ようのブログ
  • 20Oct
    • パラグアイ議会、統一教会所有の土地の接収を決議

      http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/354.html投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 10 月 10 日 19:04:02: SO0fHq1bYvRzoパラグアイ議会、統一教会所有の土地の接収を決議少し前のニュースなのですが、去る9月23日にパラグアイ議会下院は、ブラジルとの国境に近いプエルト・カサド村の統一教会所有の土地を接収することを決議しました。これは南米の通信社Agencia Pulsarが伝えたもので、すでに南米の多くの情報誌や環境団体の機関紙などに掲載されています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・http://www.agenciapulsar.org/nota.php?id=5919Diputados aprobó expropiación a la Secta Moon23/09/2005【記事の概要】パラグアイ下院は統一教会(スペイン語でSecta Moon)所有の5万2千ヘクタールの土地に対して土地撤収法の適用を決定し、プエルト・カサド村の住民はこの結果を歓迎した。去る8月5日には議会上院でも可決されており(40名の賛成、39名が欠席)、プエルト・カサド村の住民は「村の解放」として祝賀し、村の代表フランシスコ・ドリ氏は「今日は特別の素晴らしい日だ」と語ってパラグアイ社会にその感情を伝えた。この土地撤収計画の推進者である議員のホセ・ニコラス・モニリゴは、「この論争になった土地は単に経済的な価値を超えた値打ちを持っているが、多くの人はこのことを理解していない」と語っている。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さて、文鮮明、というよりラムズフェルドとブッシュは、これに対してどう行動するのか、パラグアイの土地接収に対してどのように軍人と準軍人、諜報工作員を使って対応するのか、注目しておく必要があるでしょう。(参照)http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/233.htmlパラグアイの水資源と土地を買い占めた文鮮明を護衛する米軍派遣、勿論麻薬がらみ投稿者 サラ 日時 2005 年 9 月 11 日 03:42:03にほんブログ村

      NEW!

      テーマ:
  • 18Oct
    • 【台湾が韓国を嫌う理由】

      586 :神も仏も名無しさん:2013/03/06(水) 12:04:56.12 ID:kq05Sp42【台湾が韓国を嫌う理由】1972年、日本は中国との国交正常化を図るため台湾との断交を行いました。この時、「旧友への裏切り行為だ」と当時の韓国メディアは一斉に日本批判を行いました。しかし、日本は台湾との断交に際しても政府間レベルでの協議を続け、台湾側と断交後の政治的交流が途絶されても民間交流は続けるとの約束を行い、実際にその約束を両国は履行してきましたところが、その韓国自身も1992年に中韓国交樹立を図る事になりますが、驚いた台湾政府はこの中韓国交樹立の直前に韓国が台湾と断絶するのではないかと察し、韓国政府と幾度となく交渉を行ってきたが韓国側の答えは「断交などあり得ない」というものでした。その上、韓国は断交を阻止したいと願う台湾の弱みにつけこんで、国際市場で人気がなく売れなかった韓国車を五万台も台湾国民党政府に脅迫まがいに無理やり買わせるという、ゆすりたかりを働きましたにも関わらず、韓国は全くの「不意打ち」「だまし討ち」で突如、台湾との断交に踏み切ったのです。韓国は1963年、はじめて経済開発五ヵ年計画を開始したときも、まっさきに資金援助したのは台湾だったのにこのときの韓国メディアの論調は恥知らずにも「我が国(韓国)の見事な作戦により台湾にその意図を察知されずに断交が行われた」などという記事を誇らしげに掲載していたのです韓国の台湾に対する「いじめ」はこの後もエスカレートしていきます。アジアスポーツ大会の主催国争いにおいて、台湾が韓国に権利を譲らなければ大会から台湾を追放すると恫喝したり、国際会議では「台湾は国家ではないので参加させない」と台湾の大学生を閉め出すなどの行為をおこないました。また中国政府の支持を受けて、国連やIMFなど台湾の国際機関への加盟に反対しますさらに、経済失政の元で韓国がIMF管理下にはいると、なんと台湾に対し「両国間の国家改善のため」というあまりにも自分勝手恥知らずな理屈を理由に100億ドルもの資金援助を求めたのですにほんブログ村

      4
      テーマ:
    • パラグアイの水資源と土地を買い占めた文鮮明を護衛する米軍派遣、勿論麻薬がらみ

      http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/233.html投稿者 サラ 日時 2005 年 9 月 11 日 03:42:03: qRuhp5/W./QMw今や統一教会の教祖様はパラグアイの王様!当然ブッシュ家もハリバートン様も関わっております。The Moon King of Paraguay: Protected by U.S. Troopshttp://www.waynemadsenreport.com/august1-24.htmAugust 9, 2005 -- U.S. base in Paraguay established to protect Sun Myung Moon's water and land resources. With U.S. troops currently protecting Halliburton's oil operations in Iraq and the CentGas pipeline in Afghanistan, U.S. troops are now being sent to Paraguay, complete with immunity from criminal prosecution by Paraguay or the International Criminal Court, to protect the millions of acres of Paraguayan water and land resources bought over the years by religious cult leader Sun Myung Moon. It is not coincidental that Moon's Unification Church has many followers within the Bush administration. Last month, 500 U.S. troops arrived in Paraguay to expand the Mariscal Estigarriba air base to handle large U.S. military transport planes. Moon's land acquisitions in Chaco Province are just north of the huge Guarani aquifer, one of the world's largest sources of fresh water. In addition, Moon has acquired large tracts of land on the Brazilian side of the Paraguayan border. Local villagers in Paraguay and Brazil claim that most of Moon's land acquisitions were fraudulent and illegal. Moon's World Unification Church operates in Paraguay under a corporate contrivance called the Victoria Company. Paraguay has also announced that everyone entering and leaving Paraguay will be photographed and fingerprinted. Not coincidentally, the new border control system is being financed by South Korea.There is clearly a split within the Paraguayan government, with the Vice President and Pentagon neo-con ally Luis Castiglioni negotiating, along with a majority in the Paraguayan Congress, close bilateral military ties with the United States, apparently without the concurrence of President Nicanor Duarte. It is no coincidence that considering the oil-centric Bush administration, the Mariscal Estigarriba air base is close to large Bolivian natural gas reserves in the neighboring Bolivian provinces of Santa Cruz and Tarija.The U.S. move in Paraguay comes at the same time the U.S. is stepping up its "counter-narcotics" operations from its Manta, Ecuador base and Venezuela's President Hugo Chavez is accusing the United States of using Drug Enforcement Administration (DEA) personnel in Latin America as espionage agents trying to destabilize his government. In addition, the Paraguayan military operations are seen as a Bush administration attempt to intimidate neighboring Bolivia, where MAS Socialist party and coca farmer (cocalero) leader Evo Morales is poised to become the next President in scheduled December elections after years of popular demonstrations which saw Bolivian workers and peasants deposing a series of pro-U.S. presidents. A Morales government would add another anti-U.S. and free trade government in South America, joining Brazil, Argentina, Uruguay, and Venezuela.So soon, the mothers and fathers of U.S. military personnel will be able to take comfort in sacrificing the lives of their sons and daughters for a self-proclaimed Messiah, a non-English speaking Korean who claims to have saved the souls of Jesus, Moses, Mohammed, Buddha, Stalin, and Hitler and communicates regularly with others in his departed flock of adherents, including all the deceased Presidents of the United States (who, Moon claims, appointed Richard Nixon as their spokesman from the "hereafterにほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 16Oct
    • チリ政府と裁判所は、文鮮明カルト集団の法的認可を拒否【チリは正常な国だ!】

      http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/132.html投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 4 月 04 日 09:40:49: SO0fHq1bYvRzoチリ政府と裁判所は、文鮮明カルト集団の法的認可を拒否【チリは正常な国だ!】米国アトランタで作られている電網週刊誌ムンド・イスパニコの3月31日号の記事からです。短い記事ですので全訳します。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・http://www.mundohispanico.com/paises/content/gen/ap/America_Latina/AMS_GEN_CHILE_MOON.html;COXnetJSessionIDbuild69=CQBD2QcobNTz2ddbHkfQTOgQrkZFS0fGE0mZ1ksJzRDsFDblFxv1!-528541101?urac=n&urvf=11125722272500.35043635403755924『チリ:文鮮明カルト集団の法的認可を拒否』チリ、サンチアゴチリの裁判所は、公共の秩序を考慮したチリ政府の、文鮮明カルト集団への法的認可拒否を支持した。サンチアゴの控訴審裁判が、チリ政府に対する統一教会の異議申し立てを拒否した。統一教会は文鮮明カルト集団が名乗っている団体である。チリの法務長官は、「民主主義体制の基本原則を尊重していない」また「政治的判断の手段としての暴力を明白に公然と扇動し擁護するもの」との判断から法人化を拒否した。裁判所はこの政府の決定を正当なものと認め、文鮮明カルト集団は何よりも「公共の秩序に対して相当な脅威となる結果」をもたらそうとしている、という判断をした。この教団の代表者は最高裁への上告を行うと発表している。【翻訳終り】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本の政治家も、このチリの法務長官と裁判官の程度には正論を語ってもらいたいものですね。(まあ無理かな・・・。ゼニもらってるし、女はあてがってもらってるし、ただで秘書もつけてもらってるし・・・。ついでに、「正論」などと名のつく雑誌に書く輩にしたところで、正論なんぞ言えないもんネ。)ブッシュの攻撃目標の中に、キューバ、ベネズエラ、ブラジル、アルゼンチンに続いて、チリが加えられるかな?にほんブログ村

      6
      テーマ:
    • オレは苦学生トーク強要されたよ!

      紀藤掲示板より[16712]オレは苦学生トーク強要されたよ! by.元統一幹部 2006年05月11日(木) 02時50分[16716]にゃるほろね。 by.ファン 2006年05月11日(木) 10時04分 ■たしかに奇抜な「トーク」を考えたりするかもしれない。そりゃ自由競争の社会ですから、商売人はみな工夫するわけでしょう。でも、それが統一原理とは直接何の関係もありませんよ。変なトークを発明する人がいたとしても、それを統一原理や統一教会の責任にされちゃあ、たまったもんじゃないでしょう。もしもそんなモンをやらせて喜んでいた人がいたとすれば、やらせた人もやった人も、統一原理も神の理想もさっぱり理解できていなかったんじゃないの?この苦学生トークについて説明してあげよう。1981年に原理研究会の学生が全国一斉に「安井トーク」という同じセリフで1000人ぐらいで全国隅々まで周ったのである。「お父さんお母さんが死んで、苦学生でお茶を売ってます」という内容だった。同じセリフの苦学生が何人も来るので当時大問題になり、テレビニュースになったほどだ。ぼくはその時、原理研究会本部で総務をしていたのでよく覚えているが、この命令を全国に指示したのは太田原理研究会会長である。しかし太田会長は逐次、文鮮明から指示を仰いでいたので、この苦学生トークは文鮮明からの命令であったのだ。だから、ファンは教祖の命令も無視するもので信者としては当然、失格であるが、何でも責任逃れをする最低の堕落人間である。管理人さんはこんな最低の堕落人間のデタラメな書き込みを許していていいのだろうか?管理人さんはゆるしても、天はファンを許さないから天からの裁きを待っていなさい。にほんブログ村

      4
      テーマ:
  • 14Oct
    • 正解は「日本が不法占拠」 韓国・大学入試国家試験に2問も竹島問題

      正解は「日本が不法占拠」 韓国・大学入試国家試験に2問も竹島問題【産経新聞】韓国の大学入試国家試験で、日韓の領土紛争になっている竹島(韓国名・独島)に関する問題が今年は2問も出題され話題になっている。大学入試での出題は初めてではないが、2問は異例で、韓国での“独島教育強化”として注目される。すべての大学進学希望者が受験する国家試験は「修能(大学修学能力試験)」といわれ毎年、最大の“入試行事”になっている。今年は先週、実施され、地理と近・現代史に竹島問題が出た。地理では「国土踏査報告書」として竹島や近くの鬱陵(ウルルン)島を描いた地図を示し、いくつかの文章の中から竹島に関し「国土の最東端を標示する石の前で記念写真を撮った」など正解を選ぶようになっている。また近・現代史では竹島が歴史的に「無主の島」だったとする日本の主張を批判する内容を紹介した後、「フランスが侵略し文化財を略奪した」など5項目の中から「日本が日露戦争の際、不法占領した」を正解として選択するようになっている。竹島・独島問題は過去の「修能」でも「わが国の領土」に関する問題などとしてしばしば出題され、受験生にとっては必須の知識になっている。韓国の学校では、幼稚園や小学校から「独島はわが国のもの」との教育が繰り返し行われているが、日本で教科書に竹島を含む領土問題の記述が登場すると官民挙げて激しく反発する一方的状況が続いている。危機に瀕する日本: 日韓紛争概説(パソコン向け)http://www.youtube.com/watch?v=sW4H2PGj6JU危機に瀕する日本: 日韓紛争概説(携帯向け)http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=sW4H2PGj6JUにほんブログ村

      3
      テーマ:
  • 12Oct
  • 11Oct
    • 統一協会の麻薬取引の記事

      統一協会の麻薬取引の記事紀藤掲示板より[17145]南米のブンセンメーの野望 by.元統一幹部 2006年05月15日(月) 23時53分 ■http://www.rickross.com/reference/unif/unif240.htmlIn 1999, the Brazilian federal police launched an investigation into the involvement of Rev Moon's associates in money-laundering and tax evasion, amidst accusations of drug-running. By October of that year, he had down-sized his operation in Brazil and bought land in Paraguay. According to local landowners, everything was paid for in cash, often for more than it was actually worth. [引用文]有名なイランコントラ事件の舞台となったパラグアイは世界1、2位を争う有名なドラッグポートである。武器麻薬で金稼ぐブンセンメーの目の付け所は違うねぇ~。[17133]Re統一協会の麻薬取引の記事 by.ランナー 2006年05月15日(月) 22時52分 ■>http://www.religionnewsblog.com/8660-.html統一協会が麻薬取引をしていたと記載してありますね。ホームページの紹介をどうもありがとうございます。良く調べてみます。にほんブログ村

      2
      テーマ:
  • 10Oct
    • 堕胎作業に忙しいのが一心病院か!

      紀藤掲示板より[16546]堕胎作業に忙しいのが一心病院か! by.元統一幹部 2006年05月07日(日) 07時24分 ■いやぁ、devilgate君 お早う。そういや、君も知ってると思うが、統一協会の一心病院は別名堕胎の一心病院と謂われる様に、幹部(も含む)連中のセックス被害者の堕胎作業が殆どだったそうだ。まー30も40も過ぎた野郎が若いぴちぴちした可愛い女の子を目の前に文せんめいのちんこまんこを正当化したんだと思うがな。文せんめいも過去女子大生を孕ませているからね。それも妊娠させてその場を責任逃れをしたんだ。こういうのを、本当のちんこまんこというよね。愛もないというか相手を思いやらないというか。まんこにちんこを入れるただの動物作業だよ。こんなことは人間以外もしてることだ。動物よ同じならちんこまんこをいうんだね。いやぁ動物のがましかもしれない。もっとも下劣で悪辣な行為だ。人間の尊厳を欠いている。本来は神聖なものだよね。ちゃんとしたセックスはちんこまんことは言われないはず。文せんめいは動物以下のただのちんこまんこで人間を救ってると思い込んでるどえらい阿呆だからね。一心病院で堕胎した女性達は傷つくだけ傷ついて何も救われて無いだろう。統一協会に入ったってね。だ~でも救われないってことを一心病院は証明してるようなもんだよ。にほんブログ村

      5
      テーマ:
  • 08Oct
    • ■4億組の大ほら吹き(^^) Up00/02/11

      ■4億組の大ほら吹き(^^) Up00/02/11http://homepage1.nifty.com/kito/uc.jouhou.htm 既に今回の4億組の合同結婚式自体が、大ぼら吹きですが、統一協会の機関誌「ファミリー2000年1月号」には、文鮮明の御言(みことば)として、次のような記載があります。「世界の人口が60億人になりますが、統一教会の祝福を受けた群れは4億双です。夫婦を中心として8億人であり、8億人が4人ずつで32億人です。人類の半分以上が祝福圏内に因縁を結んでいることを知らなければなりません。そこに未婚の男女を4億双まで祝福すれば、大きな問題となります。世界は今、わたしたちの囲いの圏内に入ってきて、他のところに行こうとしても行くことのできる道がないのです。あとはひたすら、わたしたちが苦労して開拓したこの道についていくしかないという、そのような実情に置かれていることを知らなければなりません。」(文鮮明氏の御言(みことば)-1999年11月8日韓国、清平修練院にて/ファミリー2000年1月号より抜粋) なんと、文氏は、今回の祝福前に、既に4億組の祝福がなされていると言っています。つまり今回の合同結婚式で、さらに4億組の祝福がなされれば、世界は統一協会について行くしかないそうです。 前提である4億組が大ぼら吹き、今回の4億組も大ぼら吹き、大ぼら吹き×2を前提にして、議論を組み立てるこの論理について行けるのが、統一協会信者です。 「8億人が4人ずつで32億人です。人類の半分以上が祝福圏内に因縁を結んでいることを知らなければなりません」という論旨も不明だし・・・・。にほんブログ村

      5
      テーマ:
  • 07Oct
    • 文鮮明の復帰の儀式に名をかりた目に余る乱脈なセックスに腹をたてた崔先吉夫人は、水晶洞教会で大暴れ

      http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/228.html   引用崔先吉夫人の大暴れそんなある日、三千浦へ李鳳雲長老が突然訪ねてきた。李長老は、「水晶洞の教会がたいへんなことになっています。崔先吉さんが、文鮮明先生が婦人の食口たちと復帰の儀式(セックス)をやっているのを見て暴れ出し、食口たちを全部、追い出してしまいました。そして、水晶洞の教会を崔さんが家財道具ごと売り払って、教会がなくなってしまい、集会もできない状態になっているのです。できるだけ早く戻ってきて下さい」と私に言った。--------------------------------------------------- あとでわかったことだが、文鮮明の復帰の儀式に名をかりた目に余る乱脈なセックスに腹をたてた崔先吉夫人は、水晶洞教会で大暴れして、女の食口たちを叩き出した。恐れをなした文鮮明は、女たちを連れてソウルヘ逃げ、清進洞に隠れ家を借りて女たちと住んだ。 しかし、そこもわずか一週間で崔夫人に突きとめられてしまった。私が釜山の専売庁支店から帰る直前、文鮮明はあわてふためいて女たちを四散させ、命より大切なはずの原理原本の草稿もそのままに、崔夫人から逃げ出したのである。 女の食口たちに囲まれて暮らすことは、つまり乱れた「女護が島」を意味する。なぜなら文鮮明を取り巻く女食口たちは、復帰原理に沿って身体を開き、再臨メシアを自称する文鮮明とセックスを最低三回はしなけれぱ、女として復帰の資格が与えられないからだ。 当時、文鮮明を先生と仰ぎ、その原理を盲信していた私は、しばしば復帰の実践現場であるセックスを目撃したり、宗教儀式にそぐわない女食口たちの、狂態や矯声を見聞したこともある。だが、あくまでもそれは、再臨主としての務めだと解釈していた。 一方で、どうしてもわからなかったことは、なぜ再三にわたって尻に帆をかけたように崔夫人から逃げ出すのか?だった。メシアなら妻の前でも堂々とやれぱよいのに、妻一人伝道できなくて、どうしてこの世が救えるのか?と疑問が湧いてきたのも事実だった。 それともう一つ。あれだけ大切な、伝道には欠かせない原理原本を放り投げて逃げ出した文鮮明に、言行不一致の疑いを持ったのも事実である。 清進洞から逃げた文鮮明は、また別の場所で女と一緒だったが、それがまたとんでもない事件に発展していくことになった。(「六マリアの悲劇 真のサタンは文鮮明だ!! 統一教会創始者 朴 正華 恒友出版」 P.81 より)にほんブログ村

      3
      テーマ:
  • 05Oct
  • 04Oct
    • 劉孝敏さん(原理講論執筆者、劉孝元さんのいとこ、三十六家庭のメンバー)の証し

      http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/224.html   引用劉孝敏さん(原理講論執筆者、劉孝元さんのいとこ、三十六家庭のメンバー)の証し文鮮明と統一協会の本質を物語る事件について、私はもう一つ臭体的なことを証言しておきたい。それは一九五五年の「七・四事件」、文鮮明と私たち幹部が逮捕された事件のことである。七月四日の文鮮明に続いて六日、私も逮捕された。逮捕理由は「兵役忌避容疑」。------------------------------------------------------------------------ところで、この「兵役忌避容疑」は、文鮮明以下の幹部を逮捕し取り調べるための口実で、いわゆる別件逮捕だったことがまもなくわかった。捜査官の質問が日を追って、妙な方向へ移っていった。「お前たち夫婦の仲はどうなのか?セックスは週に何回するのか?月に何回か?女の信者とは何回したか?…」私は「それが兵役忌避と何の関係があるのか」と大声でやり返し、捜査官と口論したこともあった。しかし、捜査官の調べは執拗で、机の上には文鮮明と女性食口たちの関係を書いた図を置き、セックス関係の確認を求めてきた。私は終始一貫、知らぬ存ぜぬで過ごしたが、内心ではその正確さに舌を巻いたものだった。留置場の中にいる私たちは、外の様子がよくわからなかったが、朴正華さんたちの隠蔽工作の結果か、調べを受げた女性たちは、「私は文鮮明先生と、やっていません」「私は夢の中で、セックスをしたように思います」などと、適当に嘘を並べていた。警察はほぼ的確に、文鮮明を巡る女性たちの相関図をつかんでいたものの、本人の親告や亭主からの告訴を得られなかったため、この件での起訴立件をあきらめた---のが真相だった。だから「七・四事件」は単なる兵役忌避問題ではなく、統一協会の奥座敷に隠されたセックス問題の捜査が警察の狙いで、統一協会の言う「何もない無実の容疑」ではなく、「危うく事実が天下に公表されるのを、免れた」のである。ちなみにこのとき逮捕された幹部の留置番号は、文鮮明三九〇番、劉孝元三八○番、劉孝永一七〇九番、私一一七五番だった。金元弼も逮捕され、彼だけが実刑の判決を受けて収監された。(「六マリアの悲劇 真のサタンは文鮮明だ!! 統一教会創始者 朴 正華 恒友出版」の、第七章 証言一私たちが体験した事実 P.263 より)にほんブログ村

      3
      テーマ:
  • 03Oct
    • 三時間も涙を流しながら話した李順哲は、文鮮明に財産も自分の身体もすべて捧げ、夫からも離婚されてし

      http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/225.html  引用 李順哲は、私が慶州の生活を清算して、釜山の水晶洞教会に行った頃、呉明春の伝道で入信することになり、文鮮明の復帰を受けてから、ずっと彼に従っていた。李順哲の夫は当時、管財管理庁の役人だった。彼女は夫に内緒でたくさんの財産を文鮮明に献金した。文鮮明がたいへん熱をあげていた頃に、私たち三人で安養、釜山などを回ったことは、すでに述べたとおりである。------------------------------------------------------ 作業が終わって帰ろうとしたとき、李順哲がいきなり訪ねてきて、自分が住んでいるところに来てくれと言った。彼女についていくと、「統一産業株式会杜」の出口からそんなに遠くないところに、部屋を借りて暮らしていた。部屋の中には、使い古した布団とくちゃくちゃになった洋服など、わずかばかりの家財道具が置いてあった。あんなにハデな生活をしていた李順哲が、なぜこのように悲惨な生活をするようになったのだろう。 私は李順哲に、どうしてこんなところに来て、こんな生活をしているのかと聞いた。すると彼女は、 「文先生に会いたくて、教会の方へ訪ねていっても、会ってくれないのです。何回行っても会えなくて、仕方なく、統一産業には文先生が一日一回は必ず来るというので、ここに引っ越してきました。毎日、文先生が来る道で待っていて、遠いところから顔だけでもうかがいたいと思うのですが、文先生は車で来るので、私が立っているのを見ると、さっと車を他の方向にまわし、違う道を行ってしまうんです」と話した。彼女はこの悲しい事情を、誰にも話せなかったのだろう。たまたま私が来ていると聞いて、私を訪ねてきたという。三時間も涙を流しながら話した李順哲は、文鮮明に財産も自分の身体もすべて捧げ、夫からも離婚されてしまった。子どもたちは夫についていき、淋しい生活をしながら、それでも文鮮明に会いたくて、ここで生活しているのだ。それなのに、文鮮明はどうして、こうも冷たく裏切ることができるのだろう。これが再臨メシアを自称する男のできることなのだろうか。私たちは手を取りあって涙を流した。 この日から一か月後に、呉明春執事から連絡が来た。呉明春がたった一人で見守るなか、李順哲はその恨みの人生を終えて、この世の中から去っていったという。 かって文鮮明は夜も昼も、李順哲なしには生きていけないような様子だったのに、今となっては、李順哲が文鮮明に会いたくて、こんな生活まで送りながら文鮮明を待っていたのに、顔を合わせることもなくあの世に行ってしまったなんて:…・。あの世で李順哲は、文鮮明をどう恨んで見下ろしているだろうか。(「六マリアの悲劇 真のサタンは文鮮明だ!! 統一教会創始者 朴 正華 恒友出版」の、第四章 犠牲にされた女たち P.155 よりにほんブログ村

      3
      テーマ:
  • 01Oct
  • 30Sep
    • 30年間統一協会牧師を務め去る1月9日の脱会した パク・ジュンチョル牧師(52歳)の話

      紀藤掲示板より[16144]文鮮明教主の虚構と現実 by.元統一幹部 2006年04月25日(火) 18時21分 ■http://www.prok.org/cgi-bin/prok_board/read.cgi ?board=prok_gijang&y_number=238原文記事責任者:イ・フンサム (midage@hanmail.net)ホームページ:http://miral.or.kr統一問題人訳:韓国版ニュ-スエンゾイ(一部抜粋)30年間統一協会牧師を務め去る1月9日の脱会したパク・ジュンチョル牧師(52歳)の話をもう一度検証してみよう。パク牧師は「30年もの歳月を文教主に騙されてきたのが悔しく虚しい」と訴え、また、「今も文鮮明の実態を多くの人々へ知らせて「わたし」パク牧師のように被害が再び起きないように努力したい」と述べている。パク牧師が統一協会を脱会した理由は、文教主が主唱する統一協会原理講論は啓示を受けたものではなく、また文教主自体も再臨主ではないとことを悟ったことが主な理由と述べた。文鮮明は統一協会教理の核心であるピガルムを通じ文鮮明の血統を受け継げば完全な救済が齎されると主張し婚外情事を合理化したと述べている。文鮮明の子供達の中に自ら命を絶ったという疑惑が出回っている事や麻薬を服用するなど人類救済理念とは全く関係のない実態を見てきたことで幻滅感を感じたと述べている。パク牧師の主張はアメリカと日本の言論界でも実際に何度も指摘されてきた内容である。まず、アメリカCBS放送は’99年9月60分のプログラムで文鮮明の長男孝進の前妻洪蘭淑女史を出演させて文鮮明一家の実態と自称再臨のキリストと称する文教主が如何に自分の不倫を正当化しているかを暴露しました。CBSは文教主の娘のムンウンジンシが文教主を「私のお父さんであるだけに過ぎない。腹違いの弟や妹がいる」と述べたインタビュー内容を公開している。文鮮明の娘までもが、「メシアとは信じ難いただの平凡な人間であり、理想的父親とは程遠い私生児までつくった男である」と報じた。日本で幅広く読者支持を集める月刊誌 <文芸春秋>は 99年 11月号記事で洪蘭淑さんの著書 「IN THE SHADOW OF MOON」の日本語翻訳版「わが父文鮮明の正体」の内容が20ページに渡り紹介され詳しい新聞論評を載せた事がある. (中略)結局アメリカと日本の言論界で共通しているのは、文鮮明一家が自分達で主張する「聖なる家族」或は 「真の父母」が如何に虚構に溢れ、文一家は平凡な家族と何等変わらず多くの問題点を抱いていると報道している。 (中略)統一協会の合同結婚は離婚と不倫のない純潔な家庭であり、真実な家庭を実現する為に重要な布教手段にもなっていますが、文鮮明の家庭自体が離婚と麻薬及び、子供の親権養育権問題で「家庭崩壊」の危機に直面する問題を抱えていることはそれと非情に矛盾していることです。(中略)長男であるヒョジン(38)は 97年 12月結婚生活 15年ぶりに離婚して飲酒運転と麻薬服用で逮捕された。(中略)文鮮明一家はこのように多い問題点を抱いていながら、文鮮明は自分たちが 「真の親」であり、祝福を通じてこの世を理想的な世界へ具現出来ると主張をを繰り返しているのです。果して、統一協会の教理と文鮮明を中心とする合同結婚が永遠に理想家庭と世界平和を齎すことができる宗教であるのか非情に疑問を唱えたいところである。 (以下略)にほんブログ村

      8
      テーマ:
  • 29Sep
    • 彼女たちは文鮮明の好色なセックスのとりこになって狂い、夫や子どもを捨てて文鮮明のもとへ走り、金や

      http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/230.html六マリアどころか六十マリア文鮮明は韓鶴子と「小羊の儀式」を行い、鶴子が真の母親だと言いふらしているが、この代表的な六マリア以外にも、文鮮明にもて遊ばれ、財産まで盗られた女性は何十人もいる。文鮮明に裏切られて捨てられ、今は六十~八十歳くらいになったおばあちゃんたちは、人生を狂わされ、恨みをかかえながら、悲惨な生活をしている。このような目にあまる行為は、人間の常識から見ても、宗教者の立場から見ても、絶対に許されざることであり、近い将来必ず、破綻をきたすことは必至だと私は思う。そして私は、文鮮明こそ本当の大サタンだと思う。なぜなら、彼が選んだ六マリアというのは皆、財産家の妻ばかりで、貧乏な人は一人もいなかったからである。その事実を考えると、「二千年前、イエスは、彼が出会った『姦通した女』『香油の女』など六人の女とセックスをしなかったから死んだ。六人の人妻を復帰するのは原理の根本である」などと語った文鮮明の話は、実は聖書を悪用した都合のいい罠ではないかとさえ思う。事実、彼女たちは文鮮明の好色なセックスのとりこになって狂い、夫や子どもを捨てて文鮮明のもとへ走り、金や財産が確実に文鮮明の手もとに集まった。そして、吸い上げるだけ吸い上げたあとは、新たに金のある女を探し出し、六マリアの名前で誘ったのである。まさにそのとおり、豊かだった彼女たちは一様にスッテンテンの裸同然となり、放り出された。そこには神の摂理も愛もない。文鮮明の色と金の欲の哀れな犠牲者の屍だけが残った。しかも年代ごとに新しいマリアを入れ換え、用済みのマリアはどんどん捨て去って、二度とかえりみないのだ。六マリアとは、恐るべき罠に落ちた女性たちの代名詞で、その裏に実は、何十人何百人という犠牲者の予備軍がいたのである。彼女たちの財産や資金がなければ、統一協会が発足し発展できなかったことは、当時を知る私が、一番の証人である。(「六マリアの悲劇 真のサタンは文選明だ!! 統一教会創始者 朴 正華 恒友出版」の、第四章 犠牲にされた女たち P.159より)にほんブログ村

      4
      1
      テーマ:

テーマ

一覧を見る

ブックマーク

プロフィール

よう

自己紹介:
ぼくは、統一教会で30年、信者でした。あるとき、「六マリアの悲劇」を読んで、天命を受けました。、「六...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス