東京町田【パンツの教室】インストラクター 和田由美   [知識のお守り] で 子どもも ママさんも 笑顔

東京町田【パンツの教室】インストラクター 和田由美   [知識のお守り] で 子どもも ママさんも 笑顔

子育てに答えはない!でも、疑問や不安はついてくる。
知っていることで、なるほど〰️と思えたり、いよいよきたね〰️とドキドキする成長を楽しみにできたりします。
命のこと、自分を守るということ、体のこと、成長のこと、自分の子どもに一緒に伝えてみませんか?

子どもも笑顔 ママも笑顔

1400人の子どもたちと18年

過してきた元保育士が届ける

我が子に伝えよう性教育

とにかく明るい性教育「パンツの教室」

 

インストラクター和田由美です。

 

 

今日もご訪問いただき

ありがとうございます。
 

  
1日の終わりにのんびりと

このメールを読んでいただけたら

嬉しいです(^-^)
 


 


ではさっそく本日のお題!

 

 

初体験応援するよ

 

 

初体験

毎回毎回ドキドキしますよね

生まれてからいくつの

初体験をしてきたのでしょう

 

 

 

 

 

 

ご飯を食べる事だって

おしゃべりだって

歩く事だって

 

 

 

 

 

 

初めての日がありましたよね。

 

 

 

 

 

 

今日の初体験は

バスに子供だけで乗る!

記念日です。

 

 

 

 

 

 

 

大人にとってはね

ちょっとだけの道のり

でも

息子の心は

相当ドキドキしているんだろうな

 

 

 

 

 

 

 

ちょっぴり敏感君の息子

だから

小さなチャレンジも

富士山級に感じているかも

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中には

こんな風に

感じる子も

いるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中には

冒険大好きの子だっていますよね

お母さんにとっては

 

 

「いつまでたっても

帰ってこない」

 

 

「20分の通学路

1時間以上かけて帰ってくる!」

 

 

 

 

 

ヒヤヒヤだったり

するかもしれないけれど

私にとっては憧れでした

 

 

 

 

 

 

 

こんな風にしてみたら?

〇くんカッコいいね

やってみなよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

言ったこと

何度もあります。

 

 

 

 

 

 

 

羨ましくて

比べて

どうして我が子は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

我が子と

足して半分に出来たらいいのに

何度思ったか

 

 

 

 

 

 

 

こんなお母さんだった私

 

 

 

 

 

 

 

でもね

これも我が子の個性

言い方を変えれば

 

 

 

 

 

 

とっても慎重

 

今まで

大けがの心配なし

 

人に対しても

手を出す心配なし

 

親にとっては

とっても優しい子

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に

思えるようになりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままでいい

そのままのあなたが大好き

今では毎日伝えています。

 

 

 

 

 

 

 

1人1人

成長の階段を登る速度は違うから

そっと

見守っていってあげれば

いいんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

何歳だから

男の子だから

お兄ちゃんだから

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉は

いらなかったな~って

今は思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日の積み重ねって

凄いですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

以前だったら

絶対に「イヤ」って

言っていただろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな息子が

今日はチャレンジしたんです!

新しいことに

「やってみるよ」

 

言えたんです

 

やれたんです

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんたくさん

褒めてあげたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

小沙な小さな体験が

息子にとって、

自信に繋がりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも

小さな1歩1歩を

積み重ねていけるように

応援していきたいと

思います。

 

 

 

 

 

今日はここまで。

 

 

 

最後までお読みくださり

ありがとうございます。

 

明日も笑顔がいっぱいの

1日になりますように。

 

 

 

感謝を込めて。