今年の作業日もあと5日。ラストスパートで石塔の傾き直し作業を。 | 心を込めてお墓づくり。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店です

心を込めてお墓づくり。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店です

お墓について疑問に思われていること、心配なことはありませんか?
どこまで情報発信できるかはわかりませんが、お墓についてや石についてなど、
石屋だからこそわかることや思うことを綴っていきます。


テーマ:

川崎市多摩区の吉澤石材店です。

 

いよいよ今年の仕事も追い込みになってきました。今日は近くのお寺の墓地で、石塔の傾きを直す作業にかかります。

 

 

墓地全体が微妙に右側に傾いでいます。その中でも、石塔と墓誌がそれぞれ傾きが顕著。

 

わずかの傾きなら、お墓の石を少しずつ調整して直す方法もありますが、このお墓は少し適応外かなと。傾き具合が少し大きめなのです。

 

そうした場合にはいったん石塔を取外し、芝台(石塔の土台の石)から据え直すことになってきます。

 

少々ことが大きめになりますが、そこは以降も長く使うはずのお墓のこと。トータルとしてはその方がいいと思います。

 

石塔の状態によっては、接着剤工法を適応することもありますし。

 

それと、外すことでどんな具合で据付けられていたのか。それが露わになったりします。

 

ここの墓地は、芝台の受け(重さを受け止める石)が設けられていませんでした。これは少し残念ですね。

 

せっかく再据付けするのですから、受けを設置することにしました。

 

 

穴を掘り、受けを入れて叩き込みます。受けはコンクリートパイルの余った部分を使用。この程度のものでも、設けてあればやっぱり安心です。

 

墓誌のほうも、今度は傾かないよう、地盤をしっかり突きこんで受けを設けて来ました。

 

明日もこちらの墓地にて作業です。

 

※こちらのリフォーム工事、続きの記事は弊社HPのブログで記しました。ぜひご覧ください。

 

 

吉澤石材店さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス