最近ブログ更新をサボっておりました。

すみません。

大量の容器入れ替え、容器洗浄が1段落したところです。

エサ交換で精一杯になってしまい、ずっと撮影しておりませんでした💦

 

落ち着いてきたところで最近の出来事としては、

昨年、マンディブラリスフタマタクワガタの野外品ペアを複数購入し、

♀の持腹のみで産卵させた幼虫グループがいました。

当然、全てを菌糸ビンに入れていたのですが、

その♀からの持腹産卵の子供達だけピンポイントに・・・、

何故か前蛹での不全率が高く、異常を感じておりました。

不全率の高い遺伝子と言ってしまえばそれまでなのですが、

ここまで不全率が高いのは初めての感覚です。

それでも無事に蛹化した個体が少数出てきました。

この時点であれっ?マンディブラリスじゃないよなコレ・・・と判明。

セアカっぽいが、マンディとしては中途半端な大顎のリーチ。

マンディとセアカの中間型のような形状をしています。

 

不全が起きないかドキドキしながら、VIP待遇で人口蛹室へ。

 

羽化してみると・・・・、

やっぱりアレだ・・・セアカマンディだ。

マンディブラリスフタマタクワガタとセアカフタマタクワガタの

交雑種です。

まさかOKUSAWAカブクワクラブ飼育個体から出るとは・・・。

B○-KUWA(某専門誌)だけの世界かと思っておりました。

意図的に出そうと思っても出ないが、偶然に出るときは出るんですね。

受精率低いとは聞いていましたが、不全率も高いようですね。

本来は出現しない組み合わせなので、不全率が高い理由がこれだったようです。

半分以上の同腹兄弟が天に召されてしまった理由に納得しました。

 

この個体は92mmUPです。

幼虫時最終交換体重は36g

40g台の同腹幼虫は皆、前蛹段階で落ちてしまいました。

最終交換体重40g台で完品羽化したら、どのくらい体長伸びたのか・・・。

残念でなりません。

 

同腹♀も出ております。

サイズは45mmUP。

羽化時期も近く、ブリードできそう。

もしもの話ですが、無事羽化した個体同士を掛け合わせれば、

通常と同じ蛹化率・羽化率で出していけるかもしれません。

 

最近(9月上旬頃)、ヤフオクでこれと同じサイズのペアが¥160,000前後で落札されていましたね。

マジかよ・・・?そんな価格付くの!?と思ったのが記憶に新しいです。

.

とある友人ブリーダーからは累代しろよ。絶対に!!と言われ、

とある標本コレクターからは、シメてから譲ってくれとも言われました。

(明確な回答は避けましたが・・・)

周りの反応から貴重な個体であることは確かなようです。

ギラファノコギリクワガタ(フローレス島産)の
118mmインブリード直子、順調に育っております。
幼虫も無事とれていますので、正式に
『PGK118』ラインとして飼育管理していきます。
この種親118mmUPの同腹兄弟で120mmUPが出ていますので、
素質は十分だと思います。(あとは飼育次第)
イメージ 1
上の写真が種親の118mmUPです。
50mmの同腹♀と掛け合わせ、この数か月で直子幼虫は
全て1本目の菌糸ボトル(800cc)に入れ終えております。

その中でも、1回目の産卵セット組から♂幼虫達5頭の
2本目への菌糸ボトル交換をしましたので掲載します。
当方の飼育では、1本目800ccを喰い上がり、
2本目に入れ替える際の幼虫体重として、
♂幼虫で40gを超えていれば
羽化体長110mm以上は確定したと言ってもよいです。
(その後に暴れなければですが・・・)

1頭目、42g
イメージ 2

2頭目、45g
イメージ 3

3頭目、41g
イメージ 4

4頭目、47g
イメージ 5

5頭目、48g
イメージ 6

今の所、40g以下の体重の♂幼虫は出ていないので、
思ったよりも飼育経過は順調でいます。
この時点では素質の順位はまだ付けられません。
この後の2本目喰い上がり時に体重計量の逆転もあるからです。
1世代目は♂親にWILD個体の血が入っている為、
羽化体長は最小107mm~最大120mmとバラツキがあるなか、
運よく118mmUPと120mmUPが出てくれましたが、
この2世代目は極端に小さい幼虫はいないという印象です。

この次のステージでは2本目を喰い上がった時、
3本目へ交換する際に”50g台のグループ”と
”60g台のグループ”の2通りに分かれます。
50g台ですと、羽化体長113mm~115mmが現実的になり
60g台ですと羽化体長118mm~120mm台の手応えです。

ギラファケイスケ♂幼虫の場合、複数の幼虫比較で
3令時の頭幅が18mmで揃っても、個体によっては
最終交換体重で10g以上の幼虫体重差があります。
頭幅が大きいことに越したことはありませんが、
頭幅が大きくても、幼虫体重が載らなければ、
115mm以上のサイズでの羽化は難しく感じます。
60g以上の幼虫体重の重さが超特大サイズ(120mm以上)の
羽化条件であることは1世代目の飼育でハッキリしました。



~あとがき~
120mmUPの直子幼虫達も無事に取れ、
只今、2回目の産卵セット中です。
目論見通り、118mmと120mmの直子での
2ラインで管理することができそうでホっとしました。
OKUSAWAカブクワクラブの看板商品として
『PGK120』ラインも合わせて管理していきます。
8月の直売を以下日程にて実施します。
暑いので、1日4時間だけです。保冷剤がもたないので・・・。
見学OKですので、ご都合が合えば覗きに来てください。
初心者の方には飼育方法もお教えします。

・8月4日(
・8月17日(
PM13:00~PM17:00まで
※雨天時は中止とさせていただきます。
  営業途中で雨が本降りになった場合も中止致します。


【販売場所】
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢1-2-17(区立東玉川小学校プール前)
※目印にカブトムシ・クワガタのノボリを立てます。
イメージ 1

それ以外の土曜日日曜日祝日にも要相談で
個別に対応可能なこともありますので、
以下のメールアドレス宛にお問い合わせください。

※8月11日~8月14日は遠征(採集活動)で不在の為、ご返信できないです。


本拠地(東京都世田谷区奥沢)での対面販売とし、
引き渡しは基本、()()のみとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
 
【成虫】
・ヘラクレスオオカブト成虫(新成虫)
・ティティウスシロカブト(新成虫)
・国産カブトムシ(7月7日~7月12日樹液採集)
・スマトラヒラタクワガタ(新成虫)
・ニジイロクワガタ(新成虫)
・国産オオクワガタ(即ブリ可能個体:能勢SR血統)※今季からブリード可能
・国産ミヤマクワガタ(7月28日ライトトラップ採集)※♂単品1匹のみ
・国産ノコギリクワガタ7月27日~7月28日ライトトラップ採集)
・国産コクワガタ(7月5日樹液採集)

8月も、ヘラクレス♂がお手頃のサイズ・価格で出品しております。

ニジイロはお手頃なSサイズ~♂60mm以上のサイズが揃っており、
在庫も多いので♂♀共に、選り取り見取りです。
イメージ 1
国産カブトムシ・国産ノコギリクワガタもあります!!
イメージ 2
イメージ 3

スマトラヒラタ、未後食ですが販売できるようになりましたので、
久々に出品します。
貴重なシディカラン産の血統です!
同腹幼虫体重で71g,74g,77g,79g出ていますので、
次世代も大型になるかもしれません。
シディカラン産特有の大顎・頭部の点刻が粗い特徴も魅力です!
100mmUPは限定1頭のみ販売します!!
売切れたらゴメンナサイm(__)m
イメージ 4
同腹♀も最小値51mm~最大値56mmまで用意しています!
その場で種親♂♀をご自由に組み合わせできます!!
スマトラヒラタクワガタ 北スマトラ州 シディカラン産の♂個体は
続々羽化してきておりますが、非常に残念なお知らせがあります。

驚異の幼虫体重『74g』、『77g』、『79g』を記録した”3銃士”ですが、
実は蛹化不全にておそらく羽化できないだろうという状態です。
かろうじて2頭生きており、1頭は黒ずんでそのまま死亡だと思われます・・・。
頭部・腹部ともに肥大で蛹化不全ながら3頭とも蛹体重は50gを
軽く越えております。
写真もお見せできないような姿ですので、掲載は省略します💦
ご了承ください・・・。
楽しみにしていた方、スミマセン・・・・。
やってしまいました。

原因は分かっています・・・。
3本目の最終ボトル(3200cc)で肥大しすぎたのです。
交換後も喰い続け、ボトル側面から見ても明らかに
80g以上まで育っていました。
体重が重ければ重いほど、不全のリスクも高まり、
運悪く3頭とも正常な形で蛹化できませんでした。

けれど、最後の望み!!4頭目の70g台がまだいます。
最終交換体重71gの幼虫に賭けます💦
(食べ過ぎていなければ良いのですが・・・)


さて、羽化不全はカウントせずに
無事に羽化できた方ですが、
99mmと100mmが出てきました。
共に蛹体重42gでしたが、100mmのほうは
頭部・胸部ともに横幅があり、大顎内歯幅も太めです。
同じ蛹体重でもスペックに差がありました。

99mmのほうは、スマトラとしては特筆すべきところもなく、
通常の個体なので、写真は撮りませんでした。

100mmの写真をUPさせていただきます。

イメージ 1

キッチリ詰めて測り、100.5mmです。
固まってもこのまま100UPをキープしそうです。
頭部幅は36.4mm、胸部幅は38.2mmでした。
横幅に関しては、親越えができました。

もう1頭、羽化しているのですが・・・、

イメージ 2

まだ体が固まっていなく、取り出せませんが、
蛹体重が45gあった個体です。
目視で上の写真の100mmUPよりもデカいです。

イメージ 3

確実に100mm以上はあると思いますので、
計測が楽しみです。

残っているのは、44gと45g、48gの蛹、
そして最終交換体重71gの幼虫が
どんなスペックの蛹になってくれるか、
はたまた蛹化不全か、”神のみぞ知る”です。

3銃士が蛹化不全だと分かった時は
かなり落ち込みました。
頼むぞ、今度こそ・・・。

国産カブトムシのご要望が多かったので、
7月20日(土)に出品します。

イメージ 1

一旦、♂4頭、♀3頭です。
♂最小値46mm~最大値78mm
♀最小値45mm~最大値50mm


ついでに、ノコギリも。

イメージ 2

♂単品ですが、55mmと64mm。
どちらも水牛型です。

全て樹液採集品になります。
7月9日~7月12日の採集なので、最近です。

追加で捕獲できれば、さらに出品しますが、
天気次第なので分かりません(笑)
~羽化~
前回掲載のアンタエウスオオクワガタの蛹、先日羽化しまして、
蛹体重30gで羽化体長が84mmUPでした。
蛹室内がベチャベチャになり、羽化直前に救出!!
危ないところでした。救出しなかったら羽化不全も有り得たかも・・・。
緊急のスポンジ蛹室。
イメージ 4
イメージ 1

キッチリ詰めて測り、84mmUPです。
まだ体を縮めており、上手く写真が撮れずスミマセン💦
惜しくも85mmは行かず、体長は伸びなかったようです。
その分、横幅はそこそこありました。

~蛹化~
最近、2頭目の蛹も出現し、取り出しました。
またも蛹室内がベチャベチャなので、露天掘りを決行です。

なかなか良い感じ。
上の写真の個体の蛹時と似たようなフォルムです。

イメージ 2

気になる蛹体重は・・・・、

イメージ 3

31gですね。
84~85mmでの羽化を予測します。
菌糸ビン2本返しでこのあたりのサイズでの羽化はコスパよいですね。


そして、3頭目の蛹も掘り出しました。
(こちらも蛹室内がベチャベチャで危険な状態・・・・)

イメージ 5

うお!!頭がデカい!!!
大顎の張り出しがすごいことになっています。
目視で、1頭目・2頭目の蛹よりも大きいことが分かりました。

気になる蛹体重は・・・・、

イメージ 6

うわぁ~!久しぶりの35g台です。
これも2本返しでの蛹化となります。
2本返しでの蛹体重で35gは初めてです。
(35gというと、これまでは3~4本返しから出てくる蛹体重だったので・・・)

最終交換時の幼虫体重は48gだったので、
上手く蛹化してくれたようですね。
体重は重いのですが、体長よりも横幅に
持っていかれそうなフォルムでした。
90mmで羽化するにはもうちょっと大顎が
スラっとしていないと難しいでしょう。


~幼虫体重~
幼虫の菌糸ボトル交換もいくつか行い、
こんなのも出てきました。

イメージ 7

今季2頭目の50g台。
800cc→1500cc→1500ccの3本を喰い上がり、53gです。
4本目も1500ccに交換し、このまま羽化予定。
減量せずに蛹化できれば良いのですが・・・・。

どんな蛹体重で出てくるか楽しみです。
7月の直売を以下日程にて実施します。
見学OKですので、ご都合が合えば覗きに来てください。
初心者の方には飼育方法もお教えします。


・7月13日(
・7月20日(
AM11:00~PM16:00まで
※雨天時は中止とさせていただきます。
  営業途中で雨が本降りになった場合も中止致します。


【販売場所】
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢1-2-17(区立東玉川小学校プール前)
※目印にカブトムシ・クワガタのノボリを立てます。
イメージ 1

それ以外の土曜日日曜日祝日にも要相談で
個別に対応可能なこともありますので、
以下のメールアドレス宛にお問い合わせください。

本拠地(東京都世田谷区奥沢)での対面販売とし、
引き渡しは基本、()()のみとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

7月は、ヘラクレス♂がお手頃のサイズ・価格で出品しております。
お待たせしていましたニジイロクワガタもペアでご用意できております。
ニジイロはお手頃なSサイズペア~♂60mm以上のサイズペアもあります。
ご要望が多かった為、国産カブトムシも採集品を揃えました。

【成虫】
・ヘラクレスオオカブト成虫(新成虫)
・ティティウスシロカブト(新成虫)
・国産カブトムシ(7月7日~7月12日樹液採集)
・アンタエウスオオクワガタ(新成虫)
・ニジイロクワガタ(新成虫)
・セアカフタマタクワガタ(新成虫)
・国産オオクワガタ(即ブリ可能個体:能勢SR血統)※今季からブリード可能
・国産ノコギリクワガタ7月7日~7月12日樹液採集)
・国産コクワガタ(7月5日樹液採集)

※只今、蛹化ラッシュ中!ヘラクレスはどんどん羽化しています。
   スマトラヒラタは羽化したての為、もう少々お待ちください。
スマトラヒラタクワガタのシディカラン産の幼虫達が
ボチボチ前蛹~蛹化してきました。
期待の3銃士はまだ前蛹なので、今回は他の子達です。

BD装着によるボトル逆さ設置で置いていましたが、
保湿効果が高すぎるのか、蛹室内で水滴が目立ちました。
蛹室形成して蛹化したら、露天掘りによる乾燥をするのが
良いと思い、本日蛹を取り出しました。

ついでに身体測定も。

1頭目は、
イメージ 1
最終交換体重67gからの蛹化で蛹体重42gですね。
羽化体長が100mm超えるか微妙なところです。


2頭目、
イメージ 2
最終交換体重68gからの蛹体重45gです。
ちょっとズッシリと重みを感じましたので、
取り出した時は小声でおぉ~と感心してしまいました。
(45gの蛹は久しぶりなので・・・)
これで羽化体長100mmを超えなかったら落ち込みますかね。


3頭目、
イメージ 3
また42gですね。
これも最終交換体重67gからの蛹です。
やっぱり、蛹化はだいぶダイエットしますね( ̄▽ ̄;)


4頭目はボトル側面越しに見える蛹室から、
デケぇなこいつ・・・と思い、最後に取っておきました。
り出してみると・・・、
イメージ 4
最終交換体重68gからの蛹体重48gです。
デカい・・・・これは100mm超えるでしょ?と自問自答しました。
蛹全長が91.0mmありますから、羽化後に頭を起こして
上翅を閉じ、尻が引っ込んだことを単純計算しまして、、、、
蛹全長(91.0mm)×1.15=104.6mm
う~ん?そんな単純に予測できるわけがないかと
思いつつも期待してしまいます。

先ほどの45g蛹と並べて・・・・、
(左側が48gの蛹)
イメージ 5

パっと見、あまり変わらないが、微妙に48gのほうが大きいです。



とりあえず48gの蛹だけに『人工蛹室3D』を初使用。
(ちょっと天然蛹室が荒れていたので)
イメージ 6

無事に完品羽化してくれよ・・・と祈り、
そっとフタを閉めました。
本日、アンタエウスオオクワガタの幼虫の菌糸ビン交換をしました。
これまで、毎回、体重が載っていても48g~49gの個体が多く、
いまひとつの成果だなと思っておりました。

・・・が、本日に凄いのが1頭だけ出てくれましたので、UPします。

イメージ 1

何と・・・、54gです!!
気になる飼育データは以下の通りです。

************************************************
アンタエウスオオクワガタ
インド シッキム州 ガントク産 F2
親:♂90.1mm×♀50.5mm
2018年6月下旬孵化
2018年10月4日 800cc 2令投入(目測で2令頭幅デカい)
            ↓
2019年2月9日 1500cc ♂40g(3令初期頭幅:16.7mm)
            ↓
2019年6月6日 本日1500ccへ交換
***********************************************

2本目喰い上がりで50gを軽く超えてくれました!!
アンテの3令頭幅としては、16.7mmは大きいと思います。
種親と同等クラスの素質を持つ実子幼虫と対面できました。
このまま体重をキープしてもらえれば、90mm台はいけると思います。

この個体、実はBDを使用しています。
イメージ 2
アンテでBDを使うと、菌糸を喰い尽くして2度喰いする
速度が早くなる印象です。
2本目交換時から4か月で9割方を喰い上がって
しまいましたので、引っ張りとしては短期間ですね。
(予定では5~6か月引っ張るつもりで)
その分、BDによる逆さ設置で濃酸素だったのか、
良環境で54gまで体重が載ってくれました。

BDは国産オオクワとは相性が合わない傾向であることを
各方面から聴きますが、同じオオクワでもアンテとBDは相性が良いようです。
同腹兄弟であと何頭50gを越えてくれるか、期待したいです。