東京は猛暑続きですね猛暑猛暑猛暑

暑さの表現には

猛暑、酷暑、厳暑、炎暑、極暑等色々ございますが、

今年の7月後半は大変な暑さとなる予想が出され、

どの表現を取っても一言では言えない暑さに見舞われそうでございます暑い

国内で40℃超える所も有るとの事ですが、

40℃を超えるのは、2013年8月以来5年ぶり、

7月で言えば14年ぶりなのだそうでございます。

十分に水分を摂って、熱中症対策を致しましょう・・・!

 

 

「雨に唄えば」

テーマ:

6月末に梅雨明けしたはずが、

梅雨の戻りの雨が続いております・・・雨

 

ところで、雨の日も好きになりそうなミュージカル

「雨に唄えば」カサ音譜宝塚 月組公演を

赤坂ACTシアターで観て参りましたラブラブ音譜ラブラブ音譜

往年のミュージカル映画も大好きですが、

宝塚の舞台も、本水の雨の中のタップシーン等

魅力ある楽しい作品となっていました!!

実は小学生時代から宝塚大好きだったのですが、

ここ数十年は歌舞伎や他の舞台ばかり鑑賞していました。

4月の月組公演を観て、

ウン十年ぶりに乙女心がよみがえりラブラブ!!?

どうも又暫くは宝塚にはまりそうでございますラブラブ音譜

今は月組大好きで、

次回の「エリザベート」も観る気満々でございます!!

 

映画館で、英国オペラやバレエの舞台中継を鑑賞できる

英国ロイヤルオペラハウスシーズンの話題作

バレエ「マノン」を観て参りましたバレエ

小説「マノン・レスコー」を題材にしたバレエで、

美しい少女マノンがハンサムな学生との純愛と

富豪の愛人としての贅沢な生活との間で苦しみ、

破滅する迄の悲劇ですが、

ケネス・マクミランの振付も素晴らしく

ロイヤルバレエ団の方々の芸術性と技術の高さには

圧倒されましたバレエバレエバレエ

中でも瀕死のマノンと若者デ・グリューとの

「沼地のパ・ド・ドゥ」は圧巻!!

白鳥の湖の瀕死の白鳥と言い

バレエの中では、なぜか瀕死状態が超見せ場な感じですね!!

サラ・ラム(マノン)
ワディム・ムンタギロフ(デ・グリュー)
平野亮一(レスコー)

と、日本人のプリンシパルも活躍されていました。

映画館でも、2回のインターバルが入り

一幕毎に解説やインタビュー等も有り堪能でき、

贅沢な時間を過ごすことが出来ました音譜

今後も「白鳥の湖」の最新舞台等、

魅力のステージが予定されていて

英国ロイヤルオペラハウスシーズンの映画鑑賞

これからも楽しみですラブラブラブラブ