IDDM社会保険労務士まい~障害年金の請求代理業務を行っています~
  • 23Jan
    • 眼の障害の認定基準が改正施行されました☆の画像

      眼の障害の認定基準が改正施行されました☆

      こんにちは社会保険労務士のまいです令和4年1月1日より「眼の障害」の認定基準が改正施行されました概要は日本年金機構のサイトに公開されています下記リンク先ページをご確認ください令和4年1月1日から「眼の障害」の障害認定基準が一部改正されました(日本年金機構 外部リンク)主な改正のポイントを【視力】と【視野】に分けて説明していきますね視力障害について■両眼の視力の合算から良い方の眼の視力に従来は「両眼の視力の和」を当てはめて審査が行われていましたが、改正後は、「良い方の眼の視力」を当てはめて審査される事になりました*矯正視力(眼鏡、コンタクトレンズ着用)でのご状態でみられます視野障害について■自動視野計による基準の創設従来のゴールドマン型視野計に加えて、「自動視野計」に基づく認定基準が創設されました■測定数値による認定に変更従来は求心性視野狭窄や輪状暗点に限定されていましたが、こちらが無くなり「測定数値」により認定するように変更されました■1級及び3級の認定基準を追加従来の等級(2級・障害手当金)に加えて、視野障害についても「1級及び3級」の認定基準が追加されました今回の改正により、支給対象者の範囲が拡がりますその結果、今まで障害年金の支給対象とならなかった方が受給出来るようになったり、2級又は3級の障害年金を受給されている方が上位等級に該当する可能性が出てきます実際、今回の改正をお調べになった方から「私も対象になるのでは?」というお問い合わせも寄せられています改正後の認定基準をよくご確認のうえ、該当する可能性がある方は、それぞれ新規裁定請求手続・額改定請求手続を行うようになさってくださいね(参考記事:額改定請求)また身近に視力・視野障害をお持ちの当事者がいらっしゃる方は、今回の改正情報を当事者の方へお伝えいただけると幸いですご存じでない方が、改正後の認定基準で定める障害等級に該当している可能性があれば朗報になると思いますので支援を必要とされている方に、こちらの情報が届く事を心から願っています障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせくださいブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 16Jan
    • 慢性腎不全の方の障害年金請求事例紹介の画像

      慢性腎不全の方の障害年金請求事例紹介

      こんにちは社会保険労務士のまいです弊社HPの障害年金請求事例を更新しました障害ねんきんナビ札幌事例紹介(詳細はリンク先ページをご覧ください)今回の事例は、慢性腎不全により障害厚生年金2級が認定された方のケースです本請求のポイントは2つポイント①人工透析と障害年金の関係ご依頼者さまは慢性腎不全により人工透析療法を受けられています障害年金と人工透析の関係ですが、人工透析をされている方は、障害年金上少なくとも2級には該当してきます以下、認定基準(腎疾患による障害)の内容を抜粋します。人工透析療法施行中のものは2級と認定する。なお、主要症状、人工透析療法施行中の検査成績、長期透析による合併症の有無とその程度、具体的な日常生活状況等によっては、さらに上位等級に認定する。このように、人工透析を施行療法中の方は、2級の障害状態に該当すると規定されていますポイント②社会的治癒の成立本請求2つめのポイントが社会的治癒社会的治癒は初診日に大きく影響してきます■社会的治癒とは・・ 傷病により医療機関を受診したものの、その後受診もなく社会復帰などの通常の日常生活が可能な状態が数年単位で存在した場合に、一旦治癒したものとして前後の傷病を分けて取り扱う事(参考記事:社会的治癒)社会的治癒は社会保険制度上の請求者への救済制度前の傷病の初診日と再発受診日の加入している年金制度が異なる場合など・・社会的治癒を主張した請求の検討を行う場面はいくつかありまして社会的治癒が認められると、同一傷病で再び状態が悪化し医療機関を受診した場合は、再発後に医療機関を受診した日が初診日となりますご依頼者さまの場合、前の傷病で医療機関を受診されてから通院空白期間が約8年に渡って存在空白期間中に就職され請求時点も継続して就労されていました治療投薬を必要としていない通常の日常生活が可能な状態であった上記2点、また医療機関から取得した書類(血液検査の結果・受診状況等証明書・診断書)の内容を総合的に鑑み、社会的治癒成立の可能性があると判断再発後に受診した日を請求上の初診日として請求を行いましたその結果は・・主張した内容が認められ、無事障害厚生年金2級の支給が決定ふー良かった社会的治癒は、法律上明確な判断基準が示されていません請求事案ごと、個別に審査される事になっています主張しても認められない事があるため、社会的治癒を主張して請求を行う際は特に慎重な判断が要求されます本件は希望通りの結果となり安堵しました今回のまとめ                        人工透析施行療法中の場合、原則2級に該当する病状が社会復帰(通常の日常生活)可能な状態となり、かつ治療投薬を原則として必要としない期間が数年単位で継続する場合、社会的治癒が成立する可能性がある社会的治癒が成立する可能性がいかほどあるか、取得書類の内容・ご病歴等から慎重に判断する事が必要以上が本請求のポイントとなりますご参考になさってくださいませ障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせくださいブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 09Jan
    • 1月の定期検診の画像

      1月の定期検診

      こんにちは社会保険労務士のまいです1月7日は月に1度の定期検診日今回のA1cは・・6.3%前回のA1cが6.1%だったので0.2%の上昇まぁ上がってはいるものの、許容範囲のA1cだったので良いかなと思っています医師からも特段指摘は受けませんでしたしその他の検査項目にも異常は見受けられませんでした鉄剤の服用をやめて1ヶ月ヘモグロビン濃度の数値がどうなるか気になっていましたが、正常範囲内の数値でしたまたガクッと下がったりしているのではないかと心配していたので、ホッと一安心とは言ってもまだ1ヶ月しか経過していませんからね次月以降はどうなるか分かりませんので、気を抜かず今後も検査結果の値は注視しようと思っていますひとまず今年最初の定期検診も何事もなく無事終わって良かったです2022年の目標は・・A1c・・6.5%未満ヘモグロビン濃度・・正常範囲の値を維持上記2つこちらの目標を達成するため、健康的な毎日を過ごそうと考えています食事や運動・睡眠など生活のリズムを整えていきたいなと規則正しい生活を心掛けて体調管理に励んでいこうと思います障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせくださいブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 02Jan
    • 今年も宜しくお願い致します☆の画像

      今年も宜しくお願い致します☆

      明けましておめでとうございます本年も当ブログにお付き合いいただけると嬉しいですどうぞ宜しくお願い致しますこんにちは社会保険労務士のまいです皆様、年末年始いかがお過ごしですかこのご時世なので、ご自宅でまったり過ごされている方が多いかもしれませんね私も自宅でゆったりスタイルです時折ノートパソコンを立ち上げて仕事を行っていますが・・読書や音楽を聴いたり等、プライベートな時間も楽しみつつリラックスしながら過ごしていますさて、2022年に入ってからの血糖記録年始、最初の朝食前血糖値96うんうん良い血糖値だ幸先良い血糖値に安心して朝食にお餅を食べたところ・・昼食前血糖値256に、にひゃくごじゅうろく短時間で150近くも上昇久し振りの高血糖にショックを受けつつも、この時点ではまだ注射量を増やせば大丈夫だろうと、たかをくくっていました・・昼食のメニューはおせち血糖値が250以上もあるので、おせちの量は少な目に。食べたら血糖値を下げる為外出する事に決め、注射量を普段より3単位増加しましたこれで落ち着くはずと思っていたのですが・・夕食前血糖値344さ、さんびゃくよんじゅうよん我が目を疑う数字です表示されている血糖値が自分の状態を表しているものだとはとても信じられません思考が一瞬フリーズしちゃいました血糖値が300を超えるなんてここ数カ月なかったのに・・あまりの爆上がりにビックリ仰天ですここまで上がってしまうと、さすがに夕食を作って食べる気がおきず注射だけ打って夕食は何も食べませんでしたその後、就寝前血糖値は105まで下がり翌朝の食前血糖値も127何とか平常通りの血糖値に戻りましたふー、やれやれですねお餅とおせちのダブルパンチにやられてしまいました糖質恐るべしです年末年始はどうしても血糖値が高くなりがちなのですが、今年は過去稀に見る高血糖のオンパレード来年以降は、血糖値対策を万全にしておかなければと肝に銘じた次第です同病の皆様も、この時期は血糖コントロールに苦労されているかと思いますが、程々に気を付けるようになさってくださいね・・新年最初のブログが失敗談になってしまい申し訳ありません今年もこんなちょっと危なっかしいところがある私ですが、温かい目で見守っていただけると幸いですどうぞ宜しくお願い致します障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせくださいブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 26Dec
    • うつ病の方の障害年金請求事例紹介の画像

      うつ病の方の障害年金請求事例紹介

      こんにちは社会保険労務士のまいです弊社HPの障害年金請求事例を更新しました障害ねんきんナビ札幌事例紹介(概要はリンク先をご覧ください)今回の事例は、うつ病により障害厚生年金2級が認定された方のケースですご相談者さまは、アメブロを通じたご縁でご依頼になった方本州在住の方なので、ご面談はお電話でご依頼後は主にメールでやり取りを重ねながら手続きを進めましたこのように書くと、「実際に会って面談しなくても依頼出来るのですか?」「北海道にいながら本州在住の方の手続きをどのように行われているのですか?」とご質問を受ける事があるのですが。ご相談者さまや医療機関とのやり取りは全て、【電話・メール・郵送】で行っています医療機関から取得する書類については、電話と郵送が主な対応方法です留意点としては、ご本人が来院しなければ書類の授受は行わないとする医療機関もあるという事その場合はご相談者さまにご足労いただくことになります。こちらの点を除けば、請求自体は【電話・メール・郵送】で十分可能です今回支給が決定となった方も全て【電話・メール・郵送】で対応致しました請求過程において特段問題が発生する事はなく、無事請求手続は完了していますよくお手続きに関するご質問を受けますので、改めてこの場で説明させていただきましたもし何か気になる点・疑問点などありましたらお気軽にご連絡いただければと思います今回のご相談者さまが、障害年金の受給決定をブログでご報告されていたのですが・・そこでとある一文を読んだ瞬間、思わず胸が熱くなりまして最後にこちらを紹介したいと思いますもう少し生きてみようと思えました請求手続を行った弊社への感謝のメッセージの下にそっと添えられていたお言葉心に響きましたね数々の苦難を経験されてきたご相談者さま。将来を悲観し、絶望感・焦燥感から生きがいが無くなったと伺っておりましたそのようなご状態だったご相談者さまから発せられた「生きようと思えた」とのお言葉これは心打たれないわけがありません未来に希望を持ってくださった事が本当に本当に嬉しかった胸にジーンとくるものがあり、しばらくそのブログの一文から目を離せずにいました障害年金の支給が決定した事で、ご依頼者さまの気持ちに変化をもたらしたのであれば、社労士としてこれ程嬉しい事はありません受給権を届けられて良かったそう心底感じた瞬間でした使う言葉によって思考は変わります前向きな気持ちでいると、より良い人生を送る事が出来ると思いますご相談者さまのところにも、きっとこれから沢山の幸せが舞い込んでくる事でしょうこれからも命を大切に一歩一歩、ご自身のペースで前に進まれていくことを願っています障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせくださいブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 19Dec
    • 神田沙也加さんの訃報の画像

      神田沙也加さんの訃報

      こんにちは。社会保険労務士のまいです。札幌もとうとう根雪になりました一面雪景色です本格的な冬が来たと感じさせられますね。とにかく寒い寒いったら寒い手袋をしていても指先の感覚がなくなる程厳しい寒さです冷え性持ちの私には最も辛い時期に突入しましたまだまだ先ですが、春が待ち遠しいです・・さて・・そんな極寒の地、ここ札幌が痛ましいニュースの現場になってしまいました。【神田沙也加さん転落死】報道をご覧になった方も大勢いらっしゃると思います。歌手で女優の神田沙也加さんが札幌市内のホテルから転落死したという衝撃的なニュース。えっ神田沙也加さんがまさか何で札幌で嘘でしょニュースで彼女の死を知った瞬間、驚きのあまり思わず叫んでしまいました。未だ信じられません。誤報ではないかと本気で思ったくらいに。ショックが大きすぎます・・愛らしいルックスチャーミングな笑顔唯一無二の歌唱力そのような素晴らしい能力を兼ね備えた方がなぜこんな事に・・言葉にならないほど悲しいです。彼女がホテルの屋外スペースで発見された12月18日の札幌は大雪でした。最高気温は0度未満の真冬日。防寒具を身にまとっても身震いしてしまうほど冷たい風が吹き、とにかく寒い1日だったと記憶しています。彼女がそんな寒空の下、何を思い亡くなられたのか。考えただけでやりきれない気持ちでいっぱいになりますね。あまりにも早すぎる急逝、残念でなりません。心よりご冥福をお祈り申し上げます。障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧いただきありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 12Dec
    • 12月の定期検診の画像

      12月の定期検診

      おはようございます社会保険労務士のまいです12月10日、定期検診のため病院に行ってきました今回のA1cは・・6.1%うん、まずまずの数値でしょうか医師からも、「全く問題ありませんね上手くコントロール出来ていると思いますよ」と言って貰えて嬉しかったです貧血がある私はA1cの他ヘモグロビンの値も気にしていたのですが・・こちらも正常範囲でした「この数値であれば大丈夫ですね」と説明されて一安心良かった良かった現在、貧血の治療のため鉄剤を服用中残り1週間分が手元に残っていますが、医師の判断により、継続服用はしない事になりました「服用をやめた後、数値がどうなるか見てみましょう。」との事で・・現在手元にある分が最後という事になります服用をやめた後どうなるのか・・気になりますねドキドキですまたガクッと下がったりしなければ良いのですが・・ひとまず医師の指示に従おうと思います鉄剤の服用をやめた後の結果については、また来年以降のブログでお伝えしますね今年最後の定期検診も特に何事もなく終わって良かったです振り返ってみても、今年1年大きな体調の悪化は無かったですねA1c年間平均6.1%脳のCT検査異常なし貧血改善と、すこぶる良い感じです来年も現在の状態を保ったままでいたいですねーそのためにも・・栄養つけて適度に運動して睡眠をたっぷりとってバラエティ番組を見てガハハと笑うこのような健康的な毎日を過ごそうと思います(最後のバラエティ番組はですが笑)仕事人は身体が資本ですから体調管理には十分気を付けて、来年もバリバリ働けるよう頑張りたいと思います障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 28Nov
    • 明日から少し慌ただしくなるかもです・・の画像

      明日から少し慌ただしくなるかもです・・

      こんにちは社会保険労務士のまいです11月29日から2泊3日の東京・埼玉出張いよいよ明日です緊張感が高まってまいりました飛行機に乗っての遠方出張は約2年振り搭乗手続き、ちゃんと出来るかしら(笑)若干不安です東京・埼玉でも宿泊先のホテルで仕事を行うため、ノートパソコンは持参しますが・・札幌にいる間に出来る仕事は片付けておこうと思いまして昨日・今日と事務所にこもって仕事をしております障害年金のご相談対応給料計算のチェック賃金規程の作成助成金申請書類の整備社会保険の調査対応など事務所で黙々と作業中ですこの土日で片付けられる仕事は終えておきたいと思います気持ちに少し余裕がある状態で出発したいですからね実は・・12月4日にも埼玉に行く事が決定しておりまして4日は、埼玉本社の皆と忘年会です12月1日に札幌に戻ったら、3日後にはまた埼玉に行く事になります明日から若干慌ただしくなりそうな予感がしますね・・少しタイトなスケジュールになっているので、体調崩さないよう万全の状態に整えておきたいと思います障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 21Nov
    • 11月29日(月)、東京へ行ってきます☆の画像

      11月29日(月)、東京へ行ってきます☆

      こんにちは社会保険労務士のまいです11月29日、東京へ行くことが決定しました『11月に行きたいところ☆』こんにちは社会保険労務士のまいです11月に入り札幌は益々肌寒くなってきましたさらに季節が進めば雪が積もり、本格的な冬がやって来ることになります北海道の冬は長い…ameblo.jp以前のブログで、「再審査請求を傍聴するため、東京霞が関に行きたい!」と投稿していましたが、29日に行く場所は霞が関とは別のところです仕事の関係で新宿方面へ行くことになります再審査請求の傍聴は、次回に持ち越しです霞が関には、来年春あたりに行こうかな・・こちらについては、現在検討中ですさてさて・・今回の滞在期間は2泊3日東京と埼玉を中心に回ることを考えています1日目は東京勤怠管理ソフトの説明を聞きに、新宿にある施設を訪問その後、知人の司法書士さんに会う予定です2日目は埼玉埼玉は弊社本社がある場所ですので、本社スタッフの皆に会ってきますその後、弊社ボスが開設した就労継続支援B型事業所の見学に行く予定です29日~のプランは上記の通り今回は人と交流する機会が多いので、とても楽しみにしています約2年振りに会う埼玉本社スタッフの皆はもちろんのこと。直接お会いするのは初めてになる司法書士さん・就労継続支援B型事業所の利用者さん。皆さんと会った時、どんな事を話そうか考えるだけでワクワクしてきます早く29日が来ないかな~待ち遠しい限りです現状、飛行機・ホテルの手配は済みましたあとは日用品を揃えれば大丈夫でしょうか心配していた体調面も最近の血糖値が安定しているので、特に問題ないと考えていますこのままの状態を維持できるよう、今後も体調管理には十分気を付けながら、東京行きの準備を進めていこうと思います障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 14Nov
    • 11月の定期検診の画像

      11月の定期検診

      こんにちは社会保険労務士のまいです11月12日は定期検診日今回のA1cは・・6.0%良い感じですねここ数カ月、A1cは6%前半をキープ安定しています今回の受診では、1つ嬉しい出来事が起こりまして以前から基準値に満たしていないと指摘を受けていたヘモグロビンが、今回の検査の結果、基準値に達している事が判明しました~基準値を超えるなんて2年振りですようやく・・ようやくですここまで来るまで長かったなぁ・・指摘を受け始めた2年前から食事療法を導入薬に頼らず自力で改善させようと思いましたが、中々良くならず最終的には鉄剤に頼るしかないと医師が判断しまして半年前から服用を開始することになりました鉄剤の効果は徐々に表れ始め、数値は少しずつ上向きに先月の検査で、基準値まで後もう少しの段階まで改善今月の検査では、もしかしたら基準値に達してるかもと思っていたところ・・結果は予想通り基準値に達し正常範囲内の数値にいや、もう本当嬉しかったです医師も私と一緒になって喜んでくれました今後についてですが、鉄剤は直ぐに止めない方が良いという医師の治療方針により、今年いっぱいは服用を続けることになりました来年以降は、検査数値を見て服用を継続するか一旦中止するかを決めるそうですこのままの状態を維持出来たら良いのですが・・ひとまず様子見ですねそういえば、ここ最近は、仕事面でも嬉しい出来事があったんですよね顧問先の助成金申請手続で500万円超の支給が決定したり・・障害年金の請求代理手続で、当初、ご依頼者さまに関する資料は何も残っていないと伺っていた医療機関から初診日の記録があったと連絡が入ったり・・等、心弾むような出来事が立て続けに起こりまして何でしょう良い流れは連鎖するのでしょうか思わず出ちゃいます、ガッツポーズ(笑)体調面では医師や家族と、仕事面では職場の皆と、情報共有出来るのがまた嬉しく思います「良かったね~」と言われた瞬間、嬉しい感情が増幅されるんですよね「悲しみは半分に、喜びは倍に」と聞いたことがありますが、その通りだなと思います嬉しいこと・悲しいことは誰かと分かち合うことで、感情に大きな影響を与えるのでしょう今回は喜びに該当する出来事だったので、「倍」になったということですね体調・仕事は共に日々変動するものとても嬉しい出来事ではありましたが、良い状態の時ほど油断は禁物今後も気を引き締めて頑張っていこうと思います障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 07Nov
    • 11月に行きたいところ☆の画像

      11月に行きたいところ☆

      こんにちは社会保険労務士のまいです11月に入り札幌は益々肌寒くなってきましたさらに季節が進めば雪が積もり、本格的な冬がやって来ることになります北海道の冬は長いですからね~防寒対策を徹底しなければいけませんねさて、札幌ももうじき降雪が見られますが、根雪になる前に遠出したいと考えておりましてただ、やはり気になるのが新型コロナウイルスの影響ピーク時より感染者数は減ってきてはいるものの、今後どうなるかは分からないので、どうしたものかと悩み中なんですよねわたし、新型コロナが落ち着いたら行きたいと思っているところがありましてそれは「東京霞が関 厚生労働省」この場所を聞いてピンと来た方はおそらく社会保険労務士だと思います厚生労働省・・ここへ行く目的は、【再審査請求(公開審理)を傍聴しに行くため】です■再審査請求とは‥障害年金の請求を行った際、不支給や等級に納得できない等、結果に不服がある場合、審査請求(1回目の不服申し立て)を行います。この審査請求で下された処分に対し納得が出来ない場合、再度不服を申し立てることが出来るのですが、こちらを再審査請求(2回目の不服申し立て)と呼びます。再審査請求には公開審理がありまして公開審理の場に出席すると意見を述べたり保険者に質問を行う事が出来ます審理の場に出席出来るのは、請求人本人の他、利害関係人及びその代理人我々のような社会保険労務士は代理人に該当しますそのため、社会保険労務士はご本人の代わりとして、意見陳述を行ったり保険者に対し質問を行ったりすることが出来るのです公開審理を行う場所が、前述した「東京霞が関 厚生労働省」公開審理という名前の通り、基本的に公開で行われているため傍聴席が設けられていますその中には公開審理を見て勉強する為に社労士も座っていたりすることがあるんですよねわたしも公開審理を傍聴して色々学びたいと思っている社労士の1人ただ、場所が東京となると、地方在住の社労士は気軽に参加するのが難しくて・・札幌在住のわたしも例外ではありません移動費や移動時間の問題もありますが、ここ数年は新型コロナの影響もあって傍聴する機会を逃していたのです今年こそ公開審理を傍聴したいな~と思っていまして新型コロナが落ち着いた頃にでも行こうと決めていたんですよね北海道はこれから降雪シーズンを迎えます何とかその前にと考えているのですが・・新型コロナがどうなるか分からない今の状況では即決出来ませんひたすらに悩んでおります・・う~むどうにかして11月中に行けないものか・・時期的な面から言っても11月が今年東京へ行くラストチャンス新型コロナの動向を警戒しつつ今週中にはどうするか決めたいと考えていますどうか新型コロナが終息の方向へ向かってくれますように・・障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 31Oct
    • パーキンソン病の方の障害年金請求事例紹介の画像

      パーキンソン病の方の障害年金請求事例紹介

      こんにちは社会保険労務士のまいです弊社HPの障害年金請求事例を更新しました障害ねんきんナビ札幌事例紹介今回の事例は、パーキンソン病により障害厚生年金3級が認定された方のケースですご依頼者さまは、1度ご自身で請求を行おうとして年金事務所と社労士事務所へ出向き相談されていますまず相談に行かれたのは年金事務所。そこで担当者から言われたことは・・「歩いて相談に来れる人はダメでしょう。もっと進行して寝たきりになったら受給できますよ。」続いて相談に行かれた社労士事務所では・・「かなり難しい。」と、こちらも受給困難であることを伝える内容パーキンソン病の重症度を表す、ホーン・ヤールの重症度分類I~V度の5段階に分けられておりますが、ご依頼者さまの場合は軽度の段階に該当していました。こちらも相談を受けた社労士が障害状態に該当しないと判断した根拠になったようです年金事務所・社労士事務所、双方ともに障害年金の受給権を得るのは難しいという結論を出しましたが、わたしはそう思いませんでした障害年金は障害が生じている部位ごとに認定基準が設けられており、障害状態について事細かく規程されています障害年金請求用の診断書は全部で8種類どの診断書を使用するかは【傷病によりどの部位にどのような症状が出ているか】によって異なりますご依頼者さまから伺った経緯からすると、年金事務所も社労士事務所も【肢体】の診断書で作成する事を想定して障害状態には該当しないと判断したようでしたが・・わたしは肢体ではなく、別の認定基準に照らし合わせてどうかと考えたのですこちらを確認するため、現在のお身体のご状態をヒアリング結果は、その部位の認定基準に当てはめると、障害状態に該当する可能性があり充分請求可能と判断できるものでしたわたしの見解をお伝えし、請求を行うことの意思確認を行ったうえでご依頼を受任裁定請求書類一式を整備し請求を行ったところ、障害厚生年金3級の受給権を得ることが出来ました年金事務所や社労士事務所の担当者から障害状態に該当しないと言われ、請求を断念していたら、このままずっと障害年金の請求を行う機会を失っていたかもしれません請求することを諦めず、弊社へご依頼いただいて良かったと思います歩けるか歩けないか寝たきりかどうかヤールの重症度分類が軽度か重度かこれらの情報だけで障害年金上の障害状態に該当するかどうか判断することは出来ませんパーキンソン病の原因・症状・治療・注意点・どのような経過を辿るか・・等病気に関するあらゆる情報を入手したうえで障害年金の認定基準に照らし合わせることが大切です障害年金受給可能性の「芽」を見出すこともまた、社労士としての大事な役目だと感じますね今回のまとめ                        障害年金は、傷病によりどの部位にどのような症状が出ているかによって提出する診断書が異なる病気の特性を理解し、身体のご状態を最も適切に表すことが出来る診断書を選択する年金事務所や社労士事務所から納得できない説明を受けた場合は、別の社労士の意見も聞いてみる以上が本請求のポイントとなりますご参考になさってくださいませ障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 24Oct
    • ●●の秋の画像

      ●●の秋

      こんにちは社会保険労務士のまいです「食欲の秋」と呼ばれるこの時期秋の味覚を代表する食べ物をスーパーでよく見かけるようになりましたきのこ・秋刀魚・さつまいも・果物・栗・かぼちゃ等々・・旬を迎え美味しい食べ物が出回るこの時期は、つい食べすぎてしまう事もありますよねわたし自身、食欲が増したことが影響したのか、ここ最近の血糖値が上昇傾向にありまして10月上旬くらいまでは80~120で安定していた血糖値が、今では200近くまで上がってしまいましたこれはダメだな~何とかして下げないとと思い、注射量を増やしてはいるものの・・中々下がらず現在150~170で停滞中ここは運動で血糖値を下げるしかないでしょうか食べた食事のカロリーを消費すれば血糖値も改善するかもしれません「スポーツの秋」ですし簡単な運動を取り入れてみるのも良いかもしれませんね気軽に始められるものはないかしら・・室内でも出来そうな運動を調べて実践してみたいと思います食欲・スポーツと、【●●の秋】と呼ばれるものがいくつか存在しますが、「読書の秋」もありますよねわたくしも今、毎日読んでいる本があります本といっても試験のテキストなんですけどね実は11月に2つの試験を受ける予定なんです今はその試験勉強の真っ只中出勤途中や仕事の休憩時間にテキストを読んで頭に叩き込んでおります出勤途中の電車内でテキストを読んでいると社労士受験生時代を思い出します・・あー、あの時もこうして電車の中でテキスト読んでいたな~なんて当時を思い出し懐かしい気持ちになったりしています・・2つの試験勉強を併行しながら進めるのは中々大変だったりしますが、学んでいる内容が面白いのであまり苦にはなりません毎日楽しみながら勉強していますさぁ、【●●の秋】、ラストは「芸術の秋」芸術にも色々ありますが、私にとって一番興味をそそられるのは「音楽」・・趣味が音楽鑑賞なので、秋と関係ないかもしれませんが(笑)わたしが大・大・大好きな映画天使にラブ・ソングを2より「Oh Happy Day」この曲の注目ポイントはメインヴォーカルを務める男子生徒の声2:54あたりに流れる彼の歌声には度肝を抜かれます音楽の素晴らしさ・仲間の大切さを教えてくれる映画です「芸術の秋」に映画も音楽も楽しみたい方にオススメしますさてさて、今まで見てきた通り、さまざまな「秋」がありますが、皆さまにはどんな秋が訪れていますか是非、自分に合った秋を見つけて楽しんでくださいね~障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 17Oct
    • 両側性感音難聴の方の障害年金請求事例紹介の画像

      両側性感音難聴の方の障害年金請求事例紹介

      こんにちは社会保険労務士のまいです弊社HPの障害年金請求事例を更新しました障害ねんきんナビ札幌事例紹介今回の事例は、両側性感音難聴により障害厚生年金3級が認定された方のケースです本件、審査請求を行った事により障害厚生年金3級に処分変更されるという少し特殊な経過を辿りました・・詳細は上記リンク先をご覧いただきたいのですが、本件は、最初の請求で障害手当金が決定しています障害手当金・・あまり聞き慣れない言葉ですよね障害手当金とは、初診日時点で厚生年金加入中の方が、障害厚生年金3級の程度より軽い障害が残った場合に、一時金としてもらえる制度をいいますこちらは厚生年金保険法にしか設けられていない制度のため、障害基礎年金での請求になる方は対象になりません(参考記事:「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の違いは何ですか?)障害手当金を受給するにはいくつか条件があるのですが、初診日から5年以内に傷病が治っていること(症状が固定していること)その内の1つであるこちらの条件が、本件には深く関わってきます聴覚の障害の認定基準上、障害手当金に該当する状態について、■障害手当金 一耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの。(一耳の平均純音聴力レベル値が 80 デシベル以上のもの)と規程されていますご依頼者さまのご状態は、請求日時点において、右耳27dB、左耳97dB左耳の聴力レベル値が80デシベル以上のため、障害手当金の障害状態に該当していますさて、ここまでご覧いただいた方は不思議に思うはずです。● 障害手当金に相当する障害状態なのに、なぜ障害厚生年金3級と認定されたの?●そうここが、本請求の最大のポイントこれは、前述した傷病が治っていることが影響しています障害手当金は傷病が治っていることを条件に支給されるとお伝えしましたよねでは、障害手当金相当のご状態の方で傷病が治っていない(症状が固定していない)場合はどうなるのでしょうその答えは障害認定基準に規程されています■第2障害認定に当たっての基本的事項「傷病が治らないもの」については、第3の第1章に定める障害手当金に該当する程度の障害の状態がある場合であっても3級に該当するこれをかみ砕いて説明すると・・障害の程度が障害手当金相当の状態であっても、症状固定していなければ障害手当金は支給されず、障害厚生年金3級として支給されるということになります最初の請求で障害手当金が決定されたと書きましたが、保険者側は症状固定したと判断してこのような決定を下したと考えられますしかしながら提出した診断書からは症状固定と判断出来る記載は見受けられませんでしたご依頼者さまの傷病名は【両側性感音難聴】請求時点では左耳だけではなく右耳の聴力レベルも低下していましたまた、診断書の<傷病が治ったかどうか>についてチェックする欄には、治っていない(症状のよくなる見込:無)にマルがつけられていました上記2点により症状固定していない事を主張した上で、障害厚生年金3級を求める審査請求を行いましたその結果が・・処分変更障害手当金は妥当な処分ではないと判断され、障害厚生年金3級の受給権が発生しました審査請求の結果が届いたのは初回請求から約1年経過後長期戦となってしまいましたが、最終的に障害厚生年金3級が認められて良かったです安堵しました本請求、実は診断書作成依頼時にもちょっとしたトラブルが発生担当医に診断書の作成を依頼したのですが・・「あなたの今の耳の状態だと該当しないから診断書は書けない。」と冷たく言い放ち、診断書の作成を断られてしまいましておそらく医師は障害者手帳の基準で判断したと思われますご本人から障害年金の事を説明していただいたのですが、聞き耳を持ってもらえずこのままでは埒が明きませんそこで、私から医師へ障害者手帳と障害年金は基準が異なる事・片耳高度難聴でも障害給付を受けられる可能性がある事を説明した文書を添付して再度の依頼その結果、なんとか理解していただけて、診断書を作成してもらう事が出来たという経緯がありましたこのような様々な問題を乗り越えての今回の決定非常に感慨深いものがあります・・今回のまとめ                        障害手当金は初診日時点で厚生年金加入中の方のみ対象となる(障害基礎年金での請求になる方は対象外)障害手当金相当の障害状態でも、症状固定していなければ障害厚生年金3級に該当する医師が障害者手帳の基準と混同して診断書作成を拒否する事がある(その場合、障害者手帳と障害年金の基準は異なる事を説明しなければならない)以上が本請求のポイントとなりますご参考になさってくださいませ障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら --------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net--------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 10Oct
    • 1型糖尿病の方の障害年金請求事例紹介の画像

      1型糖尿病の方の障害年金請求事例紹介

      こんにちは社会保険労務士のまいです弊社HPの障害年金請求事例を更新しました障害ねんきんナビ札幌事例紹介今回の事例は、1型糖尿病により障害厚生年金3級が認定された方のケースです最近、1型糖尿病罹患者の方から障害年金のご相談を受ける事が増えてきましたその大半が、私が1型糖尿病罹患者である事をご存じの方です「IDDM 障害年金 社労士」で検索すると私がヒットするみたいですね今回受給が決まった方も、私が1型糖尿病罹患者である事をご存じの方でした受給決定後にご依頼者さまから送られてきたメッセージ「同じご病気の方にサポートしていただき、大変救われました。」嬉しい事この上ないお言葉です同じご病気の方のお力になれて良かったと心底感じた瞬間でしたさて、障害年金の請求を検討されている1型糖尿病罹患者の方が増えてきたという現状を鑑みまして・・今日のブログは、糖尿病単体で障害年金を請求する際の留意点についてお伝えしていきたいと思います障害年金上、糖尿病単体で請求する場合、代謝疾患の認定基準により審査されます下記に、代謝疾患の認定基準を抜粋します。糖尿病については、必要なインスリン治療を行ってもなお血糖のコントロールが困難なもので、次のいずれかに該当するものを3級と認定する。この次のいずれかとは・・1.内因性のインスリン分泌が枯渇している状態で、空腹時又は随時の血清Cペプチド値が 0.3ng/mL 未満を示すもので、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの2.意識障害により自己回復ができない重症低血糖の所見が平均して月 1 回以上あるもので、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの3.インスリン治療中に糖尿病ケトアシドーシス又は高血糖高浸透圧症候群による入院が年 1 回以上あるもので、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの上記いずれかに該当すれば、3級と認定されますポイントは、3級が障害厚生年金にしかない等級であるという事です障害年金の種類には2種類ありましてそれが、障害基礎年金と障害厚生年金こちらを振り分けているのは、初診日に加入していた年金制度による違いです初診日に加入していた年金制度が厚生年金の方は障害厚生年金、国民年金加入中(年金未加入の20歳前・60歳以上65歳未満の方も含む)の方は障害基礎年金です(参考記事:「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の違いは何ですか?)私の通院歴を例にとると・・私が1型糖尿病を発病した時期は小学校2年生の頃。初診日は小学校2年生時になりますこちらを上記「年金制度」に当てはめますと、初診日は年金未加入の20歳前従って請求する年金の種類は障害基礎年金となります障害基礎年金で請求を行われる方の場合、2級以上に該当しなければ障害年金の支給を受ける事が出来ません3級相当の障害状態では受給権を得る事が出来ないのです認定基準上、症状・検査成績及び具体的な日常生活状況等によっては、さらに上位等級に認定すると規程されてはおりますが・・実際のところ、糖尿病単体で請求する場合、3級に認定される事がほとんどです糖尿病性合併症(人工透析導入後か、それ以外の併発したご病気)で2級以上に認定された方はいらっしゃいますが・・基本的に糖尿病単体で請求を行い、2級以上に認定されるのは厳しいと考えます(ちなみに私も障害基礎年金での請求になるため、障害年金の支給を受けておりません)障害基礎年金で受給権を得るのは、障害厚生年金よりもハードルがかなり高くなるという事を押さえておいていただければと思います今日のまとめ障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金の2種類がある糖尿病単体で請求する場合、3級に認定される事がほとんど3級で障害年金の受給権を得られるのは、初診日において厚生年金に加入していた方に限られる以上が今日のブログでお伝えしたかった事になりますざっくり説明させていただきましたが、いかがだったでしょうか専門用語も随所に登場したので分かりにくいところもあったかと思いますもし今日のブログで気になる点・不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいね障害年金を検討されている同病の方に必要な支援が届く事を願っております・・障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!相談対応無料!)お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加申し込みはこちら ----------------------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net----------------------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 03Oct
    • 10月の定期検診&人工肛門・常時自己導尿施行中の方の障害年金請求事例紹介の画像

      10月の定期検診&人工肛門・常時自己導尿施行中の方の障害年金請求事例紹介

      こんにちは社会保険労務士のまいです10月1日、定期検診のため病院へ今回のA1cは・・6.1%まずまずの結果です比較的安定した状態と言えるでしょうか貧血の状態もフェリチン(鉄)の値がかなり改善5月から服用している鉄剤の効果が表れているものと考えられますあとは・・ChE(コリンエステラーゼ)肝臓で作られる酵素の一つです。数カ月前の定期検診で医師からChE低下の指摘がありまして以来ChEもチェックするようになったのですが、現状これだけ改善傾向が見られません相変わらず低下傾向にありますう~ん悩ましいですね医師からは、「これ以上、下がり続けるようであれば1度精密検査をしてみる必要があるかと思いますが、今はまだ様子見で大丈夫ですよ。」と言われてはいるものの・・正常値でないというのが、どうも気になってしまいます今回の結果について母親に伝えたところ、サプリメントを摂取してはどうかと勧められましたサプリメントかぁ・・いや、それはちょっと出来ることならサプリメントに頼る事なく改善させたいと思っているんですよね母親からのアドバイスは嬉しかったのですが、じゃあ早速やってみるかという気にはなりませんでしたひとまず肝機能向上のために日常生活で出来る事を取り入れてみようかなと考えていますそれでも良くならなければ別の方法を試してみるしかないのですが・・ネットや本で調べながら地道にコツコツ頑張ってみようと思いますさてさて、話は変わりまして・・弊社HPの障害年金請求事例を更新しました障害ねんきんナビ札幌事例紹介今回の事例は、「人工肛門(ストーマ)造設+自己導尿常時施行」により障害基礎年金2級が認定された方のケースです「人工肛門(ストーマ)造設+自己導尿常時施行」されている方は、障害年金上少なくとも2級には該当してきます本件のように治療のため特別な処置・手術を受けた場合は原則●級と定められているものが障害年金にはいくつか存在します肛門・直腸・泌尿器の傷病に限っていいますと・・3級・人工肛門を造設したもの・新膀胱を造設したもの、若しくは尿路変更術を施したもの2級・人工肛門を造設し、かつ新膀胱または尿路変更術を施したもの・人工肛門を造設し、かつ完全排尿障害状態(カテーテル留置または自己導尿の常時施行を必要とする状態)にあるもの上記のとおり認定されると認定基準上規程されていますが、あくまでこちらは原則です全身状態、術後の経過及び予後、原疾患の性質、進行状況等により総合的に判断し、さらに上位等級に認定されるケースもございます本件は人工肛門造設後、常時自己導尿を施行されていますので、上記2級に規程されている「人工肛門を造設し、かつ完全排尿障害状態にあるもの」に該当します3級の障害状態と2級の障害状態はどのような状態を指すのかそれぞれの状態をしっかり理解しておくことが大切です本件のご相談者さまはブログを通じたご縁でご依頼いただきました本日投稿したこちらのブログも、支援を必要とされる方のところへ届くことを願っております障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!電話相談・メール相談無料!) お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加を申し込まれる方はこちら----------------------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net----------------------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 26Sep
    • 季節の変わり目と血糖値の関係の画像

      季節の変わり目と血糖値の関係

      こんにちは社会保険労務士のまいです札幌は段々肌寒くなってきました街中では至るところでトンボを見かけますし、すっかり秋らしくなったと感じます我が家では、先週からついにストーブを稼働朝方の冷え込みに耐えきれなかったもので、自然と手がストーブのスイッチへ・・そのまま迷う事なくスイッチON(笑)もうそろそろ冬支度も必要になってきますね少しずつ冬の到来に向けた準備を進めていかなきゃと思っているところですさて、季節の変わり目になると血糖値が乱れがちになりますが、ここ最近の血糖値も乱れつつあります先週は低血糖と高血糖が頻発低血糖になり注射量を減らせば200台まで急上昇逆に高血糖になり注射量を増やせば60台まで急降下アップダウンが激しい1週間でした一昨日あたりから落ち着きを取り戻しつつあるので良かったのですが・・低血糖と高血糖を短期間に何度も繰り返すような状態はあまり宜しくないですね身体へのダメージも考えますしそんなこともあって、今日は大人しく自宅で過ごそうかと考えています厚生労働省発出のパンフレット今日は自宅で障害年金の勉強です初診日に関連する問題の中でも圧倒的に多い「初診日の証明が出来ない」というご相談最近お受けしたご相談でもありまして今一度初診日に関する資料に目を通しておこうと考えました今日は初診日問題解決のための思索に時間を費やしたいと思いますでは皆さま、今日も1日楽しい時間をお過ごしくださいね最近懐メロにハマっておりましてHanson MMMBopは毎日聴いている曲です今でも全く色あせる事ない名曲爽快なサウンドが気持ちをノリノリにさせてくれます休日にピッタリな曲だと思いますので、おススメです障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!電話相談・メール相談無料!) お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加を申し込まれる方はこちら----------------------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net----------------------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 19Sep
    • CT検査の画像

      CT検査

      こんにちは社会保険労務士のまいです先日、定期検診のため病院へ行ってきました受診外来は1型糖尿病専門外来ではなく脳神経外科実は私、大学生の頃、脳血管に瘤(こぶ)が見つかりまして当時1型糖尿病を診ていただいていた医師から、「糖尿病罹患者は血管がもろくなりやすい。念のため1度CTで脳内に異常がないか検査してみようか。」と勧められCT検査を受けたところ・・前交通動脈と呼ばれる箇所に、まさかの瘤を発見脳動脈瘤・血管奇形の可能性が疑われ、2~3年に1度CT検査を行い、瘤の状態を診て貰う事になったのです今回は3年振りの検査瘤が大きくなっていないか心配していましたが、状態は3年前と変わっていませんでした担当医から、「特に今治療する必要は無いですね。」と言われホッと一安心このまま経過観察で良いそうです次回検査も3年後それまで何も起きないことを願っています今回の検査では、ちょっとしたハプニングに見舞われましたCT検査を行う前に血液検査を受けたのですが・・血糖値68と低血糖になっている事が判明しまして造影剤を使用した検査なので絶食が必須です補食することは出来ませんどうするか迷いましたが、血糖値の回復を待って検査時間が遅れるのは嫌だなと思いましてこのままCT検査を行って欲しいと看護師さんにお願いする事にしました68であれば問題ないと考えたんです低血糖らしい症状もその時は感じなかったので・・検査が無事終わった後も無症状で時は過ぎ、あっ。もう大丈夫かな~と安心しかけていた時でした会計が済み、病院を出る頃から徐々に倦怠感・頭痛の症状が現れ始めまして職場に向かう車中で症状はより強くなり、完全に低血糖症状が起きている事を自覚しました職場に着き、真っ先に行った事は血糖測定結果56あちゃーやっぱり下がっていたかー時間は午後0時を回ったところ仕事の準備の前に補食した方が良いと判断し、先に昼食を摂る事にしましたそれから30~40分経過徐々に低血糖症状が弱まり午後1時近くには完全回復ほっ良かったーその日は午後1時から変形性股関節症で人工関節置換術を受けられた方と障害年金のご面談を行う事になっていまして何とかご面談開始時刻前までには回復しておきたかったので、間に合って安心しましたちょっとヒヤヒヤした瞬間でしたね危なかったです・・CT検査前に低血糖になるとは予想外でしたこんな事もあるのですねーいついかなる時も油断は出来ないなと実感3年後の検査の時は注射量を減らした方が良さそうです忘れずに覚えておかなくては障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!電話相談・メール相談無料!) お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加を申し込まれる方はこちら----------------------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net----------------------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 12Sep
    • 今年も残り4カ月を切りました☆の画像

      今年も残り4カ月を切りました☆

      こんにちは社会保険労務士のまいです暦は9月今年も残り4カ月を切りました早いものですね新型コロナウイルスは未だ終息の気配は見られず先行き不透明な状態が続いています今年いっぱいは変化が見られないかもしれませんは~残念です~今年はじめ頃、2021年中にはコロナも落ち着くだろうと思って、友人・親戚・埼玉本社のスタッフ等、会いたい人の所へ会いに行こうと計画していたんですよね落ち着くどころか、感染爆発により、ここ北海道は現在緊急事態宣言発令中不要不急の外出を控えるよう要請され、閉塞的な生活に逆戻りこの状況だと今後も電話やZOOMでのやり取りが中心になりそうです寂しい~9月に入ってから血糖値が割と落ち着いていただけに、ショックです現時点での9月の血糖値高血糖の回数0回低血糖の回数3回と、比較的順調にコントロール出来ているんですよねこういう時こそ遊びに行ける絶好のタイミングなのですが・・緊急事態宣言中のこの状態では、遠出したくてもひたすら我慢するしかありませんものすごーく残念ではありますが、医療従事者の方々を思うとそんな事出来ないですよね仕方ないです来年こそは皆に会えると良いのですが今は只々、コロナの終息を祈るばかりですさて、今日は事務所にこもって1人事務作業を行います先日、新たに収納棚を購入しまして障害年金の請求手続きが終わった方々の資料はファイリングして保管場所に陳列しているのですが・・おかげさまで受任件数が増えて、1箇所では納まりきらなくなってきました棚から溢れんばかりのファイル類それを見ると収納するスペースが別で必要だと思いまして新しい収納棚の購入を決めたんですよねというわけで、今日は棚の組み立てを行ってファイルを整理していきたいと思いますこれでぎゅうぎゅう詰めになっている保管場所も片付くかな~見た目がスッキリすれば、気持ちもスッキリしますからね清々しい気持ちになれば、仕事にも俄然身が入るというものですでは早速作業に入りたいと思いますShania Twain - 「Up!」作業中に流しているBGMテンションを上げたい時によく聴く曲ですではでは、皆さま、素敵な日曜日をお過ごしくださいね~障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!電話相談・メール相談無料!) お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加を申し込まれる方はこちら----------------------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net----------------------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

  • 29Aug
    • 障害年金の請求事例紹介【糖尿病網膜症】の画像

      障害年金の請求事例紹介【糖尿病網膜症】

      こんにちは社会保険労務士のまいです弊社HPの障害年金請求事例を更新しました障害ねんきんナビ札幌事例紹介今回の事例は、糖尿病網膜症で障害基礎年金1級が決まった方のケースです本件は、『初診日の証明が出来るかどうか』これによって受給可否に大きな影響を与える請求でした糖尿病合併症の場合、糖尿病と診断されてから10~20年以上経過後に障害年金の請求を行う方が少なくありませんそうなると、最初の壁として立ちはだかるのが、初診日の証明初診の病院と現在通院している病院が同じであれば問題ないのですが、違う場合には注意が必要になりますカルテの保存義務は5年間ご病歴が10年以上あるような場合は、カルテ破棄若しくは廃院等で初診の病院から証明書を貰えない可能性があるからです本件もこちらに該当しました初診の時期は約20年前です初回面談の段階では、ご依頼者さまの記憶が曖昧になっている部分が多く、初診に関する明確な情報を入手する事が出来ませんでしたさらに懸念していた事が、年金保険料の納付状況保険料を未納にしていた期間が多くあった事から、仮に初診の時期が特定出来たとしても、保険料納付要件を満たしていない可能性がありました保険料納付要件を満たしていなければ、請求自体行う事が出来ませんそもそも請求までこぎつけるがどうかすら分からない難事案です先の見通しが全く立たないまま着手する事になりました予想はしていましたが、やはり初診日の証明に手こずりまして把握している通院歴から古い病院を順々に辿り、ようやく取得出来た受診状況等証明書そこには約20年前の初診に繋がるような内容は書かれていませんでしたこうなると別の手段で初診日を証明するしかありません初診日を証明する参考資料になり得そうなものを入手出来ないか、初回面談の時に作成したご病歴メモを見返していたところ・・気になる言葉を発見H●●年頃、妊娠。産婦人科の医師には自身が糖尿病罹患者である事を伝えている。ピーン!Σ(゚□゚*)!!これだー皆さん、こちらのメモから私が気づいた事がお分かりになるでしょうかヒントは妊娠・産婦人科というフレーズ妊婦さんが持っている「ある物」が初診日を証明する参考資料になるかもしれないのですがお気づきになった方はいらっしゃるでしょうか答えは・・母子手帳です母子手帳には妊婦さんの健康状態を確認するため「既往症」を記載する欄が設けられていますそちらに糖尿病に関する情報が記載されているかもしれないと考えました一縷の望みをかけ、早速ご依頼者さまに連絡して母子手帳を探していただいたところ・・糖尿病 H●●年●月●日 ■■病院受診し発覚と記載された母子手帳のお写真が送られてきましてキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!見た瞬間、ゾクッとしました母子手帳の写真に目は釘付けです急いで年金記録を確認母子手帳に記載されていた日付時点の納付状況を調べたところ、懸念していた保険料納付要件についてはギリギリ満たしている事が分かりましたすぐさまご依頼者さまに電話2人とも興奮のあまり「すごい!すごい!」と連呼してばかりいましたね(笑)まさに奇跡思わず感動で身体がふるえちゃいました(笑)母子手帳に記載された病院に問い合わせを行いましたが、カルテが存在しない事から証明書は貰えませんでしたけれど、母子手帳のみでも初診日を証明する有力な参考資料になると判断したため、こちらを添付して請求を行うことにしました結果、無事母子手帳に記載された日付が初診日と認められ、障害年金の受給権を得る事が出来ましたもう、めちゃくちゃ嬉しかったですねここまで達成感に満ち溢れた請求というのは珍しいです苦労した分、支給が決まった時の喜びは殊更強く感じられました初診の病院から証明書を貰えず難航している方は、本件を是非参考にしていただきたいと思いますもしかしたら、ご自宅に眠っている物の中に問題解決の糸口となる資料が残っているかもしれませんので障害ねんきんナビ札幌 障害年金に関するご相談を承ります(全国対応可能!電話相談・メール相談無料!) お問い合わせはこちら 障害年金の個別無料相談会を開催しています 参加を申し込まれる方はこちら----------------------------------------------社会保険労務士法人ステラコンサルティング 札幌支社社会保険労務士 吉田 まい〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1―1 SAKURA-N3TEL:011-206-6389E-Mail:yoshida@stella-sr.net----------------------------------------------お電話・メールからのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください今日もブログをご覧頂きありがとうございましたよろしければ、1クリックお願い致します  ↓にほんブログ村社会保険労務士ランキング健康と医療(全般)ランキング

topbanner