私は統合失調症を発症し8年間薬を飲んできました。

 

しかし突然の体調不良が起きてネットでベンゾが有害だというのを知り水溶液で減薬を始めました。

 

そして筋肉が萎縮しているのに気づきました。

 

そして何が原因なのか知るためにブログをはじめました。

 

でも同じような筋萎縮を起こしている方は少なく情報はなかなか集まりませんでした。

 

しかしある方に情報をいただき血中濃度を安定させるため長時間型に置換しました。

 

でも置換した結果薬の副作用の眠気が酷くなり辛い日々を過ごす事になりました。

 

そして眠けの強さに耐えかねて一緒に飲んでいた睡眠薬やメジャーを勝手に減らしてしまいました。

 

そしてブログに書いていたように廃人のような生活になってしまいました。

 

でも自分があがけばあがくほど勝手に薬を増やしたり減らしてリすればするほどますます何が正しくて

何が間違っているのか分からなくなりました。

 

でもとにかく薬を少しでも減らしたい薬は毒だから何とかしたいと思う気持ちが根底にありました。

 

しかし冷静に考えると私の主治医は私の体が普通に生活できるようにバランスをとって薬を処方していたのだと思います。

 

そのバランスを勝手に薬を減らしたり薬を置換することで崩してしまったとのだと思います。

 

つまり薬が毒だという情報に踊らされ薬を簡単に減らしてしまう事はとても危険な行為なのです。

 

毒は毒でも体の中で機能しはじめたらそれは体の一部と同じ事なのです。

 

私は睡眠効果の強い薬に置換したので睡眠薬やメジャーなどの眠れる薬を簡単に減らせた事を喜んでいましたが

 

今度またその薬を睡眠効果の低い薬に変薬すると今度は眠れなくなって睡眠薬やメジャーを増やす事になるでしょう。

 

薬が毒だ危険だとブログで煽る行為が読んでる人の冷静な判断を狂わせ減薬減薬と駆り立て

自分で自分を窮地に追い込むことになるのです。

 

断薬成功ブログを読んで断薬できない人は羨ましいときっと思うでしょう。

減薬が順調に進んでいるブログを読んで自分も頑張ろうとするでしょう。

でもそうして知らず知らずの内に洗脳されているのです。

 

以前にも書きましたが誰もが断薬は成功しないのです。

そしてもしかしたら断薬は無理かもしれません。

私の場合ある一定量以上減らしたら内臓が機能しなくなりました。

つまり無理に減らすと生きて行けなくなるかもしれないのです。

なので一度精神薬の罠にはまったら簡単には抜け出せないのです。

 

あとはどうやって精神薬の薬害に耐えながら生きて行くか道を探るかしかないのです。

 

これは自分の体験した事を参考に書いています。