酔っぱライターの酒日記

お酒にまつわる日々のできごとをつづります。


テーマ:

門前仲町の「酔月」は、

江戸三大祭りで知られる富岡八幡宮の近く。

 

粋でいなせな店長の武田さんは、

地元出身で、子供の頃は神輿を担いでいたとか。

 

壁には新潟のカップ酒がズラリと並んでいます。

「すべて1個500円です。50種類あったのですが、

糸魚川の火災で加賀の井が焼けてしまったため、

現在は49種類ですけど」

と武田さん。

 

カウンターの上には、

飲兵衛御用達の酒の肴が短冊に書いてあります。

う〜ん、どれも美味しそう・・・。

 

一品目は、銀鱈の刺身。

通常煮たり焼いたりする銀鱈を、あえて刺身にしました。

これをワサビではなく、柚子胡椒でいただきます。

脂が乗った白身はクセがなく、

柚子胡椒が味を引き締めます。

旨い!

 

迎え撃つのは雪紅梅のカップ酒。

味がありつつスッキリしているので、

銀鱈の脂を洗い流してくれます。

 

次はクリームチーズの粕漬け。

やや甘めでコッテリしてます。

 

合わせるのは真野鶴のカップ酒。佐渡の辛口本醸造です。

これがすごくスッキリで、まるで水のよう。

濃厚で甘めのクリームチーズには、

こんな辛口の酒が合いますね〜。

スイスイいっちゃいます!

 

最後はお腹にたまりそうな、

牛すじとマッシュポテトのグラタン風を。

牛すじはコンビーフ状になるまで煮込まれていて、

デミグラスソースに旨味が溶け込んでいます。

グラタンといっても重たくなく、

酒のあてとして秀逸な出来映えに感動!

 

お酒は、カップ酒以外のお酒も充実していて、
新潟以外のお酒や吟醸酒もあるということなので、

千の福をチョイス。純米吟醸です。

広島の酒なので、新潟の酒とまたひと味違い、

お米の旨味とやさしい甘さがありますね。

これがデミグラスソースやチーズにぴったりなんです!

 

聞けばカウンターの中の板前さんは、

これまで和食や洋食を作ってきた本格派。

どうりで料理が旨いはずです。

 

カウンター限定で

ホタルイカや鮭とば、タタミイワシなどを炭火で焼く

「七輪炙りセット」もありますから、

おひとり様でもじゅうぶん楽しめますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

酔っぱライターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります