今回も、以前当社でお式をお手伝いした方からのご紹介でした。

 

「父が急に倒れて病院に運ばれたのですが、私たちもどうしたら良いかわからくて…」

 

とお嬢様から問い合わせがありました。

お母様は動揺していて、連絡も出来ない状態だとか。それほど急なお別れでした。

病院をお訪ねして、お嬢様にご希望や予算をうかがい、川越市斎場・やすらぎのさとでお式をすることに決まりました。

 

「身内だけでゆっくりお別れをしたい」

 

とのご希望でしたので、通夜式後に、ご家族だけで過ごす時間をたっぷり取っていただけるように、スケジュールを組みました。

お式が無事に終了し

 

「父ときちんとお別れすることができました」

 

と言っていただいた時は、私も少し安心しました。「納棺師さんに納棺式をやっていただいたのも良かったです。ありがとうございました」とお礼のお言葉までいただきました。

大切な人が急に亡くなられた場合、お家族が動揺するのは当然です。

その動揺している中で、いろいろなことを決めなければいけないのがお葬儀です。少しでもご家族の気持ちに寄り添い、心が落ち着くようにサポートするのも、葬儀社の役目だと思っています。

ご冥福をお祈りしています。