エステティシャンも知らない美肌の本当の秘訣

20年以上、「肌」と向き合ってきたエステティシャンがたどり着いた本当の美肌の秘訣を教えます。


テーマ:

私は心理学者でも教育のスペシャリストでもない。

 

肌に関する仕事をしてきた、ただの人。

 

でもその中で

 

「万人に通じる美容法って何?」

「化粧品って本当に必要?」

 

という、美容を生業としながらも、感じていた疑問をどうしても解決したかった。

 

その答えはみつかった。

 

いつも書いていることなのでしつこいと思われそうですが、

それでも改めて。

 

肌をいい(自信が持てる)状態を保つには、

 

心と体と生活を大切にすること(根)と

自己肯定感があること(土壌)

 

です。

 

肌は、心と体と生活のバロメーター。
それらの健康度を上げていけば、化粧品を使おうが使わまいが、
絶対にその時々の自分の肌に自信が持てるようになります。

 

そのためには、「自己肯定感」という土壌があること。
これがなければ、その意識や行動は育っていきません。

 

逆に言えば、自己肯定感があれば、「心と体と生活を大切にする」なんてたいそうなことを意識せずとも、無意識に健康を維持しやすく、勝手に成長していきます。肌もいい状態でいられます。

 

だから私はエステティシャンだけど、美容法とか化粧品の宣伝より
「自己肯定感を持つこと」が大事だとずっと言い続けています。

 

正直、目新しい情報でも画期的な美容法でもないので、
がっかりする人も多いでしょう。

 

でも、自己肯定感を強く持てている人はそう多くはないと思います。

 

最近よく聞くこの言葉。
このように思っている人もいるのではないでしょうか??

 

◆どうすれば自己肯定感を持てるのかわからない。

 

◆生まれ持った性格や育ってきた環境によるものだから、
いまさら高めるのは難しい。

 

というか、自分が自己肯定感を持てるようになるなんて
道のりが果てしなく遠そうだし、そうなれる自信がない。

 

◆そもそも自己肯定感って、必要??(なんか「自分大好き」みたいでヤじゃない?)

 

 

 

はい。絶対に必要です!!!!

 

そもそも自己肯定感が高い人というのは

「自分でいることが嬉しい」と思う感情を持つだけでなく、

「自分を大切にするように、人も大切にできる人」のこと。

 

ですから、アドラーによる幸せの条件

(ありのままの自分を認めることができ、
周囲の他者を信頼しながら、
自己を犠牲にすることなく他者に貢献する)

を実現しやすいのです。

 

個々の自己肯定感が高いことは、本人にとってだけでなく
身近な周囲に人にとっても、とても大切なこと。

 

自己肯定感が高まることで「肌がいい状態でいられる」というのは、
数えきれないほどあるいいことの中の、ほんの小さなひとつにすぎません。

 

だから、すべての女性は自己肯定感を高く持つべきだと
強く強く強く願います。

 

それは、エステティシャンという立場だけでなく、
母になってより強く思うようになりました。

 

なぜか。

 

昔から虐待のニュースを聞くたびに心を痛めてきました。

 

出産してからは、痛めつけられた子供を不憫に思うのと同時に、
虐待を加える大人にも「この人も加害者であり被害者だよね」と思うようになりました。

 

虐待をする人の特徴として、「自己評価が低い」というのがあげられるそうです。これはとても納得がいきます。自分を大切にできない人が、子どもを健全に大切にできるとは思えません。

 

ニュースになるほどの事件を起こす人が、それまでに自己肯定感を持てる機会があれば違ったかもしれない。

 

ニュースにはならなくとも、虐待とまではいかなくとも、
我が子への過干渉や過剰に人と比べること、自分の理想を過剰に押し付るなど、いわゆる毒親も自己肯定感が低いことの現れ。

 

そうやって育った子供は、健全に自分を好きでいられるだろうか?

 

人は、自分を愛するほどにしか人を愛せないと言うけれど、

自分を好きになれない人がどんどん増えていったらどうなるのか・・・と考えると本当に怖いです。

 

 

日本人の自己肯定感の低さは先進国の中では最下位だとか。

 

そして私は「日本の出生率の低さは、これも一つの大きな原因では?」と睨んでいます。

 

というのも、私自身、あまり子供が欲しいと思わなかったから。


自分に似た子が産まれてくるなんて考えただけで、
嫌で嫌で産むのも育てるのも怖かった。
結婚してもずっと夫婦二人でいいと思っていた。
子育てなんて大変そうだし、したいこともできなくなるし、
仮に出産したとしても、愛情たっぷりの優しいお母さんになる自信が
全然なかった。

 

若いころは「自分を大切に」なんてしていなかったし、

(そもそも「自分を大切にする」という言葉を耳にすることはあっても、全く意味が分からず、理解できなかった)肌も当然汚かった。

 

だけど、「自己肯定感」という概念に出会い、それを高める訓練をし、若い頃よりは随分持てるようになったと実感できるまでに。
(もちろんまだまだ成長過程です)

 

妊娠が分かった時は一瞬戸惑ったけど、
すぐに嬉しくなって、出産したらもう本当にかわいくてしょうがなくて・・・。

 

第1子を出産したのは34歳。


決して早くはなかったけど、私にとって必要な訓練を経てやってきた、ベストなタイミングだったように思えてなりません。

 

今では二人のお母さんになりました。

 

若いころに比べると格段に自己肯定感が上がったとはいえ、
あるがままの我が子を受け入れ、認めることができていないことも多々あり、自省することもしばしば。

 

子どもたちには「自分に生まれてよかった」と思ってほしい。

そのためにも、私自身、もっともっと「自分に生まれてよかった」と思っていたい。

 

そんな時は自己肯定感を高めるトレーニングをします。
 

まだまだ「3歩進んで2歩下がる」の繰り返しですが、ちょっとずつ成長できていると思います。

 

 

 

最近では、子どもの自己肯定感を高めていこう、という動きがあるようでとても嬉しいです。

 

と同時に、大人にもその必要性を強く感じます。

特に、お母さんとお母さんになる可能性のある人。つまり女性です。

 

 

私は冒頭でも述べたように、心理学者でも教育のスペシャリストでもないけど、自己肯定感が生きていくうえでとってもとっても重要なことは知っています。

 

自己肯定感が高まると、頑張らなくても無意識に心と体と生活の健康度が上がります。

 

健康でいることは、いろんな物事がスムーズにいくための力です。

 

そして小さな小さな副産物として「自分の肌にも自信が持てる」ようになります。(つまり、肌がきれいになる程度のことよりもっと大切なことを得られるようになるということ)

 

まだ育休状態で、以前のような講座ができませんが
必ずまた「美肌マインド講座」を開催します。

 

それまでも、少しずつ情報を発信していこうと思いますので
よろしくお願いいたします!
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私のスキンケア(というほどのものでもないが)は、
朝晩合わせても10秒。
 

顔を洗い終わったら、ワセリンのキャップを開け、
手に取り、キャップを閉め、手のひらのワセリンを伸ばし、
顔に伸ばす。5秒で終了。(朝は何もしない日も多々・・・。)

 

ちなみにお金で換算すると・・・

 

600円くらいのものを1年くらい使うので、
1日1円もかかっていないんじゃないでしょうか^^;

 

毎月軽く3万円以上は基礎化粧品代に費やしていた
「スキンケアのマキシマリスト(最大限主義者)」だった以前の私からは考えられないこと。

 

4年前から続くスキンケアのミニマム化。
成功したことで何が得られたか?

 

それは

 

「化粧品でたっぷり保湿しなかったら、
乾燥していろんなトラブルが起きてしまうに違いない」という恐怖心


が全くなくなったこと。

 

ちなみに、肌の乾燥具合はというと、以前と変わらないどころか、むしろ今の方が潤っていると思う。

 

大量の化粧品を使っていた時は

 

「クレンジングこそいいものを。

化粧水や美容液はたっぷり時間をかけて丁寧に」

 

と時間をお金を費やしてきた。

それはそれで楽しかったし、幸せな時間だったことは間違いない。

 

しかし、3歳児と0歳児を抱える今、そんな余裕はない。

そんな中、以前のような考えだったら

 

「子供がいるからお手入れできない!!!

どんどん老け込んでいく~~~~(泣)」

 

と無駄に落ち込み、そしてその通りになっていただろう。

 

もちろん、その切り替えがうまくできたのは、根本的に

「肌は心と体と生活のバロメーター。だからそれらの健康度を高く維持する」という意識が根付いているからに他ならない。

 

化粧品を使う最大のメリットは「これを使っていれば安心」というプラシーボ効果にすぎないと。

 

しかし、今の私にはそのプラシーボ効果すら全く効かなくなってしまった。

 

大好きな化粧品で、時間をかけてたっぷりするお手入れの時間はとても楽しかったけど、もうすることはないと思う。

 

やはり肌に自信を持つには
「心と体と生活を大切にすること」に尽きるから。

 

実際に、心と体と生活を大切にするには、自分自身を大切な存在だと思わなければできない。自己肯定感があることがとても重要な要素となる。(その話はまた別の機会にしていきます。)



昔は、丁寧に保湿をして自分の肌と向き合う時間がとても幸せな時間だった。けど、今の私にとっては子どもの肌を触ることが至福となった。

これが私のスキンケアとなり替わったと言ってもいい。

 

長男は今年4歳になる。

「大好きぎゅーさせろ~」と、追いかけて抱きしめることができるのも、あと少しかもしれない。

 

化粧品のマキシマリストからミニマリストへ。

両極端を経験してスキンケアの本質がわかった。

 

 

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

改めて「美肌とはどういう状態を指すのか」考えてみた。

 

佐伯チズさんは「う(潤い)・な(滑らかさ)・は(ハリ)・た(弾力)・け(血色)」だと言った。

 

私は、美肌とは「自分の肌に自信を持てていれば、それは美しい肌だ」と思う。

 

半年ほど前、第二子を出産した。

一人目の時はそうでもなかったけど、今回は産前産後にシミができた。

 

しかし、「ぎゃー!!!!シミができてる~~~(泣)」とはならなかった。(以前の私なら大騒ぎしていたに違いない)

 

そうならなかったのは、

「妊娠して出産するのだから、心・体・生活に変化があるのは当然だし、それに伴い肌も変化するのは当然」と思っていたから。

 

たくさん授乳し、1年も経てばホルモンバランスも落ち着くだろう。
そうなればこのしみも消えるかもしれないし、消えなくたって別にいい。

 

それよりも、他人は絶対気にも留めないであろうこの小さなシミの一つや二つで

 

「出産してシミができた」

 

などと嘆く方がよっぽど自分のメンタルによくないし、子どもがかわいそう。

私が子供なら「自分が生まれてきたことで嫌な思いをしているの?」と
切なくなる。そんな思いはさせたくない。

 

産前産後の肌の変化には、「これは起こりうる変化」だとあっさり認めるほうが賢明。

 

 

シミはこのようにホルモンバランスの変化で出現することもあるし、
何より紫外線を浴びることで出現する。

 

だから昔は極度に紫外線を避ける生活をしていた。

だけど今では2人の子供を連れてすっぴんで公園に行く。

子どもがいない頃は考えられなかったことだ。

 

もちろん、帽子をかぶり、ある程度予防はするけど、
昔のような重装備ではなくなった。

 

正直、腕や足は夫よりも黒い。

 

数年後はシミになるかもしれない。

 

でもそれでもいい。

 

ダースベイダーのような重装備で木陰からじっと見ているより、
しっかり顔や目をみられる状態で一緒に遊んでいたい。



 

 

必死にUVカットしていたころ、サーフィンが好きで真っ黒に日焼けしている女性を見て、実は少し羨ましく思っていた。

 

「なんでこんなに日焼けして将来シミになるかもしれないのに、
こんなに幸せそうな顔をしているんだろう」

 

今ならわかる。

 

自分の好きなことを思いっきり楽しんで、幸せを感じている。

そういう人は自分にとって大切なことは何かをわかっている。
 

大切なものがわかっている人は、自分にとっては大切でないものにいちいち反応しない。
世間の常識ではなく、自分の感覚を大事にする。
だから自分が幸せを感じられる状態を維持しやすい。

人からどう思われようが、迷惑をかけてさえいなければ気にしない。

 

サーファーの彼女にとっては、シミができようがしわになろうが、そんなことはどうでもいいのだと思う。でも美しい。シミやしわがあろうが幸せオーラがあれば美しく見える。

 

私も産後未だにシミは消えないけど、それで別にいいと思っているのは今が「幸せだ」と感じているからだと思う。

 

オードリー・ヘップバーンも年を重ねてしわしわになった。写真を修整しようとすると「しわは私が手に入れたもの」と拒否したとか。

 

 

「人からいかに美しく、若く見られるか」だけを追及している人は実はあまり魅力的ではない。

 

それより、大好きなことをしたり、日々の生活で感謝の多い人生の方がたくさん幸せを感じていて傍から見てもとっても魅力的だし美しい。

 

昔から「アンチエイジング」とか「美魔女」という言葉が嫌いだった。

「自分の肌に自信を持てていること」。

これを自分の美肌の定義にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!美肌マインド講師のしまさきゆうこです。

 

11月18日(金)に、リトルママ学校で講座をさせていただくことになりました。

 

詳細はこちら

http://peatix.com/event/206705/

 

 

「出産前より産後の方が肌がきれいになった」と実感していただける内容となっておりますので、

ぜひ妊娠中や出産されたママさん方、ふるってご参加くださいますよう、お願いいたします^^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来月10月5日(水)、リトルママ学校でスキンケアの講座をさせていただくことになりました!

 

スキンケアなしでも美肌でいるためのマインドトレーニング ~肌は心のバロメーター~

http://peatix.com/event/197953/

 

ママやプレママにはぜひとも知っておいてほしい内容となっておりますので
皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

講座開催詳細

■講座名:スキンケアなしでも美肌でいるためのマインドトレーニング
  ~肌は心のバロメーター~

 

講座名:美肌マインド講師 島﨑木綿子

http://ameblo.jp/ycotton/

 

■開催日時:2016年10月5日(水)10時半~12時

■参加費:2000円

■募集人数:15名

■お子様連れについて:託児はありませんが、お子さま連れでもご参加いただけます。

■参加方法
・Peateixの導入により参加チケット制になりました。

参加チケット(有料)はPeatixを通して取得いただけます。
利用にはPeatixへの会員登録(無料)が必要です。

会員登録にはPeatixアカウントを作成するか、Twitter,Facebook,Google アカウントでログインしていただけます。
またパソコン、スマートフォン、タブレットなどからお申込みいただけます。

・講座当日はお名前にて受付させていただきます。

講座開催日の朝10時半までに欠席の旨をご連絡いただいた方には返金手続きを行っておりますので、安心してごエントリーくださいね♪(コンビニ・ATM支払を選択された場合は手数料として500円を差し引いての返金となりますのでご了承ください。)

※その他お問い合わせに関してはPeatixのヘルプをご確認ください。
Peatixヘルプ(http://help.peatix.com/)

 

リトルママ学校HPはこちら

http://www.l-ma.jp/school/

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。