心と身体を元気にするホリスティック小児科医 眞々田容子

心と身体を元気にするホリスティック小児科医 眞々田容子

症状は身体からのメッセージ。〝心と身体をつなげる医療〟心のケアをして、根本から身体を元気にしていく医療をしています。ご家族がお子さんのケアができるようにサポートします。笑顔で元気に過ごせますように♡

東京都台東区蔵前四つ葉クローバーこどもクリニック四つ葉 院長の眞々田 容子です。

病気だけを診ていくのではなく、病気になる原因(食事・生活習慣や心の状態など)にもアプローチしていけるクリニックを目指します。西洋医学だけでなく、カウンセリングやヒーリングなどいろいろな角度から病気を捉えていく勉強をしています。心と身体をつなげる小児科医として、子供たちが輝ける未来を作っていきたいと思います。

院長娘は中学生ですが、まだぬいぐるみが欲しいようです。
サメちゃんを買いに、IKEAに行きました。
行き帰りは、車内で他愛もない話しや歌を歌ったり…大笑いしながらウシシ
でも、子育てここまでくるまで、色々ありました。
親の価値観を押しつけてしまったり、
親の基準で子供を評価してしまったり、
しつけと厳しく怒ってしまったり…
娘は私からの重圧で、小学生の時にチックになってしまいました。
親としてちゃんと育てなくちゃ!と気合いが入り過ぎていて、
その頃は、親子で笑う余裕なんてなかったです…ぐすん
そこで、初めて自分の子育てを振り返り、
娘が娘らしくのびのび生きていけるように、
私の親としての役割を修正していきました。

もちろん悪い事は悪いで話しますが、
今では基本的に娘の意見を尊重して、サポートする感じですウインク
子供は子供なりに、日常生活や集団生活から学んでいます。
親からみると失敗な事も、子供にとっては成長に必要で、
そこから自分で考えるようになります。
紆余曲折な子育て!みんな、そうだと思います。
親っていつも子供の事、想っているわけで…
だからこそ辛くなってしまう時もある。
そんな時は、クリニックにお話ししに来て下さい♪

スタッフ皆、子育てしているので、悩みの答えはでないかもしれませんが、
気持ちに寄り添いながら、一緒に考えることは出来ますから☆




 

6月から集団生活が少しずつ始まってきましたね。

 

慣らし保育や分散登校なども終わって、通常の生活に

 

戻りつつあります。

 

みんなあれだけ長い間外出もままならず、自宅にいたので、

 

集団生活に行くこと自体が、子供たちには負荷になっているのを感じます。

 

中2の娘でさえ、登校自体で疲れるみたいで、

 

床で転がって寝ていたりしますアセアセ

 

登園しぶりやメンタルからくる頻尿の相談も増えてきました。

 

まあ、大人でも数か月自宅にいて、急に出社しましょう!

 

と言われると辛い・・・ですね。

 

集団生活では、自分の思うように・・・とはいかないので、

 

子供たちはやはり気を遣っています。

 

帰宅後は、その反動でわがままに思えてしまうことも

 

あるかもしれません。

 

でも、”疲れたよ!”の表現だと思いますので、

 

そこは怒らずに気持ちを受け止めてあげてください。

 

集団生活や習い事などに行きたがらない、辛そう・・・

 

でしたら、そこは休憩を入れながら、今は無理をさせずにです。

 

そこで、”わがまま”言っちゃだめ!”となってしまうと、

 

子供たちは、気持ちを受け止めてもらえなかったと、

 

次は身体の不調、言動の荒れなど、さらに大変な表現に

 

なってしまいます。

 

日常生活のリズムを徐々に慣らしていってあげると、

 

疲れなども少なくなってくると思います。

 

わがままやメンタルの不調、登園・登校しぶりも

 

減ってくると思います。

 

今は、帰宅後には自由にさせてあげてみてください。

 

親子でのんびりと笑って生活していると、

 

生活リズムがスムーズに変えていきやすいですよ。

 

ママもあせらずにね!大丈夫!!

 

(私も含めて~!自分にも言っています!!ウシシ

 

もし、心配なこと、不安なことがあったら、

 

クリニックに相談にいらしてくださいねキラキラ




早速のお申込みありがとうございます!

 

当院では、お子さんと一緒に過ごすお母さんの心が

 

軽くなっていけるように、診療や健診などでも

 

スタッフ一同心がけております。

 

その取り組みのひとつがこちらの企画キラキラ

 

以下まりさんからのメッセージです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来院されるお母さんたち、

 

疲れが溜まっている感じだけど、大丈夫かな?

 

何か抱えているかな?と感じる事が多々あります。

 

受付の時点から、お母さんの気持ちが少しでも

 

軽くなるように、笑顔で対応させていただきます。

 

スタッフ皆子育て中なので、お母さんたちの疲れは

 

よく分かります。

 

子育てのこと

パートナーのこと

仕事との両立のこと

家庭のこと

ママ友のこと…などなど…

 

いろいろな理由があると思います。

 

でも、そのモヤモヤを抱えたままだと、

 

お母さん自身も壊れてしまうし、

 

お子さんやパートナーにもネガティブな影響が

 

出てきてしまいます。

 

でも、安心して話せる場所って、なかなかないですよね?

 

「そんな事話したらどう思われちゃうかな?」

 

「こんな事聞けないよね?」

 

「みんなこんな時どうしているのかな?」

 

気軽にお話しできる場があれば、

 

もっとお母さんたちの気持ちが楽になるのでは?

 

と思い、子育てお茶会をスタートしました!

 

ピアサポーターとして、受付のまりさんがリードします。

 

(ピアサポーターとは、同じ立場の人がサポート

 

する。という意味です。)

 

まりさんは、3人の子育てをしていて、

 

上のお子さんはもうすぐ成人になります。

 

同じお母さんとして、いろいろな悩みを感じ

 

試行錯誤しながら、子育てを経験されてきています。

 

 

安心して、心に引っかかっている事、お話しして下さい。

 

どんな事でも大丈夫ですよ🙆‍♀️

 

のんびりと、お茶を飲みながら、

 

まりさんとお話ししませんか?

 

お母さんの気持ちが今よりも軽くなったり、

 

子育てのヒントがみつかると思いますニコニコ

 

 

クローバークローバークローバーまりさんの子育てお茶会クローバークローバークローバー

 

【日時】2020年6月25日(木)13時30分ー14時15分

 

【場所】クリニック待合室

  

【人数】2→1名様

 

(お子様連れでも大丈夫です。他の方のご配慮お願い致します。)

 

【費用】500縁(当日現金でお支払い下さい。)

 

【キャンセル】お問合せフォームからメッセージいただくか、クリニックにお電話ください。

 

【お申込み・お問い合わせ】

https://pro.form-mailer.jp/fms/9b6a558c125586

 

お待ちしております乙女のトキメキ

先日、看護師みずほさんのバースデーパーティーをしましたバースデーケーキ

みずほさんのリクエストで、チキンナイフとフォーク


そして、大好きなチーズケーキとプレゼントは、

サプライズでラブラブ

束の間のパーティータイム、楽しかった〜

みんなでお祝いできて良かったルンルン

左から、受付まりさん、看護師みずほさん、私

こんな感じでアットホームなクリニックです。

患者さんが受診して、

ホッと安心して…気持ちが軽くなって…

帰っていただけるよう、皆で取り組んでますルンルン

みずほさんは、4人(中学生から保育園)、

まりさんは、3人(大学生から中学生)、

私は、中学生の子育て中です!

みんなママだから、子育ての楽しいも

シンドイも経験していますよほっこり

ちょっとしたコト、こんな相談いい?という事も、

お気軽に相談しに来て下さいねニコ




最近多いご相談が、あせも!

まだ6月なのに、この暑さ…

暑くなってきてから、首や背中などに

毛穴に一致した発疹が出てきてませんか?

私は肌が弱いので、汗の刺激はテキメンです。

なので、予防にコレをはたきます。

ガラス瓶に入れて、フタにクレイを少量とり、

パフで首や脇などパタパタしますニコ

患者さんにもよく紹介するのですが、

すごく好評ハート

赤ちゃんから使えて、お母さんも

クレイ洗顔やクレイパックにも使える!

私は、朝クレイだけで洗顔するようになってから、

吹出物が出来なくなりました。

クレイは、リピートされる方がほとんどかなキラキラ

是非試してみて下さいね。