「毒」という言葉ほど、都合のいいものはないよな。

毒性なんて、相対的なものだろ。

最近自分が、社会の「毒」であるような気がして、世の中のありとあらゆる「毒」に、同情してみたりするんですよ。


理解を「深める」と、初めに言った人はえらいなと思う。


たしかに理解というのは、階層構造になっていて、どんどん奥の地下階に侵入していくようなイメージがある。


一種のアドベンチャーだよな。