【小説】ひとり日和 | 本を片手に街に出よう
2007年02月17日

【小説】ひとり日和

テーマ:Book Review


青山 七恵
ひとり日和

 限りなくフツーっぽいかわいらしさが魅力の綿矢りさの車内広告につられ、思わず買ってしまった文藝春秋 2007年 03月号
 そしたら第136回芥川賞の受賞作全文掲載じゃないですか。

 で、何はともあれ読みました。

 全体をユルユルでダルダルな感触で覆われ、何とも言えないアンニュイな魅力がありますね。
 でも20歳女性の持つ、きめ細かくて内向的な感性の鋭さをひしひしと感じます。
 ゆっくりなんだけど、痛いパンチを食らっているような。

 実際、電車を降りて、食事をしようとファミレスに入ったのですが、しばらく注文を忘れて読みふけってしまいました。

 ところで文藝春秋のほかの記事で「芥川賞10大事件の真相」というのがあったのですが、興味深かった。

 あの松本清張も受賞してたんですね。後年のイメージから考えると、ちょっとびっくりです。

 というわけで、ひとり日和、ナニゲに単行本買うより文藝春秋を買ったほうが安かったりするのですが、三連休の中日で何もすることがない、みたいな、そんな日に読むと限りなく時間の進みが鈍化して、いいかも知れません。


人気ブログランキング 直木賞は該当なし!クリック! | 他の記事も読む!

yokさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。