人間世界には上下関係というものがある。
動物世界にもある。
その世界に順応できない動物が単独行動をとるのではないかと思う。

人間世界では、
生まれた時から『親子関係』
学生時代は『先輩後輩』
社会に出れば『上司部下』『年功序列』

上司部下の関係は、会社に入らず経営者になれば関わらなくてもいいものだけど
それ以外の3つは自分が嫌だと言っても、日本で生活していると必ず付いてくるもの。

全てが悪いものではなく、先に生まれて先に経験しているものがいるということは、自分がゼロから学ばなくとも教えて貰える、世話を焼いてくれる、アドバイスをくれるという有難いこともある。


厄介なものだなーと思うのが
「〇〇しなさい」という命令系のものだなと。

これは
親が子に
組織のトップが部下に
先生が生徒に
年寄りが若者に

よく使われる。

言われる方も慣れるとなんとも思わなくなる。

でもね、
「〇〇しなさい」は楽なのである。

考えなくていいから。

圧力と恐怖と窮屈さを感じることも多々あるけど
楽なのである。

「〇〇しなさい」と言われると
「〇〇しなければならない」という考えがほぼ必ずセットになっている。

「~ねばならない」なんてことはひとつもない。

そこには「したい」「したくない」という自分の感情がない。

でも先述の関係では
「したくない」が言えない状況が多い。
それを言う時は環境を変えないといけなくなるから「~せねばならない」と我慢せざるを得なくなるんだと思う。

歳をとって、昔自分が人生の先輩といっていた年齢になった今だから思うけど、
親も上司も人生の先輩も、自分より経験の少ない後に生まれた人を育てようと思うなら、「〇〇しなさい」ではなく「〇〇したほうがいいと思うけど、どう思う?」と自分で考えるように声をかけるべきだと思う。

とは言え、みんながみんなそう思ってそうする訳では無いし、できる訳では無いし、する必要があると思っているとは限らない。

だから
後に生まれた者も自分で「なぜ?」と考えるクセをつける必要があると思う。

昔、「会社に言われることに疑問を持ちなさい」という社長の元で働いていた。
だがしかし、「〇〇しなさい」「〇〇しないとダメでしょ」という人だった。
まあ、大きな会社になればなるほど、一つ一つの意見を聞いてたらキリがないんだろうけど。

今思えば矛盾してるなーなんて。

でも私もそうだったなーって思う。
今の考えがあったら、もっとスタッフが楽しく働ける環境を作ってあげれたかもなー。いや、一緒に作れたかもなー。


「なぜそう思うのか」
「なぜそうしたいのか」
「なぜ」
「なぜ」
「なぜ」

死ぬまでその疑問を持っていたら
毎日が同じと感じる退屈な日はなく
毎日が気づきと学びのある楽しい日になるんではなかろうか
と思う。



なぜそんなことを私は書くのか。


自分の今の価値観を自分で客観的に認識するため。
書くことで思考を整理するため。
自分が意識するため。
書くことが好きなため。
それぞれの年齢に必要なことはいくつになっても必要なことだから。

私は私に言っているのである。

「なぜ?」と考えよう。

〇〇しなさい怪獣がどれだけ身近に居るか観察してみよう。




14ヶ月もこちらを更新してなかったわー。
IDとパスワード、ちゃんとメモっててよかった。

ファンデーションは塗らなきゃいけないものだと思っていた20代30代前半。
のぺっとした肌が綺麗だと思ってたし、やはり多少は欠点を隠してくれてた。と思ってた。

ニキビもあり、運動で日焼けもしていて、キレイとは程遠かったなー。
歳をとる事にニキビはできなくなり、屋外での運動も減り、肌の調子はよくなってきた。

40半ばの今が一番いいんじゃなかろうかと思うほど。
え、小じわとか小じわとかタルミとかはいまのほうがあるけどさ。

日焼け止め(下地)塗ってー
リキッドファンデ塗ってー
もしくはパウダーファンデーション塗ってー
最後にテカリ防止の粉はたいてー

その上に
眉毛、アイシャドウ、マスカラ、チーク、口紅……

お金かかってたわー(笑)

ファンデーションなんて1ヶ月か1ヶ月半でなくなるしさ。
4000円前後するしさ。

クレンジングに洗顔に化粧水に美容液に乳液……

1個3000円で計算して、
3ヶ月もつとしても、
基礎化粧品と言われるやつに15000円。
肌に塗るヤツにと言われるやつに9000円。
3ヶ月で25000円もお金かけてたのー?!

昔の私に言ってやりたい。

何もしない方が肌は綺麗になるよ。

こすらない方が歳をとった時に小じわやシミやたるみになりにくいよ。

こすらないってことは、できるだけ触らないってこと。

洗う時もこすらない。
ファンデーションはできるだけつけない。←肌を触るから。
付けるものも化粧水と保湿ものだけ。←触らないため

若い頃お金をかけるのは
付けるモノと見えるモノだった。
化粧水とか美容液とか
ファンデーションとかアイシャドウとか。

今は逆だわー。
今使ってるものでいちばん高いものは
多分クレンジングかな。
落とすものはいいやつ使った方がいいのはホント。体験より。
化粧水も高いけど、保湿効果高いから使うのはそれ1本のみ。だからコスパ的にはクレンジングが1番高いと思う。

ファンデーションは使ってないし
色物は無印とかネットで安めのやつ。
(百均とか安すぎるのは怖いから使わないけど)

それだけでなんの問題もなし。

日焼け止めとアンチエイジングのための美容液は海外輸入もので1個千円前後。
それも問題なし。
ちょっとテカッても成分がいいやつを使ってる。でも安いのよ。

歳とともに
化粧をしなくなり
化粧品にお金をかけなくなった。

これ、ミニマニストっていうのかしら?(笑)


歳をとって化粧品を減らして1番わかったこと。

誰も私の肌なんて気にしてない!!

まじウケるけど、ホントの話。

ファンデーション塗ってても塗ってなくても何にも言われないし。
そもそも気づいてもないと思う。
というか、興味が無いと思う。

まぁ、特別肌が綺麗だったら「綺麗ねー!」とか「何使ってるのー?!」とか言われるんだろうけど、フツーです私の肌。
多分人並み。年相応。

今思うとお金もったいなかったわー。

化粧品のCMとか
雑誌の特集とかに踊らされてたんだと思う。
〇歳のうちにこれしとかないと危ないとか
シリーズで使わないと効果がないとか
美容液使わないとダメとか
えとせとら……

ファンデーション使わないだけでお金の節約になるし、時間の節約にもなる。

化粧時間が急げば10分くらいで終わるし。


化粧品カウンターのおねーさんは、元々肌が綺麗な人なの。
CMの女優さんはエステやらお金かけてるの。
そもそもその化粧品使ってるかもわかんないし。
(女優さんのメイク担当してる人に使ってないという裏話も聞いたことある)

この年で分かるのは、誰の目を気にしてたかってね、同性の目。
女友達の目を気にしてただけ。
だって好きになる異性は化粧してる私も化粧してない私も特に態度変えなかったし(笑)

自己満足だよなー化粧って。


そんなことにお金かけるより、いろんな世界を見るためにお金を使った方がいい。
旅行に行くとか、
ちょっとお高い宿に泊まりに行くとか、
頑張って有名なお店にご飯食べに行くとか。


今そんなことにお金を使うのが楽しみになって、もっと若い頃からこの価値観を持ってたらよかったなーなんて思う。


化粧は自己投資ではなく自己満足。

本や映画や食べ物や体験は自己投資。


自分が大人になったら
自分が大人に言われてたことを言ってるわ。

「お金無くても時間があるうちに、たくさん旅に行っときなー」


残りの人生で今日がいちばん若いから
私ももっと自己投資するぞー。


マイナスの現状を

プラスにしたかったら

まずマイナスを把握して

マイナスをゼロにすることが

一番にすること。

マイナスがゼロになって

初めて希望のプラスへの道を考える。

そうじゃないと

どんなに頑張っても

頑張りをマイナスがどんどん吸っちゃって

頑張っているのに成果が見えなくなって

力尽きてしまう。

まずはマイナスをすべて把握すること。

現状把握。

みたくない部分

認めたくない部分

隠れているものを引っ張り出す作業。

それをしなきゃ進まない。

それをどうしたいのか

どうするために何をするのか

全て書き出す。

 

ここまで書いてて思った。

 

自分の内面を変えるのと

お金の問題を解決する過程は一緒だわ。

 

image

ヨーコです!!

 

フェイスブックなどではお知らせしてたんですが

 

お引っ越ししました!

 

こっちをブックマーク等に登録して

今後ものぞいていただけると嬉しいです( ^ω^ )

 

https://www.takaseyoko.com/

 

 

どうぞよろしく!!

 

image