みどりの果敢な北京生活(Ameba版)

みどりの果敢な北京生活(Ameba版)

3月4日。最高温度13度。最低温度2度。空気質量指数191。

Yahoo!ブログ、忍者ブログを経て、アメーバへ引っ越し。

先週土曜日、バスを降りたときのこと。背後が車道で、バス停の先は自転車道。習慣的に右だけを見て、通り過ぎようとした。


バイクが通ることもあるから、ちゃんと確認して、その先の歩道へ進もうとした。そしたらね。左から来た电动三轮车にぶつかりそうになった。



ネットで探した写真だが、こういう車。


逆走なわけだ。私との距離1ミリ(誇張)。ギリギリでぶつからなかった。私は避けるためよろけた。贈り物に買った紙袋を二つ持っていて、それを地面にぶちまけないように、体の釣り合いをとって、どうにか立った。


文句言いたかったけど、电动三轮车は速いからね。もう遠くに行ってしまった。走れなかったし、ただただ恨みのビームを発するのみ。


腹立たしい。


その時に腰を捻った。そこから歩道橋を渡れたが、ちょっと痛みを感じた。


翌日は私達の書道展の搬入、陳列。腰は問題なく、痛みが少しある程度。


月曜日の夜。痛くて死にそう。動かなければ大丈夫だが、動くと激痛。


息子(大学の授業が今週からリモートで始まり、自宅にいる)が支えて家の中を移動。「お母さん!アレだよアレ。老人ホームにいる人みたい」。


じゃかしぃーーー!


私達の書道展の陳列は終わったが、私の作品だけ大きくて展示できない。それで小さいサイズに書き直した。書くときは大丈夫だったが、印を捺さなきゃと思ったとき痛くて動かず。


娘に指さして、あの引き出しにハンコあるからとって!違う。もっと細長い箱。違う。緑色の箱!などと、立てなかったので不自由この上ない。


翌日。痛くない。展覧会場に行って、地下鉄で帰るくらいだから問題なし。ただ腰に違和感あり。


その次の日(昨日)の夜、またまた激痛。サロンパスを貼った。湿布は中国のもあるが、私は剥がした後、皮膚が非常な痒くなるのでなるべく使いたくない。


今朝、違和感程度。歩くの問題なし。


これはぎっくり腰?病院行くもの?経験者はどうしたらいいか教えてほしい。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 


2月のあたまに中国国家博物館へ行ったことは書いた。コロナ発生後、外国人は参観できなかったが、今年1月のある日から予約欄にパスポート番号を入力できるようになった。
2月に行った時、書画の部屋が臨時に閉まっていた。前日HPをちゃんと見たのに休室であることが書いてなくてとても残念。そのあとすぐ「また開いたよー」というニュースをいくつも見た。HPにすべての作品の詳しい紹介があるのが有難い。リストと釈文などをメモしてしっかり予習して臨んだ。
 
ここは常設と特別展とたくさんの展覧会を同時開催。2月に主だった展覧会はすでに観ている。そのとき観なかった「屹立东方」展。
 
 
 
 
2分で観終わって、書画の展示へ。南12庁と言われても何階か分からない。これは3階だった。
 
 
入って、自分の資料を出す。違う。え?一つもない。えええ?というか、2年前とあまり展示が変わってない??とにかく博物館のHPに現在載っている資料は一つも展示されていなくて、目の前の作品はすべて新しいもの。白预习了。この文句は微博で@国家博物館として投稿したが、もちろん反応なしだ。
 
 
八大山人。
 
吴昌硕。
 
傅山。
 
郑板桥。
 
伊秉绶。
 
俞樾。
 
絵もたくさんある。それいがいに文房四宝も。
 
 
 

 

最後に書画の歴史のパネルもある。

 

ここ数日、ぎっくり腰気味。階段上れるときと、痛くて立てないときと。今から休むことにする。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 

 
 
 
年一回、私が主催する書道展を去年の12月に開催したが、会場の都合で急遽取りやめになってしまった。北京でクラスターが発生し、出かけないでいた時期も重なり、友人に観に行ってもらってない。それでどこか次の場所をと探していたら、「うちでどうぞ」と手を差し伸べてくれた女神あり。
 
建外SOHOにある会社で、文化講座、講演会などのイベントををおこなっているスペースがある。建外SOHOって同じ建物がたくさんあって、初めは住所をきちんと覚えていかないとどこがどこだが分かりにくい。
 
ここ!
 
赤提灯の左側。
 
入ったら和風。老板が中国人で華道小原流の師範免許所持者。ここでちゃんと華道も習える。
 
そしてこのように展示した。密だな(私はチト不満)。ダンナがやったんだけど、今回はもうこうするしかなかった。
 
今日からということになっているが、実は私のデカい作品を飾れず、ダンナがアトリエに持って行ってしまった。それで急遽小さいのを昨日書いて、今日飾りに行く。
 
第10回翠林会書展(巡回展)
会期:2021年3月2日から3月31日  10時から18時 (日、月休み)
会場:且庭人文空间(朝陽区建外SOHO西区16号楼一階)
問合せ:midoriiro★sina.com(★を@に)
 
ご高覧ください。
 
 
追:昨日会場より連絡が来て「軽く開幕式をやりましょう」。え?昨日の今日で、働いている人は絶対に来られないし、すでに用のある人だって来られない。少人数でも行うので、時間のある人どうぞ。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 

永久居留证ができましたよ」という電話で「日曜が休み。9時から5時までやっているけど、会計が閉まるので4時半までには来て」と言われた。深く考えなかったけど、早くもらおうと思って昼前に行った(昼休みなし)。
 
受領時にプリントを一枚くれて、書いてあることを一つずつ読んでくれて、言われたこと。
 
・永久居留证で10年は無制限に中国の出入国ができる。
・入境後24時間以内に公安(派出所)で住居の登記を行う。
・中国の滞在期間は一年のうち3カ月未満にならないように。
・犯罪を犯した等の場合、没収。
・氏名、国籍、職業が変わった場合は雍和宮の公安へ、職場の住所、居住所、パスポート番号、連絡先が変わった場合は北京市の出入国管理局どこでもいい。
など。
 
たとえば帰国して北京に戻ってきたら、これまで24時間以内に派出所へ行っていた。そこでは「住宿登记表」が発行されて、ビザ更新のときにそれがないとダメだった。でもその手続きをしないでもビザが更新されている人がいて、派出所によって対応が違う。ここでも「届出が必要かどうかは派出所に聞いて」と言われた。不思議だよね。アナタ方、公安でしょ?規則は統一してほしい。それの伝達、徹底はできるはずだ。書面で「住所の登記を行う」と書いてあるんだから、私は絶対にやるけどね。
 
一番最後に質問があったらここにするようにと電話番号が書いてある。係員が「この電話は繋がりにくいから、うちに電話して」と。ぷっ。
 
プリントの最後「被告知人 日期」に記入してここでの手続きはすべて終わった。しかし!ここで初めて知る。「あなたのパスポートにある居留許可を無効にしないといけないんだけど、ここではできないので、小街桥へ行って手続きして。それから派出所にも行って」。私「小街桥というのは雍和宫のところのですよね?」。「そう」。
 
ええええええええ。こんなことなら初めから雍和宫でやればよかった。私がこれまで長いことビザの更新をしてきたのが雍和宫北京市公安局出入境管理局。おととし永久居留证を取得した友人が「雍和宮は混むから、海淀区で手続きした。態度もすごくよかった」と。その人、家が海淀区じゃないのに。でもうちから海淀区はあまりにも遠い。ダンナが通州区にいるからなるべく東がよかった。
 
私は朝陽区に住んでいるが、朝阳分局外国人出入境服务大厅のアクセスは非常に不便。ダンナと行った時はヤツの車でだが、1人だと地下鉄14号線「将台」駅で降りてバス。
 
バスだと二種類行き方があるが、初めて专123に乗って「万红路动口」で降りる。工事現場に降りた感じ。
 
 
地下鉄の駅を建設中。このすぐ裏から敷地「电子城・IT产业园」に入る。この中は会社ばかり。
 
バス停から10分歩いて到着。
 
 
人がいない。空いているのはいい。態度も良い。
 
申請の際にすでに申請費として1500元を払っていて、受領時には材料費として300元を払う。会計のところへ行ったら、システムが壊れているのか、会計の人がいくらプリントアウトしても紙が真っ白。上の人が出て来て、ずいぶん待たされて(その間、小説読んでたよ)、結局は領収書は手書き。そんなに人、来ないのか。
 
目出度く受け取り、さあ昼ご飯。雍和宫の公安へ行く途中のレストランがいい。地下鉄「将台」にはインディゴというでかいショッピングモールがある。でも一軒のお店に行きたい。
 
公安のやや近いところ(それでもバスには乗る)だと798、酒仙桥、大山子で検索すればレストランは出てくる。798は美術館、画廊が多いんだけど、うちのダンナが全然行かないので、なんとなく行く必要性を感じず、ノーチェック。そしてこのあたりは12月に感染者が出たところで、なんとなく近づかないでいた。だからノーチェックだった。
 
非常に辺鄙なところにいたので、雍和宫へ行くのも何回も乗り換えないといけない。で、バスに乗って「群生记」へ向かう。バスを降りてから自転車に乗ったが、こんな低い建物が続く。
 
 
着いた!
 
 
珍菌驴骨汤+驴肉火烧」39.7元が大众点评で29.9元。
ロバの肉。スープはすぐに出された。味はちょっと癖があったなあ。火烧は結構待った。できているのを温めたのではなく、出来立てだった(から美味かった)。
 
そこからバスに一回乗り換えて、东直门で降りて歩道橋を渡る。すぐ横はロシア大使館。
 
北京の歩道橋でこんなに竹があるのも珍しい。でも竹が枯れてて可哀想だった。寒すぎるから北方で育つのは無理なんだけど。
 
自転車に乗って到着。
 
中国語で「取り消す」を「撤销」と言ってしまった私。正しくは「注销」。中国語の上達は望んでない。諦めてるから。
 
あとは派出所。これはうちのほうだし、5時までやっているから、先にカフェに行こう!「雍和宫 咖啡」で検索して「ty.cafe&space」へ。炮局胡同を西へ。
 
炮局胡同。
 
中国は生の肉を冷蔵しないでぶら下げて売っているところがあるよなあ。
 
このまままっすぐ西へ行けばいいのだが、読者のために「炮局头条」をちょっと北へ。
 
私はブログで2、3回は書いてきたけど、川島芳子が収監されていた牢獄跡。今は公交保安分公司公交公共交通の略。
 
このあたりのことは忍者ブログの過去記事へ→散歩:よう和宮から東直門in北京
日本投降后,1945年10月10日,川岛芳子作为第一号女汉奸,在北平九条胡同34号公寓被捕。先关押在孙连仲11战区司令长官部仓库内(迎宾馆),后转到炮局监狱,不久又转到宣武门外第一监狱女监三号。在监狱中,她奴性不改,经常唱《君之代》等日本歌曲以自慰。1948年3月25日,川岛芳子被处决,遗体交给住在北京的日本长老古川大航,运往朝阳门外日本人墓地火化。
 
カフェへ向かう。ここで自転車を降りて、突き当りを右へ。
 
ここが入口。
 
ここに立って後ろを振り返るとこう。
 
そんなに広くないけど、店主(1人でやってるのかな?)が「上もありますが」と言うので上がってみる。手前にカップルがいたので写真を撮らなかったが、ここでコーヒー飲むのも可。
 
下を望む。四合院で、半分以上は民宿。
 
 
 
 
澳白36元。
 
宿泊客がいないようで、カーテンが開いていた。1泊600から700元。今気づいたが、スリッパの数からして4人くらい泊まれる?
 
胡同の中のカフェはトイレがないところが多く、外の公厕へ行くことになるのだが、ここは中にトイレがあった。但し「大」禁止。
 
結構ゆっくりして、派出所へ。永久居留证を見せて、パスポートの居留許可を注销してもらうよう言う。ここでも結構待った。
 
係りの人がパソコンに入力して、「住宿登记」をやっと打ち出す。それを上の人に見せる。上の人、永久居留证を見て、「なんだ顔も名前も中国人じゃないか」。ガハハ!まわりもガハハ。
 
別にいいけど。
 
永久居留证の話、まだ続く。
 
 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 

昼ご飯は「醉得意」。

 

 
8人で219元。
 
従業員を募集していた。月3000元から。
 

食後「紫檀博物馆」へ向かう。距離は近いのだが、線路があって遠回りをしないといけない。地図アプリに載っていない近道を見つけて1.5kmくらいかな。自転車で。

 

予約は微信の「北京文博」からした。入口でまずは健康コードを、次に予約用のQLコードをスキャン。

 
ここは入場料が50元。博物館通票で2人無料。建物に入って、通票を見せると「今は無料」と知る。
 
中国紫檀博物馆是由全国政协委员陈丽华女士投资两亿元兴建的中国规模最大的紫檀雕刻艺术博物馆
 
1999年にできたとき結構話題になった。不動産で儲けたおばさんが建てた民間の博物館。
 
陈丽华,1941年出生于北京颐和园,美国佐治亚州萨凡那艺术设计学院荣誉博士。

陈丽华的富华国际集团在北京拥有数家房地产企业,包括长安俱乐部、丽苑公寓等,总投资超过35亿。2012年入选美国《时代》杂志年度最有影响力人物百强榜。

2015年,陈丽华以财富495亿元居胡润女富豪榜第一位。

2020年,以530亿元人民币财富名列《2020世茂深港国际中心·胡润全球富豪榜》第262位。

2020年,胡润研究院发布《2020胡润全球白手起家女富豪榜》,陈丽华排名第6位。 

 

入ったら金!故宫乾清宫宝座を複製。
 
 
 
4階へ行ったら展示はこれだけ。天坛祈年殿
 
建物の上部に掲げられている看板は成龙(ジャッキーチェン)が書いたものだった。
 
家具が見飽きるほど展示されているんだけど、こういう置物(?)も。かなり大きく、テーマは「西游记」。
 
これビックリするよね。
 
紫檀の家具は落ち着いた色だし、彫刻がゴテゴテしているのはあったけど、暗めの色ばかり見ていたのに、唯一ここだけ明るいお花畑。
 
タイトルが「仏教文化」。
 
 
同じ家具が複数の場所で展示されているものあり。「あれ?さっきこれ見た」。
 
写真をあまり撮らなかった。家具ありすぎ!館内の写真はここへ→四访紫檀博物馆
 
博物館を出て自転車で「高碑店古典家具」へ。
 
 
この門をくぐると両脇すべて家具屋。人が少なかった。
 
古典家具ストリートなんだが、現代モノも売っている。大众点评でチェックしていたCocept101へ。
 
一階が中古、二階が新品。

 

 

 
 

 
自転車で来た道を戻る。これらも売りもの。
 
もう一軒、入ってみる。
 
筆架(ひっか。中国語は笔架。同じ漢字)左が70元で真ん中が400元。材質で値段が全然違う。
 
 
閉まっている店も多かった。私は家具は要らないので見るだけ。でも本気で買いたい人はここはいいかも。
 
カフェに行きたかったが、このあたりはない!最寄りの駅「高碑店」から八通线に乗って西へ。八通线は地下でなく地上。
 
 
遠足終わり。

 

 

おまけ:高碑店に「东亿美术馆」というのがあるらしい。ここにメモしておく。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 

先に断っておく。ネタバレはないよ。

 

数日前、昼ご飯のときすでに観た人が数人。「まだ観てないの?」と言われ、「ネタバレ言いたいから早く観て!」と。1も2も観た私が1も2も観ていない皆さんに攻められた。まだまだやってるだろうし、「慌てない慌てない一休み一休み」という一休さんの心だったのに、急かされて「早く観なきゃ」という気になった。

 

日本語のニュースにもなっているし、私はすでにブログにも書いている『唐人街偵探3』。Wikipedia(日本語)にもこの項はあったが、邦題が「僕はチャイナタウンの名探偵」。ええええええええぇぇええええええええええ。もっと他になかったのか。だからって私も名訳思いつかないけど。

 

 

昨日の昼、中心から離れた映画館へ行ったら、私1人。マイケルジャクソンが東京ディズニーランド借り切ったのとなんら変わりない(おいおい)。始まって、広告が流れ続ける。電気は消さないし、音だけで出て、スクリーンは白。え?1人だからなめられてんの?さすがに3分経って文句言おうと出口に向かうと、出た!画面!戻る。座った頃に暗くなる。え?監視されてる?

 

適当に後ろの方の真ん中に座ったら、マッサージ機が付いている。茶色の座席は首の部分だけマッサージが可能。もちろん有料。マッサージしないなら、突起した部分は邪魔。最後列はなかったので、そこのド真ん中に座ったよ。

 

中国の俳優メインの中国映画で、探偵ものコメディ。舞台は一作目がバンコク、二作目がニューヨーク、三作目の今回が東京。今回が一番笑った。といっても1と2の内容をほぼ覚えていない。小説読んでも映画観てもすぐ忘れる。私、半世紀生きてるんだからしょうがない。もういいよ。棺桶に片足を突っ込んでるとでも両足とでもなんとでも言ってくれい。

 

以下、関連記事。

 

《唐人街探案3》取景地 | 日本“探案”之旅

日本大使館の微博。ロケ地紹介。

 

《唐人街探案3》在日本花3亿搭景,日本观众惊呼:中国人太有钱了

渋谷のスクランブル交差点で撮影許可が下りず、3億円(日本円)かけて栃木県足利市に交差点を作った。この記事に写真や絵がある。一昨年撮影が終わって、無償で現地にプレゼント。その後、ドラマやミュージックビデオで使われている。

奈飞的《弥留之国的爱丽丝》(山崎贤人、土屋太凤主演)就是在此拍摄的。

在此拍摄的还有乃木坂46的新歌MV《Wilderness world》

 

《唐探3》遭遇黑评,《李焕英》成最大赢家,贾玲对陈思诚下手?

正月映画、6日目に興行収入が45億元。大ヒットと言えるわけだが、評価はさまざまで、「途中で出てしまった。くだらない」という人も。中国には妙に真面目な人がいるんだよなー。「女装が気持ち悪い」なども。ギャグとして観られないんだろう。「站以中国的视角诋毁日本文化」とも。日本人の私が観てもそうは思わないわ。

 

五つ星の評価で「本当は星は一つだけど、長澤まさみが出たから二つだ」とか、日本の俳優、女優ファンもいる。日本ではそうでないでしょ!という部分はあったけど、日本人が撮ったのとまったく同じじゃつまらない。


そしてこの記事のタイトルにも出ている現在同じくらい話題になっている映画が『你好,李焕英』。いかにも庶民が好きそうなほのほの系?監督で自分も出ている喜劇女優贾玲は私は好きなので、是非映画館で観たい。

 

妻夫木聡は2も出たんだが、今回は中国語の発音がずっと良くなっていた。相当特訓したんだろう。

 

主演の1人、王宝强は女好きの役だけど、1に出ていた阿香佟丽娅だったと今頃知る。名前は知っていたけど、私は普段、中国のドラマ、映画観ないから。2020年(今年じゃなくて去年ね)春晚の司会をやっていて、「きれいな人だなー」と思った。そして今年、『唐人街偵探』シリーズの監督である陈思诚の奥さんだと知る(3には出てない)。実生活ではダンナが浮気して夫婦の危機を乗り越えたなんて記事も見た。

 

エンディングその1はマイケルジャクソンの歌が流れたが、中国の歌にすればよかったのに。エンディングその2は「《酷你吉娃》东京」という歌だった。動画ここ南征北战が作詞作曲で歌っている。ku ni ji wa tokyoはないよなー。この人たちもっといい歌たくさんあるのに。

 

 

他人に提供した歌。

 

私は49元だったけど、100元以内で観られる。中国にいる人はどうぞ。そして日本でも、、、いつか放映される??

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 

 

この度めでたく「永久居留证」を取得した。「ビザ」は中国語で「签证」。中国で外国人の滞在許可に二種あり、「签证」と「许可居留」。私は中国人の配偶者ということで「许可居留」を2年ごとに更新していた。料金は1年でも2年でも800元。「永久居留证」は10年。

 

永久居留证」の申請条件はいろいろあると思うが、中国人の配偶者の場合「中国公民或者在中国获得永久居留资格的外国人的配偶,婚姻关系存续满五年、已在中国连续居留满五年、每年在中国居留不少于九个月且有稳定生活保障和住所的」。(結婚して5年以上。連続して5年間中国に滞在。その5年は1年のうち9カ月以上中国に滞在していて、安定した生活保障と住まいがあること)

 

去年の6月に初めて問い合わせた時、「そうだ!娘も」と思ったら、「未满18周岁未婚子女投靠父母的」。18歳未満なら申請できた。私は配偶者だから申請できるが、娘は中国人の子どもだけど18歳をすぎているから申請できなかった。

 

以下、煩雑な手順と料金を書き留めておく。私は手順を書いたサイトかブログがないかと探したが、見つけられなかった。この2年で取得した友人が3人いて、彼らに直接聞いた。私が今日書いたのを見て、役に立つ人がいたらいいなと思って詳しく書くが、2021年2月に取得した私の場合であって、今後いろいろ変わる可能性があることを明記しておく。

 

手続きについて公安のHPには見つからず、ここに似た手続きが載っている。请问现在能办理外国人申请中国居留的签证吗?

 

うちは「不動産証明」がなかったのでそれがとても面倒だった。「永久居留证」を申請するくらいの人はすでに持っていると思う。不動産証明関係は赤字にした。

 

北京市公安局のHPから初审の予約。

http://gaj.beijing.gov.cn/fuwu/index.html#ywfwDiv

「外国人」→「办理外国人在华永居」

 

重要提示:目前该业务仅在北京市公安局出入境管理局和朝阳分局外国人出入境服务大厅、顺义分局外国人出入境服务大厅、通州分局外国人出入境服务大厅、石景山分局外国人出入境服务大厅、中关村外国人服务大厅受理,请妥善确认您所选择的受理单位。如您仍需了解具体情况请拨打咨询电话:84020101。

 

手続きは北京市内の以上のどこでもいい。

 

朝阳分局外国人出入境服务大厅(朝阳区酒仙桥北路甲10号院电子城IT产业园304号楼。TEL84590391 以下「公安」)へ家にあるだけの必要そうな書類をすべて持って、ダンナと行った。

 

必要書類(私の場合)

・申請日までの5年間のビザがあるパスポート(原本)とビザ

・申請表(行ってから記入)

・写真2枚2寸(インチ)背景は白か水色とCDに焼いたもの。

・結婚証

・配偶者の身分証

・公証済みの不動産証明。賃貸の場合はその証明書を公証。

・無犯罪証明

・健康診断書

・本人、配偶者の経歴(18歳から現在まで)夫婦で一枚ずつ分ける。

以上、コピーも提出。

 

③日本大使館に「無犯罪証明」申請の電話をすると、メールで予約してくださいと。

 

大使館領事部宛てにメールで件名は「無犯罪証明の予約」。本文に氏名、携帯番号、パスポート番号を明記。以下の写真3枚を添付。

・パスポートの顔写真の欄

・ビザの欄

・結婚証

 

大使館はこの手続きを毎日行っていないので、予約できたのは申込みから一週間後だった。予約日に行くときの必要書類。

・パスポート(結婚証発行時のパスポートも)

・結婚証

・申請用紙は大使館所定。本籍を書くので「番」か「番地」かなど正確にメモしておく。

 

<在中国日本国大使館>

旅券、証明等受付時間: 月~金 9:00~12:00、13:00~17:00

TEL:010-6532-6539/2628(旅券・証明・戸籍・国籍・在外選挙)

E-mail:ryoji@pk.mofa.go.jp 

 

④銀行へ行き、10万元以上の6カ月定期の預金証明を発行。

 

⑤日本大使館へ行き、無犯罪証明(日本語は警察証明書)の申請。申請書記入、指紋押捺など1時間かかるが、即日発行。大使館は受け付けるだけで、実際に発行するのは日本の外務省で、それを日本の中国大使館が公証する。日本にいれば自分で出向くが、東京華僑総会が代理業務を行う。

 

⑥大使館に教えてもらった東京華僑総会へ電話。メールするよう言われる。メールするとすぐ返事が来る。

 

日本大使館に警察証明書(無犯罪記録証明書)を申請

   ↓

警察証明書が発行され、外務省に届く

   ↓

東京華僑総会が代行して、外務省の受取、中国ビザセンターにて認証

   ↓

認証後に発送

 

申請料(普通申請) ¥16,000円

郵送費(1回分)  ¥2,000円(中国)

 

〒104-0061 東京都中央区銀座8−2−12 TEL;03-3571-7611

 

⑦華僑総会へ、パスポートの顔写真のページと認証申請書をメールで添付して送信。

 

不動産証明申請のためにダンナが奔走開始。

 

日本大使館で同一人物証明申請→2日後受領

・結婚証受領時のパスポート

・現在のパスポート

 

北京双雄对外服务公司で公証

 

・銀行預金証明、銀行カードを持って公証申請→1週間後に受領

・パスポートの译文公证申請(急ぎで当日もらう)

 

⑩日本大使館で同一人物証明受領。受け取り証はなくパスポートのみで受領。

 

北京双雄对外服务公司で銀行の公証を受領。

 

北京市朝阳区不动产登记事务中心にて房产证を受領

 

⑬華僑協会よりメール。「外務省から警察証明書が届いたので送金するように。コロナの影響により手続きが遅くなっている」と。

1通常申請の場合 手数料¥18000(郵送費込)

2特別申請の場合 手数料¥26000(郵送費込)

 

⑭入金

 

海关总署(北京)国际旅行卫生保健中心のHPから健康診断の申込み。

http://www.beijingithc.org.cn/m?xwl=bithc/bithc_web/bithc_content&second_id=004B2MWLW1S9B&barId=&second_is_form=0&level=3

 

海关总署(北京)国际旅行卫生保健中心(东城区和平里北街20号)へ行き健康診断。

持ち物はパスポート、カラーの顔写真2寸2枚、背景は白。空腹で行く。

 

⑰健康診断の結果が郵送される。

 

⑱東京華僑協会からの無犯罪証明(EMS)届く。

 

⑲公安に電話で申請予約。

 

⑳公安に提出しに行くも、書類が足りない(無犯罪証明の翻訳がない)と言われる。

翻訳会社へ翻訳注文。公安に電話して予約する。

 

㉑公安へ。すべて受理されるが、今の居留許可がもうすぐ切れるので、更新したら新しい「住宿登记表」を持ってくるよう言われる。

 

㉒提出。無事受理される。

 

㉓公安から電話がかかってきて「你的绿卡下来了」。事前に行く日程を連絡するようにと言われる。

 

㉔受領。(持ち物はパスポート、住宿登记表、現金300元)。

 

 

申請から受領まで5カ月ちょっと。申請のときだけ配偶者も一緒に行く。それ以外は自分1人でいい。

 

<費用>

・顔写真45元+25元=70元を60元に値切った。娘が

・東京華僑協会へIP電話 2.76元

翻译护照140元+40元(当日受け取り)=180元

・银行存款证明,译文相符(200+80)×2=560元

日本大使館同一人物証明130元

・無犯罪証明26000円

・健康診断496.7元+送料30元

・無犯罪証明翻訳180元

・申請費1500元

・受領時の材料費300元

 

 

 

 

 

 

 

 

自分におめでとう!

 

 

 

 

2に続く。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 

たびたびコメントをいただく「イエスちゃん」さんのコメントを一部コピーさせてもらう。青部分緑色は私。

 

安いツアーで、しかも、参加者が私一人でした。仏像を見る旅。北京の中国人ガイドが、寝台車に乗せてくれ、車中泊で、次の洛陽で別の中国人ガイドが受け取るというように、まるで自分が一個の荷物になったの様なツアーでした。

 

私が一人旅をした1992年(北京で語学留学時)、北京から寝台列車に乗って、周りの中国人とおしゃべりする。と言っても中国語レベルも低かったし、20代だったし、まわりから見たら「この子、一人で大丈夫か?」と思われただろう。襄樊に着いて、私が降りるとき、向かいの若い夫婦も降りる。そこで降りないおじちゃんがその夫婦に「この子、頼んだよ」って。駅を出てミニバス(以前の北京でいう小公共汽车)まで私を送り届けてくれた。ミニバスに私が乗ったら、その夫婦が運転手に「この子は◯◯で降りるからよろしく」と。感謝の言葉しかなかった。


列車中で初めて会った中国人に、「給料はいくらかを質問された」のです。カルチャーショックでしたね。しかし、人物評価なのかも知れない。優秀な人物ならば、給料がきっと高いだろうと。


中国は広いです。安いツアーだから、移動は全部列車でした。「軟座」も、三等の「硬座」の寝台も、いろいろ経験しました、列車内で「中国製の大きなカップラーメン」も食べました。なんと、「列車内のストーブ」で「実際に火を燃やして」、お湯を沸かして作っていました。火事は大丈夫か?という日本人としての感覚、心配。


周りは全部中国人で、そこに「日本人が一人、投げ込まれた形」なので、向こうとしては「珍しい動物」が来たという感じで、初めて直接触れる外国人、それも日本人、寝台列車で長時間で退屈だから、いろいろな交流が発生します。カルチャーショックの連続でした。

 

当時の留学生同士でよく話したのが「どこへ行っても聞かれることは同じだから、紙に書いておきたいくらい」と。列車に乗っている時間は長いから、しゃべる時間が長い。留学生とわかると質問攻め。

・どこの出身?

・中国に来て何年?

・何を勉強している?

・日本では何をしていた?

・給料はいくらだった?

・親は何をしている?

 

見事に同じようなことを聞かれる。90年代初頭は外国人に会ったことがない中国人が非常に多く、珍しかったんでしょう。言葉が通じない時は筆談。そうすると「漢字が書けるのか!」と感動される。おまけに「字がきれいだーー!」とまで。

 

給料を聞かれるのは人物評価ではないと思う。

 

私は中国に来る前に東京の日中学院で半年週三回、中国語を学びに行った。掲示板に先生の月給一覧表が張り出されていて、ここは中国か!と思ったものだ。中国は元は100%共産主義で、みな同じような給料だったから発表できたんだと思う。さすがに今は中国でも張り出すところもないだろう。

 

現代はこんなに貧富の差が出ちゃっているが、それでも給料は聞く。北京でタクシーに乗っていて「日本人の平均月収がいくらか」と聞かれたことが何度もある。先にまず私のを聞かれるのだが、私はサラリーマンではないので収入はないと答えてからの質問だ。

 

お金のことを話すの、日本人は、特に東京人は、嫌だよね。これも最近友人と話したばかり。「聞かれたら、外国人にお金のことを聞くのは失礼だ」と習慣を教えてもいい。答えなくてもいい。

 

先日も書いたとおり、こんな何十年も北京に住んでいる私でさえ、まだまだカルチャーショックを味わう。



追加:うちの子が小学生の時に友達のお母さんに「このうちいくらで買った?」ときかれた過去記事。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 

 

中国語は上達したい。私の体から出て来たくせに(おいおい)、うちの子達、5歳で私を超した。私はあと20年くらい生きるんだろうか。余生、通訳、翻訳を仕事にすることはありえない。書道でしょ。仕事なら。それに中国語力が足りなさすぎる。

 

勉強はずっと地道にしている。でも最近気づいた。暗記できないから上達しない!

 

毎日中国語のニュースを読み、中国で出版された書道の本も読む。わからない単語、読めない字は調べてノートに書くが、「これ辞書引くの(今時はネットでだが)百回目?」ってな感じで、勉強する意味はもはやないのでは?時間が無駄?

 

2秒悩んで、「上達しなくても勉強はしよう」。そう決めた。これ以上レベルアップしないけど、別に困らない。日常生活はまあまあ困らないし、中国語で講義しろって言われたらどうにかなる。もういいでしょ。

 

断捨離してるんだけど、家にある本で絶対読まないのは処分。中国で買った中国語の辞典捨てた。成語字典も子ども達要らないって言うから捨てた。捨てた本はゴミ収集のおじさんが売るに違いない。

 

本を整理していて、ブログのネタにもなるし、これで勉強しよう!と今年から読み始めたのがこの本。日语词组与句型手册,中国农业机械出版社 1985年に北京で発行されている。5元。安っ!

 

 
でも買ったのは長沙。1人旅行に出たのが留学しているときで1992年かな。一番後ろにハンコが捺してあって「长沙市袁家 新华」だけ読める。当時はこうやってハンコを捺していたのか?お金払った証拠?北京の本屋ではそうしていなかったけど。
 
 
で、内容ね。日本語で五十音順に語句があり中国語訳が書かれている。誤植多すぎ!点がないとか、漢字変換ミスばかりでなく、そもそもその日本語は聞いたことないぞーってーのもある。これで真面目に勉強する中国人がいたらすこぶる気の毒。
 
ちゃんとしたところの方が多いので(あたり前でしょ)、自分の覚え書きとしてノートに書き留めている。これ400ページもあって、絶対使わない、絶対覚えられないのはパス。
 
ノートには以下の三種に分類している。
 
① 誇張抜きで百回は見ているのに、意味もわかるが、中国語を話す(書く)ときに絶対に出ない言い回し(緑色)
 
② 覚えらたらいいな
③ へん
これは「へんてこ」なヤツ。ブログネタとしか言いようがない。
 
余りほど割り引くものだ 要打很大折扣
いい心が前をする 作好精神准备
言うこともずばずば言うしやることもばかりやる 敢说敢干
幾つ不足している 少了几个
いろいろな方面がある 很复杂
上を下へ 底翻上,天翻地覆
う(よう)としている 正要,正想
麗しいご機嫌 高兴
お互いは内輪のものだ 都是自己人
おちゃっぴいさいさいだ 好说好说,好办好办,易如反掌,小事一段
意思が悪い 心术不正,心肠不好,居心不良
お天道様が見てござる 苍天有眼
男を拵(こしら)える 养汉,有情夫
一昨日来い 滚开,滚蛋
恩を仇 恩将仇报,以怨报德
会計が許さない 花不起,负担不起
 
お腹よじれる!
 
おちゃっぴいさいさいだ
 
おちゃっぴいさいさいだ
おちゃっぴいさいさいだ
流石にここでやめておくわ。気に入りすぎでしょ、アタシ。
 
 
 
まだ「か」までしか見終わってない。これから楽しみだ(おいおい)。
 
 
 
 
 
 

おちゃっぴいさいさいだ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ 

 

 

 

 

 

 

 

毎年一回私が開いている展覧会は、今回は見知らぬ中国人の経営するカフェで、壁があるという理由だけでそこに決めて、飛び込みで入って交渉して開催したが、途中で「カフェの一部を会社に貸すので」と中止にさせられた。レンタル料はその分返してもらったけど。

 

予定より早く終わってしまったことを知らせないといけない。微信朋友圏に「由于场地的原因,书法展不得不提前结束。昨天已经是最后一天了,谢谢大家的关心。」と書いた。そしたら「うちでよければ使ってください」。捨てる神あれば拾う神あり。

 

陳列作業はダンナ。まずは私だけが行って話をつけてきて、春節でアトリエに行った時に話した。現在掛軸がかかっているのだがその写真も見せた。

 

ダンナ「おまえたちはなんでいつもカフェとかこういうところでやる!なんでちゃんとした美術館でやらないんだ!」。

 

 

カフェでは縦に二つだけだったが、それでも左右に動いてしまうので、許可を得て、後ろに画鋲を刺して額を止めていた。これからやろうとしているところでは縦に四つか五つ並べないといけない上に、壁に画鋲が刺せない。ダンナ、怒る。

 

私以外は書家じゃないからね。美術館、画廊を借りたらかなりの費用がかかる。作品は小さいし、大がかりじゃなくていい。書道を学ぶにはいい環境の国に生活して、日頃の成果が発表できればいい。

 

ダンナは自分が画家であり、自分の展覧会なら展示条件のあるところできちんと展示する。書道愛好家の展示であろうと、自分が陳列するから、ちゃんとやりたい。

 

とにかく「现场」を見ないとなんとも言えないので、先週連れて行った。アトリエから車でやってきて、午後1時半にここに来て私をピックアップし、2時にあちらに着くことになっていた。

 

その日、昼ご飯を食べ終わって洗い物をしたら、シンクの水道が詰まった。それで上がって来て見るだけ見てもらって、2時にはあちらに着いて見て来て、修理のためにまたここに戻ってもらえばいいと思った。

 

そしたら「すぐ終わるから今やる」。えええええぇぇぇぇぇえええええ!すぐ終わる」。すぐに終わらなかったよ。終わらないよね。先方には「家の修理が始まって2時半から3時になります」と伝えた。これ以上は遅れることはできない。もっと遅れたら困る。ヒヤヒヤした。途中何度も私が「ここまでにしよう」と提案したが、顔が般若。顔に全部出るから。

 

約束の時間を守れないのは今に始まったことではない。飛行機に乗る時間なら絶対に守る。奴にとってはこういうことはどーでもいいと思っている。それが家族、親戚ならいいよ。相手はこれからお世話になる人なんだよ。

 

結局、無事修理が終わり、3時前にはあちらに着いた。ダンナ、見る。奴は興味のないことは本当に興味もないし、おべっかも使わない。これは私の展覧会であるし、見たらすぐ帰ると思った。社員の1人が案内してくれて、ダンナが「你是东北人吗?」と聞き、そうだと知る。自分も東北人だということから、ありえないくらい喋る始める。どこの大学だ?何を専攻した?ここは何をしている会社なんだ?ここ、いくらで借りてる?

 

出ました!初対面で「いくら?」。結婚何十年?私、まだこういうの慣れない。というか、一生慣れなくていい。私の中の日本人の部分はちゃんと確保しておかないと。

 

一階だけでなく二階もあるんだけど、一通り見て、さあ帰るかなと思ったら、ダンナが「喝点茶吧」(お茶を飲もう)と。いやいや、ここは茶館じゃないし、厚かましくも「淹れてくれ」と言っていることになる。私がペコペコ頭を下げて、「本当にこの人不礼貌ですみません」と詫びる。私をカッと見て、あちらに「こうやって俺はいつも虐げられている」みたいなことを言った。いやいや、一緒に住んでいないしー。そもそも、虐げられているのは大和撫子のアタシの方だしー。

 

社員の女性がちゃんとした中国茶の淹れ方で出してくれる。淹れている時にダンナが「これはなんのお茶?」と聞いたら、彼女は丁重に頭を下げて今話せませんって顔をした。ダンナ、目を丸くする。私が察して「真剣に淹れている時に話しかけるもんじゃない」と言う。ダンナ「そんなお茶淹れるくらいで」。

 

ぶっ飛ばすよ。このやりとりでアンタと彼女の人種が違うことくらいわかるでしょ!

 

結構長くおしゃべりしてたんだけど、ダンナはノリノリだった。たぶん単なる飲食店でなく、文化を展示するのにいい環境だと判断したからだと思う。3月が会期で話を進めている。乞うご期待。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ