YCU Dancing Crew ALMA official blog

YCU Dancing Crew ALMA official blog

横浜市立大学大学 YCU Dancing Crew ALMA の

活動記録blogです。




Y.C.U dancing crew alma blog


Y.C.U. dancing crew alma は、


横浜市立大学大学公認のストリートダンス部です。

1996年創部し今年で15年目を迎えます。

現在部員は総勢約100名です。


ジャンルは、
HIPHOP,LOCK,JAZZ,JAZZHIPHOP,POP,BREAKIN'

HOUSE,GIRLS,PANKIN',SOUL, etc です。

このblogは部員による日々の活動記録です!




alma紹介

http://profile.ameba.jp/ycudancingcrewalma


Yokohama City Univercity HOMEPAGE

http://www.yokohama-cu.ac.jp/



第59回浜大祭HOMEPAGE

http://www.hamadaisai59.sakura.ne.jp/



blogに携帯からアクセス

Y.C.U. dancing crew alma blog



このブログはALMA2020 vol.1というブログの続きになってます。
もしよろしければそちらからご覧ください。

②Libyan公演
ALMAの自主公演は1年間という長い時間をかけて幹部代(3年生)が幹部代になる何ヶ月も前から構想を練り始めます。
2019年夏、21代の先輩方が見事に大成功させた「Chapter公演」をみて自分達の代も動き始めました。
まずは曲責(コレオ)と公演のストーリーを決めるストーリー班、全体の構成を作る構成班などを決める所から始まりました。

公演について動き始めて感じたこととして大きなことが1つ。
「俺、何もしてないやん。」
僕は一応部長として仕事できるように曲責やストーリー班などの役職にはつきませんでした。するとびっくり、やること何もないんですね。連絡事項流すくらい。笑
ストーリー班の動向を近くで見ていたのですが本当に何日も何日も何回も話し合いを続けてLibyan公演のストーリーを完成させてくれたんです。本当にめちゃくちゃ苦労してました。(ストーリー最後に載せるので見てください。)
ストーリーの次は構成班の出番です。
出来上がったストーリーに沿って、どんなショーケースをすればいいか、どんな衣装や演出がいいのか。曲責、ストーリー班と頭を抱えながら考えてくれました。
しかも深夜会議です。朝まで会議したんですよ。信じられますか?
僕も出席してましたがついていけず、ずっと聞いてるだけでした。怒られてもおかしくないですよね。笑
それくらい、同期のみんなは本気で取り組んでいました。本当に尊敬しています。

ストーリー映像の撮影も始まりました。
僕たちは大学生で役者でもないし演劇部でもない、カメラマンでもないし編集マンでもないんです。でもみんな頑張ってくれていたんです。

他にもみんなたくさんたくさん動いてくれていたんです。公演のための協賛集め。これも学生だけで簡単にやれることじゃないです。さらにTシャツやパンフレットのデザインなど。本当に動いてない人いないんじゃないかくらい。
そして当然、ダンスを練習していました。
個々のスキルアップを図ったり後輩に教えたり。楽しかったです。

撮影が進んできていた頃でしょうか。
自粛のムードが高まってきて公演の準備も思うように進められなくなってきました。
練習すらも始められるかどうか危うい。そんな状況でした。
お世話になっている舞台監督の方と何度も電話してあらゆる対策を考えながら幹部代でもどうにか開催できるよう、会議をしました。

中止にせざるを得ない。という判断をした時は頭が真っ白だったし、あんまり思い出せないです。公演を中止するという連絡をした時は涙が出ました。

僕たちの公演に向けた準備を見守ってくださっていた先輩方からはいろいろ優しいお言葉をいただきました。本当にありがとうございます。
今さらすぎますが僕からのワガママなお願いをさせていただけるとすれば、本気でLibyan公演に取り組んできた22thのみんなをねぎらってあげて欲しいです。
俺からも
皆本当にありがとう。お疲れ様。俺なんかよりめっちゃ苦労してたと思います。来年の学祭でブチかましましょう。


最後に
さっきも言った通り1年前の夏は時期部長として次の公演のために動いていたものの、今ひとつ乗り切れないというか、やるべきことがわからずなんとなく過ごしていました。

副部長のマツケンとりんはすごいんです。やることを決めてテキパキと話を進めてくれるんです。圧倒されてました。

気持ちが切り替わったタイミングは正直覚えていません。実感がないんです。
でも確かに何か1年前の自分と全然違う何かがあるんです。

この気持ちは貴重だなと思います。

今、大好きなALMAのみんなと活動できる期間がどんどん失われていってます。
どれだけ泣いても怒ってもあがいても戻ってこない時期。もどかしい気持ちでいっぱいです。

ALMAの皆さん
また前みたいに活動できるようになったら俺とたくさん練習してください。ジャンルとか性別とか関係ないです。たくさん遊びに誘ってください。たくさん飲みにいきましょう。
あと僕は普段から仲良い友達でもあんまり写真を撮らない人なんですけど今になってもっといろんな人と写真撮っとけばとか後悔してます。写真とか撮りましょう。
そんな日常を夢に見ています。部長からのお願いです。

ALMAを応援してくださっている皆様
これからのALMAはもっとすごくなります。根拠はありませんが。僕自身もその手助けをできればという思いで今はその準備をしています。今後ともALMAを見守って頂けるととても嬉しいです。期待していてください。

長くなりました。支離滅裂ですが公演やALMAへの想いを綴らせていただきました。
本当に自己満のために書きました。
最後までお付き合いいただきありがとうございました!
では、また会う日まで!!


2020年Libyan公演ストーリー

⽬的も⽬標もなくただ淡々と⼤学⽣活を送っているさつき。周りの友達はみんなアクティ
ブで少し置いていかれていると感じる。そんな中突然モデルのスカウトを受ける。何もな
い⾃分にはちょうどいいチャンスかもしれないとモデルの世界に挑戦する。最初は慣れな
いことだらけだったが周りの仲間やモデル友達が親⾝になって⽀えてくれていた。しかし
あることをきっかけにモデル友達と⼤きな⻲裂が⼊る。それはモデル友達の裏切りだっ
た。信頼していた友達を失い絶望と喪失感の中、周りの仲間の励ましから、さつきは強く
なる。そして⾃ら進んでオーディションを受ける決意をする。さまざまな経験を経てモデ
ルとして⼤きく強くなるさつき…!