されるホルモンです。

強力な水・ナトリウム利尿作用、血管拡張作用を有しており、心室に負荷がかかると分泌され、

交感神経系およびレニン・アンギオテンシン系を抑制して、

それらのホルモンと拮抗的にはたらいて心不全などの病態を改善させます。

 

★心不全の症状

 

 ・十分に血液(酸素)を送り出せないので

    →からだに必要な酸素が足りなくなり息切れがしたり疲れやすくなります。

    →細い血管に血液が行き渡らなくなるので手足の先が冷たく、肌の色が悪くなります。

   

   ・血液をうまく体中にまわせなくなるので・・・

    →血液がスムーズに流れないので、臓器に水分がたまりやすくなります。

    →立っている状態が長いと、とくに足の甲やすねのあたりがむくみます。

    →肺に血がたまる(肺うっ血)と水分が肺にしみだし、

           さらに進むと酸欠状態になるので、

           安静にしていても呼吸が困難になります。 

         ・心臓が大きくなります

          ・消化器症状として食欲不振、腹部膨満感ぼうまんかんも起こります。

 

   ・腎臓の血流が減るため尿の量が減り、からだ全体に水分がたまって体重が増えます。

 

   ・夜間にはトイレに行きたくなり、何度も目が覚めてしまうことがあります。

 

 

★BNPとは?

 

BNPとは心臓(おもに心室)から分泌されるホルモンで、

利尿作用、血管拡張作用、交感神経抑制、心肥大抑制などの作用があり、心筋を保護するように働きます。

心臓に負荷が増えたり心筋の肥大がおこると増加するので、血液中の濃度を調べることで、心臓の状態がわかります。   

    従来BNP検査は「心不全の病態把握」のための検査として使用されていましたが、2007年6月1日より   

   「心不全の診断」にも使用することが保険で認められました。

      BNPは自覚症状が出る前から血中濃度が上昇することが証明されていますので、

      心機能低下の早期発見にも有用であると考えられます。

 
 

 

 

 

BNP値と日常診療上の評価
    心疾患の有無 心不全の重症度 専門医による
診察・治療
18.4pg/dl未満 基準値 どちらとも
言えない
慢性の心不全はない 場合によっては必要
40pg/dl以上~
100pg/dl未満
要観察 どちらとも
言えない
慢性の心不全による症状は
ないことが多い
場合によっては必要
100pg/dl以上~
200pg/dl未満
要精査・要治療 心疾患あり 多くは無症状の心不全 一度はあった
ほうがよい
200pg/dl以上~
500pg/dl未満
専門医による
治療が必要
心疾患あり 心不全の可能性あり 専門医による
治療が必要
500pg/dl以上 厳重な治療が
必要
心疾患あり 重症心不全 入院も含めて厳重な
治療が必要