YOGAとCampとこどもの話

YOGAとCampとこどもの話

ヨーガ&キャンプインストラクター中原邦子(Qni)。

yogaの知恵を生活や子育てに
campの技を遊びに育児に生かす
楽しい子育て、ヨガ&アウトドアライフ
を一緒にやっていきましょう。

Qni(なかはらくにこ)のヨガクラス


『子連れOKのMamaYoga 骨盤肩甲骨  

 戸塚 クラス フォーラム横浜

 

   11月27日(火)

12月17日(月

  10:00-11:15


『子連れOKのMama Yoga  

 @踊場 クラス 踊場地区センター

 

   11月19日(月)

   12月 9日(日)

  ママトレ  9:20~9:50

   ママヨガ10:00~11:15

 

 

○『ヨーガ療法』クラス

   11月17日(日) 13:00~14:30 @湘南台

   ※ヨーガ療法クラスの詳細についてはお問い合わせください

 

 

メガロス相模大野

  毎週木曜日  10:10~ トラディショナルヨーガ60

            11:25~ ホットヨーガ・ビューティシェイプ45

 

メガロス町田

  毎週木曜日  13:35~ やすらぎヨーガ40

            14:40~ ヒーリングアロマヨーガ60

 

○メガロス日比谷シャンテ

  毎週金曜日  10:30~ ホットヨーガ・ビューティシェイプ45

            12:00~ ホットヨーガ・パワーシェイプ45



産後ママの骨盤ヨーガ

  フォーラム(男女共同参画センター)主催事業

   次回の開催が決まりましたら、お知らせします。

 


東京都立や区立の保健センター及び国立病院にて

ヨーガ療法士としてヨーガ療法を指導中

 



テーマ:
筑波山とキャンプはこちら① 

今までのキャンプの中で
最もといっていいほど活躍している
ムスコくんの協力のもと
チェックアウト時間より前に撤収し⛺


向かった先はここ。

そう、松ケンサンバマイク
 
じゃなくて
煙突?


ではなくて
ライティング角度のばっちりな
宇宙服が着られる


JAXAつくば宇宙センターでした。


この日はなんと
いぶき2号のロケット打ち上げ‼️

やたら協力的なムスコくんは
何よりもこれを楽しみにしていたのです☆



種子島から飛び立つロケットを
中継してくれる
パブリックビューイング
ロケットやいぶき2号、他にも搭載している
他国の衛星などの解説もあります。



みんなでカウトダウンして発射ロケット
ロケットが飛ぶだけじゃなくて
いぶき2号を切り離して軌道に乗るところまでしっかり中継してくれますニコニコ

いやむしろ、そこまで見届けてこそ 発射成功なのですね

星空少年だったムスコくんも
だんだんと宇宙少年になってきましたロケット
興味のあることを貪欲に吸収していって
嬉しい限り🌍

ロケットを見届けると
ゆっくり見学へ。
一般公開されている施設は
なんと無料!


下町ロケットに貸し出し中の
あれですね、あれ。
ぶれてる~
私の写真はロケット品質ではなかった(笑)



そして事前申込みをしていたので
一般公開されていないところへの
有料見学ツアーにも参加!

宇宙服はなんと100キロ以上もあるそうで、
無重力だから着られる衣類

そして洗濯できないから
臭くならない衣類。
宇宙飛行士の若田さんが実際着ていたやつだそう。
※この臭くならない衣類は
GOLDWIN社よりMXPとして発売されてます。

ヒマラヤ修行でお世話になりました
ほんとに臭わない~



筑波三昧1泊2日
筑波山、キャンプ、宇宙と
なかなかの充実度なのに
コストは押さえめ
楽しかったです😆
最後に月とともに三日月のポーズ🌜

テーマ:

 

筑波山を下山後

向かった先は

つくばねオートキャンプ場

 

 

車で十数分という近さ。

 

 

まずは日が暮れる前に

荷物を運んで、テント設営!!

 

 

フリーサイトを選んだのですが

管理棟、トイレ、駐車場も近くて便利でしたニコニコ

 

 

テント設営も慣れてきたムスコ君。

 

テキパキとテントを広げ

テントポールを伸ばしてくれます。

 

手伝う気のないムスメちゃんがブランコで遊んでいるうちに

 

10分ほどでテント設営完了。

風のない日だったのでペグは浅めにしています(&ちゃんと打つと引っこ抜く自信がない・・・)

 
休む間もなく、暗くなる前に

火おこし&夕食づくり

火おこしは完全にムスコくんに任せたところ

ちゃんと紙と薪をうまく組み合わせて

火を起こしてくれていました。

 

住居と火ができるようになれば、立派なキャンパーですね男の子

 

って火をつける頃にはもう真っ暗~星空

あっという間に日が沈む秋。

 

暗くなってからの夕食づくりはとにかくスピード!

どんどん寒くなる。

 

下ごしらえは簡単にかつ、子どもが喜ぶメニューをと

ごはんも炊きつつ

食材は玉ねぎを切るだけ、という手軽さから

ハヤシライスカレー

 

キャンプ場のフリーサイトだと、

テントから水場が離れていることが多い。

とすると大人が一人しかいない場合

子どもを置いてテントを離れるわけにもいかないし

全員でまとまってそちらにいくと、火やテントを放置することにもなるので

できるだけ下ごしらえや調理が手短に済むものを、と考えました。

 

 

夕食もペロっと完食してからのデザートタイムは

焼きマシュマロ

 

10月末なのでハロウィンキャンプ風ハロウィン

 

ムスコくん大好きなため、ずーっと焼いては食べつづけ、

ムスメちゃん、マシュマロを焼いては私に食べさせ、本人食わず(幼児あるある笑)

 

夜が更けてくると

朝晩の冷え込む秋は

夜露がたくさん。

あっという間に湿ってきます。

 

でもその寒さが空気を透き通らせてくれる

 

ふと空を見上げると満点の星星空

星好きのムスコ君のために

夜空が見えるキャンプ場を選んだ甲斐がありました星

 

 

 

 

翌朝6時ちょうどに日の出

 

子どもたちが起きてくる前の

 

この静寂の時間は

心の静けさを感じて、満たされた気分を味わえます。

 
 

さて筑波2日目

ささっと朝ごはんを食べて

ささささっと撤収。

 

原始的なアウトドアから離れて

ムスコくんの大好きなものを見に行きます。

 

次へつづく


テーマ:

ムスコくんの振替休日を使って

 
母&子で筑波へ
登山&キャンプしてきました。
 
 
初日は筑波山へ
秋の週末、きっと混んでいるだろうと早めに出発して
9時に筑波神社到着
 
 
まずはお参りして
いざ、出発!
 
筑波山には一気に頂上付近まで上がれる
ケーブルカーがありますが
 
今回は山登り‼️
 
白雲橋コースで女体山~男体山と
登ることにします
(とはいいつつ、4歳のムスメちゃんの体力を見ながらどこまでいけるかなー
…と考えていました)
 
 
茨城県出身の友人によると
遠足で登りにいくという山、
かつ
日本百名山なので
登山道も広々としています。
こんなことしてても他の登山者の邪魔になりませぬ(笑)
 
 
途中は弁慶七戻りという石などなど
ポイントになるような大きな岩がたくさん
 
 
そして女体山!
頂上のお社まで大渋滞・・・
並ぶと暴れ始める子どもたち。
サラッと通り抜けました。
 
ここまで地図のコースタイムで2時間のところを子どもの足で3時間半。
 やっぱり幼児の足では1.5倍かかりますね。
 
 
お昼は山ランチ🍜
 
コッヘルでお湯を沸かして
山飯定番となりつつあるラーメン。(今回はツナのせ🐟)
子どもたちもペコペコのなか楽しみにしてたらしく
あっという間に完食!
 
 ごはんで体も暖まったとこで
 
男体山に向けて再出発!
 
 
と思ったらものの十数分で
 
近いっっ!
 
 
ケーブルカーの頂上駅からだと10分で着いちゃいます。
 
 
 
 
紅葉は
 
まだまだー
一部のみ色づいてるけどほとんど緑
 
 
さて、登りはじめてここまでで5時間。
当初ムスメちゃんの体力と機嫌をみながらーと思っていたのに
終始ごきげん!
 
大人が大きな一歩で上がる岩の階段を
よいしょよいしょと
全身を使ってヒョイヒョイ登っていきました。
 
それに触発されたムスコくんも
ガツガツ登る。
 
 
変化に富んだ自然相手だと
集中力がつづき
いろんな能力を複合的に使っています。
 
どんな体操教室や幼児教室よりも
運動神経と好奇心への刺激が
高いんじゃないかなーとおもいます。
 
 
だから
男体山まで一度もイヤが出ませんでした!
 
むしろケーブルカー付近のお茶屋さんの
お土産の誘惑が……(笑)
ソフトクリームとかかえるの人形とか🐸
 
 
あまりゆっくりしていると
キャンプ泊の私たちには過酷になるので
 
下山は一気に
 

 
 5時間の道のりが
10分で終わる………
 
 
 
いやいや明るいうちに
キャンプ場へ向かいます。
 
 
 
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス