イッピーの独り言

イッピーの独り言

ボクの名前はイッピー。11才のビション・フリーゼです。ボクが見たことや聞いたことを書きたいと思います。少し不思議なお話もたくさん出てくるかもしれないけど、みんなが気に入ってくれるといいな。

NEW !
テーマ:

みんな元気ですかドキドキ

 

仏様の教えから・・・グッド!

 

 

仏教では悟りに至るために徳を積む事をとても大切にします。

 

その徳を積むための教えで最初に出て来るのがお布施です。

 

普通布施と言えばお金や物を捧げる「財施」を指しますが、

 

仏はそれ以外に、どんな人にもすぐに実行できる

 

布施行を説いています。

 

それが「無財の七施(しちせ)」と言われるものです。

 

雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)というお経には

 

これによってお財布を痛めることなく

 

大きな徳を積むことが出来ると書いてあります。

 

その七施とは・・・

 

眼施(げんせ)

 

  人々にやさしい眼差しを向けて行く事

 

和顔施(わがんせ)

 

  柔和な笑顔で人に接する事

 

言辞施(ごんじせ)

 

  親切であたたかな言葉を必要な時にかけてあげること

 

身施(しんせ)

 

  体を動かして人々に奉仕すること、ゴミ拾いなど

 

心施(しんせ)

 

  常に相手を思いやる心を運ぶこと

 

床座施(しょうざせ)

 

  座席を譲ること

 

房舎施(ぼうしゃせ)

 

  家で泊めてあげたり人をもてなすこと

 

菩薩の位に達する人の布施行に対する心構えは

 

すべての人々に対して我が子に対するような慈愛の心をもち、

 

行(ぎょう)ずる時は、我が子の病気が治るのを見るような

 

喜びの気持を持ち、施し終わってとらわれない事は

 

我が子が成長して独立するのを見るようなものである

 

と説かれています。

 

最後の房舎施ですがモンゴルやアラスカのイヌイットの人たちは

 

遠くから来た人には見ず知らずでもとてもあたたかく

 

泊めてあげて食事をふるまうと聞いたことがあります。

 

遠い昔にはこのような心はきっと当たりまえだったのかも。

 

いつか人が忘れた事なのでしょうか。

 

全部すぐには無理だとは思いますが。

 

というよりこれが全部教えの通りに実行出来たら

 

すでに菩薩の位の悟りの境地に

 

はいっているわけですが。

 

少なくともこの反対の事をして

 

心の花畑を踏み荒らすような事がないように

 

するだけでもいいかもですね。

 

昔密教の日曜学校で習ったなかで

 

とても印象に残った事の一つでした。

 

イッピーの独り言

 

(最初の眼施を練習するボク・・・柔和なまなざし・・・ジー目

 

Ameba人気のブログ