小さな彼氏 1

テーマ:
名探偵コナンから、平和な2人の、いつも
とは少し違う2人を

小さな彼女の逆バージョンです!


小さな彼氏 1


報せを受けて、どこをどう急いだかを思
出せへん程、めちゃくちゃに走って、服部
邸に辿り着いた私

「和葉ちゃん!」

初めて見る程、狼狽えとるおばちゃん達
その背後で、布団に横たわり、物凄い熱を
出しとる平次が居た

「平次!」

熱は高く、苦しそうや

今日は、おばちゃんとおっちゃんの結婚
念日で、私と平次はサプライズでプレゼン
トを用意しててん

私がそれを取りに行き、平次は家で家事を
手伝って、おばちゃんを服部邸に置いてお
く計画やった

おばちゃんの話やと、宅配便が届いて、そ
れを受け取ろうと応対しとる時に、平次が
ちょっと待て、と言うて、おばちゃんをそ
の宅配業者から遠ざけたらしい

舌打ちした犯人が、平次の腕に注射針を刺
した、と言うた

見張りの警官が騒ぎに気がついて、犯人は
すぐに逮捕されたらしいけど、さっき、お
っちゃんから連絡があって、事情聴取直前
に自殺したらしい

おっちゃんとお父ちゃんが犯人を追ってい
るので、平次が飛び出さへんように見張り
をよろしゅう、と言う

哀ちゃんが飛んで来て、平次の治療をして
血液サンプルを採取して帰って行った

「私や工藤くんに投与されたモノをベース
に、何か手を入れて、新しい薬を作られた
みたい」

解析や分析に少し時間がかかるかも、と言
う哀ちゃんに、大丈夫やから、しっかり薬
作ってや、と頼んだ

おばちゃんを励まして、小さな平次の看病
をした

「なぁ、おばちゃん」

「何?和葉ちゃん」

「平次って、こんな可愛いかったんやな」

小さな平次の汗を拭うてあげながら、私
そう言うと、おばちゃんは笑った

そうや、可愛ええやろ?と

「和葉ちゃんやって、めっちゃ可愛いか
ったで?」

小さな平次は、一晩苦しんで、翌朝、目
覚ました

自分が小さな身体になっとる事に仰天し
ったんやけど、すぐに工藤くんに連絡して
くれと騒いだ

「それが」

電話すると、蘭ちゃんが出た

工藤くんも、ついさっき、小さくなってし
もうたらしいねん

それも、3歳くらいに

4、5歳くらいの平次より小さいらしい

哀ちゃんが診察中やって言うてたから、
大丈夫や、時間は多少、かかるかも知れ
んけど、頑張ろう、と蘭ちゃんを励まして
通話を終えた

おばちゃんが引っ張り出して来た甚平さ
を着せられた平次は、抱っこしたい、と言
うおばちゃんから逃げ回る

「こらっ!平次、静かにしなさいっ」

平次を両手で抱き上げた

コナンくんより軽いなぁ、と思いながらも
ジタバタする平次を抱えてくるくる回った
りして遊ぶ

「何や、小さくなっても和葉ちゃんか」

拗ねるおばちゃんに、平次を渡した

いやぁ、めっちゃ懐かしい、とはしゃ
おばちゃんと、真っ赤になって私を睨ん
で来る平次

「いやぁ、めっちゃ可愛ええ💕」

おばちゃんと私と小さな平次のドタバタ
な日々が始まった

to be continued 

AD