上園陽子です。

大阪でのお話会。

家族の太陽になろう♪がんばらない子育てお話し会【不登校の子供と周りとの関わり方】


講師は吉井久美子さん。

笑顔の素敵なキャリアウーマンの久美子さんは娘さんが不登校になった時の話をしてくださいました。

凄絶な体験に胸が苦しくなりました。


参加者の方々は不登校の方だけでなく、子育てに悩みのある方や子育てが終了している方など様々。

参加した想いは皆さんそれぞれですが、お子さんに対する愛情がひしひしと伝わってきました。

時々涙を流される方もいらっしゃったり。


お話の後はハンドマッサージのやり方も教えていただきました。

香りのよいアロマオイルもいただいて、さっそくマッサージ。


手に触れながらマッサージしていると、不思議と初対面の方とも話しやすくなります。

こうやって触れることで安心したり、話しやすくなったりするんですね。

アロマにも興味が出てきます。

娘にもしてあげよう。



お話会では子供をほめるということが変わるきっかけになることを教わりました。

これすごく納得です。

娘の心療内科のドクターがほめほめ日記をつけよう!と言われています。

この日記は自分をほめたたえるもので、ご飯を食べることができた!仕事に行けた!私は凄い!などの超肯定的な日記を毎日つけるというもの。

これにより気持ちが上向きになり自信が出てくるそうです。

不登校じゃなくても大人でも、ほめられるとやる気が出ますよね。

気持ちのエネルギーの水をいっぱいに満たしてあげるんです。

そういえば頭洗ってとか一緒に寝ようとかスキンシップが好きな次女。

あれはエネルギーを無意識に充電しようとしているのかもね。


娘達ほめほめ大作戦を実施したところ、さっそく効果が!!

今夜の夕食を次女がご機嫌で作ってくれました。

これをまたほめて、勉強頑張っていることをほめて。。。

そうしていると場の雰囲気がとても良くなるのを感じます。

相手の良いところを見つけようと意識するようになって。

自分も相手も気持ちよい。

たったこれだけの事でものすごい効果がある。

必要なのは、薬でもおもちゃでもお菓子でもなく、愛情をもって相手を知ろうとしたり寄り添うことなんだな。

なんだか、ワクワクするような気持ち。

乗り越えられると信じられそう。

未来が楽しみだと不登校になって初めて思えました。

吉井久美子さん、招致してくださった中尾亜由美さん、参加者の皆さま、そして行かせてくれた家族に心から“ありがとう”ラブラブ