よこがわ歯科のブログ

よこがわ歯科のブログ

広島市西区横川町の歯科医院「よこがわ歯科」の公式ブログです。
お口や健康に関する情報から、医院の日常まで幅広く発信していきたいと思っております。


テーマ:

抜歯やインプラント治療に使用可能な超音波ボーンサージェリーを導入しました。

 

 

用途は色々ありますが、主な用途は手術で骨を削る事です。

超音波であるため軟組織を傷つける事なく操作が可能なところで、これまでの回転切削器具であるタービンやエンジンとは異なる特徴です。手術の予後が良好なことも大きなメリットとなっています。


テーマ:

こんにちは😄

歯科衛生士の三分一です。

 

最近暑くなってきたと思ったら、肌寒い時もあり、気温の変化についていけません💧みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

時の経つのは早いものですね。あっという間に、一年が過ぎていくと感じます。

 

実は今年の春、よこがわ歯科が開業して15年目になりました✨今まで頑張ってきて良かったなぁと思います💮

 

 

これからも、今の私に出来ることを探しながら、みなさんの健康を支えるお手伝いができればいいなと思ってます。お役に立てるように頑張りますので、よろしくお願いします😌

 

 

またこの度、糖尿病療養指導士の資格を取得することができました👍🏻

 

 

糖分の取り過ぎに気をつけてても、

疲れたときは誘惑に負けますよね😅

 

今や、社会病と言われている糖尿病は、歯周病と深く関わりがあります。歯周病の予防に力を入れていくと同時に、糖尿病の予防について一緒に考えていきます❗️


テーマ:

皆さんこんにちは。
歯科衛生士の内海です。
あっという間にゴールデンウィークが終わりましたね💦
皆さんどのように過ごされましたか?
ご旅行に行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

旅行と健康寿命についての興味深いデータがありました。
(健康寿命とは健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間の事です。)

60歳以上の方に
"生きがい(喜びや楽しさ)を感じる時はいつですか?"という質問をしたところ。
“旅行に行っている時”
と答えられた方が
38%で第4位という結果がでたようです。



旅行が健康寿命の延伸や脳機能低下の予防になることが分かってきたそうです。


そして、
生きがいを感じる時の第3位と第5位は
“食べる”です‼️

健康寿命と歯の本数も深い関わりがあるんです‼️
80歳で20本歯がある方は食生活にほぼ満足することができると言われています。
そして、
歯の多い人ほどまたはすでに自分の歯を喪失しても入れ歯等で、口腔機能を回復できている方は認知症になりにくく、転倒も少ないという結果がわかってきています。歯が多く残っていることや、すでに喪失していても入れ歯等で口腔機能を維持することは要介護になりやすい疾患を予防し、健康寿命を伸ばす可能性があります。


健康寿命を伸ばし、これからも旅行🚅や趣味🏌🏽‍♀️、美味しいものをたくさん食べて😋
生き生きした生活を送っていきたいですね😊!
そのためにも定期的なメンテナンスや日々のセルフケアでお口の健康を維持させていきましょう!



先日行った愛媛の下灘駅…
夕日がとても綺麗でした🌇
 


テーマ:

こんにちは!よこがわ歯科の伊藤です!
ようやく春らしくなってきましたが朝晩はまだ少し冷えますね。
みなさん、体調などは崩されていませんか⁇

先日、約3年間働いてくれたよこがわ歯科の元気っ子の受付さんが退職されました。



春は出会いと別れの季節でもあります。
メンバーが1人減っても今のメンバーで元気いっぱい頑張って参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


テーマ:

みなさんこんにちは😊歯科衛生士の藤岡です!

4月に入り、暖かい日が増えてきましたね☺️

 

先日お休みを頂いて、医院のスタッフでスケートとお花見に行ってきました🌸

天気も良く、平和公園は桜がちょうど満開でまさにお花見日和でした😄🌟

とても楽しかったです!

 

 

 

さて、春になるとピークになるのが花粉です😫

 

花粉症は若い人に多く、年齢と共に症状が緩和されると言われていますが、最近では高齢者の方にも増えてきているみたいです。

 

花粉症の主な症状の中でも、鼻水・鼻づまりにより、鼻呼吸が難しくなり口呼吸が多くなると、お口の中が乾燥しやすくなってしまいます。

また、花粉症の薬の中には副作用として、唾液の分泌を抑制するものもあり、さらに乾燥しやすい状態になるようです😣

 

お口の中が乾燥している状態が続いてしまうと、唾液による洗浄作用が悪くなり、食べかすやプラークが歯に残りやすくなります。

さらに、抗菌作用が低下し、お口の中で細菌が繁殖しやすくなることで、口臭の原因になったり、虫歯や歯周病にかかりやすい環境となります。

 

整った口腔内の環境をキープするには、なるべくお口の中の乾燥を防ぐことが大切です☺️

そこで、今回はお口のトラブルを防ぐ5つのポイントをお話します😊

 

 

1.よく噛んで食べましょう!

ひとくち30回を目標に、よく噛んで食事をしてみて下さい。キシリトールガムも唾液がたくさん出るのでオススメです👌

 

2.唾液腺マッサージをしましょう!

唾液腺を直接刺激するので、唾液の分泌が実感できます。

 

 

3.舌の体操をしましょう!

唾液腺マッサージと合わせて行うと効果的です👌

 

 

4.お口の潤いを保ちましょう!

こまめな水分補給を心がけましょう。口腔内に直接塗るタイプの保湿剤などもあります。

 

5.念入りに口腔内をケアしましょう!

お家での毎日の歯磨きはもちろん、歯科医院でのプロフェッショナルケアも受けて頂くことで、お口の中の清潔を保ちましょう。

 

 

詳しいお話や、その他お口の中で気になることがあれば、お気軽にスタッフまでご相談ください☺️


テーマ:

こんにちは。

よこがわ歯科受付の三木です。

 

やっと暖かくなってきましたね。

よこがわ歯科の受付のお花も春らしくなりました。

 

 

ピンク色のアルストロメリア(百合水仙)です。

毎週色んなお花を置いていますので、目に留めて季節を感じられてみてはいかがでしょうか(^ ^)


テーマ:

こんにちは。

院長の三分一です。

 

2018年も2月も中旬となりましたね。

それにしても、私の個人的な感覚ですが、あっという間に1か月がすぎました。

 

さて、今私が仕事で力を入れていますのは、口腔疾患と全身疾患との関係の他に、人の体にとって好ましい機能(呼吸、嚥下、咀嚼)の改善をしていく事です。

歯科医であれば、むし歯や歯周病を治療して治療後は良い状態をキープできるように管理していく事は、当たり前の時代になってきました。

 

これからは、成長期(5歳から12歳)であれば、顎骨の成長を促し、口呼吸から鼻呼吸できるように、舌の位置も管理する事が必須となります。

 

また、嚥下や咀嚼は顎の関節の動きと噛み合わせの調和が非常に大事になります。

それは骨格によっても違いがあり、色んな角度からの診断が必要となります。

色々する事はまだ沢山あります!

 

それとお知らせですが、今年の2月20日より、

広島高等歯科衛生士専門学校の臨床自習場に当院が指定されました。

診療中ではございますが、歯科衛生士学校の学生の指導を行いますことにご協力の程よろしくお願いします


テーマ:

こんにちは!歯科衛生士の三分一です。12月になりましたね☃️これから何かと忙しくなる時期ですが、気合いを入れて頑張ります👍🏻皆さんも、体調管理にはお気を付けくださいね😌健康第一で、今年を乗り切りましょう‼️

 

 

ところで、健康と言えば・・・歯と繋がる話があります。皆さんもTVなどで、「歯周病と全身疾患」について耳にされたことはないでしょうか?

 

歯周病はお口の中の細菌が原因で起こる病気です。口の中がネバネバする、口臭がする、歯ぐきが腫れて出血する、歯がグラグラするなどの症状が起こります。そして最後は歯が抜けてしまいます😩

 

 

その上、歯周病は全身の健康と、深く関わりがあります。

 

①誤嚥性肺炎

②糖尿病

③心内膜炎

④低体重児出産・早産

⑤骨粗鬆症

⑥がん

⑦関節リウマチ

⑧認知症 

など

 

 

歯周病菌によって歯肉に炎症が起きると、歯周ポケットと呼ばれる溝から細菌や、炎症の場で作られる物質(サイトカイン)が歯肉の血管を通じて血液に流れ込みます。これが全身の組織や臓器に影響を与えると考えられています。

 

歯周病にかかっていても初期の段階では自覚症状はほとんど無いので、早めに歯科医院に受診することをおすすめします。定期的に健診を受け、毎日の歯磨きを丁寧にすることは、お口と全身の健康を保つため大切ですよ🤗


テーマ:

みなさん、こんにちは!

よこがわ歯科の伊藤です。

紅葉の綺麗な季節になりましたね。

11月に入り急に寒くなりましたが、風邪などはひかれていませんか⁇

 

今年に入り、よこがわ歯科では新たな検査をいくつか導入しました‼︎

以前にもご紹介させてもらったSMTという唾液検査咬合(噛み合わせ)を調べる検査など。

今日ご紹介させてもらう検査は「舌圧」を調べる検査です。

 

「舌圧」とは口の中に取り込んだ食べ物を上顎(口蓋)の前方部とで潰す力の事を言います。

舌圧の基準値よりも低ければ正しく機能しているとは言えず、機能の改善をしなければならない対象になります。

舌圧が低いと高齢の方だと食事の際にむせる、食べこぼしなどをして十分に栄養が取れず低栄養に陥ってしまう、若年層であれば不正咬合・歯列不正など口腔機能の低下がみられたりします。

 

舌圧は身体の筋肉と同じ様に、「筋トレ」ならぬ「舌トレ」をすることによって鍛えることができ、鍛えられることで機能改善する事ができます。

 

まずは自分の舌圧がどのくらいなのかを調べるものが「舌圧測定器」になります。

 

 

 

測定器の先に装着するバルーンという部分を咥え、5秒間舌の力を使って押し潰し、舌圧を測定します。

押し潰した時の最大圧を記録し、調べていきます。

 

 

最大舌圧の基準値を下回ると「舌トレ」が必要となります。舌のトレーニングに使われるものがこちらの「ペコパンダ」というトレーニング道具になります。

 

 

 

このトレーニングを1日3回、週3回以上行います。

ペコパンダも硬さが5種類ありまずは柔らかい物から使用し、徐々に硬い物へと変え筋力をアップさせていきます。

 

 

食事の際のむせや嚥下障害のある方、歯列不正や矯正治療をご希望の方など、舌圧を一度調べてみませんか⁇

ご興味のある方はお気軽にスタッフにお声を掛けて下さいね。


テーマ:

こんにちは(^^)

よこがわ歯科受付の三木です。

ようやく朝晩涼しくなって秋の気配が感じられるようになりましたね。

 

さて、以前まで、車で来院される患者さんには、横川駅のロータリーにあるスワロー駐車場と駅前駐車場をご利用いただいておりました。

が、今年初めにスワロー駐車場がなくなってしまいました。

 

そこで、よこがわ歯科では、近隣のコインパーキング等の駐車場のご利用もご提案しております

 

ご利用の駐車場の駐車券をお持ちいただくと、1時間分のお代金として300円をお渡しします。ご利用された方はお気軽に受付にお声がけください。

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

夏バテは秋に出るとも言いますし、気温の変化で体調を崩されないようお気をつけください。

元気に味覚の秋、行楽の秋を楽しみましょう~(^^)

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス